Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ EVENING SHADOWS / 佐藤 博

hiroshi sato_evening
約90分という時間的制約のため、明日のイベントの選曲から溢れてしまったアナログ盤を1枚、コチラでご紹介しておきたい。それは先月、タワーレコード、HMV、ネットのSony Music Shop限定で発売された、佐藤博のアナログ12inchシングル『EVENING SHADOWS』である。

続きを読む

■ LOVE ME BY NAME / LESLEY GORE

lesley gore_love me
15年2月に68歳で亡くなった60'sの人気ポップス・シンガー、レスリー・ゴーア。彼女が久々にクインシー・ジョーンズ制作でリリースした76年の好作が、ようやくCD化された。元々クインシーに見出されたレスリーは、63年に16歳でデビューすると、すぐさま<涙のバースデイ・パー ティ(It's My Party)>が全米No.1ヒットとなり、ポップ・アイドルとして人気沸騰。その後もシンガー・ソングライター、女優、そして活動家としても名を馳せた。しばしのブランクを挟んで、モータウン傘下のMowestから72年に『SOMEPLACE ELSE NOW』を発表。キャロル・キング的佇まいで、レディーになった姿をアピールした(CD化時のレビュー)

続きを読む

■ アウト・オブ・マインド / 加川 良

ryo kagawa
またしても訃報。フォーク・シンガーとして活躍し、吉田拓郎に次ぐ存在と注目された時期もあった加川良(本名:小斎喜弘)が、5日、都内の病院で亡くなった。享年69歳。昨年12月に急性骨髄性白血病と診断されて入院。残念ながら、復活することは叶わなかった。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #56

brenda russell 3 TWO EYES / BRENDA RUSSELL

週明け恒例、カナザワがレギュラー出演している高音質デジタル・ラジオ:TS-ONEのプログラム『PREMIUM ONE』の更新をご案内。4月からはスマホのTS-PLAYアプリ【インターネット受信モード】聴取エリアが日本全国に拡大。Windows8.1以上搭載のPCでも聴けるようになりました。詳細は右サイド・バーからTS ONEのサイトへ。


続きを読む

■ NO JACKET REQUIRED / PHIL COLLINS

phil collins 3
4月第1週ということで、今日が実質的な新年度の幕開け。入学や入社だけでなく、転勤、転職、部署異動、転校など、この機に新生活をスタートさせた人も多いことと思う。かく言う自分も、気持ち的には新しいステージへと進んで心機一転したいところ。でも現実的には、なかなか前へ踏み出せないまま…。満開の桜をひとり見上げることにはとっくに慣れているけど、今年はチョットばかりマブし過ぎるようで…

続きを読む

■ ebisu / 新川博 & THE SINKEYS

sinkeys
J-POPシーンを裏から支えた名アレンジャーにして名キーボード奏者、新川博。70年代半ばからハイ・ファイ・セットのバックを務め、ユーミン・ツアーのバンド・マスターを経て、80年代以降は数多のレコーディングで作編曲家として活躍。原田知世、中原めい子、小林麻美、カルロストシキ&オメガトライブ、菊池桃子、SMAP等など、数え切れないほどのヒット曲を手掛けた。カナザワとは、2000年にビクター傘下に設立されたaosis records での仕事がご縁。当ブログではお馴染み、sparkling☆cherryのサウンド・プロデューサー候補に新川さんの名を挙げたのも、実はカナザワだった。

続きを読む

■ DAVID BOWIE IS

david bowie is
小雨そぼ降る花冷えの土曜日、『DAVID BOWIE IS 〜 デヴィッド・ボウイ大回顧展』を見に、天王洲 寺田倉庫G1ビルまで足を運んだ。開催残り1週間で滑り込み。もっと混んでいるかと思いきや、早い時間にエントリーしていたためか、数分並んだだけで場内へ。展示物の圧倒的品数と斬新さ、60年代末からの古い映像作品をどう見せるか、という創意工夫など、とても興味深く楽しめるエキシビジョンだった。

続きを読む

■ SUMMERTIME LOVE SONG / MILKY WAY

milky way
以前タワーレコードとのコラボレイトで再発展開していた Light Mellow's Picks で、5年前に初CD化したミルキー・ウェイのワン&オンリー作『SUMMERTIME LOVE SONG』。それがこの度、何とアナログ盤で復刻された。今回もタワーレコード限定で、CD化時の拙解説に手を加えて再掲載している。

続きを読む

■ I LOVE TALKIN' 'BOUT BABY / 酒井俊

shun sakai_7
先月から発売元を Clinck Records に変更してリリースを再開した【Light Mellow 和モノ 45】。この往年の名盤や隠れた好盤から今の感性で7インチ・シングルを切っていく大胆なシリーズだが、その最初は 今はなきトリオ・レコードにスポットを当てていく。宮本典子『シルバー・レイン』に続いたのは、29日に発売された酒井俊『I LOVE TALKIN' 'BOUT BABY』だ。

続きを読む

■ ニッポン Light Mellow 名盤レコードコンサート

image003
今日は午後から、都内某レコーディング・スタジオに赴き、ある若手ユニットのレコーディング&歌入れを見学・激励に。メキメキ頭角を現している20歳台若手実力派ミュージシャンを中心に、J-POPシーンのトップ・アレンジャー/鍵盤奏者を迎えてのスタジオ・セッション。リマスタリングには時々立ち会うカナザワも、こうしたナマの録音現場に潜入する機会はあまり多くないので、とても興味深かったし、大変勉強になった。世代を越えたリアルなミュージシャンシップに触れることができたが、アレンジャー/プロデューサー経験も豊富なベテラン、最前線で活躍するトップ・エンジニアたちが若いメンバーを取り囲む視線、自分の身の処し方にもスゴイものが。それこそ互いにロクな面識がなくても、相手の動きを見て瞬時に自分のポジションを見定めていく。そのあたりの阿吽の呼吸が、まさに現場感覚。音楽を論じる者として、大変貴重な体験をさせてもらった気がしている。

続きを読む

■ AGAIN・STILL (LVm Analog)/ 黒住憲五

Again_TWJP90_JKStill_TWJP91_JK
いよいよ明日29日、タワーレコード限定で、黒住憲五の初期名盤『AGAIN』(1st / 82年)と『STILL』(2nd / 83年)がアナログ・レコードで再発される。監修・解説はワタクシ、金澤寿和。一昨年あたり、シティ・ポップス系の初CD化プロジェクトとして Tower to the People × Light Mellow's Picks シリーズを推進させていたが、それが久々に復活した格好だ。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #55

mari_buxbunny live ライヴ! / 金子マリ&バックスバニー

週明け恒例、カナザワがレギュラー出演している高音質デジタル・ラジオ:TS-ONEのプログラム『PREMIUM ONE』の更新ご案内。今週はテーマなしのフリー選曲ながら、相方:竹内氏は日本の女性シンガーをピックアップ。カナザワは日英米の中堅ソウル〜R&Bバンドでまとめてみた。ちなみにこのTS-ONE、4月からスマホのTS-PLAYアプリ【インターネット受信モード】での聴取エリアが日本全国に拡大。Windows8.1以上搭載のPCでも聴けるようになりました。詳細は右サイド・バーからTS ONEのサイトへ飛んでください。

続きを読む

■ PERFECT FIT / CRAIG MIRIJANIAN

craig mirijanian
先週のお彼岸墓参に続き、今週はそぼ降る雨の中、母親の名代として親戚の法事へ。楽しい行事じゃないけど、仏像に囲まれたお寺さんの凜とした空気感は、何処か身が引き締まるようで、嫌いじゃありません…(ちーん

続きを読む

■ SCORE / DUNCAN MACKAY

duncan mackay
個人的待望! マニアックなプログレ系作品の初CD化が実現した。コックニー・レヴェルや10C.C.、キャメル、アラン・パーソンズ・プロジェクト、ケイト・ブッシュ、バッジーなどで活躍した南アフリカ育ちの英国人キーボード奏者、ダンカン・マッケイの2ndソロ(77年)。昨年末に輸入盤が出て、日本盤を待たず即ゲット。レコードコレクターズ誌の最新号に、1月末に亡くなったジョン・ウェットンの追悼特集があり、それを見てふと思い出したように引っ張り出した。

続きを読む

■ CIDER 〜 Hard & Sweet 〜 / 川口千里

senri kawaguchi_cider
大学生になったばかりの手数姫:川口千里ちゃん所縁の御仁と、ちょいと作戦会議的ミーティング。その後、夕方遅めのランチ・ミーティング、更に場所を移動して…と、なかなかに充実した一日。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
PROGRAM
ts one logo
高音質デジタルラジオ TS-ONEで【PREMIUM ONE】にレギュラー出演中。レーザー・ターンテーブルでアナログ盤を掛け倒すマニアックな音楽番組です。週1回更新で毎日オンエア。

当ブログ内番組プレイリスト
週間タイムテーブル
●スマホ、PCで聴取可能
i-dio Official Site
●番組マガジン、トークルーム
Premium One 番組サイト
EVENT
CITY POP CONNECTION

citypop conection
アーバンでディスコでファンキーな和モノ・イベント
■ 5月12日(金)19:30 Start
@新宿カブキラウンジ
ADV: 1500円 AT DOOR: 2000円 w/1Drink
【DJs】金澤寿和 /清水郷 /池上尚志【Guest】脇田もなり
詳細はコチラ

Light Mellow音盤&トーク・ライヴ Vol.9
音盤トーク017
5月14日(日)
武蔵小山カフェアゲイン
open 15:00 start 16:00
charge ¥1,500-
レーザーターンテーブルを使って爆音でAORを聴くイベントです。
詳細・予約はカフェ・アゲインまで。
Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND


Light Mellow Searches
  カナザワ監修シリーズ
  from P-ヴァイン


WORKS(解説)
milky way
MILKY WAY / Summertime Love Song(analog reissue)
タワーレコード限定

Recent Comments
TOPICS
寄稿しました!

記念企画『レココレ読者が絶対に聴くべき21世の名盤』に寄稿しました。

『Take a Trip』presented by Light Mellow
take a trip

都市生活者の日常をプレミアムな旅空間へと誘うカナザワ選曲のコンピレーション。タワーレコード限定発売
作品詳細はコチラから。
タワーレコード特設ページ/お求めはコチラ。


オーレ・ブールード再来日決定
special_ole
@丸の内 COTTON CLUB
絶賛予約受付中
AORファンは見逃すべからず
詳細はコチラへ
Tower to the People × Light Mellow's Picks
■監修・解説しました■
黒住憲五 アナログ復刻

Again_TWJP90_JKStill_TWJP91_JK
LVm(Laser Vinyl master)なる新方式でのアナログ復刻です。要注目。
タワーレコード限定発売。
『AGAIN』 『STILL』
Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■Light Mellow 和モノ45■
■ I LOVE TALKIN' ' BOUT BABY / 酒井俊
shun sakai_7

■ シルバーレイン / 宮本典子mimi_silver rain

芽瑠璃堂 特設ページ
※タワーレコード、Disk Union でもお求めになれます。

■オリジナル再発■


Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ