Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2 ご報告

kenny rankin singles 63_66thelma houston
fagen_cheap xmasmmocdonald_wide open

ディスクユニオン新宿ロックレコードストアで開催されたインストアの『Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2』、無事に終了いたしました。日曜午後のお寛ぎ時、Light Mellow系イベントの常連さんから初めての方、そしてカナザワ周辺・関係者まで、達郎さんのサンデー・ソングブックも聞かずに多数お運びいただきまして、誠にありがとうございました。

続きを読む

■ Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2

union event 2018

いよいよ明日です。再掲載。
お時間のある方は是非。お待ちしてます
詳細はこちらのポストをご参照あれ。

■ VIVID SOUND LIVE Vol.2 @下北沢 THREE

vivid live
私的ライヴ三昧ウィーク最終日は、いつもお世話になっている VIVID SOUND 45周年記念イベント【VIVID SOUND LIVE Vol.2】@下北沢THREE。あら、2日連続でシモキタだわ メイン・アクトは青野りえとブルー・ペパーズで、ゲスト・ヴォーカルに星野みちるという、インディ・レーベルらしからぬ豪華さだ。青野嬢は、我が Light Mellow's Choice シリーズからのリリース。ブルー・ペパーズは、メンバーの福田直木から直々に音を聴かされたカナザワが「キチンと流通に乗せるべき」とアドヴァイスし、VIVIDに紹介したのが最初の縁だった。

続きを読む

■ sparkling☆night with 濱田金吾 @ 下北沢440

sparkling night_kingo
ライヴ三昧再開は、バイ・マンスリーの定例 sparkling☆night。今回のゲストは、ようやく登場の濱田金吾さん。新作準備、6月に大きなイベントを控えて気合ーが入るメンバーたちながら、一方、新曲にはアレンジ面で試行錯誤を続けている楽曲もあったりして…。でも金吾さんとのジョイント部分に関しては、リハーサルからなかなかイイ感じだったので、密かに期待していた。それでも金吾さんからは、「技術的な問題はないから、あとはそれぞれストーリーを考えて…」とのお言葉。勉強になります。

続きを読む

■ THE CREEPER / DENNIS BUDIMIR

dennis budimir

ライヴ三昧ウィークのポケット日は、夕方から都内某スタジオで打ち合わせ。その前に雑用をこなしながら、こんなアルバムを聴いた。西海岸のスタジオ・シーンで長く活躍しているベテランのジャズ・ギタリスト:デニス・バディマーのリーダー作。60年代にいくつかソロ・アルバムを出しているのは知っていたが、スウィング〜4ビート物らしくスルーしていた。でもこのアルバムは、65年録音ながらもジャズ色は薄く、ポップ・カヴァーが多数。「ジェイ・グレイドンとも共演しているベテランに、こんなアルバムがあったのか」と、思わず手を出したワケである。

続きを読む

■ 本気でAOR NIGHT 2018 @目黒 Blues Alley Japan

starbuckgerry rafferty
STARBUCK               GERRY RAFFERTY『CITY TO CITY』
  『MOONLIGHT FEELS RIGHT』
先週末から怒涛のライヴ三昧。…とはいえ目的は和モノばかりで、仕事の流れで顔を出すついでに思い切り楽しんじゃおうというモノが多い。今日は、既に10回越えを数える恒例イベント『本気でAOR NIGHT』、今年の初回公演を観に行った。カナザワ的には、このイベントに足を運ぶのは、もう3〜4回目になるかな? 出演メンバーは、増崎孝司(g)、種子田健(b)、小笠原拓海(ds)、中島オバヲ(perc)、友成好宏(kyd)宮崎裕介(kyd)、竹上良成(sax)、三谷泰弘(vo)といういつもの豪華な顔ぶれ。いま、今井優子案件でお世話になっている竹上・増崎両氏に加え、友成さん、小笠原さん、宮崎クン と顔見知りのミュージシャンも多い上、ネタがAORなので、ちょっとホームグラウンド的な居心地の良さを感じていたりする…

続きを読む

■ HEARTBEAT / 犬塚彩子

saeko inuzuka

今日は、いまカナザワが制作に関わっている今井優子のレコーディングに参加してくれた、ブラジリアン・ミュージックの実力派シンガー・ソングライター:犬塚彩子(さえこ)さんのライヴ@南青山ZIMAZINE。シート数40席あまりの小さなジャズ系ライヴ・バーだが、とても雰囲気が良くて、心和むスポット。昨年4月に外苑前から骨董通りに移転してきたそうだが、Bluenote Tokyoへの道すがらに、こんな所があるとは知らなんだ。

続きを読む

■ HOG FAT / JIMMY GORDON AND HIS JAZZNPOPS BAND

jimmy gordon

69年に設立されて70年代を駆け抜けた(活動停止は78年)、ジャズというよりリアル・クロスオーヴァーといった方がピンとくるレーベル:フライング・ダッチマン。代表的アーティストというと、ロニー・リストン・スミス、ギル・スコット・ヘロン、ガトー・バルビエリ、レオン・トーマス、リチャード・グルーヴ・ホームスなど、レア・グルーヴ期に入って再評価が進んだミュージシャンが数多く在籍したことで知られる。L.A.エキスプレス以前のトム・スコット、名ギタリスト:ラリー・コリエルもリーダー作を残したが、その辺りは、ジョン・コルトレーンやチャールズ・ミンガス、ソニー・ロリンズらの名盤を手掛けてインパルス全盛期を築いたプロデューサー:ボブ・シールが独立して立ち上げたレーベルという、彼の看板や人脈がモノを言ったのだろう。そのフライング・ダッチマンのカタログ群が、1000円廉価のシリーズ《フライング・ダッチマン 1000・マスター・コレクション》として、昨年10月と今年1月に、各30タイトルづつ計60枚がリイシューされた。

続きを読む

■ The Band 8 Eight(林 哲司)〜 Third Gear 〜 @汐留 Blue Mood

tetsu_hayashi_bluemoon

いろいろ仲良くさせていただいてる作曲家:林哲司さんのニュー・バンド:The Band 8 Eight のライヴ@汐留 Blue Mood へ。昨年結成され、今回がまだ Third Gear、3度目のライヴとのこと。カナザワは前2回は見逃しているので、予備知識らしい知識もほとんどなく、この小屋へやってきた。

続きを読む

■ 淑女のたしなみ・LONELY ONE / 豊島たづみ

tazz_shukujotazz_lovely one

昨年12月にスタートした豊島たづみオリジナル・アルバム・リイシューのシリーズ後半が、いよいよ発売に(前半の紹介はコチラから)。登場したのは、4作目にあたる80年作『淑女のたしなみ』と、寿引退前の最終作となった81年の『LONELY ONE』。これで彼女の現役時代の5作品は、すべて紙ジャケット仕様でCD化されたことになる。う〜ん、実にメデタイ

続きを読む

■ 夢飛行・NIRVANA / 山口美央子

mioko yamaguchi 1mioko yamaguchi 2

ソングライターの山口美央子が、80年代にシンガー・ソングライターとしてリリースした3作品『夢飛行』『NIRVANA』『月姫』が、デジタル・リマスター/紙ジャケット仕様でリイシューされた。前2作は井上鑑がアレンジ or サウンド・プロデュースで関わり、3作目は立川直樹がプロデュース、アレンジに土屋昌巳(一風堂)という陣容。デビュー当時からYMOで有名なシンセ・プログラマー:松武秀樹が関わっており、ジャパネスク的世界観と斬新なポップ感覚をちりばめたアーバン・ポップスを展開している。ココでは、一足飛びに摩訶不思議なテクノ・ワールドに飛び込み、最近はアンビエント的評価が高まる『月姫』(83年)は一旦脇へ置き、ライトメロウ的視座から『夢飛行』と『NIRVANA』をご紹介しよう。

続きを読む

■ 40 TRIPS AROUND THE SUN / TOTO

toto_40trips
TOTOのデビュー40周年記念作となる新曲入りベスト・アルバム『40 TRIPS AROUND THE SUN』が、いよいよ発売された。リード曲となる新曲<Alone>が先行配信され、11月頭のレコード・ストア・デイにはデビュー・ヒット<Hold The Line>とのカップリングによる10インチ・ピクチャー・ディスクのアナログ・シングルがリリースされたので、煽られるだけ煽られ、ずいぶんと長く待たされた気がする。でも、たかが新曲入りベストでコレだけ期待感を抱かせるAOR系アーティストは、もうホンのひと握り。当ブログも、昨日のネタがデヴィッド・フォスターで今日がTOTOだなんて、まるで何処かの専門誌みたい… でも今夏に向けていろいろ洋楽AORネタを仕込みながらも、いま一番忙しいのはブームになっている和モノ〜シティ・ポップス関連だったりするのだが…。

続きを読む

■ DAVID FOSTER WORKS

david foster works

昨年の晩秋、AORファンの間でデヴィッド・フォスター来日公演の噂がまことしやかに囁かれた。実際ジェイ・グレイドンがSNSで「デヴィッドと一緒に日本へ行く」とフライング発言し、日程まで公表。それぐらい煮詰まっていたワケで、そこへ向けての企画作も複数動き始めた。カナザワが解説を書かせてもらった『MELODIES OF LOVE』というフォスターのヒット作コンピもそうだけれど、このワークス集もそのひとつ。でもご存知のように、来日の噂は噂のまま、幻に終わった。タレント発掘の TVショウ “Asis Got Talent” でジャッジを務めるフォスターだから、アジア・ツアー自体には大きなスポンサーがついて行なわれたらしいが、そのプログラムの放映がない日本では…、というワケである。

続きを読む

■ Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2

union event 2018


昨年開催しAORファンの皆様にご好評いただきましたイベントが
2017年ヴァージョンで帰ってきました!!


開催日:2018年2月18(日) 15:00〜
開催場所:ディスクユニオン新宿ロックレコードストア5F
入場:フリー
※人数が定員に達した場合、入場制限をかけさせていただく場合がございます。

■お問い合わせ先
ディスクユニオン新宿ロックレコードストア
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-12 下菊ビル4F
電話番号:03-6380-0235
メールアドレス:ds13@diskunion.co.jp
営業時間:平日11:00-21:00 (日祝11:00-20:00)

お時間のある方、どうぞ奮ってご参加ください。
レコードストアなので、ヴァイナル限定/邦洋混交の独断と偏見に満ちたランキングです

■ OLD FRIENDS - NEW FRIENDS / NDUGU CHANCLER

ndugu solo

前回ポストしたデニス・エドワーズ(元テンプテーションズ)に続いて、4日未明に飛び込んできたのが、名ドラマー:レオン・ンドゥグ・チャンスラーの訃報。ウソだろーッ 今年最初、先月5日にカナザワが足を運んだデヴィッド・T・ウォーカーのライヴで来日したばかりだゼ デヴィッド・Tのバンドはほぼ毎年のように来日していて、その都度足を運んでいたので、ンドゥグが徐々に痩せていたのは知っていた。特に今年の激ヤセぶりには驚いたが、ドラム・プレイに然したる影響は感じなかったし、近い筋から「健康的に痩せたらしい」と聞かされてた。でもそれはどうやら表向きの話で、死因はガンとのこと。きっと演奏を続けながら、秘密裏に治療していたのだろう。

ndugu



続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
選曲監修最新作!


執筆しました!

LIVE light Mellow
カナザワ企画監修
ライヴイベント開催!
live_lightmellow

LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)16:30/17:00
  全労災ホール スペースゼロ
《出演》伊藤銀次 杉真理
    サーカス 庄野真代 《演奏》sparkling☆cherry
詳細はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)
WORKS(監修)
シリーズ初アナログ!

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ