Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ アマネトリル 音の風向き#02 〜 7inch Record Release Party @六本木 Ho'olkipa Square

amanetrill liveamanetril

この日曜日はライヴの特異日? なんと奇跡(?)のトリプル・ブッキングだ。まず午後早い時間から、都内某所で行われていた知り合い出演のゴスペル・ライヴにちょっと顔出し。それからメトロで都内を大移動して、上掲アマネトルのリリパ(Release Party)に。終演後は挨拶もそこそこに、カナザワの古〜い友人であるミュージカル・スター:石井一孝のソロ・ライヴ@浜離宮朝日ホールに少し遅れて、という、ありえない3本立てに足を運んだ。六本木や青山、丸の内あたりのライヴ・ヴェニューで 1st / 2nd Show をハシゴするのは ままあるが、昼・夕・夜で駆け回ったのは、ライター稼業20年で初めてである そしてココでは、15:30にお呼ばれしたアマネトリル『音の風向き#02 〜 7inch Record Release Party』の模様を簡単に。

続きを読む

■ SUMMER BREAK 〜 Postcard From AOR City

summer break

11日はカナザワがコーディネイター的に関わっている今井優子のアコースティック・ライヴ『今井優子 Performance 2019 Vol.1 〜 Acoustic Set 〜』 @六本木 BIRDLAND 。そのライヴの模様は、今井優子オフィシャル・ニュース・ブログ、もしくはオフィシャル・サイト をご覧いただくとして…。そのため当日は、午後早い時間から深夜までヴェニューに詰めていたので、ココでは午前中に家の雑事〜出掛ける準備の時に聴いていた、このコンピレーションを。

続きを読む

■TIME TO DECIDE / AL SUNNY

al sunny

カナザワがP-VINEとのコラボで展開中の【Light Mellow Searches】、ちょいリリースから遠ざかっていたが、今年初のご紹介、アル・サニーのデビュー盤が、来週15日に発売される。AORというよりは、いま何かと話題のヨット・ロック・テイストが漂う一枚で、ノスタルジックなUS的解釈、ウエストコースト色を汲む欧州的解釈、新時代のAORセンスを感じさせる日本的解釈のクロスポイントに位置する、極めて今様のAOR / ヨット・ロック・アルバムではないかと。

続きを読む

■ DOWN TWO THEN LEFT / BOZ SCAGGS

boz_down two then left

現在、好調にジャパン・ツアーを展開中のボズ・スキャッグス。前半戦の仙台と東京3公演は既に終わり、残すは大阪・広島・名古屋となっている。その模様はSNSや関連サイトのアチコチで紹介されているが、今回カナザワは連休明けのスケジュールが見えず、東京公演に足を運ぶことができなかった。ようやく都合が付いたら、東京3公演とも既にソールド・アウト。まぁ、最近は来日の度に観に行っていたので、さほどの悔しさはないのだが、<Loan Me A Dime>はまたナマで聴きたかったな…。

続きを読む

■ CLEAR AIR TURBULENCE / IAN GILLAN BAND

ian gillan band

この日はFM東京内にあるMusic Bird のスタジオに出向き、今井優子と一緒に大西貴文さんの番組『THE NITE』に生出演。Live Light Mellow Vo.2 を中心に、5〜6月に出演するトーク・イベントを宣伝してきた。大西さん、いつもありがとう。そして帰宅後、このアルバムの15年ぶりの紙ジャケット再発を知って、思わず手持ちの04年盤をチェック。コレ、イアン・ギランの看板を外して聴くと、メチャクチャにカッコ良いファンキー・クロスオーヴァーの作なのね。それこそハード・ロックを演ってるのはイアンだけで、例の「ギャオ〜!」という雄叫びは、ただただウルサイ。

続きを読む

■ HONK / ROLLING STONES

stones_honk

ゴールデン・ウィーク明けの初日は、午後から深夜までリハーサル・スタジオにお籠り状態。出かける前は、こんなん聴きながら細々とした作業を。流していたのは、前ポストのキース・リチャーズに連なって、ローリング・ストーンズの最新べスト『HONK』から、最近のツアーで収録されたライヴ音源から厳選された未発表ライヴ10曲から成るディスク3である。

続きを読む

■ TALK IS CHEAP / KEITH RICHARDS

keith richards_talk

平成から令和への橋渡しを含む10日間の超大型連休もこの日限り。自分自身は、仕事のない日がお休みの日なので、連休なんてあってないような、いつでもゴールデンウィークになり得る不安定な暮らしぶりだが、今年は公私ともにパタパタと単発的予定が入り、結局大型連休らしいコトは何もできず。せいぜい家から歩いて3分の天然温泉に行ったくらいかッ …とはいえ明日からいろいろなコトが動くので、今日はコレでちょっと景気づけ。キース・リチャーズが88年に発表した初ソロ・アルバム『TALK IS CHEAP』の30周年リミックス2枚組である。

続きを読む

■ UNFINISHED BUSINESS / WADDY WACHTEL

waddy wachtel

少し前にご紹介したラス・カンケル同様、ダニー・コーチマー&ザ・イミディエイト・ファミリーの一員として間もなく来日するワディ・ワクテル。去年の来日ではダニー&ファミリーのニュー・アルバムをフィーチャーしていたが、今年の来日はそれがないので、ラスやスティーヴ・ポステルの『WALKING THROUGH THESE BLUES』、そしてこのワディの初ソロ・アルバム『UNFINISHED BUSINESS』を引っ提げての公演になる。

続きを読む

■ DAVE KOZ feat. VALERIE SIMPSON @ BlueNote Tokyo

dave koz 019

ゴールデン・ウィーク後半の4日間、ブルーノート・トーキョーで公演するスムーズ・ジャズの人気サックス奏者デイヴ・コーズ。今回はナンと、アシュフォード&シンプソンのヴァレリー・シンプソンをゲストに迎え、彼女がモータウン他に提供してきたヒット曲を交えてのゴージャスなステージを展開している。その東京2日目、1st ショウに足を運んだ。ヴァレリーにとっては、11年に亡くなった夫ニック・アシュフォードと一緒にやって来た09年11月以来(当時のポスト)、約10年ぶりの来日となる。(以下ネタバレあり)

続きを読む

■ SILVER VIBRATIONS / ROY AYERS

roy ayers_83

レア・グルーヴ時代に著しく評価を上げたジャズ・ヴァイブラフォン奏者、ロイ・エアーズ。70歳越えの現在も元気そのもので、元より多作家にしてレア盤も多い人であった、それがこの10年くらいで、関連作含めおおよその作品はCDで再発。そして今回、リーダー・アルバムでは “最後の砦” とも目されてきた『SILVER VIBRATIONS』が、いよいよリイシューの俎上に上げられた。

続きを読む

■ Tribute to Great 3 By-Players - BOON GOULD・DAVE SAMUELS・PAUL RAYMOND

level 42 livedave samuels
ufo_lights outplastic penny

世の中は新元号だ超大型連休だ!と浮かれていても、悲しい別れは否応なしにやってくる。今の日本の音楽シーン的には、4月25日に亡くなった元スターリンの遠藤ミチロウなのだろう。でもカナザワは全然通ってない方なので、そこは伏し目がちにスルーさせていただきつつ、それに前後して逝った海外の名バイ・プレイヤーたちを一緒に弔いたい。わざわざココにポストするほどの強い思い入れはないが、訃報を聞いて胸がちょっとキュンとなってしまった、そんな人たちである。

続きを読む

■ Light Mellow Light Party 〜East Meets West vol.2 @新宿カブキラウンジ

LM east meets west

令和初日の開催となった、Light Mellow Light Party 〜East Meets West vol.2 @新宿カブキラウンジ。連休中とあって、お客様が引きも切らずでイイ感じの盛り上がりになりました。東京と大阪の Light Mellow 和モノ・イベントの合同開催、定着しそうですね。遠方からの来客が多かったのは、ゴールデン・ウィークならでは。年1回と言わず、年内にもう1度やりたいところです。普段は神戸で頑張ってるDJシンデレラ・ハネムーン‬、先日のカナザワ京都行脚でもサポートしてくれた関西チームのくろみくチャン、Kitta クン、ご苦労様でした。またレコード・ストア・デイにアナログ7インチをリリースしたアマネトリルのメンバーもご来場いただき、場を盛り上げていただきました。そして何より、足をお運びいただいたお客様、どうもありがとうございました。

続きを読む

■ OUT OF THE BLUE / MIKE + THE MECHANICS

mike+mechanics_out of blue

元ジェネシスのマイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックスの新作『OUT OF THE BLUE』が、通常盤、デラックス盤、アナログ盤、ストリーミングなどでリリース。通算では9作目のアルバムに当たる。その内容は新曲3曲入りベスト盤、と思いきや、これまでのヒット曲もすべて現行メンバーでリ・レコーディングした新録ベスト。しかもデラックス版の disc 2 はアコースティック・セットによるもので、バンド・セットとアンプラグド・セットの両方用意された楽曲が4曲も入っている。

続きを読む

■ WALKING TO NEW ORLEANS 〜 Remembering Chuck Berry And Fats Domino / GEOEGE BENSON

benson_walk to

令和になって最初のポストは、コソッと発売されたジョージ・ベンソンのニュー・アルバム『WALKING TO NEW ORLEANS 〜 Remembering Chuck Berry And Fats Domino』。コイツがどえりゃーご機嫌なデキだ。ベンソンの新作は13年の『INSPIRATION - A Tribute To Nat King Cole』以来6年ぶり、となる。

続きを読む

■ DINO & SEMBELLO

dino & sembello

60年生まれのカナザワよりも少し上の世代の、主にシンガー・ソングライター好きの方々に確固たるファンがいるディノ&センベロ、74年に発表したデュオ唯一のアルバムが韓国 Big Pinkから紙ジャケで初CD化され、国内流通が始まった。AOR世代には、かのマイケル・センベロの兄ジョンが参加したデュオとして知っている人もいるだろう。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TALK EVENT
音盤&トークライヴ Vol.15 特集:ボズ・スキャッグス
音盤_boz
6月7日(金)
19:00 open / 19:30 start
@ 神保町 楽器カフェ
2000円+1 drink
詳細・ご予約は 楽器カフェ

CROSSOVER LABORATORY Taking Session vol.1 Crossover Laboratory  Talking session vol.1
ブルー・ペパーズ福田直木がFMヨコハマからお届けする番組の初めての公開収録イベント
6月29日 (土)
@渋谷THE RALLY TABLE
出演:福田直木・
Guest:石井一孝・金澤寿和
詳細はこちら
TOPICS
選曲・監修しました Light Mellow in SOLAR

5月22日発売

WORKS - 解説
Light Mellow on SOLID
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

LIVE Light Mellow Vol.2
昨年に続いて今年も開催決定!

◆伊藤銀次・尾崎亜美・南佳孝
6月14日(金)
新宿全労済ホールスペースゼロ
18:00 open / 18:30 start
¥6,500-
LLM 2
詳細・購入はこちらから
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 西松一博 復刻◆
《タワーレコード限定》
nishimatsu 1
● GOOD TIMES +6 ●
購入はこちらから

nishimatsu 2
● 貿易風物語 ●
購入はこちらから
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ