Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ BLACK AND BLUE / THE ROLLING STONES

15753476.jpgストーンズで一番好きなアルバム。
実は今月になってから、車ではストーンズとロス・ロンリー・ボーイズがヘヴィ・ローテーション中なのだ。まぁ、ロス・ロンリー・ボーイズは今話題の新人ということで納得だと思うが、じゃあストーンズは何故に? 続きを読む

■ YOSHINO FUJIMAL / 芳野藤丸

ccf0df50.jpgいやぁ〜感激! J-AOR史上に燦然と輝くデュエットの名曲、とカナザワが信じているナンバーを、とうとうナマで聴くことができた! 昨日のAB'S with HARUKOライヴ@横浜Thumb's Up。その曲とは、このアルバムの冒頭で藤丸と桑名晴子がデュエットした<Who Are You?>。極端な話、この曲を聴きたいがためにすべての仕事をうっちゃって、横浜まで車を飛ばしたのだ。もちろんチケットも速攻で予約してたし。続きを読む

■ ALL THIS TIME / STING

bf04b04a.jpgこの春に公開される松竹映画『阿修羅城の瞳』のエンディング・テーマを歌っているスティング。曲はジャズ・スタンダードの<My Funny Valentine>で、なんとハービー・ハンコックがピアノを弾いている。この話題曲のために、スティングが歌っているサントラ曲だけをコンパイルしたアルバム『マイ・ファニー・ヴァレンタイン〜スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ』(97年)が再構成され、新装リイシューされることになった。それを某誌で紹介すべく、昨夜からスティング攻め。でもコレが、睡眠不足でチョッとハイになったボクに、しんなり滲みてくるのだ。続きを読む

■ SAPPHIRE BLUE / LARRY CARLTON

4a2db8bb.jpg超忙しい中、少々躊躇しながらも、中2日でBLUE NOTE TOKYOへ。先週末のTerry Callierに続いての登場は、"Mr.335"ことLarry Carlton。もう何度も観てるから無理して出掛けなくても…と思ったが、去年東京国際フォ−ラムで観た時の、Sapphire Blues Bandを従えたカ−ルトンが良くて(With Spyro Gyra, Lee Ritenour)、“もう一回観ておきたい”という気持ちが勝ってしまった。でも結果的に行って良かったァ! もしかして、ボクが観たカ−ルトンのステージの中でも、今回はかなりハイレベルだったかも。(以下ネタバレあり)続きを読む

■ COTTON / 神保 彰

79a2a297.gif今日は神保彰デー。朝から神保サンに明けて、夜までほとんど。昼間は取材でご本人にインタビュー。要するに来月、彼の徳間時代のソロ・アルバム5枚が、まとめて再発されるのだ。続きを読む

■ ALIVE / TERRY CALLIER

6f2f7762.jpg昨日19日(土)、Blue Note Tokyoでテリー・キャリアのライヴ。もうこの人のライヴは何度か観てるが、いつもホントに心が熱くなる。ひとつ間違えるとホームレスみたいな風情なのに、心底パッショネイト。人生や社会に対して、いつも真摯に向かい合ってる。それが彼の音楽からダイレクトに伝わってくるのだ。続きを読む

■ EVERYTHING YOU'VE HEARD IS TURE / TOM JOHNSTON

95067c4d.jpg昨日のイベント【EVENING FOR LIGHT MELLOW】にご来場下さった皆様、たいへんありがとうございました。来られなかった方、ボクのセットリストを親サイトの【Column】に載せてありますので、ご参考までに。

今日のネタは、そこでも回したトム・ジョンストンのファースト。彼はドゥービー・ブラザーズの中心人物としてお馴染みですよね。ちょうど米Wounded Birdでコレが再発され、それをVIVIDさんが帯と解説をつけた輸入盤国内仕様で発売。そのレビューが某誌から回ってきた。当時の邦題は『真実の響き』。この頃の状況を考えると、ちょっと意味深ではありますな。

続きを読む

■ IT MUST BE LOVE / THE LATINOS

7df19c86.jpg先週後半あたりから、鬼のような忙しさ。全部が全部仕事ってワケぢゃないけど、コンピ監修してライナー2本書いて、ラジオの選曲から録りまでが2本分、雑誌原稿も書いて、ライヴもいくつか観て。気づいたら、もぅイベント当日! それでも出掛ける前にやらにゃならんことがテンコ盛り。もちろん今夜のDJの仕込みもある。身体が2つ欲しいですぅ!

ま、とにかく、渋谷WASTED TIMEに19:00集合! 詳細は左上の“HOME”のところをclickして、本体サイトの【INFORMATION】をご覧下さい。続きを読む

■ PLATINUM COLLECTION / GENESIS

53a741e7.jpg今朝の地震、ビックリしましたねぇ。
ボクは仮眠しただけで、すでにこの時間は原稿を書いてたけれど、数秒前から地響きがしたんで「デカイのが来る」ってとっさに構えたもん。ボクの部屋では山積みになってたCDの塔が崩壊。さいたま周辺は、場所的に新潟中越地震と時より揺れましたよ。
で、その時に一番上になってたのがコレ。ジェネシスの3枚組ベスト。実はコイツら、大好きなんスよぉ〜!続きを読む

■ LOVE SONGS / CHICAGO

ce29c422.jpgヴァレンタイン・デーは仕事に追われて過ぎてしまいましたが、せめて気分だけでも。というコトで、またまた企画モノでゴリ押しするシカゴの新作。アチラぢゃ日本ほどヴァレンタインで大騒ぎしないそうだけど、それでもやっぱ狙ってますよね、コレ。チョコの包みに赤い薔薇ですから。全米リリースも1/25だったし。続きを読む

■ PERFECT ISLAND NIGHTS / BOBBY CALDWELL

a101bf3f.jpgヴァレンタイン・デーだというのに、今日は100%缶詰め。で、丸一日、ボビーの新譜のライナー書き。先週末から構想を練り始めて、昨日〜今日で一気に執筆した。イヤ、待てるだけ待たされた甲斐あって、実にすんばらしい内容。別に仕事を貰ったからヨイショするのではなく、ホントにそう思える作品だ。続きを読む

■ SOUL TOGETHERNESS 2001

3bbffcd6.jpg精力的なリリースを続ける英国のソウル・レーベル、expansion発のシリーズ・コンピ。何故今頃になって01年のコンピを持ち出したかというと、今週STAR digioでオンエアされるカナザワ・セレクトのプログラムに、ここから2曲選んでるから。しかもその1曲は、AORファンなら「エッ!? CD化されてたの?」とぶっ飛ぶコト請け合い。そのプログラム内容については、このblogの親サイト"Light Mellow on the Web"の【Program】にセットリストをアップしたので、是非ご覧あれ。で、その問題の曲とは…続きを読む

■ I BELIEVE IN LOVE / ROCKIE ROBBINS

41734837.jpgカナダのUnidiscからVaughan Mason & Butch DayoやAurra、Double Exposure、そしてヨーロッパからは待望のOrlando Johnson & TranceとこのRockie Robbins。さらに日本盤ではMichael & Brenda Suttonと、ホンの一週間かそこいらの間にこれだけの初CD化作品が出た。このソウル系再発シーンの活況はいったい何故? イヤ、マジな話、金が追いつきませんって!!続きを読む

■ ONE STEP CLOSER / THE DOOBIRE BROTHERS

c3ffcfbf.jpgまた訃報、しかも再びドラマー。
急逝したのは、ドゥービー・ブラザーズのツイン・ドラムの片割れ、キース・ヌードセン(一番前に立ってる赤シャツ)だ。ついこの前亡くなったジム・キャパルディはガンと闘病しながらの活動だったが、彼の場合はドゥービーズの一員としてライヴCDとDVDを出し、元気なところを見せていたのに…。死因は肺炎とか。イヤ、人間って結構呆気なく逝ってしまいます(泣)続きを読む

■ A HOLE IN THE WALL / MARC JORDAN

866b1533.jpg本日はSTAR digio【MUSIC FILE】枠でお届けしている『Light Mellow Radio Edition』の収録日。ボクがナビゲートしてる隔月プログラムですね。
今回は今年最初のオンエアということで、今年25周年を迎えるAORの金字塔的ユニット"AIRPLAY"にまつわる特集。ワン&オンリーの大傑作『ロマンティック』をカヴァー曲で可能な限り再現したり、Jay GraydonやDavid Fosterが絡んだレア・トラックなどを紹介予定。そこで簡単な台本を作りながら、AOR気分を盛り上げようとBGMにコレをスピン中。ついでにココにも書いちゃえと。続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
TOTO来日記念のイベント決定

Light Mellow presents
音盤&トーク・ライヴ Vol.14
TOTOのアナログ盤をハイエンド・オーディオで聴く
lightmellowイベント201902-9ol

3月1日(金)19:00/19:30
@神保町 楽器カフェ
詳細はこちら
ご参加お待ちしてます!

スティーヴ・ルカサー 初の自伝
『福音書(THE GOSPEL)』
巻末の解説を執筆しました。

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

WORKS - Compliation
Groovyなコンピ 組みました

WORKS - 解説

Recent Comments
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
カナザワ監修シティポップ`再発

◆やまがたすみこ◆

◆ 伊東ゆかり ◆
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 二名敦子 ◆
Fluorescent Lamp (+2)
nina_lamp
タワーレコード限定
ご購入はこちら
Light Mellow 和モノ on CLINK
◆二名敦子 紙ジャケ復刻 1st album『PLAYROOM〜戯れ』 nina_playroom

詳細・ご購入は…


◆サーカス 幻のデビュー曲 7inch『月夜の晩には』 circus_tsukiyo

詳細・ご購入は…


◆Special Jam Company with 酒井俊 album CITY VIBRATION special jam co

詳細・ご購入は…


7inch Indian Summer
special jam co_7

詳細・ご購入は…

Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ