Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ ONE FINE DAY / 大貫妙子

fb28906f.gif朝は突風が吹き荒れていたけれど、部屋や車内にいるとポカポカしてきてウララカな気分。九州の地震やら、墓参りと彼岸の親戚回りやら、明日締切の原稿やら…と、気に掛かるコト、片付けるべきコトは山積みなれど、とりあえずコレを聴きながらコーヒー飲んで、ホッと一息つく。束の間ながら、"One Fine Day"を感じていられるゆとりに感謝。続きを読む

■ EXPERIENCE AND JUDGEMENT / ANDY BEY

2480564f.jpg世間は三連休中ですが、ボクは週明けまでに上げないといけない原稿があって、ほとんど仕事(泣) 昨日はホール&オーツに行ったけど、彼岸なので墓参りもあるし…。
その原稿の絡みで、かなり久々にアンディ・ベイを引っ張り出した。といっても、誰それ?って人が多いんだろうなぁ。ジャケットもちょっと…、イヤかなり? 怪しい感じだし。続きを読む

■ OUR KIND OF SOUL / DARYL HALL & JOHN OATES

a6784bf7.jpgこのアルバムをフィーチャーした2年ぶりの来日公演を敢行中のホール&オーツ。ボクも19日@東京国際フォーラムを観てきました。で、ひとこと、サイコ〜!! ここ数年は来る度に観てるけど、前回・今回の充実度にはホントに舌を捲く。満員のフォーラムも大きく揺れてました!続きを読む

■ WHEN THE NIGHT COMES DOWN / THE SUTHERLAND BROTHERS

b72df74f.jpgスコットランド出身、イアンとギャヴィンのサザーランド兄弟によるデュオの隠れた好作が英Evangelineで世界初CD化された。サザーランド兄弟といえば、日本ではロッド・スチュワートが世界的ヒットにした<Sailing>のオリジネイターとして有名。けれど彼ら自体が取り沙汰されることなど、皆無といってイイかも。
続きを読む

■ パノラマ・ハウス / マザー・グース

22c3bbef.gif長門芳郎さん監修によるグッド・ジョブ! まさかこんなアルバムが紙ジャケで出るとは! もぅー素晴らし過ぎます。ちなみにこのアルバムは77年のヴィンテージもの。ジャケットのイラストは松任谷姓になったばかりのユーミンが描き、ボーナス収録されたシングル曲は山下達郎の編曲/プロデュースであります!続きを読む

■ TOTO IV

1ce08495.gif半月ぶりに再びTOTO登場。今回の紙ジャケ・リイシューに際し、某誌で4作品まとめてのレビューを書くことになった。なので、作品的にはもう充分聴き込んでいるが、リマスタリングの成果をチェックすべく、久々にこのアルバムを大音響で聴き溺れてみる。それこそ目の前の携帯の着信音も聴こえぬほどのヴォリュームで。都会のマンション住まいだったら絶対不可能な芸当です(苦笑)続きを読む

■ MICHIKO SONGS / 高田みち子

e0f1f50c.jpgホワイトデー、確定申告締め切り前日、感染症で肘が腫れ上がって発熱、と、個人的ドタバタの中、待ちに待った高田みち子の@STB139ライヴ。何といっても、カナザワの2004年イチオシの新人だからねぇ〜。そのメジャー・デビュー盤『NIGHT BUZZ』については、このblogでは発売直後に取り上げているので、気になる方は是非ココをポチッと。
続きを読む

■ LOVE SONGS / DIANE WARREN presents ...

a719cc92.gif一見よくあるラヴ・ソング集のようだけど、然にあらず。これは当代きってのヒット・メイカー、ダイアン・ウォーレンのソングブック。でも日本じゃダイアンなんて知る人ぞ知る存在だから、全米No.1ヒットやヒット映画の主題歌を集めたコンピレーションの体裁になっている。でも、彼女の曲をダダダッと集めただけでこんなのが出来ちゃうのだから、これはスゴイことですよ!続きを読む

■ HAVING A PARTY / POINTER SISTERS

83d90d5b.jpg最近のリイシュー市場、日本国内は完全に紙ジャケに走ってて、以前みたいな“世界初CD 化”モノはメッキリ減ってしまいました。でもその分、海外がスゴイことになってますね。特にビックリするのが通販系。お馴染みRhinoのHandmadeシリーズとか、ユニバーサル系のHip-OのSelectedシリーズとか。まさにインターネットの醍醐味です。続きを読む

■ EUPHRATES RIVER / THE MAIN INGREDIENT

5ad35a0f.gifメイン・イングリーディエント(=主成分)。
このヴォーカル・トリオも最近再評価が進んでますね。それはアリシア・キーズが彼らの曲をサンプリングしたり、偶然リイシューが重なったりしてるから。そんな彼らのメイン・イングリーディエントは、二代目リード・シンガーのキューバ・グッディング。あの有名なオスカー俳優の親父である。彼はグループが3枚のアルバムを出したあとの72年に加入したが、彼らの人気が本格的になるのはココからだ。続きを読む

■ 音楽会 / THE CRUSADERS

aa4ea551.jpgクルセイダーズの音楽会@BLUE NOTEへ行って来た。彼らを観るのは、雨の中での観戦となった昨年夏のマウントフジ・ジャズフェス以来だから、約半年ぶり。
02年の暮れに再結成盤『RURAL RENEWAL』を出してからのクルセイダーズは、実に意欲的に活動していて、そこから数えて今回で4回目の来日になる。それまで業界内では「再結成はあり得ない」という説が一般的で、それなりに納得できる理由もあったが、いざ奇跡的再結成を果たすとバリバリ動きだすのだから、面白いモノである。続きを読む

■ IT'S FRIDAY / JADOES

123bbfa3.gif昨夜から集中して書いてる原稿があって、一日中ジャドーズ三昧。具体的にはまだ明かせないのだけれど、ボクのサイトの常連さんには、もうミエミエだわなぁ…。
というワケで、ジャドーズの記念すべきファースト。やはり彼らを語る時に、角松敏生の話は抜きにはできない。元々彼らは角松プロデュースでデビューしたのだし、その後しばらくは角松ファミリーの中で成長したのだから。

続きを読む

■ STRONG LOVE AFFAIR / RAY CHARLES

0050fb38.jpg書き仕事の合間の気分転換に、今日もレイ・チャールズ。こんなCD、持ってるのさえ忘れてました…。これは96年の作品で、遺作になった『GENIUS LOVES COMPANY』のひとつ前のオリジナル・アルバム。つまり元気な頃のレイが、現役として制作した最後のアルバム、といっていい。続きを読む

■ RAY / ORIGINAL SOUNDTRACK

ray 遅ればせながらようやく観てきました、レイ・チャールズの一生を描いた映画『RAY』。昨年大きな話題を提供した『モータウン』は、ずっと日陰者扱いだったファンク・ブラザースにスポットを当て、かなり意図的にスターを作ろうとする策略が見えた。しかしがこちらは、然にあらず。もちろん多少の脚色はあるだろうが、もっと素直に感動できる作品になっている。それはハンデを背負ったレイの生き様から来るものだ。続きを読む

■ KEEPIN' LOVE NEW / HOWARD JOHNSON

b0b21449.jpg 午前中で音楽月刊誌関係の入稿を終えたところに、フランスからのブツが到着。中身はコレ、Howard Johnsonの初CD化作品。噂だと限定500枚プレスだそうで、前回のRockie Robbinsがアッと言う間に入手困難になったモンだから、早くもヤフオクなどで争奪戦になってる。最高値は3万とか。アァ、アホくさい。いくら限定盤だといったって、まだ出たばかりなんだから。というわけで、自分はしっかり1/10の値で購入。もう少し待てば、都内のCDショップでもう少し安く買える可能性もあるが、タイミングを逸すると入手困難になりそうなので、ここらが手の打ち所かと。続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
カナザワ 大阪行きます!
LM osaka

●Light Mellow West (和モノ)
9月1日(土)16:00~22:00
@ CAFE ORANGERIE
大阪市中央区船越町1-2-9
ドエル天満橋1F
06-6926-0042
お店の詳細はこちらから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

監修・選曲
マイケル・マクドナルド最新作
ようやく国内盤発売
選曲・監修しました
松原正樹ベスト
WORKS(解説)
ワーナージャパン AOR
ワーナー新 名盤探検隊
紙ジャケ AOR編

●クリストファー・クロス
 ボーナス1曲
 カナザワ解説再掲載
●ウィルソン・ブラザーズ
 ボーナス1曲
  ●マイケル・センベロ
 カナザワ新規解説
●レスリー・スミス
カナザワ解説加筆修正
●ターリー・リチャーズ
カナザワ新規解説
Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Light Mellow 和モノ
増版しました。
限定小冊子付き!
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ