Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ TALK IS CHEAP / KEITH RICHARDS

keith richards_talk

平成から令和への橋渡しを含む10日間の超大型連休もこの日限り。自分自身は、仕事のない日がお休みの日なので、連休なんてあってないような、いつでもゴールデンウィークになり得る不安定な暮らしぶりだが、今年は公私ともにパタパタと単発的予定が入り、結局大型連休らしいコトは何もできず。せいぜい家から歩いて3分の天然温泉に行ったくらいかッ …とはいえ明日からいろいろなコトが動くので、今日はコレでちょっと景気づけ。キース・リチャーズが88年に発表した初ソロ・アルバム『TALK IS CHEAP』の30周年リミックス2枚組である。

続きを読む

■ UNFINISHED BUSINESS / WADDY WACHTEL

waddy wachtel

少し前にご紹介したラス・カンケル同様、ダニー・コーチマー&ザ・イミディエイト・ファミリーの一員として間もなく来日するワディ・ワクテル。去年の来日ではダニー&ファミリーのニュー・アルバムをフィーチャーしていたが、今年の来日はそれがないので、ラスやスティーヴ・ポステルの『WALKING THROUGH THESE BLUES』、そしてこのワディの初ソロ・アルバム『UNFINISHED BUSINESS』を引っ提げての公演になる。

続きを読む

■ DAVE KOZ feat. VALERIE SIMPSON @ BlueNote Tokyo

dave koz 019

ゴールデン・ウィーク後半の4日間、ブルーノート・トーキョーで公演するスムーズ・ジャズの人気サックス奏者デイヴ・コーズ。今回はナンと、アシュフォード&シンプソンのヴァレリー・シンプソンをゲストに迎え、彼女がモータウン他に提供してきたヒット曲を交えてのゴージャスなステージを展開している。その東京2日目、1st ショウに足を運んだ。ヴァレリーにとっては、11年に亡くなった夫ニック・アシュフォードと一緒にやって来た09年11月以来(当時のポスト)、約10年ぶりの来日となる。(以下ネタバレあり)

続きを読む

■ SILVER VIBRATIONS / ROY AYERS

roy ayers_83

レア・グルーヴ時代に著しく評価を上げたジャズ・ヴァイブラフォン奏者、ロイ・エアーズ。70歳越えの現在も元気そのもので、元より多作家にしてレア盤も多い人であった、それがこの10年くらいで、関連作含めおおよその作品はCDで再発。そして今回、リーダー・アルバムでは “最後の砦” とも目されてきた『SILVER VIBRATIONS』が、いよいよリイシューの俎上に上げられた。

続きを読む

■ Tribute to Great 3 By-Players - BOON GOULD・DAVE SAMUELS・PAUL RAYMOND

level 42 livedave samuels
ufo_lights outplastic penny

世の中は新元号だ超大型連休だ!と浮かれていても、悲しい別れは否応なしにやってくる。今の日本の音楽シーン的には、4月25日に亡くなった元スターリンの遠藤ミチロウなのだろう。でもカナザワは全然通ってない方なので、そこは伏し目がちにスルーさせていただきつつ、それに前後して逝った海外の名バイ・プレイヤーたちを一緒に弔いたい。わざわざココにポストするほどの強い思い入れはないが、訃報を聞いて胸がちょっとキュンとなってしまった、そんな人たちである。

続きを読む

■ Light Mellow Light Party 〜East Meets West vol.2 @新宿カブキラウンジ

LM east meets west

令和初日の開催となった、Light Mellow Light Party 〜East Meets West vol.2 @新宿カブキラウンジ。連休中とあって、お客様が引きも切らずでイイ感じの盛り上がりになりました。東京と大阪の Light Mellow 和モノ・イベントの合同開催、定着しそうですね。遠方からの来客が多かったのは、ゴールデン・ウィークならでは。年1回と言わず、年内にもう1度やりたいところです。普段は神戸で頑張ってるDJシンデレラ・ハネムーン‬、先日のカナザワ京都行脚でもサポートしてくれた関西チームのくろみくチャン、Kitta クン、ご苦労様でした。またレコード・ストア・デイにアナログ7インチをリリースしたアマネトリルのメンバーもご来場いただき、場を盛り上げていただきました。そして何より、足をお運びいただいたお客様、どうもありがとうございました。

続きを読む

■ OUT OF THE BLUE / MIKE + THE MECHANICS

mike+mechanics_out of blue

元ジェネシスのマイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックスの新作『OUT OF THE BLUE』が、通常盤、デラックス盤、アナログ盤、ストリーミングなどでリリース。通算では9作目のアルバムに当たる。その内容は新曲3曲入りベスト盤、と思いきや、これまでのヒット曲もすべて現行メンバーでリ・レコーディングした新録ベスト。しかもデラックス版の disc 2 はアコースティック・セットによるもので、バンド・セットとアンプラグド・セットの両方用意された楽曲が4曲も入っている。

続きを読む

■ WALKING TO NEW ORLEANS 〜 Remembering Chuck Berry And Fats Domino / GEOEGE BENSON

benson_walk to

令和になって最初のポストは、コソッと発売されたジョージ・ベンソンのニュー・アルバム『WALKING TO NEW ORLEANS 〜 Remembering Chuck Berry And Fats Domino』。コイツがどえりゃーご機嫌なデキだ。ベンソンの新作は13年の『INSPIRATION - A Tribute To Nat King Cole』以来6年ぶり、となる。

続きを読む

■ DINO & SEMBELLO

dino & sembello

60年生まれのカナザワよりも少し上の世代の、主にシンガー・ソングライター好きの方々に確固たるファンがいるディノ&センベロ、74年に発表したデュオ唯一のアルバムが韓国 Big Pinkから紙ジャケで初CD化され、国内流通が始まった。AOR世代には、かのマイケル・センベロの兄ジョンが参加したデュオとして知っている人もいるだろう。

続きを読む

■ OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園 Vol.1― @渋谷区文化総合センター大和田

otona music paradise

ある筋からのお誘いで、『OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園 Vol.1― ”SAYONARA 平成! Stylish Pop@SHIBUYA”』を観に行った。これは、渋谷区文化総合センター大和田にある2つのホール、さくらホールと伝承ホールをまとめて借り上げ、2館同時に昼・夜の2回まわし計4公演を行うオトナ向けのライヴ・イベント。杉真理、木根尚登、古内東子、カジヒデキ、楠瀬誠志郎、佐藤竹善、野宮真貴、土岐麻子の8人が1公演3人づつに分かれて競演。木根、古内、カジ、楠瀬は昼・夜、両方に出演した。

続きを読む

■ BONES

bones

ファラガー・ブラザーズの前身ボーンズの1st アルバムが韓国 Big Pink で世界初CD化され、その国内仕様盤が4月末にリリースされた。同じ Big Pink から出たファラガーズ 1st の方は、拙監修【Light Mellow's Choice】でピックアップした(その時のポストはココから)が、72年産でまだAOR要素に乏しいボーンズは、そのまま Big Pinkシリーズでの国内流通。そこにブルー・アイド・ソウルというよりファンキー・ロック色濃厚なボーンズの立ち位置が見え隠れする。

続きを読む

■ BOTH SIDES / MARC JORDAN

marc jordan_both sides

マーク・ジョーダン、約6年ぶりのニュー・アルバムが登場。しかも今回は、輸入盤国内仕様ながら、超久々に日本盤が流通している。最後の日本盤が96年の『COOL JAM BLACK EARTH』だから、国内流通は実に23年ぶり。それなのに “今も絶大なる人気を誇る” としたキャッチコピーには笑ってしまったが、AOR方面では確かに固い支持があり、初期カタログは何度もリイシュー。12年にはブルース・ガイチ&ジェイニー・クルーワー presents 『AOR Tokyo Session Vol.1』のゲストとして来日したこともあった。

続きを読む

■ FROM SILK DEGREES・GREATEST HITS 〜 Japanese Single Collection 〜 / BOZ SCAGGS

boz_from silkboz_jap singles

このゴールデンウィーク終盤の仙台公演から、約4年ぶりの来日公演をスタートさせるボズ・スキャッグス。来日記念的に古巣ソニーから2アイテム、7インチ・アナログ盤『FROM SILK DEGREES』と、ソニーから日本発売された全シングル曲とMVを網羅した2枚組『GREATEST HITS 〜 Japanese Single Collection 〜』が発売された。カナザワは前者の解説を執筆させてもらっている。

続きを読む

■ CHATEAU BEACH / RUSS KUNKEL

russ kunkel

間もなく ダニー・コーチマー&ザ・イミディエイト・ファミリーの一員として、2年連続で Billboard Live の舞台に上がる名ドラマー:ラス・カンケル。それに合わせて、ラスが08年にUSリリースしていた初のソロ・アルバム『CHATEAU BEACH』が日本発売されることになった。同時に同じメンバーであるワディ・ワクテルのデモ&未発表音源集『UNFINISHED BUSINESS』、スティーヴ・ポステル『WALKING THROUGH THESE BLUES』も同時発売された。

続きを読む

■ EVENT『Hey, Say Good Music ! 』@渋谷 UNDER DEER Lounge

spa-cherry@under deer 019

渋谷はファイアー・ストリートにある UNDER DEER Lounge と sparkling☆cherry が共催したイベント『Hey, Say Good Music!』(平成グッド・ミュージック?)に参戦。 sparkling☆cherry が声を掛けた連中が出る、というコトで、The Bookmarcs、カンバスと、カナザワともご縁の深い方々が出演、アコースティック・セットでゆるゆると、リラックスしたステージを観せてくれた。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Kanazawa Total Produce / Sparking☆Cherry 期待の新作


選曲・監修しました Light Mellow in SOLAR

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow on SOLID
WORKS - 解説
Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

TALK EVENT
CROSSOVER LABORATORY Taking Session vol.1 Crossover Laboratory  Talking session vol.1
ブルー・ペパーズ福田直木がFMヨコハマからお届けする番組の初めての公開収録イベント
6月29日 (土)
@渋谷THE RALLY TABLE
出演:福田直木・
Guest:石井一孝・金澤寿和
詳細はこちら

● AFTER PARTY
crossover lab_after
6/29(土) 17:30-23:00 (OPEN 17:00)
@カブキラウンジ
新宿区歌舞伎町1-23-13 第1大滝ビル5F
http://kabukilounge.tokyo/
2000円 (1ドリンク付)
入場特典:CROSSOVER LABORATORYステッカー
詳細はこちらから
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 西松一博 復刻◆
《タワーレコード限定》
nishimatsu 1
● GOOD TIMES +6 ●
購入はこちらから

nishimatsu 2
● 貿易風物語 ●
購入はこちらから
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ