Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ THE SUN ROOM / ROBBEN FORD & BILL EVANS

robben ford_bill evans

世間的には即位の礼で、都心は厳重警戒。でもカナザワ的には、午後から今井優子ファン・ミーティング@築地・汐留Blue Mood のサポート。ネット某所では「こんな日にイベントをやるなんて…」という書き込みがあったと聞いたが、コレは今井サイドの企画ではなく、あくまで頂戴したお話。持ち込まれた時には既にスケジュールが決まっていて、コチラはただそれに乗るか反るかしか選択肢はなかった。内容に興味がある方は、後でこちらのオフィシャル・ブログでレポートをご覧いただくとして…。ってなワケで、午前中はTVの音声を消したままつけっ放しにして、多少は厳かな心持ちで、コレを聴きながら出掛ける準備なぞ。

続きを読む

■ LIVE IN CONCERT 1987 / WAX

wax live

英米のポップ・マエストロ、10ccのグレアム・グールドマンと、リンダ・ロンシュタットを支えた米西海岸系のアンドリュー・ゴールドによるツー・メン・ユニット、ワックス。80年代後半の数年間、コモン・ノーレッジと名乗った前身時代を含めても6〜7年に満たない短命ユニットだったが、玄人筋やマニアからの評価は一様に高く、ヒットらしいヒットが全米43位の<Right Beteween The Eyes>だけというのが信じられないほど。活動中に発表したアルバムも、わずか3枚。その後グレアムの10cc 復活やアンドリューのブリンドル再結成(カーラ・ボノフにウェンディ・ウォルドマンも!)を挟み、97年にも新曲+未発表曲(前身コモン・ノーレッジ時代の未発表曲を含む)から成る編集盤的4作目が出ている。でもそれから20余年、アンドリュー急死から8年も経って、こんなライヴ音源/映像が発掘されるとは

続きを読む

■ BABYFACE Japan Tour 2019 @Billboard Live Tokyo

babyface_cool

10月14日のSOUL CAMP@東京 豊洲PIT出演を柱にして、その前後、東京・大阪で各3日ずつ6公演のジャパン・ツアー。行程的には東京〜大阪〜東京という流れになっていて、その東京戻りの初日1st (Billboard Tokyoでの2日目)に足を運んだ。SOUL CAMPは台風の影響で飛行機が飛ばず、外国勢の出演キャンセルが相次いだけど、事前に単独公演を組んでいたベイビーフェイスには影響なく、イイ感じでツアー終盤を迎えたようである。個人的には、フェイス観るのは4回目になるのかな? 00年代初頭に観たときは、何を演りたいのか分からなくなっちゃってた記憶があるけど、近年はあまりセットを変えず、絶対の安定感がある。

続きを読む

■ VINAL TAP / SPYRO GYRA

spyro gyra_vinyl tap

何と5年ぶり、スパイロ・ジャイラのニュー・アルバムが登場した。前作に当たる『THE RHINEBECK SESSIONS』を発表後、グループは代表作『MORNING DANCE』35周年記念/結成40周年のアニヴァーサリー・ツアーを展開。16年には、00年代に在籍したHeads Up時代のベスト・アルバムをリリースしている。その後しばらく音沙汰がなかったが、突如この『VINYL TAP』を発表。既にバンドを離れていた盟友デイヴ・サミュエルズ(vib)は今年になって鬼籍に入ってしまうも、中核ジェイ・ベッケンスタイン(sax)以下、トム・シューマン(kyd)、フリオ・フェルナンデス(g)、スコット・アンブッシュ(b)という90年代前半から続くラインナップは不動のままだ(ドラムを除く)。

続きを読む

■ 音盤&トーク・ライヴ vol.17 @神田神保町 楽器カフェ

lightmellowイベント201910-no-2-ol73513670_400647147270521_886399791544664064_n

Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ vol.17 @神田神保町 楽器カフェ『スティーヴ・ガッド 歌モノ特集』。終了しました。ご多忙中にご来場いただきました皆さま、どうもありがとうございました。お客様の入りはちょっと寂しかったですが、常連さんに加えて懐かしい顔が集まってくれ、充実の内容でお届けできたのではないかと思っています。

続きを読む

■ 藤原美穂 Sings Chocolate Lips 〜7inches vinyl Release Party Live @ 三軒茶屋Grapefruit Moon

choco.lips_7chocolate lips

藤原美穂 Sings Chocolate Lips EP盤 発売記念Party Live@三軒茶屋Grapefruit Moon。今年1月に渋谷JAZ Bratで行われた『...sings CHOCOLATE LIPS 35th Anniversary Live』(その時のポストはココから)のスピンオフ的ライヴで、今回はCHOCOLATE LIPS のアルバムから<Weekend Lover>が7インチ・アナログ盤でシングル・カットされたのを記念したパフォーマンス。席は早々にソールド・アウトになり、立ち見いっぱいの大盛況だった。Grapefruit Moonは美穂さんにとってホームみたいな小屋で、オープン当時から頻繁に出演しているそう。カナザワも以前 “ファンクの会” とかお邪魔したコトがあったな。

続きを読む

■ LOFT SESSIONS OUTTAKES VOL.1 発売記念 〜 CITY POP 今昔物語 @Rock Cafe Loft

loft sessions outtakesloft 1

『LOFT SESSIONS OUTTAKES VOL.1 featuring female vocalists』発売記念 〜 CITY POP 今昔物語』@Rock Cafe Loft(新宿歌舞伎町)に足を運んだ。ゲストにアルバム『LEFT SESSIONS』の仕掛け人/プロデューサーである牧村憲一さん(音楽プロデューサー)、当時ビクター・レコードで宣伝を担当されていた川原伸司さん(レコード・プロデュ―サー/作曲家)、そして進行役にこのアウトテイク集を企画監修した吉留大貴さん。そのほか、このアルバムのシンガーお2人、高崎昌子さん(紀ノ国屋バンド)とうえむらかをるサンなどもいらっしゃてて、顔見知りの多い、楽しくもタメになったトーク・イベントだった。

続きを読む

■ 渚にきこえて(Passes On The Other Ocean) / 1983

1983

昼過ぎから打ち合わせ2本。帰宅したらレコードコレクターズ最新号(細野晴臣特集)が届いていたので、チラチラと斜め読み。巻頭連載の『MUSIC GOES ON』で、6人組のシティ・ポップ系グループ 1983(イチキューハチサン)のkyd奏者:谷口雄さんのインタビューが載っていて、ふと当ブログで 1983 を紹介し損ねていたことに気づいた。メンバーとの面識はないけれど、ある筋のご縁で、南佳孝さんにこのバンドを紹介。3ヶ月ほどの前のこの対談記事 に繋げたことがある。もちろん自分が「面白い!」と思えなければ、紹介なんかできないワケで、ずーっと気になる存在ではあったのだ、1983は。先週の3連休に開催されたモントルー・ジャズ・フェスティヴァル・ジャパンにも出演していたそうだが(3日中2日は台風で中止)、すっかり見逃してたわ…

続きを読む

■ 開催迫る! 音盤&トーク・ライヴ vol.17 @神田神保町 楽器カフェ

lightmellowイベント201910-no-2-ol

いよいよ開催が、今週金曜18日に迫ってきました。
Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ vol.17
テーマは、スティーヴ・ガッド 歌モノ特集

…というワケで、絶賛選曲中。
たくさんの皆さまのお運び、お待ちしております。

■ ROPPONGI "d" NIGHT @ 六本木C-LAPS

fake 2019

台風19号が関東〜東北に深い傷跡を残し、一夜明けてその被害の大きさが明らかになってきている。自分が通っていた高校のすぐ近くでも河川の氾濫があったようで、水が流れ込んだ老人ホームの避難の模様を盛んにTVでやっていた。みなさん、どうぞお大事に…。

続きを読む

■ STORMBRINGER / DEEP PURPLE

purple_stormbringer

最強の台風19号来襲で、家に缶詰の一日。買い物や車のガソリンは昨日のうちに補充し、物干し竿や庭周りに置いてある小物を屋内に。浴槽には水を張って、家の増改築から十余年で初めて雨戸を閉めた。幸い我が家は浸水だの土砂崩れに見舞われることはない場所にあるけれど、突風、停電や断水は避けようがない。20時頃からかなりの暴風雨に見舞われたものの、それも日付が変わる頃までには治り、拍子抜けするくらい何の被害も出なかった。それでも自分とご縁のある場所で、浸水したり避難を余儀なくされている所があるのがツラい。被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

続きを読む

■ 今井優子 ONE NIGHT SPECIAL 〜原点回帰1987〜』@渋谷JZ BRAT

yuko_one night

『日本の編曲家』『杉山清貴☆ オメガトライブ 35年目の真実』『作編曲家 大村雅朗の軌跡1951-1997』などを上梓している研究家:梶田昌史さんプロデュースによる、M-Kajita Collection 2019『今井優子 ONE NIGHT SPECIAL 〜原点回帰1987〜』@渋谷JZ BRAT。今日は一日、そのスタッフを務めさせていただいた。大型台風の接近で、遠方からのお客様の予約キャンセルが相次ぐ中、それでも熱心なファンにお集まり頂いて、何とか開催。ライヴの詳細は、こちらのオフィシャル・ブログ をご覧いただくとして、ココでは少々クリティカルな目線で。

続きを読む

■ CHICAGO CHRISTMAS

chicago xmas

かつてない規模の大型台風が今週末の三連休を直撃、ということで、世間がやたらバタついてますが。かくいう自分も、足を運ぶ予定のライヴが中止になったりしていて。ココは静かに部屋に籠り、急に飛び込んできた原稿執筆やイベント準備など、やるべきコトを片付けておこう。そんな時に舞い降りてきたのが、またまた、そう、またまた登場した、シカゴのクリスマス・アルバムだ。

続きを読む

■ GIRLS IN THE GRASS / STEVE HIETT

steve hiett_girls

2016〜17年にかけて、2年連続でAOR系名盤を大量リイシューしたソニー・ミュージックの廉価盤シリーズ『AOR CITY』。その中で一番の異色盤でありつつも好セールスを上げたのが、スティーヴ・ハイエットのワン&オンリー作『渚にて…(DOWN ON THE ROAD BY THE BEACH)』だった。オリジナルは83年発表で、実は日本制作。その再評価のキーワードは、「バレアリック」である。

続きを読む

■ MALCOM "MOLLY" DUNCAN of Average White Band passed away

awb_benny_us
BENNY & US / AVERAGE WHITE BAND with BEN E. KING(1977)

このところ、また訃報が多い気がするが、アヴェレイジ・ホワイト・バンドの結成メンバーでサックス奏者のマルコム・"モリー”・ダンカンが、8日亡くなった。自分のバンドでツアーを行なっていたが、最近ガンであることが分かり、闘病していたという。享年74歳。上掲ジャケの上段中央、ヘイミッシュ・スチュアートの左隣の髭男が、モリーである。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
次回開催
Light Mellow presents
音盤&トーク・ライヴ vol.18
アナログ限定 2019年収穫祭
12月13日 (金)
@ 神保町 楽器カフェ
19:00 / 19:30〜
1,500円+1ドリンク
予約開始までお待ちください

●Ole Borud 新作登場●
1解説書きました!


●執筆しました●
レコードコレクターズ別冊

Produce / Compilation
Kanazawa Total Produce / Sparking☆Cherry 大好評発売中

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS - 解説
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

パイパー / ハニー&Bボーイズ

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ