Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ ONE STEP FESTIVAL 永久保存版 - オリジナル・ザ・ディラン+ かまやつひろし&オレンジ -

one step fes boxdylan
今日も午前中からスタジオ入り。比較的早い時間に帰宅できたものの、雑事が溜まっていて書きモノに着手できず。明日は急逝した叔父の葬式で、朝から夕方まで潰れてしまうし…。

続きを読む

■ ONE STEP FESTIVAL 永久保存版 - CREATION -

one step fes boxone step_creation

一昨日に続いて、午後から半日スタジオ籠り。なので今日も、74年に福島県郡山市で開催されたONE STEP FESTIVALの21枚組ボックスから、今回はクリエイション。この頃の日本のロックは、彼らクリエイションとサディスティック・ミカ・バンドを中心に、四人囃子やカルメン・マキ&OZあたりが周囲を固めてシーンを廻していた印象がある。決して、はっぴいえんど〜キャメル・ママ勢ではなかったんだな。このボックスに封入されたフェス関係者の証言でも、シュガー・ベイブに対して、毛色の変わった新しいバンドが出てきた、という目で見ていたそうだ。

続きを読む

■ ONE STEP FESTIVAL 永久保存版 - 四人囃子 -

one step fes boxone step_yoninbayashi

昨日に続き、74年に福島県郡山市で開催されたONE STEP FESTIVALの21枚組ボックスから、今度は四人囃子を。メインの5日間の2日目トリを飾った彼らは、故・佐久間正英が加入前のオリジナル・ラインナップ。しかも名盤『一触即発』のリリース直後という時期で、ノリに乗った演奏を披露している。

続きを読む

■ ONE STEP FESTIVAL 永久保存版 - 加藤和彦&サディスティック・ミカ・バンド -

one step fes boxone step_mika band

丑三つ時に叔父が逝き、すぐ動けそうもない喪主に代わって諸々準備。そのまま午後イチで車を飛ばし、都内スタジオでレコーディング立会い。ヘヴンリーな歌声とメロウなサウンドに包まれ、あまりの心地良さに時折正体を無くしていたカナザワ。公私ともに、いろいろ貴重な経験をさせてもらってます。そんなこんなで、自分を奮い立たせようと、深夜にこのボックスを開封した。日本のロック・イベントの原点と言われる ONE STEP FESTIVAL(74年)のライヴ音源をCD化した 21枚組の永久保存箱。25000円超えのプライスに二の足を踏んだけど、日本のポップ/ロック史を語る上では、資料的に絶対必要。そこで特典には目をつぶり、溜めていたポイントなど駆使して手の出る値段に自己設定し、何とかゲットした。

続きを読む

■ LIVE UNDER THE SKY '77 -Jazz of Japan- / Various Artists

live under '77

ゴスペル界の大物エドウィン・ホーキンスが亡くなったり、クランベリーズのシンガー:ドロレス・オリオーダンが46歳で急逝したりと、年が変わってから訃報が続いている音楽シーン。でもカナザワ的にはほとんど思い入れがない方たちなので、ココは お悔やみだけ申し上げることに。ご同業にはそうした情報をしっかりフォローされる方もいるが、想いがなければただのニュース・ソースに過ぎないので、自分がツラツラと書く必要は感じない。そんな門外漢の弔文になっていない弔文より、ファンの皆さんが溢れる思いをブツけるのが、正しい追悼のあり方だと思っている。

続きを読む

■ LIVE AT CARNEGIE HALL / DAN FOGELBERG ・ A TRIBUTE TO DAN FORGELBERG / Various Artists

dan forgelberg livedan forgelberg tribute

2007年12月に前立腺ガンで亡くなったダン・フォーゲルバーグ。出身地であるイリノイ州では、彼の誕生日を “ダン・フォーゲルバーグ・デイ” に制定するほどの大物なのに、何の追悼盤も出ないなぁ…と思っていたら、没後10年の去年になって充実の関連作が連発。イーグルスのマネージャーとして知られる敏腕アーヴィング・エイゾフも、元々はダンと知り合って、彼を世に出そうと思い立ったのが業界に足を踏み入れるキッカケだった。

続きを読む

■ 未唯mie Sings 新春 “Pink Lady Night” 2018

mie_pink lady

新年恒例、未唯mieさんの PINK LADY NIGHT@目黒Blues Alley Japan に今年も参戦。新春公演として8年連続、合計9回目の公演になるそうで、まさにコレを観ないと年が明けない、ってな感じ。セットリストは毎年同じ、参加ミュージシャンもほぼ同じ、なのに、ツイン・ドラムを含む15人の打楽器奏者が打つ鳴らす鐘や太鼓で邪気払いをするのが、もはや定番になっている。しかも今年は、ピンク・レディが晦日のレコード大賞授賞式に出演した効果もあってか、満員御礼での開催になった。

続きを読む

■ MORNING SUN / ALPHONSE MOUZON

alphonse mouzon_2

昨夜はお声掛け戴いてた『Chasin' the 80s Classic』の発刊記念イベント@新宿カブキラウンジ に、締切ブっちぎって顔出し。さすが JAMさん、トイレにも行けぬほどの動員で、しこたまビックリ 顔見知りもいれば、超お久しぶりの方、初対面の方、いろいろな方とお話しさせていただきました。その分DJは、JAMさんを始め、誰が何を回していたのか、まるで記憶にないのだけれど、ファンク系やや多めの中、意外にも『Chasin'...』にも載ってないフュージョン系のコレが掛かったので、スゴく印象に残っている。初期ウェザー・リポートでもドラムを叩いたアルフォンス・ムゾーンの<I'm Glad That You're Here>という歌モノ・ナンバーだ。

続きを読む

■ MONTROSE・PAPER MONEY -Remaster & Expanded Edition- / MONTROSE

montrose1montrose2

久々にハード・ロック病を露呈。今月売りのレコード・コレクターズ誌2月号の海外盤レビューで、モントローズの1st / 2nd のRemastered & Expanded Edition 各2枚組について寄稿した。自分のハード・ロック歴は、当然ながらディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、バッド・カンパニー、クイーン、ウィッシュボーン・アッシュ、ユーライア・ヒープ…といった英国勢がスタート。でも深入りするキッカケは、デビューしたてのモントローズとスコーピオンズだったのよ。きっと先物買いの勘をイタく刺激されたのだろう。もちろんライヴ盤『蠍団爆発(TOKYO TAPES)』で、<荒城の月>を歌っているひとりは自分です(アレ、日が違うか…?)。

続きを読む

■ MONOCHROME / 吉田美奈子

minako_monochrome

午後から都内某所でイベント打ち合わせ〜某シンガーのレコーディングでサックス・ダビング立ち会い。イベントは Light Mellowを冠にしてのモノで、この規模での開催は十ウン年ぶりとなる。来月早々には詳細発表ができるはずなので、どうぞお楽しみに。

続きを読む

■ TAKE ME AS I AM / CHRISTOPHER CROSS

christopher cross_017

ほぼ年1回の割でコンスタントに来日公演を繰り広げているクリストファー・クロス。日本発売された『SECRET LADDER』以来、約3年ぶりのニュー・アルバムがココに到着した。そしてもちろん、クリスといえばフラミンゴ。この色鮮やかなフラミンゴのアートワークに、思わず胸が高まってしまう。

続きを読む

■ A LADY IN THE STREET / DENISE LaSALLE

denise lasalle

午前中に家を出て、ずーっとレコーディング・スタジオに籠もりっぱなしの一日。職業柄、スタジオに出向く機会は少なくないが、録音現場に制作サイドの人間として参加するなんてことは珍しく、いろいろ勉強になった。しかしその缶詰の間に、2件のミュージシャン関係の訃報が内外から。最初に飛び込んだのは、サザン・ソウルの大御所デニス・ラサールの訃報。そして夜になってからは、BABY METALのサポート・ギタリスト:藤岡幹大の急死が。まったくナンて年始めなんだ、今年は…。

続きを読む

■ FEELS RIGHT / MARVA KING

marva king

明日書こう。今度は書こう。そう思っていたのに、断続的に飛び込んでくる訃報で何度も後回しにしていたネタをようやく。拙監修【AOR CITY 2017】から再発されている1枚で、かのリチャード・ペリーのレーベル:Planetから81年にリリースされたマーヴァ・キングの1stソロである。

続きを読む

■ FROM MIGHTY OAKS / RAY THOMAS

ray thomas
今年はやたら訃報が多いなぁ…。年末に、今年4月の “ロックの殿堂” 入りが決まった英国のベテラン・ロック・バンド:ムーディー・ブルースのフルート奏者レイ・トーマスが、4日に逝った。健康上の理由でグループから02年に離脱し、現在のラインナップからは外れているが、結成〜全盛期の在籍なので、殿堂入りのメンバーになっている。享年76歳。

続きを読む

■ SEAWIND

seawind_1

少々ワケありで、シーウインドの1stを繰り返し聴いている。人気曲<He Loves You>は頻繁に耳するし、<The Devil Is A Liar>などベスト盤や再結成盤でも聴ける楽曲はそうでもないけど、フル・アルバムを聴き直すのは、実はかなり久し振り。もしかして紙ジャケが出て以来? …というコトは、もう8年近く聴いてなかったのか… シーウインドのアルバムというと、カナザワ世代はどうしてもトミー・リピューマ制作『LIGHT THE LIGHT』やジョージ・デュークがプロデュースした4thアルバム『SEAWIND(海鳥)』に行っちゃうからな。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
LIVE light Mellow
カナザワ企画監修
ライヴイベント開催!
live_lightmellow

LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)16:30/17:00
  全労災ホール スペースゼロ
《出演》伊藤銀次 杉真理
    サーカス 庄野真代 《演奏》sparkling☆cherry
詳細はコチラから
TOPICS
音盤&トーク Vol.12
次回開催が決定!

音盤トーク017

● Light Mellow 音盤&トーク
          Vol.12
@武蔵小山 カフェ・アゲイン

www.cafe-again.co.jp
●3月17日(土)
open:15:00 start 16:00
charge 1,500円

ハイエンドのレーザーターンテーブルで爆音AORを聴こう!
※上記画像は古いものです

執筆しました!

カシオペア特集12P執筆。

シリーズ初アナログ!

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(監修)
WORKS(解説)
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ