Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ TITO TIME / TITO JACKSON

tito jackson
ジャクソン・ファミリー最後の男、次男ティト・ジャクソンの初アルバムがようやくリリース。06年にソロで初来日し、10年以降はレギュラー化しているので、ソロ作も遠くないと思っていたが、マイケル追悼イベントやらジャクソンズの再結成ツアーなどもあり、意外に時間が掛かった。齢63歳にしての初アルバムだが、若手クリエイターとのコラボを交え、それなりに「今」を感じさせる内容になっている。

続きを読む

■ Daisuke & The Fal-Comb.Band LIVE 〜 In the mood - R&B only Special Nite 〜

daisuke_2
今日は Daisuke & The Fal-Comb.BandのR&Bオンリー・スペシャル・ライヴ@渋谷JZ Brat。このところ少し出不精になっているためか、コレが自分の今年初ライヴ参戦だった。去年の締めが sparkling☆cherry で、年初めが Daisuke と、どちらも我が Light Mellow's Choice からCDリリースしたアーティストというのが、ちょっとビックリ。

続きを読む

■ REVERENCE / NATHAN EAST

nathan east 2
セッション・ベースの優等生、ネイザン・イーストの2ndソロが到着。14年に出た初リーダー作がキャリア40年を経ての作だったので、次作がこんなに早いのは意外だったが、どうやら前作に収めきれなかったマテリアルがあったようで。初めてジャケを見た時は、ネイザンもスピリチュアルな方向に進んだか、と思ったが、基本的な内容は前作の延長+拡大解釈だった。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #44

bish_best BEST OF BISH / STEPHEN BISHOP

週のアタマは、お馴染み TS-ONEのプログラム『PREMIUM ONE』のプレイリストご紹介。年が変わって2度目の更新なので、カナザワ的には、2017年早々に来日公演が決まっているアーティストの中から、AORち近しいところをピックアップしてみた。


続きを読む

■ BEAUTIFUL BROKEN / HEART

heart 016
ふと気がつけば、ライナーを書かせてもらった前作『FANATIC』から、早4年が過ぎている。いつの間にか今度のハートは、名門コンコードへ移籍してニュー・アルバムを出していた。暑い時期のリリースだったのに、今も何のインフォメーションもないということは、どうやら日本発売は見送られたみたいね、ユニバーサルさん…

続きを読む

■ TWO MAN BAND / SPLINTER

splinter_2 man band
ジョージ・ハリスンのダーク・ホース・レーベル契約第1号アーティスト、スプリンターの3作目が、昨年秋に韓国プレスで初CD化〜帯・解説付きの国内仕様盤で流通開始。77年制作で、彼らの作品の中で最もAOR寄りといえるが、結局コレがダーク・ホースでのラスト・アルバムになった。

続きを読む

■ THIS GIRL'S IN LOVE 〜 a Bacharach & David Songbook 〜 / RUMER

rumer_bucharach
このところの東京地方、天気は良いけどかなり寒い日が続いている。おかげで11月末に引いた風邪が、完治しないうちにブリ返し。ずーっと寝込むまずに来ているのは幸いだけど、せっかく仕事部屋の音盤整理が片付き、ようやくあとは掃除機をかけるだけ、というトコまで漕ぎ着けたのに、これじゃあ書きモノの集中力が上がらないんだよなぁ…。逆にこうしてサラッと書けるブログの方が捗ったりして。

続きを読む

■ ONE MORE SONG / JACK TEMPCHIN

jack tempchin 016
イーグルスに<Peaceful Easy Feeling>や<Already Gone>を提供したことで知られるシンガー・ソングライター、ジャック・テンプチン。そのテンプチンの16年最新作、『ONE MORE SONG』が未聴の山から出てきた。このところは Blue Elan なるインディ・レーベルに軸足を置いて、いつになく前向きに活動している。

続きを読む

■ BODY LANGUAGE / PATTI AUSTIN

patti austin_body language
絶賛、音盤整理中(まだやってる…半泣)。その中からまとまって出てきたのが、昨年9月に再発されたキング・レコード発のCTIコレクション。既に持っているアルバムが多かったので、世界初/日本CD化モノを中心に数枚ピックアップしただけだったが、ならばこの機会にブログで紹介しよう、と思いつつスッカリ失念していたのが、このパティ・オースティンの4作目にしてCTI最終作(80年)だ。手元には初CD化時の03年UK盤(英ではSony Musicがディストリビュート)があるので、今回はスルーしたけれど、実は地味ィ〜に内容がイイのヨ。

続きを読む

■ CHEERS TO THE FALL / ANDRA DAY

andra day
クリスマス・シーズンにスティーヴィー・ワンダーとの共演曲<Someday At Christmas>(発表は一昨年暮れ)を含むクリスマス・アルバムがリリースされ、ちょっとした話題を提供してくれたアンドラ・デイ。9月に横浜赤レンガ倉庫で開催されたブルーノート・ジャズ・フェスでの熱演も印象的だったが、その時に記事をアップしようと思ったら、CDが見当たらずに断念。それが今回の音盤整理でヒョッコリ出てきたので、改めて聴き直してみた。

続きを読む

■ GET ON DOWN + REFLECTIONS IN BLUE / BOBBY BLAND

bobby bland
Vinyl & CDの整理、絶賛継続中。結局今日も終わらなかったけど、ようやく先が見えてきた。でもまた収納スペースがなくなりつつあり、これから頭を悩ませそう。去年はフュージョンやAOR系の廉価CD再発が多かったので、それだけでも軽く300枚は増えてるんだから…


続きを読む

■ SYSTEMATIC / BILLY GRIFFIN

billy griffin systematic
相方の実家へ新年のご挨拶へ行ってから、越年している仕事部屋のアナログ&CDの片付けを再開。デスク脇のダンボールに未聴のまま投げ込んであったCDだけで数百枚はあったから、分類して棚へ収めるだけでひと苦労。ちなみに我が家はザックリとジャンルで分け、並び順は洋楽=アルファベット、邦楽=五十音順にしている。例えば、このビリー・グリフィン(元ミラクルズ)だったら、ソウル/R&Bコーナーの男性ソロ棚「G」のトコロに入るワケ。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #43

weather report_heavy HEAVY WEATHER / WEATHER REPORT

皆さん、あけましてオメデトウございます。本年もどうぞヨロシクお願い致します。さて、年末から始めた仕事部屋のレコード&CD整理は、結局終わらず、足の踏み場もないほど散らかったままで年越し。三が日くらいはノンビリできるかと思いきや、完全にドタバタな年明けとなった。他にも越年させちゃった書きモノが3本ほどあるので、片付けは3〜4日までには終わらせないと… 

続きを読む

■ WHO CAN I BE NOW? [1974 -1976] / DAVID BOWIE

60589
予定していた忘年会もサクッとハネて、さて、大晦日。今年は締切に追われて、という年末ではないけれど、身辺ではいろいろあって、気づいたら年の瀬という感じ。前にも書いたように、2016年はカナザワ的にアナログ熱再燃の年になってしまったので、昨日〜一昨日あたりからその整理を始めている。でもアナログの置き場確保のためにCDを大移動させたりで、なかなか捗らないんだな。

続きを読む

■ MIND TRANSPLANT / ALPHONSE MOUZON

alphonse mouzon_75
今年はもう何日もないというのに、ミュージシャンの訃報が止まらない。昨日朝、逝去のニュースが入ってきたのは、ウェザー・リポートの初代ドラマーで、ラリー・コリエルのイレヴンス・ハウスでも叩いていたジャズ・フュージョン系の技巧派:アルフォンス・ムゾーン。彼は9月に神経内分泌癌という珍しいタイプの癌と診断されて、闘病生活を送っていた。享年68歳。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow音盤&トーク・ライヴ Vol.8
音盤&トーク
1月28日(土)@武蔵小山カフェアゲイン
Open:15:00 / Start:16:00
入場料:1,500円
ハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルを使用して、爆音AORをお届けします。
カフェアゲイン website
※画像は古いモノです
Light Mellow Searches
  カナザワ監修シリーズ
  from P-ヴァイン


WORKS(解説)
WORKS(書籍)
amazon J-pop書籍1位を記録

Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■オリジナル再発■



Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ