Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

■ LIGHT MELLOW 丸山圭子 / 丸山圭子

ブログネタ
あなたのおすすめの暑さ対策は? に参加中!

LM_MARUYAMA
昨日の『Light Mellow BUZZ』に続いて、同発の『Light Mellow 丸山圭子』をご紹介。どうも和製ボッサの名曲<どうぞこのまま>だけで語られてしまいがちなシンガーだけど、“和”のテイストと“洋”のセンスがナチュラルに同化している稀有なアーティストの一人だと思うのだ。


続きを読む

■ LIGHT MELLOW BUZZ / BUZZ


LM_BUZZ_h1
『Light Mellow 和モノ』シリーズ、続々リリース続行中。明後日27日、レーベル・コンピのクリンク編『LIght Mellow Serenade』と同発売されるのは、キングから登場のアーティスト・シリーズ2枚とオリジナル・アルバム・リイシューの5枚の計7作品。今日はそのアーティスト・シリーズから、まず『Light Mellow BUZZ』をご紹介したい。

続きを読む

■ TWO THE HARD WAY / ALLMAN AND WOMAN


allman_woman
名盤『FILLMORE EAST LIVE』の完全盤6枚組が話題のオールマン・ブラザーズ・バンド。今年に入ってから、ウォーレン・ヘインズとデレク・トラックスという2枚看板のギタリストが年内いっぱいで脱退、グレッグ・オールマンもツアーからの引退することが発表され、それが実質的なグループ解散となることが明らかとなった。そのためオールマンのトリビュート盤が出たり、グレッグのトリビュート・コンサートがあったり、何かと話題も多い。そんな中、意表を突くように、この77年の異色アルバムがアルゼンチンで初CD化された。

続きを読む

■ BLUE SKY / LIVINGSTON TAYLOR


liv_taylor_bluesky
兄ジェイムスに比べてコンスタントにアルバムを出している感があるけれど、もう4年半ぶりなのか。…というワケで、いつもホノボノとした歌声で和ませてくれるリヴィングストン・テイラーの新作。何処までもヒューマンで柔和な佇まいは、“兄ジェイムスよりもリヴの方が好き” という熱心なファンを抱える要因にもなっている。清々しい顔で『BLUE SKY』なんてストレートなタイトルを付けちゃう愚直さも、リヴの大きな魅力。そう思っている自分も、実はリヴ派なんだな…。

続きを読む

■ PART TIME LOVER ・LOVE IS A SHOESTRING / KERRY CHATER


kerry_chater1kerry_chater2
AOR直球ではないけれど、AORファンなら放っておけないケリー・チェイターの2作品が、紙ジャケット仕様でリイシューされた。1stの『PART TIME LOVER』(77年)が世界初CD化。2nd『LOVE IS A SHOESTRING』が14年ぶり2回目で、前回は『ちぎれそうな恋』という雰囲気のある邦題で出された。原盤は共にWarner Bros。しかし今回は、再発レーベルである米Real Gone Recordsへのライセンスで、それを我らがクリンク・レコードが米発売に先駆けて輸入し、国内で作った紙ジャケに封入して発売したのである。だから現時点では、日本でしか手に入らない。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW SERENADE / Various Artists


LM_serenade
LIght Mellow 和モノ・シリーズもインディ3社によるレーベル・コンピのリリースに突入。しかしまぁ、かなりのドタバタでありまして、まずは最初にお詫びをしないと…。当初の予定では、昨日20日に『Light Mellow DRIVE』(ウルトラヴァイヴ編)、『Light Mellow Serenade』(クリンク編)、『Light Mellow Magic』(ヴィヴィド・サウンド編)の3枚が同時発売の予定でしたが、そのうち『Light Mellow Serenade』は一週遅れの27日に延期。『Light Mellow Magic』は更に遅れ、9月中旬(詳細未定)の発売になりそうです。また予定通り発売された『Light Mellow DRIVE』でも、解説のミスが発覚。豊島たずみ<夜もすがら>の楽曲解説に、全く別のコンピの解説が紛れ込んでしまいました。気づいた時には既に初回プレス分が上がってしまったため、その分につきましては、ショップ店頭での訂正文配布という形での対応となります。謹んでお詫び申し上げます。なお、2ndプレス以降は修正済みの解説となりますので、よろしくお願い致します。

続きを読む

■ 6 KINDS 6 SIZES / PARACHUTE


parachute_6kinds
約10日ぶりの更新です。と言っても夏休みを取っていたワケではなく、むしろその逆。お盆時期はレコード会社やA&R氏たちもお休みが多く、どうしてもその前後に締切が集中する。なので今年は、普段の倍くらいの締切本数を抱えるハメになり、そこにスケジュール未消化分まで押し寄せて…、という状況に それでも12日のインコグニート@BlueNote Tokyo 2nd、16日の二名敦子(ゲスト:村田和人)@武蔵小山AGAIN、17日のパラシュート@Billboard Live Tokyo 2ndには、何とか足を運んで来た。


続きを読む

■ FRIEND OF A FRIEND / HOMI & JARVIS


homi_jarvis
昨今の怒濤のような廉価CDリイシューの連続に、サイフのヒモが弛みっ放しのカナザワ。とはいえロクに聴く時間がなく、未開封の山がドンドン高くなっていくばかりだ。でも、この手の再発は “売り切れ、即廃盤”というケースが当たり前なので、やはり早く買っておこうという強迫観念が働く。そんな中、今度はフュージョンの名門GRPレーベルの再発シリーズ【GRP MASTER COLLECTION 1000】が一気に50タイトルも 幸い、気になるところはほとんどCDを持っているので、当時カセットへ録音して済ませた数枚のみ購入。唯一の例外が、このホミ&ジャーヴィスだ。アナログもCDも持っているが、自分の元にも再発リクエストが複数入っていたタマだったので、思わず買い直した。ラインナップに入れたA&R氏、ナイス・ジョブ

続きを読む

■ LIGHT MELLOW DRIVE / Various Artists


LM_drive
『Light Mellow 和モノ DJ ナイト』第1回@タワー・ダイニング恵比寿 にお越し下さった方々、どうもありがとうございました。元々、通常のレストラン・バー営業しているところにイベントが乗った形なので、あまり音量が上げられないという制約はありましたが、ただでさえ準備不足のところに機材トラブルが重なり、ちょっと残念なトコロがありましたこと、慎んでお詫び申し上げます。しかしその一方でDJ諸氏のチョイスなどには賞賛の声も頂戴しており、まずはひと安心。次回10月3日(金)はリベンジも兼ねて、ということで、より楽しめるイベントを目指しまので、どうぞヨロシクお願いします。

続きを読む

■ P-CAN / 村田和人


murata_p-can
他のアーティストへの提供曲をセルフ・リメイクした『TREASURES IN THE BOX 』以来となる村田和人の最新作が登場。そのタイトルは、ここ何日かの東京近郊の空模様のように、スバリ『P-CAN』という。
続きを読む

■ LIGHT MELLOW 尾崎亜美 ・LIGHT MELLOW 野口五郎


lightmellow尾崎亜美lightmellow野口五郎
昨日、ライヴ・レポートに併せて『Light Mellow 大橋純子』を紹介したので、今日は同発の2枚『Light Mellow 尾崎亜美』と『Light Mellow 野口五郎』を。ふと気づけば、タワー・ダイニング恵比寿でのイベント『Light Mellow 和モノ DJ ナイト』第1回も、今週末8日(金)に迫って来ているし…(詳細はコチラから

続きを読む

■ LIVE LIFE ・LIGHT MELLOW 大橋純子 / 大橋純子


junko_ohashi_014lightmellow_大橋純子
6月にベスト選曲によるデビュー40周年記念セルフ・カヴァー・アルバム『LIVE LIFE』を発表し、衰え知らずの見事な歌いっぷりを披露してくれた大橋純子。そのクラブ・ツアー@Billboard Live Tokyo 2nd Setにお邪魔してきた。

続きを読む

■ POWER OF SOUL / IDRIS MUHAMMAD


idris_muhammad_74
ニューオリンズ出身のドラマーで、ジャズ、ソウル、ファンク周辺を股に掛けて活躍したアイドリス・ムハマッドが、先月29日、ホームタウンのニューオリンズの病院で亡くなった。享年74歳。詳しい原因は明らかではないが、11年に現役引退した後、腎臓を患っていたらしく人工透析を受けていたという。本名はレオ・モリス。“アイドリス”というのは60年に改宗したイスラム名で、発音的には“イードリス・ムハマド”と読むそうだ。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW MOMENT / Various Artists


LM_moment
FM FUJIでオンエアされているジャンク フジヤマの『jadio』、無事に生出演してきました。代々木のサテライト・スタジオは道路に面していてブーズの中が覗けるので、ジャンクの追っかけファンが数人来ていて、なかなか面白い体験でした。生出演の他に、来週10日(日)分の収録もこなし、都合2週連続のLight Mellow和モノ特集。ジャンク、マネージャーのSさん、そしてスタジオのスタッフの皆さん、ありがとございました。番組収録後は、ジャンクに誘われ、彼が応援している新進気鋭の若手女性サックス奏者:坂田明菜ちゃんのライヴ@川口ショックオンへ。ジャンクも2曲ゲストで加わり、<Morning Kiss>と<秘密>を熱くカマしてくれました。

続きを読む

■ THE BREEZE -An Appreciation of J.J.Cale- / ERIC CLAPTON & FRIENDS


clapton_the breeze
 これがクラプトン こんなに老け込んじゃったの イエイエ、違います。これはクラプトンが仲間と作った、故J.J.ケイルへのトリビュート・アルバム。クラプトンの<After Midnight>や<Cocain>、<I'll Make Love To You Anytime>といった有名曲を書いていたのがケイルであり、04年の第1回クロスロード・ギター・フェスティヴァルで共演。06年には2人で『ROAD TO ESCONDIDO』なるアルバムを作ったのはご存知の通りだ。その後2枚目の共演作も企画されたが、ケイルの体調が優れずお流れ。13年7月には心臓発作を起こし、74歳で帰らぬ人となった。これはそのケイルに捧げられた “Appreciation”の作品である。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow コンピレーション 洋楽シリーズが3作登場

ソニーのLegacy Recording再発と連動した、定番AORソングばかりを収録!

LM_SIESTA
LM_TWINKLE

ジャジー・ポップな洋楽カヴァー曲を集めたオトナのコンピ
Light Mellow Covers~Siesta
Light Mellow Covers~Twinkle

ケレ・ブキャナン待望の第2作! 間もなく登場
kere_buchanan2
グッバイ・イエスタデイ


CCMの名盤 The Latinosが世界初CD化
latinos
イット・マスト・ビー・ラヴ

LightMellow's Choice
カナザワがプロデュース
  する厳選CDシリーズ



■好評発売中■


■カナザワ初プロデュース作品■

Light Mellow's Picks
  × Tower Records
タワーレコードとのコラボ企画
《タワーレコード限定販売》

都会派シンガー・ソングライター:岸正之の2作品を初CD化!
kishi_1kishi_2

WARM FRONT +2
PRETENDER
WORKS
■ライナー執筆しました■

CD Shop



HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
Light Mellow 和モノ コンピ
カナザワ監修のシティポップスコンピレーション 各社から続々登場!

特設ページ オープン
link_sp1

■8月6日発売分■
◯徳間ジャパン編

■好評発売中■
◯テイチク編


◯クラウン編


◯ビクター編


◯ユニバーサル編2作


◯ワーナーミュージック編


◯キング編


◯キャニオン編


◯コロムビア編


この後6月、7月、8月とどんどん続きます。また収録曲には変更の可能性があります
Light Mellow 和モノ ガイド
『Light Mellow 和モノSpecial』伝説のガイド本 ベストセラー継続中。


Article Serch
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ