Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ I'M YOUR GIRL FRIEND / DARA SEDAKA

dara_sedaka_H1 - Sサイズ

クリスマス・イヴ・イヴ でもクリスマスってなんですか 世間はメチャ浮かれてますが、カナザワは普通に仕事です ってか めちゃ締め切り立て込んできてるし、更に締メ日を勘違いしてるし、雑用は多くなってきてるし… ま、ココではひとまずこの “サウンド・デザインAOR3部作” とでもいうべき日本制作の好盤を順次ご紹介して。仕様はもちろん最新デジタル・リマスターで高音質盤UHQ-CDを採用。その最初は、ニール・セダカの愛娘デラ・セダカが、82年にデヴィッド・フォスターのプロデュースで発表した初アルバム『I'M YOUR GIRLFRIEND(ガールフレンド)』。04年の初CD化以来13年ぶりの復刻で、僭越ながら監修させて戴きました。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW ONE DAY・SEALINE (Analog)/ Various Artists

LM one day (1)light mellow sealine

何とビックリ、Light Mellow コンピ初のアナログ化が実現 しかも2枚揃って 対象となったのは、昨年・今年と展開したソニーミュージック【AOR CITY】シリーズのダイジェスト盤だった『Light Mellow ONE DAY』と『Light Mellow SEALINE』。CDは共に3枚組というフル・ヴォリュームで、幸い洋楽チャート上位にランキングされるほど好評を戴いたが、アナログ化に際しては収録曲を選りすぐって、それぞれ1枚モノに凝縮。もちろん選曲・監修は、カナザワが担当させてもらっている。

続きを読む

■ sparkling☆night vol.21

kid 65tohoku sinkansen 017sparklig cherry 大
12

カナザワがトータル・プロデュースしている アラフォー・シティ・ミュージック・バンド:sparkling☆cherry が主催するバイ・マンスリーのライヴ・イベント sparkling night の年内最終、christmas special は、10月に素晴らしいソロ・アルバムを発表した職人シンガー:木戸やすひろと、ベテラン・アレンジャー:山川恵津子のダブル・ゲスト。両人とも sparking☆cherrryのレコーディングに参加してくれた恩人であり、3年前のレコ発ライヴ@Blues Alley Japanでも歌ってくれた方たちである。

続きを読む

■ STEVE LUKATHER - Nerve Bundle @Billboard Live Tokyo

lukather_transition

スティーヴ・ルカサー率いるプロジェクト、Nerve Bundleが初来日。その東京公演2日目1st Stage を観た。ルークのソロということで、リンゴ・スターのオールスター・バンドは元より、TOTOに比べても更に激しくギターを弾き倒すんだろう、とすぐに想像できるが、その一方でココ10年くらいに出した3枚のソロ・アルバム『EVER CHANGING TIME』『ALL'S WELL THAT ENDS WELL』 『TRANSITION』 は、ギターとヴォーカルをバランス良く聴かせた音楽的アルバムとして成立していたから、公演発表当初はその路線での来日かと思っていた。

続きを読む

■ DAISUKE R&B Only Special Nite Vol.3 〜 Nice & Slow Jams@目黒Blues Alley Japan

23130982_1154493434684565_4584400781014035421_n

拙監修【Light Mellow's Choice】from VIVID SOUND からCDを出している、当世の J-R&Bシーンきっての実力派シンガー:Daisuke。その『R&B Only Special Nite Vol.3 〜 Nice & Slow Jams』に足を運んだ。この2週間で3度目の目黒Blues Alley Japan。こりゃー原稿進まないワケだわ... 

続きを読む

■ THE WILD RIVER / THE BLOW MONKEYS

blow monkeys

我が監修の【Light Mellow Searches】from P-VINE、12月20日発売は、何とブロウ・モンキーズ最新作『THE WILD RIVER』。意外に思う方が多いかもしれないけれど、今年の当シリーズではワークシャイの新作も出しているから、そう不思議なコトではないだろう。ホール&オーツあたりのブルー・アイド・ソウルをコンテンポラリーに展開した、と考えれば、多分納得できるはずである。A&R氏サイドから提案され、実際に音を聴いて、素直に “こりゃ再結成後の最高傑作じゃん” と思ったのが、当シリーズからのリリースを決めた最大の理由だった。

続きを読む

■ 尾崎亜美『Life Begins at 60 II』@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

amii ozaki_smile
S-MILE 〜40th Amii-versary 〜 / 尾崎亜美


週末のイベント連チャンに続いて、昨日のジャンクから怒涛の年末ライヴ週間に突入。仕事上のお付き合いの流れで行くケースが多いものの、特に音専誌からレビューを依頼されているワケでもなく、半分はお愉しみ。でもコミュニケーションやご縁が大事な業界でもあるので、こういうのがとても大事。亜美さんの『Life Begins at 60』のライヴは7月に続くモノだけれど、前回はスケジュールが合わず足を運べなかった。だから亜美さんには「あら、お久しぶり」なんて言われちゃうし、マネージャー氏には熱い握手で歓待され…。あ〜、もっと小まめに顔を出さんとイカンなぁ…

続きを読む

■ ジャンク・フジヤマ sings Greatest Songs Encour & More』@目黒Blues Alley Japan

junk time

ダブル・ヘッダーのこの日は、自分のイベント終了後、すぐに『ジャンク・フジヤマ sings Greatest Songs Encour & More』@目黒Blues Alley Japan へ移動。これはチケット即完となった11月の“Sings Greatest Songs”@神楽坂GLEEのアンコール公演で、クリスマス・プレミアム・ライヴとしての開催。ジャンクが愛してやまないアーティストの名曲を、村上“ポンタ”秀一 (ds) と岡沢章 (b) という最強リズム隊をバックに歌いまくる、そういうスペシャルなライヴだ。

続きを読む

■ Light Mellow 音盤&トーク・ライヴ Vol.11 @武蔵小山カフェ・アゲイン

greg mathieson projectkeiko projectfreewayfifth ave_really

金澤寿和 presents Light Mellow 音盤&トーク・ライヴ Vol.11 @武蔵小山カフェ・アゲイン。年末のお忙しい中、足を運んでいただいた皆様方、どうもありがとうございました。年内4度目にして最後の音盤&トーク・ライヴ、レーザー・ターンテーブルによる爆音AORで気持ち良くハネることができました。また来年もヨロシクお願いいたします。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW SUMMIT @ 新宿カブキラウンジ

mieko hirota_bodytalklupin 3rd
BODYTALK /弘田三枝子    ラヴ・スコール / ユー&エキスプロージョン・バンド

新宿カブキラウンジで毎月第3金曜日に開催されている恒例の和モノDJイベント:Light Mellow Summit。看板を貸しているカナザワ本人は、3〜4ヶ月に一度の割でゲストで回しているが、年内最後のL.M.S.ということで、今回は5ヶ月ぶりの出番となった。こ来場戴きましたお客様、どうもありがとうございました! そこで備忘録的に、セットリストをご紹介(順不同)続きを読む

■ Chasin' the 80s Classics / JAM

chasin 80s

これはこれは超待望の書。現在はweb上で展開しているBMR(Black Musiv Review)誌の名企画『Chasin' the 80s Classics』(JAM著)が、とうとう書籍化されたのだ。連載期間は97年から最終刊の11年まで、丸14年間以上。BMRがまだ小さい判型からの人気連載だった。自分は真っ当な黒人音楽愛好家ではないので、この連載と新譜紹介だけを目的に、毎月BMRを購読していた時期があった。自分が業界入りし、JAM氏とお付き合いが生まれてからは、ご本人や当時のブルース・インターアクションズ編集部(現スペース・シャワー・ブックス)関係者に、“『Chasin' the 80s Classics』を本にまとめて〜” と懇願していた。それが今ようやく…。拙監修のブラコン本も時々 “出し直して” という声を戴くけど、やっぱりブギー・ブームの影響はデカイですね。
続きを読む

■ Fab Bond + Blue Peppers @上野 音横丁

fab bondblue peppers_017

初めて行く上野のライヴ・ハウス:音横丁で、Fab Bond + Blue Peppers。Fab Bondは、ギターとチェロの両刀使いで知られる伊藤ハルトシと、今ではスッカリ山下達郎バンドの屋台骨を支えている感のある小笠原拓海(ds)、そしてシュアなベースで定評の川内啓史によるインスト・トリオ。3年前に自主制作でアルバムを出している。実は縁あって知り合った啓史クンに、以前からFab Bondのライヴに誘われていたのだが、なかなかタイミングが合わず、「今度は行けそうかな」と。そうしたら、カナザワがデビューに導いたBlue Peppers の井上薫がゲストで鍵盤を弾くことになり、だったら相方:福田直木も乗っかって、ジョイントにしちゃえ!という流れになって。個人的には、1粒で2度美味しいライヴになりました(喩えが古くてスマソ…

続きを読む

■ XXENTY / MINDFEELS

mindfields

間もなく日本リリースされるイタリアからのニュー・カマー、マインドフィールズのデビュー・アルバムをご紹介。グループ名からピ〜ンと来た方も多いだろう、彼らはTOTOをアイドルとする4人組。元々はDejaniraというモロにTOTOのカヴァー・バンドだったそうだが、徐々にオリジナル楽曲が増えてきたことから、カヴァーとは別働のバンドを新たに結成。この時、TOTOの99年のアルバム『MINDFILEDS』からグループ名を拝借したという(FIELDS → FEELS)。

続きを読む

■ J / JAKE H. CONCEPCION

jake h concepcion

日本のスタジオ・シーンを代表する名サキソフォン奏者ジェイク・H・コンセプションが亡くなった。所属事務所情報によれば、4日が命日とのこと。奥様が認知症を患っていて、発見が遅れたという。介護に専念するため、最近は活動を停止していた。享年81歳。

続きを読む

■ ANGEL HEART 〜35th Anniversary Expanded Edition / JIMMY WEBB

jimmy webb_angel heart+
ジミー・ウェッブが82年に発表したAOR名盤『ANGEL HEART』の35周年記念エキスパンデッド・エディションがリリースされた。オリジナル盤に3曲の未発表テイク、3曲のデモ音源を追加した6曲プラスの仕様である。実は昨年、本作のプロデューサーであるフレッド・モーリンから直々にこの企画を持ち込まれたのだが、その時は既に昨年のAOR CITYシリーズでの廉価再発プランが動いていて、実現はしなかった。それが今回、米Real Gone Musicからメデタく再発されたのである。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
LIVE light Mellow
カナザワ企画監修
ライヴイベント開催!
live_lightmellow

LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)16:30/17:00
  全労災ホール スペースゼロ
《出演》伊藤銀次 杉真理
    サーカス 庄野真代 《演奏》sparkling☆cherry
詳細はコチラから
TOPICS
音盤&トーク Vol.12
次回開催が決定!

音盤トーク017

● Light Mellow 音盤&トーク
          Vol.12
@武蔵小山 カフェ・アゲイン

www.cafe-again.co.jp
●3月17日(土)
open:15:00 start 16:00
charge 1,500円

ハイエンドのレーザーターンテーブルで爆音AORを聴こう!
※上記画像は古いものです

執筆しました!

カシオペア特集12P執筆。

シリーズ初アナログ!

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(監修)
WORKS(解説)
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ