Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ ROUND THE CORNER / ERIC TAGG

8c4aeae6.jpgお懐かしや、洋楽専門の名TV番組『ベスト・ヒットUSA』のCMでガンガン流れていた、ブリヂストン・タイヤ“イーガー”のCMソング。今 カナザワが関わっているコンピに収録できないものか?と画策したら、見事に成功しそう。やったぁ〜! こうしたシングル・オンリー曲、しかもオリジナル・アルバムの流れから外れてるナンバーとなれば、そういうチャンスは滅多にないですから!続きを読む

■ NATTY DREAD / BOB MARLEY & THE WAILERS

6369b366.gifいやぁ〜、今日は東京でも午前中に30℃を突破し、今年初の真夏日になったとか。それでなくてもムシ暑くてかなわんというのに、そう聞くと余計暑く感じる。ってなワケで、今日は気分転換にボブ・マーリィー。別に“夏はレゲエ”を推賞するでもないし、“レゲエ・サンスプラッシュ”みたいに炎天下で踊るなんて御免被りたいが、あのヌケの良いシャープなビート感覚は、今日みたいにダラダラ暑い時にはなかなか効力を発揮する。できれば窓を全開にして、大きめの音でスッコンスッコンとね。続きを読む

■ STATE OF MIND / RAUL MIDON

a639d8ce.jpg今年最大の衝撃! いや、もしかして数年に一度クラス、と言ってもイイかも知れない。某メーカーの面識のない方から突然メールでプレゼンを受け、届いたアドヴァンスCDを聴いて愕然とした。それこそ仕事の手がハタと止まり、しばし釘付けになっちゃいました。実はコレ、数日前の話。すぐココで紹介したかったけれど、「スゲェ〜スゲェ〜!!」を連発するのもアホみたいなので、もう少し聴き込んでから…と思ったのだ。それからは毎日一回はラウルを聴いてる。


続きを読む

■ SHILOH / SHILOH

5e540de0.jpgいやぁ〜、こんなモンがCD化されるとは! ショップのディスプレイを見て、思わずFREEZEしましたよ。AORやらコンテンポラリー系アルバムのCD化で、「オオォ〜」と驚くことは間々あるけれど、意表を突かれたという点では今年一番かも。きっと今、パソコンの前で「CD化だぁ!?」と、卒倒しそうになってる方がいるんぢゃない? だってアンタ、あのシャイローですよ。ドン・ヘンリーがイーグルス結成以前に参加してたという、超有名なレア・ネタのシャイローなんですよぉ〜!続きを読む

■ GENTLE THOUGHTS / LEE RITENOUR & GENTLE THOUGHTS

b5c2c183.jpgアップするのが遅くなりましたが、20日(月)にジェントル・ソウツ@ブルーノート・トーキョーのファーストを観てきました。再編ジェントル・ソウツは去年のマウント・フジにも出演していて、カナザワはコチラも観ることができたが、今回は何といっても待望のクラブ公演。それこそ往年の六本木PIT-INNを思い出しちゃう。リユニオンのスタジオ・ライヴを収めた2枚組のDVD『OVERTIME』も好評らしく、今月にはそれのCD版も出るそう。そんな絶好のタイミングのうえに、先のゴシップ・ネタでしょう? だから一週間の公演は、全日・全セット、ソールド・アウト。ファンも結構盛り上がっているようデス。続きを読む

■ LIVE AT B.B.KING BLUES CLUB / JEFF BECK

becd5a9e.jpg今月末発売のジェフ・ベックの最新ライヴ盤を、某誌レビューのためにひと足お先に試聴。とはいえ、米ソニーのサイトで限定発売されていたオフィシャル・ブートレグ的作品なので、熱心なファンの人は既に聴いてるかも。そんなアルバムが、来月の来日公演の記念盤として、日本でのみ正規リリースと相成ったのだ。続きを読む

■ AND SO IS LOVE / RITA COOLIDGE

ae23aeaf.jpgここ数日、ドタバタの連続。原稿の締切もさることながら、2日連チャンでインタビュー取材に出掛けたりして。その一発目が、この大ベテランのリタ・クーリッジだった。ちょうど7年ぶりにアルバム 『AND SO IS LOVE』を出したばかりで、それを引っ提げて各地のBLUE NOTE公演を終えたところ。それと一緒にプロモーションを行なっているわけだ。ボクは一日だけの東京公演には都合がつかず、行けなかったけれど、基本的にニュー・アルバムのアコースティック・ジャズをそのまま披露する内容だったとか。そう、リタ久々の作品は、純然たるスタンダード・アルバムなのである。続きを読む

■ THE HANG / DON GRUSIN

5c7a3910.jpg今年初めの第47回グラミー賞にノミネートされ、Best Contemporary Jazzの最有力候補と目されながら、惜しくもBill Friselに受賞をさらわれた本作。それが日本で発売されてなかったなんて、どう考えても犯罪モノだが。でも先月、ようやく国内盤が出て、間もなくDVDも登場となる。まずはメデタシ。それこそ、コレを聴いてないフュージョン・ファンなんて、モグリだからね!続きを読む

■ TWILIGHT OF THE RENEGADES / JIMMY WEBB

fc9f7aef.jpg言わずと知れた名ソングライター、ジミー・ウェッブのニュー・アルバムが、もう一ヶ月前くらい前からひっそりと発売になっている。アルバムとしては、セルフ・カヴァー集『TEN EAST PIECES』から9年ぶり、オリジナル作品集としては93年作『SUSPENDING DISBELIEFE』から12年ぶりになるのかな。続きを読む

■ FEAR OF THUNDER / PETER CUPPLES

f6596705.jpgオーストラリアを代表するAOR系グループとしてAir Supply か Little River Band を挙げるのは、もう80年代という過去のオハナシ。Light Mellow系のAORファンにとっては、今はもう何を差し置いてもまず Stylus である。その中心人物Peter Cupplesが、Stylus解散後に自分のバンドを率いて発表したファースト・ソロがコレ。それが何とビックリ、本国豪で奇跡の初CD化と相成った。続きを読む

■ SOMETHING ABOUT YOUR LOVE / JOHN O'BANION

278aa478.jpg昨日のイベント【Evening for Light Mellow】においで下さった皆さま、雨の中、たいへんありがとうございました。なのでその御期待に添うべく、カナザワのセットはレア・シングルや隠し玉を、ふんだんに盛り込みました。その詳細は、本体サイト内【free column】にアップしてありますので、御確認下さい。続きを読む

■ 君がいるかぎり / BYRNE & BARNES

20881327.jpg明日、いや、みなさんに読んでいただく頃には、もう今日になってますね。
とにかく、6/10(fri)は定例イベント【Evening for Light Mellow】です。今回はフライヤーを作れず、DMも送れず、しかも雨降りという非常にヤバい状況ですが、やるっきゃない! 詳細は本体サイトの【information】をご覧下さい。サイト自体もようやく更新しましたので、是非チェック願います。特に【program】のコンテンツに要注目。カナザワがナヴィゲートする番組で、8月発売予定になっているDavid Packのニュー・アルバムから逸早くオンエアしちゃいますので!続きを読む

■ LIVE STUFF / STUFF

e25e9ad8.jpg70年代フュージョン・ブームの火付け役を果たした名グループ、Stuff。これは78年11月の東京公演を収録したライヴ・アルバムで、メンバーは Gordon Edwards (b), Eric Gale (g), Cornell Dupree (g), Richard Tee (kyd), Steve Gadd (ds) の5人。ツイン・ドラムの片割れであるChris Parkerは不在だけれど、まあ、GaddがいりゃあOKでしょう! それにしても、この5人のうち、既に2人が鬼籍の人とは…(泣)続きを読む

■ POPCORN AND A MAMA WHO LOVES ME TOO / SWAN DIVE

6f4ce4d2.gif自然体のサウンドと甘酸っぱいメロディーで、いつもボクを気分良くしてくれるSwan Diveの新作。このジャケットを見ただけで、「あ、これも良さげ」と直感したら、今度はタイトルまでカワイイ。「ポップコーンと僕を愛してくれるママがいれば…」 このママは文字通りのママでもいいし、彼女でもいい。何でもこれは、メンバーのBill DeMainがジュニア・ハイ・スクールの頃によく使っていたセリフだとか。もしかして彼、結構甘えん坊だったのかな?続きを読む

■ BAND WAGON / 鈴木 茂

c9130911.jpgリリースから30年。5月末にCD+DVDの 2枚組仕様限定盤【Perfect Edition】が登場した。既に紙ジャケットでの再発は済んでいるので今回はプラケでのお目見えとなったが、何と言っても茂さんご本人のリマスターだし、貴重なハックルバックのライヴ映像が見られるとあって、即購入。やっぱりコレは、CITY POPS〜J-AORシーンに欠くことのできないマスターピースでしょう!続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Groovyなコンピ 組みました


エリック・タッグ2nd 初紙ジャケ化
解説書かせて戴きました


エヂ・モッタ 新作
解説書かせて戴きました

アレッシー 新作
解説書かせて戴きました

監修・解説
ビル・チャンプリン新作
マイケル・マクドナルド最新作
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)
ワーナージャパン AOR
ワーナー新 名盤探検隊
紙ジャケ AOR編

●クリストファー・クロス
 ボーナス1曲
 カナザワ解説再掲載
●ウィルソン・ブラザーズ
 ボーナス1曲
  ●マイケル・センベロ
 カナザワ新規解説
●レスリー・スミス
カナザワ解説加筆修正
●ターリー・リチャーズ
カナザワ新規解説
Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Light Mellow 和モノ
増版しました。
限定小冊子付き!
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ