Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ I JUST CALL TO SAY I LOVE YOU / STEVIE WONDER・ BREAD & BUTTER

113582188_pic1_fullぶれ (1)

このところ良きご縁が続いている、ブレッド&バターの岩沢幸矢&二弓のお2人。先日も紹介したレコードコレクターズ誌3月号『アルファレコード特集』でも、大枠でアルバム・レビューが載っていたけれど、今度は人気TV番組『奇跡体験! アンビリーバボー』スペシャルにお2人揃って登場。しかもリモート中継でスタジオ出演し、過去と最近のライヴ映像まで流れる大々フィーチャーぶりにビックリ ネタはブレバタ・ファンにはとうにお馴染みの、スティーヴィー・ワンダーのビッグ・ヒット『I Just Call To Say I Love You(心の愛)』の盗作事件にまつわるものだけど、それを元に再現フィルムまで作られていた。

続きを読む

■ NO FUSE / NANIWA EXPRESS

naniwa exp

このところ、J-フュージョンのベテラン・グループに激震が相次いでいるようだ、と先日書いたばかり。プリズム:和田アキラの闘病も結構長くなってきて、音沙汰がないままで心配なこの頃だが、実はこのナニワ・エキスプレスも、密かに不運に見舞われていた。バンドの名物ドラマー:東原力哉が原因不明の運動障害に冒され、活動をストップしていると公表されたのだ。症状は数年前から出ていたらしいが、現在はそれが悪化して日常生活にも支障が出ているという。

続きを読む

■ WHITESNAKE / DAVID COVERDALE

david coverdale

ちょっと煮詰まった時は自分のルーツに回帰、というコトで、デヴィッド・カヴァーデイルが77年にリリースした1st ソロ・アルバム『WHITESNAKE』。今ではすっかり彼のバンドとして有名になり、全米No.1ヒットまで出しちゃったけれど、オールド・ファンが最初に接したホワイトスネイクは、バンド名ではなく、このアルバム・タイトルだった。プロデュースはロジャー・グローヴァー、ベーシック録音はイアン・ギランが所有するキングスウェイ・スタジオ、そして発売元がパープル・レコード。まさにファミリー総出のソロ・デビューだった。

続きを読む

■ MINT JAMS / CASIOPEA

casiopea_mint jams

昨日ポストした『レコードコレクターズ誌3月号〜アルファ・レコード特集』にちなんで、アルファのクロスオーヴァー/フュージョン路線の旗頭だったカシオペアを。自分が一枚セレクトするなら、圧倒的に『MAKE UP CITY』(80年)なのだが、今はその2作後のコレ『MINT JAMS』が旬らしい。82年2月末にライヴ・レコーディングされ、その3ヶ月後には早くもレコ屋店頭に。まさに採り(録り)たてホヤホヤの実況盤。基本ダビングはナシで、オーディエンスの拍手や歓声は(ほぼ)すべてカット。その一方で演奏にリヴァーブをかけたり、エフェクトを使って空間演出をしている。

続きを読む

■ レコードコレクターズ誌3月号〜アルファ・レコード特集

710yeWmYruL

ヴァレンタイン・デイにつき、一応 相方からはチョコを貰ったが、それ以外は至って普通に巣篭もりのお仕事モード。息抜きに、自分も執筆にお声掛け頂いたレコードコレクターズ誌3月号アルファ・レコード特集に目を通している。今回の特集は、アルファ創始者:村井邦彦の古希記念として2015年に催された一大イベント『ALFA MUSIC LIVE』(@渋谷Bunkamuraオーチャードホール/当時のライヴ・レポートはコチラから)が映像ソフト化され、来月一般発売されるからだ。

続きを読む

■ JON MARK passed away

mark almond_heartmark almond_other people
mark almond bestjon mark

チック・コリア逝去の報が世の音楽ファンを悲嘆に暮れさせる中、また一人のミュージシャンが、静かに世を去った。マーク=アーモンドの片割れである英国人シンガー・ソングライターのジョン・マーク(本名John Michael Burchell)が、2月10日、現在の住まいがあるニュージーランド北島のロトルアで亡くなった。享年77歳。死因は明らかになっていない。コレ、個人的にはチックの時よりショックかも…

続きを読む

■ CHICK COREA passed away

chick corea_rtfchick corea_spanish
chick corea_madhatterchick corea el.band

朝イチで またしても悲しい訃報が…。クロスオーヴァー〜フュージョン〜コンテンポラリー・ジャズ・シーンの牽引役であり続けたピアノ奏者チック・コリアが、2月9日に亡くなった。まだ発見されて月日の浅い、稀なタイプのガンを発症していたという。享年79歳。

続きを読む

■ JACK MAGNET -Special Edition- / JAKOB MAGUNUSSON

jakob_jack magnet

「英米で活躍したアイスランドの敏腕キーボード奏者ヤコブ・マグヌッソンが、80年代初頭に発表したAORの秘宝、約20年ぶりに奇跡的復刻。ジェフ・ポーカロ、ヴィニー・カリウタ、ビル・チャンプリン、ジェイ・グレイドン、ペイジス、トム・スコット、ジェリー・ヘイらが参加。ヒプノシスによるピンク・フロイドの元ネタ的なアートワークは紙ジャケットで再現。オリジナル盤に封入されていたニュースペーパー風折り込みも復活する。更にインスト傑作『TIME ZONE』をボーナス・ディスクとした、無欠の2枚組仕様による豪華リイシュー」――金澤寿和 続きを読む

■ INCREDIBLE / SCHERRIE PAYNE

scherrie payne

昨日のメリー・ウィルソンの訃報にちなんで、メリーと共にダイアナ・ロス脱退後のシュープリームス最後のメンバーだったシュリー・ペインの、ワン&オンリーとなる87年ソロ作を。グループ解散後の79年に、もう一人のメンバーだったスゼイー・グリーンと組んで、シェリー&スゼイー名義のアルバムを出したが、そのあとは単発的にインディーからシングルを出したり、時折スタジオ・セッションに参加する程度。そんな中で87年、ジェイムス・イングラムの弟フィリップ・イングラム(ex-SWITCH)のソロ・シングル<On And On>(87年)でのデュエットが多少知られている。昨日も書いたように、シュリーは元グラス・ハウスのリード・シンガーで、フレッダ・ペインの妹だから、似たような経歴の実力派シンガー同士のデュエットだな、と思っていた。

続きを読む

■ MARY WILSON (founding member of The Supremes) passed away

supremes 75

訃報。シュープリームスのオリジナル・メンバーであるメアリー・ウィルソンが、2月8日にネバダ州ラスヴェガス近くの自宅で息を引き取った。今年2021年は、ダイアナ・ロス、フローレンス・バラードとのシュープリームス結成〜モータウン入りから60周年に当たるそう(最初の名はプライメッツ)。秘宝の2日前には、自身のユーチューブ・チャンネルで「間もなく新しいソロ・アルバムをリリースする」と語っていたそうだから、文字通りの急死だったらしい。享年76歳。

続きを読む

■ GATELY'S CAFE・GATELY : STILL ROUND / MICHAEL GATELY

michael gately cafemichael gately around

70年代初頭に2枚のソフト・ロック〜シティ・ポップ〜プレAOR名盤を残した巨漢シンガー・ソングライター、マイケル・ゲイトリー。昨年末の世界初CD化で話題になっているロバート・ジョンの元相方でもあり、ホンワカした優しいムードのアーリー・ポップン・AORを聴かせてくれる。その2枚『GATELY'S CAFE』と『GATELY : STILL ROUND』 が、来週17日にリイシュー。どちらも以前、韓国プレスによる紙ジャケットの輸入盤国内仕様が出回ったことがあるが、国内プレスは初めて。『GATELY : STILL ROUND』がディスクガイド『AOR Light Mellow Premium 01 〜 Legends & Pre-AOR』掲載盤なのもあってか、カナザワがまとめて解説を担当させて戴いた。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.3 開催決定!

LLM vol3 20.6.l

実は決まっていたんです、LIVE Light Mellow Vol.3 が 昨年6月20日開催で。出演予定だったのは、Vol.2にも出演していただいた南佳孝さんを中心に、ブレッド&バターと大橋純子さん。そしてサポートに1回目から出ているSparkling☆Cherryという布陣で。しかし上記フライヤーのように、発表準備中に新型コロナ第1派に見舞われ、止むなく延期に。当初は半年延ばして11月頃の開催を模索していましたが、その時は未だ感染収まらずで、結局今年春まで延び延びに。それでも、ようやく新しいスケジュールが決まりました

続きを読む

■ NY SWEETNESS : BEST WORKS / STUFF

stuff best

年末にチラリとご紹介したスタッフの企画ベスト、情報解禁となりました。タワーレコードのブレーンが自信を持って企画制作・選曲するタワレコ限定のベスト盤シリーズ:TOWER RECORDS PREMIUM の第2弾として3月10日に発売。その名も『NY SWEETNESS : BEST WORKS』。カナザワは解説を担当させて戴いてます。

続きを読む

■ JIM WEATHERLY passed way

jim weatherly

ミシシッピ出身のカントリー系シンガー・ソングライター:ジム・ウェザリーが、3日夜、テネシー州ブレントウッドの自宅で亡くなった。享年77歳。死因は明らかにされていない。ブルースやR&B、ゴスペルが盛んな地で育ち、エルビス・プレスリーやロカビリー・ミュージックに触発されて13歳で曲作りを開始。ミシシッピ大学ではフットボール・チームでクォーターバックとして活躍して全米選手権に出場する傍ら、バンドのヴォーカル&ギタリストとしてステージにも立っていた。大学卒業後は、あまり背が高くなかったことからプロ・フットボール選手の道を断念。68年にヴァーヴからThe Gordian Knotなるバンドでデビューしたものの、成功の糸口は掴めずソングライターに転身している。

続きを読む

■ DYNAMOGENIC / 川口千里

senri_dynamogenicsenri_dynamogenic limited

メジャー・デビュー作となった『CIDER ~ Hard&Sweet ~』から4年ぶり、通算4作目となるニュー・アルバム。CD自体は昨年12月の発売直後にゲットして、音はとうに聴いていたが、初回限定のBlu-rayを観てからブログにアップしようと思っていたら、結局 今になっても観ること叶わず。そこで昨日、神保さんの新作を取り上げたタイミングで、千里ちゃんのも、と相成った。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
9月23日発売
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

●初CD化&入手困難盤復活!!『AOR ~ Light Mellow 1000』●

Light Mellow 1000
light mellow 100 door

詳細ご案内・購入はこちら
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Liner Notes
NY SWEETNESS : BEST WORKS / STUFF
stuff best
タワーレコード限定
詳細・購入はこちら
Light Mellow ANALOG
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

LIVE Light Mellow Vo.3
金澤寿和 企画監修
LIVE Light Mellow Vol.3 告知データJPEG
チケット好評発売中 《出演》ブレッド&バター
大橋純子/南佳孝
《band》sparking☆cherry
【日時】2021年4月4日(日)
1回目 開場14:00/開演14:30
2回目 開場17:30/開演18:00
【場所】原宿クエストホール  http://www.quest-hall.or.jp
【料金】6,800円(税込) 
【問】キャピタルヴィレッジ
Tel.03-3478-9999
詳細はこちらから
PLAYLIST
●Kanazawa 監修 Playlist ●

●『J-DIGS: Light Mellow City Essence Vol.4』
138753708_3539781659423271_50251279874812852_o
spotify
apple music
隔月公開予定/全6回
Light Mellow on ULTRA
Light Mellow × ALOHA GOT SOUL
 カナザワ監修シリーズ
 meets HAWAII

Recent Comments
Article Serch
Archives