Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ A SYMPHONY OF HITS / MICHAEL BOLTON

michael bolton_symphony

前ポストのシンプリー・レッドからのシンフォニー繋がり。マイケル・ボルトンは2018年に、オーストラリアとニュージーランドで60人編成のオーケストラと共演するシンフォニー・ツアーを開催していて、大好評を得た。その勢いに乗って、デビュー50周年記念作品として、オーケストラとの共演による新録ベスト・アルバムを企画。それがこの『A SYMPHNY OF HITS』になる。シンプリー・レッドはライヴ作品だったが、ボルトンはスタジオ録音。それぞれに魅力があるのは言うまでもないが、スタジオ作の方がアルバムとしての完成度が高くなるのは当然だろう。ボルトン、ミック・ハックネル共に、シーンを代表するブルー・アイド・ソウル・シンガー。ハックネルがポスト・パンク、ボルトンがハード・ロックと、デビュー時の音楽はおおよそオーケストラとは縁遠かったのも共通している。

続きを読む

■ SYMPHONICA IN ROSSO / SIMPLY RED

simply red_symphonica

結成30周年に当たる2015年に再結成し、新作『BIG LOVE』をリリースしてアニヴァーサリー・ツアーに出たシンプリー・レッド。その後ニュースを聞かないな、と思っていたら、17年秋にアムステルダムで40人編成のオーケストラを従えたゴージャスなショウをやり、それを昨年末、ライヴ・アルバム/映像作品として発表していた ロッド・スチュワートの代わりに再編フェイセズに参加し、フジ・ロックに出た(2011年)時も驚いたけど、ミック・ハックネルという男は、時々ビックリするようなコトをやるな。

続きを読む

■ Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ Vol.15 ボズ・スキャッグス特集 @ 神保町 楽器カフェ

音盤_boz

開催場所と日時を変更してから2回目となる、Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ Vol.15の詳細が決まり、本日から予約をスタートしました。

特集は、来月に来日公演を控えるボズ・スキャッグス。そのアナログ盤を、いつものようにハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルで聴き倒します。来日に合わせ、シングルとDVDのコレクション、4曲入りの7インチ・シングル『FROM SLIK DEGREES』もリリース(後者はカナザワ解説)。レア曲に加え、最近のブルース・アルバムもアナログでお聴かせします。来日公演に行かれる方は、復習にも最適でしょう。

詳細は 楽器カフェのオフィシャル・サイト から。
ご予約は、楽器カフェ 予約ページ にて。

心よりお待ち申し上げます。


■ NIGHT AFTER NIGHT EXTENDED / U.K.

uk_live expanded

スミマセン、時々古傷が疼くんです…。というコトで、密かに心待ちにしていたU.K.、79年の日本公演を収めたライヴ・アルバム『NIGHT AFTER NIGHT』の、40周年記念エキスパンデッド・エディション2CD+Blu-ray3枚組を、ようやく落ち着いて拝聴。オリジナルは9曲入りシングル・アルバムで、実際のステージの半分程度しか聴くことができなかった上、後発のワールド・ワイド盤はミックスをやり直してたりして(エディ・ジョブソンのジャケ写も差し換えられてた)、何かと曰くの多いライヴ盤であった。まぁ、バンドの解散寸前だったので、ゴタゴタはさもありなん、だけど

続きを読む

■ AMERICAN ROCK 'N' ROLL / DON FELDER

don felder_american rock

元イーグルスのドン・フェルダー、約7年ぶりにリリースした3枚目のソロ・アルバム。イーグルス脱退後では2作目。離脱時のゴタゴタを見ても分かるように、決してフロントマン向きの人ではなく、脇役で個性を発揮するタイプだが、カントリー・ロックのバンドだったイーグルスを最初に大きくロックへシフトさせて、音楽的キャパシティを大きくしたのは間違いなくフェルダーだった。ただし、それももちろんドン・ヘンリーとグレン・フライの意向あってのコト。それでもバーニー・リードンからジョー・ウォルシュへの橋渡しをサポートした役割は、決して小さくなかった。それでも職人気質のギター弾きだから、再結成後のイーグルスでは自分の立ち位置を見定められなかった。


続きを読む

■ FEELING YOU / AMANE TRILL(アマネ トリル)・ KISS / DAISUKE

amanetrildaisuke_kiss (1)

レコード・ストア・デイ対象アイテムで、カナザワが京都でのイベントでプッシュした7インチ2枚を改めてご紹介しておこう。ひと組は、まだデビュー間もないシティ・ポップス系ニュー・カマーのアマネトリル。そしてもうひと組は、着々とキャリア・アップを図っている超実力派シンガー・ソングライター:DAISUKE だ。

続きを読む

■ Record Store Day in Kyoto

rsd_2019rsd 016 official guide
レコード・ストア・デイ in 京都。朝9時台の新幹線に乗って、半日で現場3件を回る弾丸ツアー。超久々に訪れた古都なのに、食事時に四条河原町あたりを歩いただけなのは残念でしたが、確かに東京とは違う空気が流れていました。

続きを読む

■ 4月13日(土)Record Store Day 京都巡業 !?

rsd_2019

●急告 急告 急告 急告 急告●

カナザワ 今週 4月13日(土)の Record Store Day に、京都へ参ります。
FMラジオ生出演、2件のイベントに出演予定ですII


● 京都 α- Station『α-DAY LIGHT CALL』
  13:10-13:30 生出演

●タワーレコード京都店 【DJ&トーク・イベント】
・14:00〜 定例 イベント Light Mellow West のDJチームによる
 ”ライトメロウ和モノ”のDJプレイ!
・16:00〜 金澤寿和 トークショウ&サイン会
 Light Mellowな内容はもちろん、興味深い話が聞けるチャンス!
  執筆本のサイン会も行ないます!
  ※詳細は:https://tower.jp/store/event/2019/04/012002

● JET SET 京都店 インストア・イベント
 14:00からスタートするDJタイムの一角で、和モノを回します。
 カナザワの出演予定は 18:00〜
 イベント詳細:https://www.jetsetrecords.net/news/915/
 店舗案内:https://www.jetsetrecords.net/location/kyoto/


急なお知らせとなってしまい恐縮ですが、お近くの方、お時間の許す方は、ぜひご参加ください。お待ちしています。

■ GOING HOME / VLADIMIR CETKAR

vladimir cetkar

ニューヨークから届いた《都会派ソウル × AOR × クロスオーヴァー》究極の傑作!!

…というのが、CDオビに掲げられたキャッチコピー。究極の傑作かどうかはともかく、《都会派ソウル × AOR × クロスオーヴァー》と並べてしまったレーベル担当者の気持ちはよ〜く分かる。言葉本来の意味で言えば、そのすべてを引っ括めての “クロスオーヴァー” で充分と思うけど、何かもうひと味強調するとなると、こうなってしまうな。

続きを読む

■ BOOKMARCS『BOOKMARC SHOW Vol.1』@月見ル君想フ

bookmarcs 2

珍しく昼下がりの南青山を訪れ、BOOKMARCS『BOOKMARC SHOW Vol.1』@月見ル君想フ、へ。このライヴは、BOOKMARCS の2nd『MELODY』のレコ発記念でありながら、彼らや Sparkling☆ Cherry も所属する FLY HIGH RECORDS のショーケース・ライヴを兼ねたような構成になっていて、オープニング・アクトに近々のリリース予定があるシンガー・ソングライター辻林美穂、更にBOOKMARCS のゲストとして、『MELODY』にも参加したジャズ・シンガーRyu Miho と昨年デビューした藍田理緒が出演した。しかも辻林バンドのギターは、カンバスの小川クンというコトで、な〜んか顔見知りが多いような…

続きを読む

■ PAMELA POLLAND・HAVE YOU HEARD THE ONE ABOUT THE GAS STATION ATTENDANT? / PAMELA POLLAND

pamela polland

昨日ポストしたクラシックス IVに続いて、最近の英 Beat Goes On の素晴らしい仕事をもうひとつ。70年代初頭のウエストコースト・シーンやフォーク界隈で伝説的存在となっている女性シンガー:パメラ・ポーランドの未発表2ndアルバムが、世界で初めて陽の目を見た。フォーク・マニアには60年代に組んでいたジェントル・ソウルで知られるパメラだが、より有名なのは、ザ・バーズやリンダ・ロンシュタット、ライ・クーダーのライジング・サンズに彼女の曲が取り上げられたことだろう。それが今回、既発の1st『PAMELA POLLAND』との抱き合わせで、年明け早々にリリースされたのである。

続きを読む

■ SPOOKY・MAMAS AND PAPAS/SOUL TRAIN・TRACES・SONG / CLASSICS IV

classic IV

今年で20周年を迎えたガイド本『AOR Light Mellow』の掲載アイテムの中で、今も未CD化のまま陽の目を見ていない作品がいくつかある。そのひとつが、デニス・ヨスト 唯一のソロ・アルバム『GOING THROUGH THE MOTIONS』(81年)。そして彼の出身グループであるクラシックスIVの作品群も、音楽的評価が高い割にはCD化が進まず、これまでに出てたのは、似たような内容の編集盤ばかりだった。それがいつの間にか英国再発レーベル Beat Goes On (BGO)で、ツルッと4in2のオリジナル復刻。調べたらどうやら昨年暮れにリイシューされたらしく、ちょいと慌ててゲットした次第である。

続きを読む

■ GOOD TIMES +6・貿易風物語 / 西松一博

nishimatsu 1 (1)nishimatsu 2 (1)

80年代に2枚のアルバムを出し、ナイアガラ界隈のポップ・フリークスから高い評価を受けた西松一博。今剛や林立夫らが組んだアンビエント系ユニット:ARAGONのメンバーとしても知られながら、いつしか表舞台から消えてしまったが、その西松のソロ2作が、タワーレコード限定の Tower to the People と我が Light Mellow Pick'sのコラボ企画で、遂にCD復刻された。81年の1st アルバム『GOOD TIMES』は初CD化。85年の2nd『貿易風物語』はオンタイムでCDが出ていたが、昨年アナログ盤で復刻されたのに続き、今回は初めてのCD再発となる。

続きを読む

■ PORTRAIT / 竹内まりや

mariya_portrait

まりやさんの40周年記念リマスター・シリーズのラストを飾るRCA5作目にして最終作が登場。オリジナル・リリースは81年10月。世間的には まりやさんのRCA最高作とされている。ご存知のように結婚休業前の区切りの作品でもあり、制作が始まる頃には既に山下達郎と一緒に暮らし始めていたとか。当然のこと実作業は彼らの二人三脚状態。故に達郎氏も、まりやのRCA作品では一番愛着を持っているらしい。

続きを読む

■ MAGIC DRAGON / HANSON

hanson 2

第2期ジェフ・ベック・グループ(以下JBG II)みたいな英国産ファンキー・ロックを好きな方は無視厳禁の隠れバンド、ハンソンの紙ジャケ盤が単独リリース。ハンソンといっても、あの<MMMBOP(ンー・バップ)>のアイドル3兄弟、じゃーないゾ。ハンソンは、ジャマイカはキングストン生まれのギタリスト/シンガーであるジュニア・ハンソンを中心とした4人組。彼はジュニア・マーヴィン名で全盛期のボブ・マーリィー&ザ・ウェイラーズに在籍した変わり種で、まぁ、コロコロと名前を変える人でもあった。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TALK EVENT
音盤&トークライヴ Vol.15 特集:ボズ・スキャッグス
音盤_boz
6月7日(金)
19:00 open / 19:30 start
@ 神保町 楽器カフェ
2000円+1 drink
詳細・ご予約は 楽器カフェ

日本の音楽制作現場ウラ話Vol.1 〜シティポップスとアイドル歌謡を中心に〜
ニッポンの編曲家和モノ_カバー修正
5月19日 (日) 18:00/19:00
@NAKED LOFT(新宿)
出演:金澤寿和、梶田昌史
前売¥2000 当日¥2500
詳細は、Naked Loft
eプラス にて好評発売中。
TOPICS
選曲・監修しました Light Mellow in SOLAR

5月22日発売

寄稿しました
角松敏生ロング・インタビュー


WORKS - 解説
Light Mellow on SOLID
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

LIVE Light Mellow Vol.2
昨年に続いて今年も開催決定!

◆伊藤銀次・尾崎亜美・南佳孝
6月14日(金)
新宿全労済ホールスペースゼロ
18:00 open / 18:30 start
¥6,500-
LLM 2
詳細・購入はこちらから
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 西松一博 復刻◆
《タワーレコード限定》
nishimatsu 1
● GOOD TIMES +6 ●
購入はこちらから

nishimatsu 2
● 貿易風物語 ●
購入はこちらから
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ