Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ TWO BY TWO @高円寺 JIROKICHI

two by two
今日は昼間はガッツリ働いて、夜は Two By Two@高円寺Jirokichiのライヴを観てから、Light Mellow Summit @カブキラウンジに顔出し、というスケジュール。

続きを読む

■ LINDSEY BUCKINGHAM - CHRISTINE McVIE

buckingham mcvie
輸入盤で発売直後にすぐゲットしたので、約2ヶ月半遅れのアップだけれど、コレはどうしても書いておきたかった。フリートウッド・マック全盛期を支えたスリー・トップの内の2人、リンジー・バッキンガムとクリスティン・マクヴィーが手を組んだ、初めてのデュオ・アルバム。レコーディングにはグループの屋台骨であるミック・フリートウッドとジョン・マクヴィーも参加しているから、早い話、マック・ マイナス1(スティーヴィー・ニックス)のアルバムなのだ。

続きを読む

■ SAFE HOME / LIVINGSTON TAYLOR

liv taylor_safe home
米では3月にこっそりリリース、日本でも5月くらいから出回っていたリヴィングストン・テイラーのニュー・アルバム『SAFE HOME』をようやく。昨年9月に来日し、なおかつ【AOR CITY 1000】廉価再発もあったので、全然お久しぶり感はなく、“アレ、もう出たの?”ってな感覚だったが、新作としては14年作『BLUE SKY』以来となる。

続きを読む

■ LITTLE DREAMER / BERNARD IGHNER

bernard ignher
とうとうこの日が来てしまった。シンガー・ソングライター、アレンジャー、プロデューサー、マルチ・ミュージシャンのバーナード・アイグナーが、14日に逝去。近年は脊椎管狭窄症を患ってたそうだが、死因は肺ガンだという。享年72歳。“とうとう” と書いたのは、彼が遺した唯一のソロ・アルバムが日本制作で、未だCD化されていないから。権利の行方は明白で、カナザワも何度か繰り返しアプローチしてきた。が、ずーっと状況は変わらず…。出せない理由はシンプルで、それゆえ外部からは解決の糸口が見つからない。それが本人逝去で更に遠のいてしまった気がしている。

続きを読む

■ RAIN IN MY LIFE / BILL LaBOUNTY

bill labounty_rain
お盆だというのに このところスッカリ雨続きで、まるで秋のような肌寒さ。基本的に暑いのはキライじゃない(遊びに限る。暑い中で仕事をするのは大っ嫌い)ので、このまま夏が終わってしまうのは悲しいなぁ…、と思っていたら、来週は再び暑くなるとか…。でもその頃は、結構仕事全開なのよねぇ… 先週イベント『No End Summer』が終わって余裕こいてたら、ちょっと大きな仕事が入ってきたのでスケジュールを整理したところ、8月後半はかなり巻きを入れないとマズイことが判明。チョイとアセっている今日この頃なのだ…

続きを読む

■ SUMMER OF '78 / BARRY MANILOW

barry manilow 78
某SNSで AOR v.s.MOR の談義が盛り上がっている。AOR=Adult Oriented Rock、MOR=Middle Of the Road。その違いを書き出せばいろいろあるけれど、AORは基本的にロックで、シンガー・ソングライターやバンドが中心。MORは文字通り中道ポップスで、歌唄いが中心にいることか。昭和なイメージの中古レコード屋さんには【ヴォーカル】というコーナーがあって、ペリー・コモやアンディ・ウィリアムス、トム・ジョーンズ、ポール・アンカ、バーブラ・ストライザンドあたり、あるいはシャンソンとかカンツォーネ系も一緒くたになっているのが珍しくなかった。AORは当時はまだジャンル的認知度が低かったから、大抵はロックのアルファベット別のコーナーや、シンガー・ソングライターに分類。でもソロ・アーティストの場合は、ちょっと間違ってヴォーカルに入っているコトもよくあった。

続きを読む

■ IKKUBARU@青山CAY

ikkubal_skyline
今日は【AOR CITY 2017】の関係で、イラストレーターの永井博さんに取材。これまでジックリお話しする機会がなかったので、大瀧詠一『ロング・バケーション』に始まり、最近のAOR/シティ・ポップスのムーヴメントに至るまで、氏のイラストがが果たした役割などを探った。青い空、海、プール、ヤシの木、パームツリー、アメ車などが定番モチーフとしてお馴染みだけれど、以前はアーティストの肖像画なども書いていて、近頃ではサニー・デイ・サーヴィスやKASHIFらのジャケットを手掛けているのも話題だ。その永井さんからインタビュー場所に指定されたのが、青山CAY。この日はイックバルの来日公演千秋楽があり、永井さんがDJで参戦するのだ。

続きを読む

■ LISTEN TO YOUR HEART / PAUL ANKA

paul anka_listen to
昨日のポストに引き続き、2日に発売された【AOR CITY 2017】前期48作から、カナザワ的リコメンドをご紹介。今回は前期では数少ない世界初CD化作品から、大御所ポール・アンカの78年作『LISTEN TO YOUR HEART(愛の旋律 [しらべ])』を。

続きを読む

■ LEGACY / POCO

poco_legacy
2日に発売された【AOR CITY 2017】前期48作から、カナザワ的リコメンドを順次ご紹介していこう。まず今日は、比較的新しい89年の作品で、ポコの再結成盤『LEGACY』。70年代にエピックやABCから出た作品群は何度となくリイシューされたが、オンタイムでCDが出た本作は、世界的に初めての復刻かもしれない。

続きを読む

■ SOUTHERN NIGHTS / GLEN CAMPBELL

glen campbell
米国を代表するカントリー系ポップ・シンガーでギタリストでもあるグレン・キャンベルが、8日ナッシュヴィルで死去。ここ数年アルツハイマー病を患い、闘病生活を送りながら、音楽活動を継続。12年に大規模なフェアウェル・ツアーを行ない、この6月に最後のアルバムとして発表した『ADIOS』が、まさに遺作となった。享年81歳。

続きを読む

■ ORIGINAL DEMOS, PRIVATE RECORDINGS AND RARITIES (プライヴェート・トレジャーズ)/ BARRY MANN & CYNTHIA WEIL

mann_weil
ようやく落ち着きを取り戻してきたせいか、コレをマトモに紹介していなかったコトにいま気づき…。3ヶ月前のゴールデン・ウィーク中に「いま執筆中」としてココにポストを上げただけだっだのを思い出した。Facebookには一度上げたかな。果たして皆さんは手にして戴いただろうか? …というワケで、まだの方に今一度改めて。

続きを読む

■ COME ALONG 3 / 山下達郎

tatsuro_come along 3
さすがにバテバテ、肩やふくらはぎがバリバリに張っていて、ロボットのような動きしかできないが、まずはこの2日間のいろいろな場面を反芻し、ニンマリしている。主催者側の人間としては収支なども気になるが、お客様はもちろん出演者もスタッフもみんなが楽しめた、この夏のエポック・メイキングなイベントになったと思う。

続きを読む

■ NO END SUMMER 2017@逗子 Surfers day-2

no end summer 017
fujimal yoshinokingo hamada futureday
No End Summer 2017@逗子Surfers 2日目。昨夜から古民家の民泊みたいなトコロにスタッフみんなで宿を取ったはイイが、8畳2間にクーラー1台の雑魚寝状態で寝苦しいことこの上ナシ。早朝シャワーを浴びようと廊下に出たら、何だ、コッチの方が全然涼しいぢゃん… …と朝から半ばヘロヘロで10時すぎに現地入り。でもスジ雲が出ていた昨日とは打って変わって、今日は雲ひとつない どピーカンに元気をもらい…。ちょうど海風が心地良く吹いてきて、昨日ほどのムシ暑さも感じない(といっても充分暑い…) さぁ、昨日の細かなトラブルを糧に、今日はもっとウマくやりますよぉ〜。

続きを読む

■ NO END SUMMER 2017@逗子 Surfers day-1

no end summer 017
epo_vitamin epoyurie_kokubu1_250rina
No End Summer 2017@逗子Surfers初日。ちょっと心配された天気も快晴となり、逆に暑すぎるほど 現場にいるだけで、もう汗ダラダラ…の世界。しかも個人的には、家を出た途端にキャスターつきレコードバッグが破損し、急遽トートバッグ2つに詰め替えての出発となって、最後までこの大荷物に振り回される結果に …。ま、小さなトラブルは続出でしたが、出演者およびお集り戴いたお客様にご迷惑をお掛けするようなことはなかったと思うので、そこは良かったかな、と。なおカナザワは、DJとアーティストの呼び込みMCを担当させて戴きました。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW DANCING・ LIGHT MELLOW HARBOR / Various Artists

light mellow dancinglight mellow harbor
no end summer 017

いよいよ明日・明後日に迫った No End Summer 2017@逗子 Surfers。Facebookの方には、続々と出演アーティストからのコメントやリハーサル映像の公開などが寄せられ、否応ナシに期待感が高まっています。心配された天気も、まぁなんとか持ちこたえそう。晴天なら、ホント、ロケーションが素晴らしいトコロなんですよ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
次回開催決定!
音盤トーク017
トーク&音盤ライヴ Vol.11
12月16日(土)
open 15:00 / start 16:00
@武蔵小山カフェアゲイン
charge 1,500円
ハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルを使って爆音AORを聞くイベントです。
※上記画像は古いものです


今年も監修してます!
aor city 2017 board
aor city 2017
ソニーミュージック オフィシャルページ
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ