Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ PEOPLE GET READY 〜 THE CURTIS MAYFIELD SONGBOOK / Various Artists

curtis mayfield songbook

クリスマス明けの26日は、カーティス・メイフィールドの命日。タイミングよく英Kent / Aceから彼のソングブッグがリリースされた。最近はレオン・ラッセルのソングブックを手に入れたけれど、ホント、Kent / Ace編集によるソングライター・シリーズは良質で資料性が高く、イイ仕事をしているな。(Kent/Ace songwriter-series)

続きを読む

■ MOUNTAIN DANCE / DAVE GRUSIN

dave grusin_mountain danceFHh7YYWaAAIJD4w
talkshowblue peppers_symphony

ブルー・ペパーズ『SYMPHONY』発売記念インストア・イベント@タワーレコード渋谷店6Fイベントスペース(TOWER VINYL SHIBUYA)、多くの皆さまにお集まりいただき、ありがとうございました。司会の大役も、つつがなく終了いたしました。ブルー・ペパーズ、来年2月には久々のライヴも決まっているので、詳細はCOTTON CLUB JAPANのサイトをご覧ください。28日(木)から予約スタートです。

続きを読む

■ A LITTLE TRIP + TIME MACHINE(ザ・ベスト・オブ・ヴィニール・キングス)/ VINYL KINGS

vinyl kings_bestvinyl kings_a little tripvinyl kings_time machine

ソニー・ジャパンが独自に探求しているビートルズDNAを持ったアーティストを集めたコンピレーション『Power To The Pop』シリーズ。今年9月に出た第2集『Power To The Pop2』はスルーしてしまったけれど、実はこんなバンドが発掘されていたのね。ナッシュヴィルのポップ・カントリー系ミュージシャンがワイワイ集まって、ビートルズのオマージュ・バンドを始めたというヴィニール・キングス。おそらく、このコンピで「ヘェ〜、そんなバンドいたんだ」って方が多いと思うけど、ハッキリ言います。あまりに おッセェ〜ヨ 当ブログじゃ、もう16年以上も前に紹介してるんだから…(当時のポスト)

続きを読む

■ CHRISTMAS TIME / WENDY MOTEN

wendy moten

世間はクリスマス・イヴ、道路はムチャ込み。でも自分は、出勤日に当たった相方の送り迎え以外は、仕事部屋に缶詰になって通常業務。相変わらず年末ライヴやイベントへのお誘いを戴けて有り難いけれど、まだ年内の入稿解説がいくつかあって、ケツまくり状態に入ってきた。クリスマスらしいコトは、ケーキ喰ったぐらいですかネ。なので今回は、この週末のカナザワの露出情報(?)を。

続きを読む

■ ALWAYS THERE : 1981-2021 (40 Years & Still Groovin) / INCOGNITO

incognito_box

インコグニートの40年に及ぶキャリアを総括した、豪華CD8枚組ボックス・セット。自分が初めてインコグニートを知ったのは、81年のコンピレーション『SLIPSTREAM - The Best Of British Jazz-Funk』。サブ・タイトル通り、当時ロンドンで注目され始めたブリティッシュ・ジャズ・ファンクの新鋭グループを集めた2枚組で、シャカタク、レヴェル42、セントラル・ライン、モリッシー・マレン、フリーズ、ライト・オブ・ザ・ワールドなどをココで知った。もちろん、シャカタクが大ブームになるより前。どのバンドもデビューするかどうかのタイミングで、このコンピで初レコーディング、なんてバンドもあったと記憶する。そして前述のようにココから大きく羽ばたいた連中もいれば、早々に消えたバンドもいた。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW MALACO

lightmellow malaco

約2年前、拙監修・選曲で出した『Light Mellow MALACO』が、バカ安価格1100円ポッキリで再発されている。22日に店頭に並んだUltra-Vybe【SOUL名盤SUPER SALE】シリーズ。同じ頃、『Light Mellow TK』や『Light Mellow SOLAR』も組んだけれど、何故かコレだけ。選ばれたというコトは、それだけ好評だったのか? だとしたらウレシイが、サザン・ソウルのメッカたるマラコ・レーベルをAOR感覚で斬る、という意外性が面白がられたのだろう。でもポール・デイヴィスやフレッド・ノブロックは、元々マラコ・スタジオに出入りしていたセッション・ミュージシャン。マリリン・スコット 1st のプロデューサーで、ナッシュヴィル界隈のスタジオ・ドラマーとして知られるジェイムス・ストラウドも、マラコでハウス・プロデューサーを務めていた。

続きを読む

■ SPARKLING☆CHERRY『WINDY』 Release Party @ 六本木 CLAPS

spa cherri windy live

前作『ROXY』から約2年。伊藤銀次、杉真理、村田和人、岩沢幸矢(ブレッド&バター)、庄野真代、鈴木雄大、黒住憲五、二名敦子、今井優子など、ライヴ現場で数多くのベテラン・アーティストと共演を重ねて成長してきたSPARKLING☆CHERRYは、このコロナ・パンデミックを、豊富なキャリアを持つシンガー・ソングライター濱田金吾との定例スタジオ・セッションでくぐり抜けてきた。その金吾さんをプロデュースに迎え、1年半に及んだスタジオ経験を凝縮した集大成的アルバム『WINDY』のリリース・パーティーがこの日、六本木CLAPSにて。当初の予定では12月初めにCDをリリースする予定だったのに、ジワリジワリとリリースが延び、結局発売当日のライヴ開催に。…というコトは、配信先行のリード2曲を除くと、オーディエンスには初披露の新曲が多くなるという演る側には厳しいパターン。でもスパチェリ・ファンは耳が肥えているのか、あるいはあったかく迎え入れてくれてるのか(きっと両方でしょう)、とってもイイ感じで盛り上がったライヴになった。

続きを読む

■ JACK MAGNET (analog)/ JAKOB MUGNUSSON

CamScanner 12-21-2021 07.12n_1

ヤコブ・マグヌッソン『JACK MAGNET』のアナログ・リイシュー盤、諸条件の悪化で発売が遅れていましたが、もう手元に届いています。これでリスケされた24日には、レコード・ショップの店頭に並べられるかと。オリジナル・リリースは81年だから、ちょうど40年目のアナログ再発。しかも北欧アイスランドだけのリリースだったから、オリジナルは超プレミア。日本でもゼロ年代になって存在が知られるようになったというレア・アイテムの初ヴァイナル復刻だ。

続きを読む

■ 今井優子 & ジャンク フジヤマ 〜 SPECIAL CHRISTMAS LIVE @渋谷JZ Brat

S__18538583
IMG_0906S__18538561

ありがたいコトに、今日もいくつかライヴのお誘いが…。でも今日はスタッフ・ワークで『今井優子 & ジャンク フジヤマ 〜スペシャル・クリスマス・ライヴ』@渋谷JZ Brat。珍しく2回ステージの入替制というコトで、1st Showは13: 30 / 14:30のオープン/スタート。午前中からリハーサルという…。ジャンクと今井の共演は、今年4月に無観客の配信開催となった『Light Mellowな夜』@ LDH kitchen THE TOKYO HANEDA以来8ヶ月ぶり。そのリベンジもあっての開催だったが、その4月のライヴも1月から延期されての実施だった。でもソーシャル・ディスタンス下だったとはいえ、やっぱりオーディエンスがいると、演る方も自然に気持ちが入るよう。

続きを読む

■ 濱田金吾@曙橋 BACK IN TOWN

kingo269694837_946173176313093_2865404541085835975_n
269508046_1999458560222000_2783089363502337353_n

今日はクリスマス近くの週末で、いろいろライヴ関係のお誘いが多く…。ハシゴも考えたが、最終的に濱田金吾@曙橋Back in Townへ。直近で一緒に仕事していたし、メンバーとの間でブツをやりとりする都合もあったのだ。今回のサポートは、cherry(cho)、外園一馬(g)、青木岳(kyd)、宮崎まさひろ(ds)、竹上良成(sax)と、要するに間もなくニュー・アルバム『WINDY』がリリースされる sparkling☆cherry の周辺。金吾さんはその新作プロデューサー。カナザワもスーパーヴァイザー的に、ちょっとだけ制作面で顔を出ている。

続きを読む

■ I SEE THE LIGHT / BATTI MAMZELLE

batti mamzelle

英国で活躍した中国系ジャマイカ人ベース奏者フィル・チェンの訃報をお知らせしたところで、先月、彼の人脈に近いところの こんなレアなアルバムが復刻されていたのを思い出した。バディ・マムゼルが74年にリリースしたワン&オンリーのアルバム『I SEE THE LIGHT』。韓国Big Pink制作の輸入盤国内仕様紙ジャケ。おそらく世界初CD化ではないかな?

続きを読む

■ THE JOURNEY / WET WET WET

wet wet wet

WET WET WET といえば、映画『フォー・ウェディング』のメイン・テーマ<Love Is All Around(愛にすべてを)>の大ヒットで知られるスコットランド出身の4人組ポップ・ロック・バンド。多くのシングル・ヒットを飛ばしているが、上掲曲は全英シングル・チャートで14週トップと当時の記録を更新した。結成は86年で、翌年デビュー。当時活躍した英国勢の若手グループというと、シャーデーを筆頭に、スクリッティ・ポリッティやデュラン・デュラン、ユーリズミックス、カルチャー・クラブ、ABC、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ブロウ・モンキーズ、カッティング・クルー…なんてところがすぐに思い浮かぶが、その多くがブルー・アイド・ソウルのエッセンスを特徴的に持っていた。このWET WET WETも、そもそもバンド名をスクリッティ・ポリッティの<Gettin, Havin' and Holdin'>から引っ張ってきたそうで。でもその中でも最もクセが少なく、ジャズへの憧憬も漂わせたりして、当時からAORに近いスタイルだなぁ、と思っていたものだ。

続きを読む

■ Bass Player PHIL CHEN passed away

rod_blondesjeff beck_blow by blow
butts bandrodstew22

英国ロック・シーンで活躍し、ジェフ・ベックやロッド・スチュワートのサポートで活躍したセッションベース奏者フィル・チェン(本名フィリップ・デヴィッド・チェン)が、12月14日の朝、長いガンとの闘病の末に、自宅で家族に見守られながら旅立った。享年80歳。中国系のフィル・チェンは、1940年ジャマイカのキングストン生まれ。60年代に英国に渡ると、旧植民地のインドやアフリカ、カリブあたりから来た移民ミュージシャンたちと交流を深め、元ドアーズのロビー・クリーガーとジョン・デンズモア、ジェス・ローデンらが組んだバッツ・バンドに参加したり、リンダ・ルイス、ドノヴァン、ジョーン・アーマトレイディング、ポップ・レゲエの伝説シャロン・フォレスターらをサポート。ジェフ・ベック、ロッド・スチュワートのバンドで知名度を上げたあとは、ピート・タウンゼントやブライアン・メイと共演している。

続きを読む

■ QUINTESSENTIAL / QUINT STARKIE

quint starkie 2

近年、これほどにソング・オリエンテッドなオトナのポップスがあっただろうか?
英国に生まれ、ハリウッドで本格的に活動を開始し、
現在は北欧を拠点にするシンガー・ソングライター、クイント・スターキー。
約2年ぶり、日本で2作目のニュー・アルバム。
サウンドのカタチにこだわらず、音楽の本質、違いが分かる皆さんに…


続きを読む

■ PHYSICAL -Deluxe Edition- / OLIVIA NEWTON-JOHN

olivia_physical 40

ブレッド&バター岩沢二弓さんのラジオ番組『湘南BASE』のゲストにお呼ばれし、その収録のため藤沢まで。オンエアがクリスマス当日(ネットによって異なる場合も)ということで、AORのX'masソングをリクエストされていたので、いくつか見繕って選曲させていただいた。近くなったらFacebookでご案内するので、どうぞお楽しみに。それにしても、最近コロナが治まっているせいか高速道路がメチャ混み。藤沢まで普通は2〜2時間半なのに、それが3時間半も掛かるとは思わなんだ…

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● カナザワがサポートしている2つのバンドが相次いで新作発表●
SPARKLING☆CHERRY


BLUE PEPPERS
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

●The Superhighway Band
suoerhighway band
STUDIO CITY 予約

● GIG
gig
WISDOM AND MADNESS 予約
BRAVE NEW WORLD 予約
※ Artworkは変更予定

● TJ GEORGE
tj george
HEROES AND LEGENDS 予約

Light Mellow ANALOG
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

Article Serch
Archives
Liner Notes

上記3枚はSACD Hybrid仕様

監修しました
AOR Light Mellow Premium
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
大好評発売中
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

Recent Comments