Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ MIRAGE / CAMEL

camel_mirage
UK叙情派プログレの代表格キャメルが16年ぶりに来日。その『RED MOON RISING TOUR in JAPAN 〜一期一会〜』@六本木EXシアターを観た。来日決定のニュースを知り、学生時代にコピー・バンドを組んでいた身としては矢も盾もたまらず、チケットをゲット。最初は22日(日)のプログレ・フェス(キャメルの他スティーヴ・ハケットが出演)を観るつもりが、他のフェスとバッティングしたため、前回クラブ・チッタで観たハケットを諦め、キャメルの単独公演20日にスライド。早速チケットをゲットしたところ、昨日紹介したライヴともバッティングし、21日の方を買い直すハメになった。でも骨髄性線維症で再起不能と言われたアンディ・ラティマー(g)が、骨髄移植の末に奇跡的復活。しかも往年の名曲を中心としたセットが組まれると知り、これを観ずして…、という気になった。

続きを読む

■ SHIORI SASAKI & THE BROWN DOGS

blue peppers_7六月の夢/Blue Peppers feat. 佐々木詩織

カナザワがプッシュしているシティ・ポップス系ツー・メン・ユニット:ブルー・ペパーズのリード曲<六月の夢>で、リード・ヴォーカルを取っている佐々木詩織チャン。彼女の初ワンマン・ライヴ@下北沢440 に足を運んだ。デビュー前どころか、まだデモ制作中のシンガーのライヴを観ることはそう多くはないけれど、彼女に関しては半分関係者的な立ち位置で。竹内まりやや大貫妙子、epoらを育てた某プロデューサー氏にブルー・ペパーズのCDを渡したところ、彼女の歌をいたく気に入っていただき、そこからデモ制作へ発展した経緯があるのだ。

続きを読む

■ LEFT / MONKEY HOUSE

monkey house_left
ポスト・スティーリー・ダンの最右翼、カナダはトロント発のモンキー・ハウス最新作が、間もなく我が【Light Mellow Searches】から日本先行リリース。我が国では好評を呼んだ前作『HEADQUARTERS』から約1年ぶりになるが、北米では約4年ぶりの新作となる。これはまさに待望

続きを読む

■ レコード・コレクターズ 6月号

stevie_talkingbook
通常更新の前に情報を一本。既に手にされてる方もいると思いますが、準レギュラーのレコード・コレクターズ誌6月号のメイン特集【20世紀のベスト・キードーディスト/ピアニスト100】に参加、執筆しました。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #10

toto_7
今日は、今週オンエア中の i-dio / TS-ONEの番組 Premium One のプレイリストをご紹介。先週、先々週とサウンドトラック盤特集を組みましたが、今週はレギュラー・プログラム。カナザワの選曲的には、最近監修したアナログ再発ネタと、近々の来日アーティストをネタにしてみました。

続きを読む

■ ONE OF A KIND / BOBBY WHITLOCK

bobby whitlock
昨日に続き、ユニバーサルの再発シリーズ【名盤発見伝】から。ただしコチラは2月末に発売されたアイテムで、カナザワも即ゲットしたものの、紹介のタイミングを失っていた。しかも世界初CD化! こりゃどーもスミマセン…。

続きを読む

■ AMERICAN FLYER

american flyer
今日はユニバーサルの再発シリーズ【名盤発見伝】から、3月末にリイシューされたアメリカン・フライヤーを取り上げる。ユニバさん、そしてワーナーさん【新・名盤探検隊】と、60〜70年代の豊潤な米国ポップ・ロック名盤が続々登場している昨今。この前も同じ流れでデュークス(ブガッティ&マスカー)やマーク・ジョーダンが復刻されたけれど、その流れは本格的にAORへと繋がっていくのかな?

続きを読む

■ UPTOWN HOPEFUL / TOM SNOW

tom snow_uptown
何とビックリ 職人ソングライターの名匠トム・スノウが72年に残した幻のソロ・デビュー・アルバムが、英Slipstearmなるインディ・レーベルによって発掘。その国内仕様盤が発売されている。

続きを読む

■ MAYBE IT'S LOST / LESLEY DUNCAN

lesley duncan_maybe
昨日 Facebook に「ここから2〜3ヶ月、怒涛の日々が続く」と書いた。そのスタートダッシュたるこの週末は、書きモノとコンピ選曲でパッツンパッツンの予定だった。なのに今日は母親がケガして緊急入院。気づいたら昼飯も食えないまま、夜の8時を迎えていた。それから着替えなどを持って再度病院へ。ようやくひと息つけたのは、深夜になってからである。でもPCに向かってもすぐには集中力が上がらず、こんなん聴きながら気持ちを整え…。ハァぁ、来週早々に手術かぁ。

続きを読む

■ MADAGASCAR LADY / THE PLAYERS

the players_3
これはこれは、個人的に待望のCD化。米国にも同名バンドがあるけれど、コチラのザ・プレイヤーズは、日本の重鎮セッション・ミュージシャンが組んだクロスオーヴァー/フュージョン系のグループだ。買えるのはタワーレコードと Sony Music Shop だけという限定復刻だけれど、日本のクロスオーヴァー/フュージョン史に残る実力派グループでありながら、今ひとつ人気爆発とはいかなかったザ・プレイヤーズの作品が(ほぼ)一気に出揃うのだから、これを見過ごす手はない。タワーN氏と一緒に、ソニー担当者に「出せぇ〜」と吠え続けたのが効いたかな?

続きを読む

■ SENSUAL PIANO / 重実 徹

tohru_shigemi
昨日に引き続き、これもご紹介が遅れてた一枚。3月中旬にリリースされたアルバムだけれど、カナザワはもっと早くに音を戴いてたので、かれこれ出会って4ヶ月ほどになる。でもコレをBGM的に鳴らしておくと、実にカンファタブルで気持ちがリフレッシュされるんだな。

続きを読む

■ HOMMAGE / KANKE

kanke
スッカリご紹介が遅くなってしまった…。でもコレは、ポップス愛好家なら抱腹絶倒の必聴盤。何処までが本気で、何処からが笑うところか、その境目は曖昧ながら、先人たちの音楽に対する愛情、リスペクトの精神は、いつ何ドキも忘れない。その深い思いがビンビン伝わってくるから、カンケの音楽は面白いのだ。

続きを読む

■ EYEWITNESS + MODERN TIMES + CASA LOCO / STEVE KHAN

steve khan_eyewitness
立て続けにご紹介しているソニーさんの【Crossover & Fusion Collection 1000】でも、今月25日に2作品が廉価発売予定になっているスティーヴ・カーン。ニューヨークの現行コンテンポラリー・ジャズ・シーンのギタリストでは筆頭株主みたいな人だが、ジョン・スコフィールドやマイク・スターン以上の個性派としてもプレイが際立っている。復刻される『TIGHTROPE』や『THE BLUE MAN』といった70年代末の初期ソロ作の時、彼はまだボブ・ジェームス配下にいて、ニューヨーク・オールスターズ人脈のセッション・マン的イメージがあった。それがドラスティックに変化してくるのは、80年代以降である。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #8 #9

lupn_the _3rd22
またまた2週分まとめてのアップになってしまい、申し訳ございません。…というわけで、先週・今週の i-dio / TS-ONEの番組 Premium One のプレイリストご紹介。この2週間は、突然降って湧いたような思いつきで、アナログ盤によるサウンドトラック盤特集を組みました。1週目は邦楽サントラ、2週目は洋楽サントラをネタにお送りします。


続きを読む

■ SIGNIFICANT GAINS / GREG PHILLINGANES

greg phillinganes
再びカナザワが執筆に参加したソニーの廉価シリーズ【クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』からご紹介。今回のセレクトは、久々の再発になるグレッグ・フィリンゲインズ、81年発表の1stリーダー作『SIGNIFICANT GAINS(処女航海)』。前回は説監修『URBAN MELLOW』で出したんだったな…(遠い目)

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
次回開催が決まりました!
■Light Mellow
トーク&音盤ライヴ vol.7■
@武蔵小山カフェ・アゲイン
8月21日(日)
open15:00 start 16:00
charge:1500円
最高級のレーザーターンテーブルを使い、アナログ盤で爆音AORをお届けします!
image-0001
アゲインwebsite
※画像は初回のモノです。

カナザワ監修・選曲 タワーレコード限定コンピ
for a weekend_2
FOR THE WEEKEND
- presented by Light Mellow
   好評発売中
Mikiki記事
当ブログ内ポスト

CWF 6月に来日決定!
Champlin Williams Friestedt
   @BlueNote Tokyo
6月8日(水) 9日(木) 10日(金) 18:30/21:00


詳細はコチラから

Light Mellow Searches
  カナザワ監修シリーズ
  from P-ヴァイン


Light Mellow Pick's
タワーレコードとのコラボ再発
tetsu hayashi_popart
    林 哲司
  『POP × ART』
  購入はコチラから
LightMellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND



Article Serch
Archives
PROGRAM
i-dio logots one logo
TVでもラジオでもない高音質デジタルラジオ i-dio のチャンネル TS-ONEで【PREMIUM ONE】にレギュラー出演中。ハイエンド・オーディオのレーザー・ターンテーブルでアナログ・レコードを掛け倒すマニアックな音楽番組です。AOR、シティポップス中心に、幅広い音楽を高音質でお届け中。週1回更新で毎日オンエア。

当ブログ内番組プレイリスト
週間タイムテーブル
●聴視方法、可聴エリアは
i-dio Official Site
●番組マガジン、トークルーム
Premium One 番組サイト
WORKS
●解説書きました●





  y_inoue
  JAZZ / 井上ヨシマサ
   HMV限定

Recent Comments
  • ライブドアブログ