Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ FIERCE HEART / JIM CAPALDI

07c49d85.gifまたまた地味なアーティストをピックアップ。でも一部ブリティッシュ・ロック・ファンには、きっと待望の初CD化だろう。スティーヴ・ウィンウッドやデイヴ・メイスンで知られるトラフィックの第3の男、ジム・キャパルディ(ds)の82年作である。
そんな風に書くと、ジョンとポールに挟まれたジョージ・ハリスンみたい。でも『ALL THINGS MUST PASS』なんて大作を発表して大いに溜飲を下げたジョージに対し、キャパルディのソロ活動はまったくコレといった成果を残していないからチョッと可哀想。でもそんなところがどーにもマニア心をくすぐっちゃうんだよなぁ…。続きを読む

■ RELEASED! / SOUL SURVIVORS

d4db515c.gif今日は青山にある某スタジオで、11月末に出るLight Mellowコンピのマスタリング立ち会い。いやぁ、ああいう素晴らしい環境の中でウン百万というスピーカーから流れて来る音に浸っていると、自分の部屋のJBLでさえ、どこか情けない音に聴こえてしまう。でも最近は、みんなパソコンやミニコンポで聴くのが普通になってしまっているし、ボクの同業者でさえ、アパート住まいでヘッドフォンでしか聴けない、なんて人がいる。音楽のレビューを書く仕事なのだから、できる限りイイ音で聴くのがアーティストに対する礼儀だと思うが、さすがに住環境まで絡んでくるとなると、難しい問題だなぁ…。でもリスナーがホントに優れた音、良いオーディオに触れる機会が少なくなっているというのは、音楽業界にとっても由々しき問題だろう。続きを読む

■ THE LEXICON OF LOVE / ABC

12f273a2.jpgちょっと仕事絡みで、こんなん引っぱり出して聴いてます。でもオレって、この手のニュー・ウェーヴ以降のブリティッシュものはあまり通っていないんだよね。もちろんスタイル・カウンシルやシンプリー・レッドあたりのR&Bっぽいのは好き。ストック=エイトキン=ウォーターマンのPWLモノはヘイウッドとかオーチー・ブラウンでハマったクチだから、結構早かったと思う。でもデッド・オア・アライヴ系のユーロ・ビートものはあんまし好きじゃなかったな。続きを読む

■ LIVE THE 1971 TOUR / GRAND FUNK RAILROAD

1a2071ab.jpg今日は家の用事で、夕方までずっと外廻り。ようやく帰ってきてパソコンに向かうも、仕事がまったく手につかず。というより、何もする気がしない。それこそ音を聴くのもうっとうしい感じ。なのでベッドで雑誌を読み始めたら、ものの2〜3分で爆睡してしまったらしい。締め切りラッシュ及びその他モロモロで、相当疲れていたみたい。ようやく出口が見えてきて、少しホッとしたのかも。
で、起き抜けにすぐ仕事モードにはなれず、何となく目についたコレを聴いてる。買ってきたり頂いたりしたままのCDは山積みだけれど、こういう時には聴き馴染んだモノの方が良いのだ。続きを読む

■ ふたりのラヴ・ソング / STEVE EATON

d029570d.jpg9月17日のSTAR digio【MUSIC FILE】は、隔月登場のLight Mellow Radio Edit。そこでこんな超レアなシングルがかかります。一昨日収録を終え、使ったレコードやCDをそのまま放っておいたのだけど、それを片づけながら、もう一回聴いちゃいました。続きを読む

■ HOLD ON TIGHT! / SWEET COMFORT BAND

a2219aaf.jpgSTAR digioのAORチャンネル用に選曲をしていて、久々にこのアルバムを聴いた。まぁ、目的はクラブDJ御用達の<Undecided>だけなんだけど。ただ、いつ何どきもこのアルバムからはこの曲になってしまうので、他にもイイ曲はなかったか?と思って、チョロッと聴き直したのだ。続きを読む

■ JUPITERS DARLING / HEART

ece2310b.jpgこのロゴに、ピ〜ンときたならポチッとな。

ズバリ、アン&ナンシー・ウィルソン率いるハートの、11年ぶりのスタジオ・アルバムである。
そう聞いただけでウルルッと来るのは、<What About Love><Never><These Dreams><Alone>あたりに親しんだ30代の産業ロック・ファンだろう。でも40代のオレは、それだけでウルルッとは来ない。せいぜい「ほぅ〜」と興味を示すだけだ。けれどこのジャケを見て、ピクンと反応する人はいるだろう。その原因は、火花の向こうに見える顔ではなく。そう、その下のピンクいロゴ・マークなのである。これはあの『DREAMBOAT ANNIE』や『MAGAZINE』など、マッシュルーム・レーベル時代の彼女たちを飾った懐かしいロゴなのだ。続きを読む

■ PAINTED WOMAN / 松原正樹

0866c180.jpgフュージョン・ファンはもちろん、あのエリック・タッグがヴォーカルをとったということで、AORファンにもお馴染みのアルバム。ちょうどリー・リトナーが『RIT』でAOR路線に走って成功し、松原さんも前作『SNIPER』でその方向へ。そして83年のこのアルバムでは、『RIT』で歌っていたエリック・タッグ本人を呼んでしまった。エリックが日本のキャニオンとソロ契約を結び、松っつぁんとレーベル・メイトになったことがキッカケだったらしい。自分はそれ以前から松っつぁんのソロ・アルバムを聴いてたが、そういう人が自分の好きな路線へシフトしてきたモンだから、当時は相当聴き倒したものだ。続きを読む

■ PURE / BONEY JAMES

03d3a5c7.jpg今、アチコチに原稿を書きながら、11月末にリリース予定になっているLight Mellow和モノ・シリーズ第2弾の収録曲やイメージについて、詰めの段階に入っている。その中に、ズバリ"PURE"というタイトルが候補になっているのがあった。だからこのボニー・ジェイムスの新譜を手にして、結構ビックリ。結局そちらは他のタイトルに落ち着いたが、イメージはやっぱり繋がってる。うぅ〜ん、良いのか悪いのか…!?続きを読む

■ はらいそ / 細野晴臣

48ca2252.jpg9/22に『東京シティ・ポップ70's』という、はっぴいえんど〜ティン・パン・アレー〜YMO系のワークスを集めた2枚組コンピが発売される。某音楽誌向けにその紹介原稿を書くため、ボクは編集部から届いたそのサンプルCD-Rを聴きながら、パソコンを打っていた。そして細野さんの<はらいそ>が終わり、突然あの叫びにも似た声がエコーたっぷりに耳へ飛び込んできた。
「この次はモア・ベターよっ!」続きを読む

■ GREATEST HITS LIVE / BOZ SCAGGS

be716f31.jpg良い齢の重ね方をしてますよね、この人。レストランを経営して悠々自適なのに、しっかり音楽活動する。しかも趣味とファン・サービスとのバランスが取れているし。出たばかりのこの2枚組ライヴ盤も、今のボズのありのままの姿が堪能できます。前作のスタンダード集は少々趣味的で渋すぎた感がしてますが、タイトル通りにヒット曲を矢継ぎ早に繰り出してくるコレは、ハッキリ言ってかなりの充実度っすよ!

続きを読む

■ ビー玉望遠鏡 / 山崎まさよし

d3d96f28.jpg某CDショップのJ-POPフロアで流れてて、オオッ☆と反応。これぞシティ・ポップ!という軽快さに惹かれ、誰だ?と思ってNow Playingのモニターを確認したら、ナ・ナント。アコギ・ジャカジャカ系のフォーク・シンガーだと思いがちだけど、結構いろいろやりますよね、この人。「僕と不良と校庭で」なんてS&Gをパクったタイトルの曲を歌っていたのは、ダテではないのです。

続きを読む

■ 10 CLASSICS / LESLIE SMITH

838a1990.gif2日間、Mt.FUJI JAZZ FESTIVAL '04へ行ってました。

台風の影響で、両日とも小雨が降ったりやんだりの状況でしたが、カッパを被った熱心なオーディエンスに見守られ、なかなかの熱演・熱唱が続きました。個人的なベスト・パフォーマンスは、1日目がトリを取ったクルセイダーズ。まさかノッケから<Free As The Wind>と<Spiral>が連発でくるとは!! ギターがRay Parker Jr.ということで、アンコールではやっぱり<Ghostbusters>が出ちゃいましたケド(苦笑) そして2日目のベスト・アクトがロビー・デュプリー率いるAOR Dream Band。先のクラブ・ツアーを観てたので予測できたとはいえ、想定外のコトがひとつあって、それ故に興奮しちゃったのだ。

続きを読む

■ GENIUS LOVES COMPANY / RAY CHARLES

d7fa7b17.jpg偉大なる死から2ヶ月半、遺作となったデュエット・アルバムが登場した。まったく別の原稿を書きながら、小さな音でパコソンで聴いていたのだけれど、ヴォリュームを上げて聴き入ってしまいますな。まだ明け方だというのに。

続きを読む

■ TOYS IN THE ATTIC / AEROSMITH

b35d7326.gifしばし現実逃避中。
やっぱ、そーゆー時には、一番今の自分と関係なさそうなハード・ロックかプログレでしょ。で、最近は新譜と紙ジャケと来日で気を吐いているコイツら。手元にあるのは、しっかりアナログです。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
PROGRAM
ts one logo
高音質デジタルラジオ TS-ONEで【PREMIUM ONE】にレギュラー出演中。レーザー・ターンテーブルでアナログ盤を掛け倒すマニアックな音楽番組です。週1回更新で毎日オンエア。

当ブログ内番組プレイリスト
週間タイムテーブル
●スマホ、PCで聴取可能
i-dio Official Site
●番組マガジン、トークルーム
Premium One 番組サイト
EVENT
CITY POP CONNECTION

citypop conection
アーバンでディスコでファンキーな和モノ・イベント
■ 5月12日(金)19:30 Start
@新宿カブキラウンジ
ADV: 1500円 AT DOOR: 2000円 w/1Drink
【DJs】金澤寿和 /清水郷 /池上尚志【Guest】脇田もなり
詳細はコチラ

Light Mellow音盤&トーク・ライヴ Vol.9
音盤トーク017
5月14日(日)
武蔵小山カフェアゲイン
open 15:00 start 16:00
charge ¥1,500-
レーザーターンテーブルを使って爆音でAORを聴くイベントです。
詳細・予約はカフェ・アゲインまで。
Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND


Light Mellow Searches
  カナザワ監修シリーズ
  from P-ヴァイン


WORKS(解説)
milky way
MILKY WAY / Summertime Love Song(analog reissue)
タワーレコード限定

Recent Comments
TOPICS
寄稿しました!

記念企画『レココレ読者が絶対に聴くべき21世の名盤』に寄稿しました。

『Take a Trip』presented by Light Mellow
take a trip

都市生活者の日常をプレミアムな旅空間へと誘うカナザワ選曲のコンピレーション。タワーレコード限定発売
作品詳細はコチラから。
タワーレコード特設ページ/お求めはコチラ。


オーレ・ブールード再来日決定
special_ole
@丸の内 COTTON CLUB
絶賛予約受付中
AORファンは見逃すべからず
詳細はコチラへ
Tower to the People × Light Mellow's Picks
■監修・解説しました■
黒住憲五 アナログ復刻

Again_TWJP90_JKStill_TWJP91_JK
LVm(Laser Vinyl master)なる新方式でのアナログ復刻です。要注目。
タワーレコード限定発売。
『AGAIN』 『STILL』
Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■Light Mellow 和モノ45■
■ I LOVE TALKIN' ' BOUT BABY / 酒井俊
shun sakai_7

■ シルバーレイン / 宮本典子mimi_silver rain

芽瑠璃堂 特設ページ
※タワーレコード、Disk Union でもお求めになれます。

■オリジナル再発■


Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ