Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ STRAIGHT AHEAD / ZENIT

zenito

竹内まりや<Plastic Love>が Youtubeで世界的注目を浴び、何と2500再生を記録したことは、今や有名な逸話。でも実際の再生回数はともかく、それに似た現象はアチコチで湧き起こっている。オーストリアで80年代に活動していたゼニートも、そうして再評価の俎上に乗ったグループ。帯キャッチには、“極上ライトメロウ meets ニュー・エイジ〜バレアリックな至宝盤” とある。でもヲイ、カナザワは、なぁ〜んにも聞かされてネェ〜ぞ そもそもこの形容からは音が見えてこないんじゃないか…

続きを読む

■ AFTERSHOCK +6・SOUL TATOO +3・LIVING IN CLOUR +1 / AVERAGE WHITE BAND

awb_aftershockawbsoul tatooawbsoul living in colour

前ポストに続いて、 Light Mellow 冠のアヴェレイジ・ホワイト・バンド廉価シリーズ後期6作品の続編。今回は、日本初復刻となる88年の再結成盤『AFTERSHOCK+6』、こちらも日本初復刻の96年作『SOUL TATOO+3』、そして日本盤初登場となる03年盤『LIVING IN CLOUR+1』をピックアップした。

続きを読む

■ FEEL NO FRET +4・SHINE +9・CUPID'S IN FASHION +5 / AVERAGE WHITE BAND

awb_feel no fretawb_shine+9awb_cupids

間もなくリイシューとなる Light Mellow 冠のアヴェレイジ・ホワイト・バンド廉価シリーズ後期6作品。前期7作はお馴染みのアルバムばかりだったので、まとめポストで端折った気がするが、後期は日本初復刻・日本盤初登場といった作品が含まれているので、2回に分けてシッカリご紹介したい。まず最初は、AORファン御用達である『FEEL NO FRET +4』、『SHINE +9』、『CUPID'S IN FASHION +5』の3枚。AWB的には、一度解散する前のオリジナル期(ドラマーは交代を余儀なくされたが)最後の3作、に当たる。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.2 @全労済ホール スペースゼロ

IMG_1003
LLM 2

LIVE Light Mellow Vol.2、featuring 尾崎亜美・南佳孝・伊藤銀次 @全労済ホール スペースゼロ。心配された雨も持ち堪え、大盛況のうちにハネることができました。足を運んでくださった皆さま、どうもありがとうございました m(_ _)m

続きを読む

■ LOVE LIKE OURS・BETWEEN TWO WORLDS / NED DOHENY

ned_love like oursned_between 2

ヨット・ロックなる新潮流に後押しされたか、昨年秋に紙ジャケCDで復刻した『LIFE AFTER ROMANCE』が、殊のほか好セールス。後続のポリスター期2作『LOVE LIKE OURS 』(91年)と『BETWEEN TWO WORLDS』(93年)も、紙ジャケット仕様で来週リイシューと相成った。初回CDは共に、歌詞や解説まで閉じ込んだフルカラーの豪華ブックレットが付いていたので、この紙ジャケCDも、『LOVE LIKE OURS 』が見開き、『BETWEEN TWO WORLDS』が3面見開きという豪華装丁になっている。監修者である自分も、届いた商品サンプルを見てチョッとビックリ アナログ盤のない時代の作品とはいえ、これは思わず紙ジャケ買いしたくなってしまうファンもいるだろうな。

続きを読む

■ ROXY / Sparkling☆Cherry

roxy_j_web

着々と支持率を上げてきている Sparkling☆cherry 待望のニュー・アルバム『ROXY』のリリース、いよいよ情報オープン。7月24日のリリースが見えてきました。デビュー3作目、手売り時代から数えると、通算で4作目。前作『MIRAGE』が好評を呼び、アチコチで品切れ状態を引き起こしている中、ちょうど1年ぶりのリリース。このクラスのバンドにはちょっと珍しいコトかもしれませんが、「鉄は熱いうちに打て!」の格言通りの運びとなりました。

続きを読む

■ Aguia Nao Come Mosca(涼風)/ AZYMUTH

azymuth

イベントにレコーディングとドタバタな週末だったので、今日は家で耳をリフレッシュさせつつ、ちょっとした選盤のお仕事。ライトメロウをテーマに、邦洋のオススメ盤100枚をチョイスしている。これは後日発表できると思うので、しばしお待ちを。で、耳ダレを直すべく垂れ流しているのは、最近 髪ジャケット仕様で復刻されたアジムスの『涼風(Aguia Nao Come Mosca)』。NHK-FMの名番組:クロスオーバーイレブンのオープニング・テーマに使われていた<Voo Sobre O Horizonte>を収録した名盤である。

続きを読む

■ 音盤&トークライブ Vol.15・藤沢ヨット・ロック Vol.6

音盤_bozfujisawa yacht rock (1)

6月7日(金) 音盤&トークライブ Vol.15 ボズ・スキャッグス特集@神保町・楽器カフェ
6月9日(日)藤沢ヨット・ロック Vol.6 @ Fujisawa Bar Cane's

先週末の2本のイベント、共に終了いたしました。どちらも雨交じりの冴えない空模様でしたが、足をお運びいただきました皆様、どうもありがとうございました。

続きを読む

■ Dr. JOHN passed away

dr.john_sentimentaldr.john_city

朝一番で飛び込んできたドクター・ジョンの訃報。それほど深くハマったことはないものの、彼の存在を知ったのは早かった。カナザワにとって洋楽の入り口であるビートルズとの交友関係があったからだ。でもソロ・アルバムをシッカリ聴いたのは、大学生になってから。代表作『GUMBO』よりも『CITY LIGHTS』の方が先だった。トム・スコットのライヴ盤『APPLE JUICE』での客演も、怪人らしくて印象的だったな。

続きを読む

■ GET IN THE WIND / JOE THOMAS

joe thomas _78

当ブログではあまり紹介できていないが、ブルーノートのLA品番、プレスティッジの7000/10000番台、CTI/KUDUあたりの作品群、すなわちソウル・ジャズからクロスオーヴァー/フュージョンへと進化していくプロセスで産み落とされたジャズ・ファンク系のアルバムは、カナザワの大好物。だからブルーノート〜ソリッド・ステイトで活躍したプロデューサー:ソニー・レスターが71年に設立したレーベル:グルーヴ・マーチャントの作品には、どれも反応してしまう。多少粗製濫造の気配も漂うが、それをシッカリ再発しているのは、P-VINEや Ultra Vybe傘下の Solid といった日本の老舗インディペントだ。

続きを読む

■ THE SECRET / ALAN PARSONS

alan parsons_secret

ここ数年はライヴ盤やシンフォニック・プロジェクトのライヴ映像作など、スピン・オフ的作品ばかりが目立ったアラン・パーソンズ。スタジオ・レコーディングによるソロ新作としては、04年作『A VALID PATH』以来15年ぶりとなるニュー・アルバム『 THE SECRET』が4月末にリリースされた。オリジナル原盤は、先日ピックアップしたマイケル・トンプソン・バンドと同じ 伊Frontiers。DVD付きやアナログ盤、アナログのデラックス箱なども用意されている。カナザワもそそくさと輸入盤をゲットしたけれど、ようやく日本盤もDVD付き2枚組が7月末に出ることが決まったようだ。

続きを読む

■ THE SPICE OF FIVE / TRISTAN

tristan_019jptristan_019uk

感度が高い音楽フリークから注目を集めているるオランダ最高峰のジャズ・ファンク・バンド、トリスタン。結成から12年経った2014年にリリースしたデビュー盤『FULL POWER』は、UKのソウル・チャートで堂々の首位獲得。その後現在までに2枚のスタジオ作とライヴ盤を出し、17年秋には待望の初来日を果たした。当ブログでもデビュー時から随時紹介しており、一部マニアにはお馴染み。“オランダのインコグニート” なんて形容されているけれど、実のところ、インコグニートよりも少々マニアックで、通受けするタイプと言える。でもその分、分かっているヒトには、堪らない音なんだな〜

続きを読む

■ LOVE & BEYOND / MICHAEL THOMPSON BAND

michael thompson_019

10年代初頭までデヴィッド・フォスターのお抱えギタリストの座にあったL.A.の敏腕セッション・ギタリスト、マイケル・トンプソン。リーダー作を出したり、ゴツいメンツでネイティヴ・サンというグループを組んだりしていた彼が、その名もズバリ、マイケル・トンプソン・バンド(MTB)名義の3作目をリリースした。1枚目が89年の『HOW LONG』、2枚目が12年の『FUTURE PAST』、そして今度は7年かかって…。つまり30年でたった3枚。いい加減にせいヨ。

続きを読む

■ A TASTE OF DREAM / CURLY GIRAFFE

curley giraffe

元GREAT 3の高桑圭が05年にスタートさせたソロ・プロジェクト:Curly Giraffe、5年ぶり7枚目のアルバム。気がついたら手に取る、なんて感じでゆる〜く付き合ってきたので、彼のアルバムすべてを聴いてきたワケではないのだが、今回のは、何かシックリきた。相変わらず音は一人で構築しているようだけど、音数が少なくなった分、開放的になったというか。Curly Giraffeらしさは変わらなくても、これまでは内向きだったベクトルが外側へ放出されるようになった、そんな感覚がある。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.2 開催迫る!

LLM 2

LIVE Light Mellow Vol.2、featuring 尾崎亜美・南佳孝・伊藤銀次、いよいよ開催が迫ってきました。
銀次さんから頂戴しているコメント、そして亜美さん、佳孝さんとの動画コメントを、ココでもご紹介しておきます。
他では観られない共演もご用意しています。どうぞお見逃しなきよう

 大人のポップスの祭典 LIVE Light Mellow !!
 昨年6月に庄野真代さん、サーカス、杉真理君と僕が出演して
 そのvol.1が開かれとても好評をいただきました。
 今回はいずれも日本のポップスを創って来た
 尾崎亜美さん、そして昔からの盟友、南佳孝君と僕の夢の饗演。
 そしてvol.1でもすばらしい演奏でサポートしてくれた
 SPARKLING☆CHERRYがハウスバンドとして
 僕たちを支えてくれます。見逃せない一期一会で
 ナイスな音楽の一夜に







チケット購入はコチラから

HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TALK EVENT
音盤&トークライヴ vol.16 予約受付中 音盤_yocht rock
8月23日(金)19:00 / 19:30
@神田神保町 楽器カフェ
1,500円+1ドリンク
詳細・ご予約はコチラから
TOPICS
●執筆しました●
レコードコレクターズ別冊

Produce / Compilation
Kanazawa Total Produce / Sparking☆Cherry 期待の新作


選曲・監修しました Light Mellow in SOLAR

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow on SOLID
WORKS - 解説
Special Collaboration
◆Light MellowとBillboard Cafe & Dinning がコラボ!◆ カナザワ セレクトの限定ショップ&ライヴ/DJイベント開催
BBCD_LightMellow

@Billboard cafe & dining
(東京ミッドタウン日比谷)

7月1日(月)〜 9月30日(火)
Curator:金澤寿和
● ショップコーナー
【My Tune, My Time selected by Light Mellow】
「My Tune, My Time」をテーマにセレクトしたCD等、約100タイトルを販売
lightmellow_cafe_page_1
● EVENT 1
今井優子 Performance 2019 Vol.3 〜Cafe Live〜
8月11日(日)
18:00 / 19:00
¥5,000 + 1 food 1 drink
● EVENT 2
SPARKLING☆CHERRY “Roxy” Release Party!!
9月19日(木)
18:00/ 19:00
¥1,000 + 1 food 1 drink
● EVENT 3
Excellent DJ Evening
9 月23 日(月・祝)
17:00 / 18:00
¥1,500 + 1 food 1 drink
出演:永井博/クニモンド瀧口/福田直木/金澤寿和

詳細・ご予約はコチラから
Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

パイパー / ハニー&Bボーイズ

Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ