Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ sparkling☆night with 杉 真理

sparkling night_sugi
昨夜6月13日(火)は カナザワがトータル・プロデュースするグループ:sparkling☆cherry がホストを務める定例イベントsparkling☆night@下北沢440。今回のゲストは、何と大物:杉真理さん。先週のリハーサルでお会いしたのが、もう結構久しぶりだったのだけれど、相変わらずのニコヤカさで笑顔の再会。実はその後お風邪を召されて、声は本調子ではなかったのだけれど、それを吹き飛ばす勢いで音楽愛を振りまいてくれた。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #65 #66

george duke_brazilianmichael franks_blue pacific

A BRAZILIAN LOVE AFFAIR    BLUE PACIFIC / MICHAEL FRANKS
         / GEORGE DUKE

毎週明け早々にご案内しているTS-ONEのカナザ出演レギュラー・プログラム『PREMIUM ONE』。先週は更新できていなかったので、2週分のプレイリストをまとめてお届けします。

続きを読む

■ CAROLE KING(文藝別冊 KAWADE夢ムック)

carole king mook
実質的に1ヶ月以上空けて、久々の更新です。でもまだ怒涛の日々、続いております。おそらく7月頭まではこんな調子かと。それでも少し先が見えてきた、というか、超テンパリ状態を脱して、少しだけ気持ちに余裕が出たので、そろそろコチラも再開しないと、というわけで。初夏から秋ぐらいはライトメロウ的に “旬な季節” なので、この時期仕事が集中するのは仕方ない。今年は連休ごろから、毎日1本前後のペースでライナー書いている計算。もっとも廉価シリーズが多く、文字数が少ないからこそ、こなせている感じ。逆に言えば、5〜10年前の倍の仕事量をこなさないと、同じ稼ぎにはならない、という悲しい現実なのだな。でもそれだけ依頼が来ている、というのはとてもありがたいこと。 感謝です

続きを読む

■ PREMIUM ONE #64

kadomatsu_seayuko imai_airport

角松敏生『SEA IS A LADY』       今井優子『さよならを言わせて』

毎週明け早々にご案内しているTS-ONEのカナザ出演レギュラー・プログラム『PREMIUM ONE』。ブログ更新停止中に何度か更新が進みましたが、その時のオンエア・リストは後日アーカイヴしてご紹介するとして、まずは最新のプログラム更新情報。すでに月曜深夜から今週分がオンエアされています。今週は『SEA IS A LADY 2017』のリリース及びツアー開始に乗じての、角松敏生&周辺作特集。とはいえ、アナログ盤をレーザーターンテーブルの高音質でお届けする番組ですから、アナログ盤の出ていない『SEA IS A LADY 2017』はかけられない。…というワケで、30年前のオリジナル『SEA IS A LADY』をアナログ盤で掛けながら(実はちょっとレア) 、関連作をご紹介します。

続きを読む

■ OLE BORUD Japan Tour 2017

ole 2017

北欧からの若きAORレジェンド、オーレ・ブールード

絶賛来日公演中


丸の内コットン・クラブにて本日最終

この手の音が好きな方は、見逃すべからず。


Cotton Club 予約サイト

続きを読む

■ SEA IS A LADY 2017 / 角松敏生

kadomatsu_sea 2017
間もなく10日に発売される角松敏生のニュー・アルバム『SHE IS A LADY 2017』。皆さんより ひと足お先に楽しませて戴いてます。…とはいえ原稿締切追い込み中の身の上ゆえ、ジックリ対峙する時間は取れず、ながら聴きのサクッとした印象。もっとも87年のギター・インスト作『SHE IS A LADY』を、基本 同じアレンジでリメイクしたリ・レコーディング作なので、中身はたっぷり聴き馴染んだ曲ばかり。どこがどう変わったか、その解釈の違い、あるいはどれだけ演奏力・表現力が上向いたのか、まずはその辺りに耳がいく。

続きを読む

■ ORIGINAL DEMOS / BURT BACHARACH & TONIO K.

bacharack toniok
仕事尽くしで終わりそうな大型連休の最後は、少し前にサンプルが届いていた海外リリース物を一点。デヴィッド・フォスター・ソングブック『FLY AWAY』、トム・スノウやスティーヴン・ドーフといった職人ソングライターたちのデモ・トラック集を発掘・発表している スペインのインディ・レーベル:Contante & Sonante からの新作で、何とバート・バカラック&トニオ K. のオリジナル・デモ集である。この連休中、キャロル・キング、バリー・マン&シンシア・ワイルと解説を書いていて、そのタイミングでバカラックのデモ集が届くという、何だかビックリするようなスゴい展開に、少し慰められたりして…

続きを読む

■ SOUL & INSPIRATION / BARRY MANN

barry mann demo
ゴールデン・ウィークもいよいよ終盤。天気にも恵まれた大型連休だというのに、ひたすら家に籠って原稿書きという我が身… 送られてきた美女や風景の画像で心を癒し…、って、それじゃあチョッと悲しすぎるだろッ でも一方で仕事内容はとても充実していて。キャロル・キングのガイド本用アルバム・レビューに続いては、6月末に臨発予定のバリー・マン&シンシア・ワイル秘蔵デモ音源集の解説を書いている。

続きを読む

■ JOYRIDE / BROOKLYN DREAMS

brooklyn dreams_joyride
締め切りラッシュ絶賛継続中。まだオープンにしにくいのもあるので、今日は先日ご紹介したジミー・スフィーリスと同発された【Light Mellow's Choice】シリーズのブルックリン・ドリームス、3rdアルバム『JOY RIDE』を。日本では代表作とされる2nd『SLEEPLESS NIGHT』が10年に初CD化。少し遅れて英国で1st『BROOKLYN DREAMS』が復刻されたが、今回の3rdは初CD化。これで残るは、一番AOR色の強い4th『WON’T LET GO』だけになった。

続きを読む

■ SHONAN AOR - mixed by DJ OSSHY / Various Artists

shonan aor

トンネルを抜けると潮の香りがした…

ディスコ・リヴァイヴァルの立役者 DJ OSSHYによるAORノン・ストップ・ミックス第2弾『SHONAN AOR』。昨年の『TOKYO AOR』に続く、ご当地コレクション2作目でもある。前回の『TOKYO AOR』は、昨年カナザワが監修したAOR廉価再発シリーズ【AOR CITY 1000】とも連携していて、東京湾クルーズ:シンフォニーでの船上リリース・パーティにお呼ばれ。OSSHYさん、進行役のルーシー・ケントさんと共にトーク・ショーを行なった。

続きを読む

■ WRITER / CAROLE KING

carole king writer
ゴールデン・ウィーク後半戦? いえいえ、カナザワは全開で原稿執筆中です。いま取り掛かっているのは、キャロル・キングのカタログ・レビュー。この夏 帝国劇場で、キャロルの半生を彼女の名曲と共に描くミュージカル『ビューティフル』が上演されるが(キャロル役は水樹奈々/平原綾香のダブル・キャスト)、それに併せてムック本が発刊されるそうで、そこに書いて欲しいと飛び込みの依頼が来た。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #60

america_history AMERICA『HISTORY』 


今日は、毎週火曜日のご案内になったTS-ONEのカナザ出演レギュラー・プログラム『PREMIUM ONE』の更新情報。4月からスマホ・アプリの聴視エリアが全国に広がり、windows 8.1搭載のPCでもお聴き戴けるようになりました。今週はフリー・テーマながら、ちょっぴり5月の幕開けを意識したセレクトで。

続きを読む

■ PORT OF THE HEART / JIMMIE SPHEERIS

jimmie spheeris
あーあ、折角のゴールデン・ウィークなんだから、このジャケのようにゆったり波にたゆたうていたいわぁ〜。ついでに、プールサイドに美女でも控えていたなら、もう他に何もいらない… でも現実は、ほぼ例年通りに書きモノが集中。連休明けに多くの締切を抱え、5月上旬まで1日1本以上のハイペースでライナーノーツを書き上げていかないと…。でもストレスが溜まって頭がウニになると、一転して全然はかどらなくなるから、途中一日くらいは現実逃避しようかと…

続きを読む

■ W.4th st / かまやつひろし

st
拙監修でクリンク・レコードが展開しているアナログ7インチ・シングル再発シリーズ【Light Mellow 和モノ45】の最新リリースは、3月に天へ召されたムッシュこと かまやつひろしのシングルを2カ月連続の追悼リイシュー。今回の対象は、今はなきトリオ・レコードに残されたAOR〜シティ・ポップ路線の作品群から、まずは『WALK AGAIN』(78年)に収録されていた<W.4th St>と<レイニー・サタデイ・ナイト>のカップリングで。

続きを読む

■ ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 @TOKYO DOME / PAUL McCARTNEY

paul 2017

ポール・マッカートニー ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 東京ドーム2日目に足を運んだ。一応、来日のたびに1度は観ているが、ショーの内容的にはかなり満足。もっとも、個人的には動くポールを生で見られただけで大感動した初来日ステージの時の感激度を越えることはないのだけれど、こんなに頻繁に日本へ来てくれるなんて思わなんだ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND


10年ぶりの新装発売です。
ご協力お願いします
今井優子デビュー30周年記念 ミニアルバム・プロジェクト yuko_cloud
クラウドファンディング募集中 詳細は コチラから
残り半月です 厚きご支援お願いします。
今井優子 最新インタビューUP
Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■オリジナル再発■


Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ