Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ AGORA…+2・DEIXA O TREM SEGUIR+2 / IVAN LINS

ivan lins 1ivan lins 2

今日も引き続き、7月末に登場したユニバーサル・ミュージックの廉価盤シリーズ【初CD化&入手困難盤復活!! 〜ブラジルが生んだ秘蔵の名盤〈'50s~'00s〉】からで、今回の目玉的リイシューとなるイヴァン・リンスの初期2枚。71年のデビュー・アルバム『AGORA…(イヴァン・リンス登場+2)』と、2作目『DEIXA O TREM SEGUIR(汽車を見送りなよ+1)』で、日本では初CD化。このシリーズで問題となっているリマスターは、海外でCD化された時の02年マスターを使用。20年近く前とはいえ、リマスター技術が大きく進化した90年代後半以降のデジタル・リマスタリングなら、カナザワ的には充分 許容範囲にある。

続きを読む

■ JUNTOS / IVAN LINS

ivan lins_juntos

ユニバーサル・ミュージックの廉価盤シリーズ【初CD化&入手困難盤復活!! 〜ブラジルが生んだ秘蔵の名盤〈'50s~'00s〉】からのピックアップで、イヴァン・リンスが84年に発表した『JUNTOS』を。クインシー・ジョーンズが自分のアルバム『THE DUDE(愛のコリーダ)』や、プロデュースしたジョージ・ベンソン『GIVE ME THE NIGHT』、パティ・オースティン『EVERY HOME SHOULD HAVE ONE(ディライトの香り)』にイヴァンの曲を取り上げたのが、彼を名をインプットした最初で。

続きを読む

■ STORIES TO TELL:GREATEST HITS AND MORE / RICHARD MARX

richardmarx_stories 021

最近はニュー・アルバムが出ても、日本では完全スルーされてしまっているリチャード・マークス。でもヒットが多く、知名度が高いだけに、輸入盤はシッカリ流通するから、それでおおよそコトは足りると思う。でもレコード会社が勝手に組んでいる編集盤ならともかく、アーティスト自身がベスト盤を組んで連発している状況は、傍目にもあまりキモチ良いモノではない。しかも『STORIES TO TELL』というタイトルは、ある種 彼のベスト盤の定番タイトルになっていて、2010〜2011年あたりに同名ベスト盤が複数出ている。これが何ともヤヤこしくて、収録内容が確認できるまでオーダーを躊躇していた。

続きを読む

■ AUDIO 1985 / DOUG BRONS

doug brons 1985 jp

遅咲きながら、今のコンテンポラリー・ゴスペル・シーンで最も勢いある
ブルー・アイド・ソウル・シンガー、ダグ・ブロンズ。
日本デビュー盤からほぼ1年でキッチリ届いた通算3作目は、
迸るソウル・ヴォイスと疾走する80'Sサウンドが張り合う
熱きクロスポイント。  


続きを読む

■ ALL THINGS MUST PASS - 50th ANNIVERSARY - / GEORGE HARRISON

george_allthings

ジョージ・ハリスン『ALL THINGS MASU PASS』発売50周年記念のスーパー・デラックス・エディションCD5枚組+Blu-ray の国内盤。届いています。ご存知、元々3枚組の大作だけど、アナログ、初期の分厚いプラケCD、30周年リマスター、紙ジャケ、アップル・ボックスと、これで都合6組目。さすがに買うかどうか躊躇したが、マルチ・ミックス収録は初めてと言うことで、5.1chミックスを目的にゲットした。未発表曲テンコ盛りの拡張仕様としては、30周年盤以来2度目。その時、父ジョージをサポートしていたダニー・ハリスンがエグゼクティヴ・プロデューサーに。ミックスはビートルズ関連の常連エンジニア、ポール・ヒックス。

続きを読む

■ MIKE FINNIGAN passed away

mike finnigandfk finigan

マイク・フィニガンが逝った。個人的には、AOR界隈ではビル・チャンプリンに匹敵するほどのストロング・スタイルを持ったブルー・アイド・ソウル系シンガーだと思っていて。しかもオルガン奏者としては、ビルを凌ぐ実力派。ただしキャリアのほとんどを誰かのサポートやセッション活動に費やして、自らがスポットを浴びることはなかった。亡くなったのは、8月11日の朝、L.A.の病院で。死因は腎臓ガン。享年76歳だったという。

続きを読む

■ MADE IN NEW YORK / TANIA MARIA

tania maria_ny

今日もめっぽう暑かったので、ブラジル物で返り討ち!? 注目していた方も多いと思うが、ユニバーサル・ミュージックの恒例シリーズ【初CD化&入手困難盤復活!! 】に、『ブラジルが生んだ秘蔵の名盤〈'50s~'00s〉』が登場。7月下旬に100タイトルがCDでリイシューされたのだ。もちろん税込1,100円という廉価なので、自分の手元にないアイテムをごっそりオーダー。目玉は日本初CD化というイヴァン・リンスの1stと2ndで、当然それもゲットした。でもココではまず、個人的待望だったタニア・マリアの85年作『MADE IN NEW YORK』から。

続きを読む

■ VALE TUDO / SANDRA SA

sandra de sa

気温が40℃に届こうかという危険な猛暑。つまりは、クーラー効かせた部屋で大人しく仕事してなさい、という思し召しかと素直に従っているが、還暦超えにして基礎疾患アリ、でも未だワクチン打てずでは、何れにせよ必要最低限の外出しかできない。実は今週末に1回目の接種予定だったが、予約した医療機関のスタッフに陽性者が出たとかで(ワクチン打ってるだろうに!)、しばらく休診になると連絡がきた。当然 接種も延期で、こりゃー2度目が打てるのは、下手すりゃ10月近くになりそう。こういう業界にいると、知り合いの音楽関係者とか付き合いのある会社にコロナ患者が出た、なんてコトは今までにもあった。でも身近感は全くナシ。ところがこの第5波襲来では、自分の生活圏の身近なところに陽性者が出始め、いよいよ迫ってきた感が。物心ついてからというもの、風邪は引いてもインフルンエンザに罹患したことがないので、自分は免疫力が高いのか?と思っているが、果たして何事もなく過ごせるか…。

続きを読む

■ BRUCE CONTE(Ex-Guitarist of TOWER OF POWER) Passed away

topbruce conte 2

また訃報。タワー・オブ・パワーの全盛期を支えたギタリスト:ブルース・コンテが、現在の住まいであるフィリピンのセブ島で8日に死去した。12年に白血病であることが判明し、それを公表して治療資金を公募しながら闘病生活を送っていた。

続きを読む

■ 本日公開! 林哲司 × 売野雅勇 × 金澤寿和 シティ・ポップ対談 on BILLBOARD JAPAN

hayashi_interview

<対談インタビュー> 林哲司 × 売野雅勇 × 金澤寿和 
シティ・ポップの始まりと人気を集めた背景を紐解く


Billboard Japan のウェブページに、作曲家:林哲司さん、作詞家:売野雅勇さんという巨匠お2人とのスペシャル対談が掲載されました。
https://www.billboard-japan.com/special/detail/3270

続きを読む

■ 開催決定! LIVE Light Mellow Vol.4@こくみん共済 Coopホール / スペース・ゼロ

lightmellow04_A4omote_oll

決定しました。コロナ対策による昨年分の順延で、結果、今年2度目の開催となる LIVE Light Mellow Vol.4。場所も1〜2回目をやった新宿のこくみん共済Coopホール/スペース・ゼロ(旧・全労済ホール)に戻り、内容も元通り、入れ替えナシの2ステージ4アーティスト出演(+ハコバン)。もちろん、コロナ対策を講じての開催にはなりますが、お客様はもちろん、出演者・スタッフも満足できるような、楽しいイベントになるよう企画しています。入れ替え制だった前回はできなかった、アーティスト転換時の繋ぎ共演も、ぜひ復活させたいな。

続きを読む

■ JIMSAKU BEYOND / JIMSAKU - 神保彰 × 櫻井哲夫

jimsaku_beyond

神保彰と櫻井哲夫によるユニット:JIMSAKU(ジンサク)の結成30年記念アルバム。デュオ名義のリリースとしては、23〜4年ぶりになるのかな? 19年の神保還暦記念ライブに櫻井が出演し、21年ぶりにJIMSAKU復活。それを機にいろいろアイディアが出てきたみたいで、翌20年5月に『JIMSAKU 30thプロジェクト』がスタート。『JIMSAKU IN THE HOUSE』なるリモート・セッション動画が公開され、デビュー30周年記念日前夜の今年7月24日には、youtubeで『JIMSAKU IN THE STUDIO』が配信された。それに続いてのジンサクのシンサク(新作)リリースである。

続きを読む

■ ATOM HEART MOTHER - 原子心母・箱根アフロディーテ 50周年記念盤 - / PINK FLOYD

pink floyd_aphrodite 50

ピンク・フロイド『原子心母』の箱根アフロディーテ50周年記念盤、当然のように自分もフラゲしています。中身はCD+Blu-Rayの2枚組。アルバム自体は前回リマスターの流用らしく、目新しさは何もナシ。目的は遂に発見された、50年前のオリジナル・フィルムからのレストア映像。それと7インチ・シングル・サイズの紙ジャケと、アフロディーテにまつわる山盛りのメモラビリア、というコトになる。

続きを読む

■ SPACE-TIME / JEFF LORBER FUSION

jeff lorber fusion 021

近年のクロスオーヴァー/フュージョン・アクトで、最も安定した活動ぶりを見せているジェフ・ローバー。安定している、というのは、コンスタントにリリースを続けている、というコトだけに止まらず、充実した作品を出し続けている、という意味に於いても。特に2010年にジェフ・ローバー・フュージョンの名称を復活させてからは、11年で8枚目のアルバム。17年さく『PROTOTYPE』はグラミーにも輝いた。マイク・スターンとの共同名義だった前作『ELEVEN』からは、約2年弱のインターヴァルでの新作になる。

続きを読む

■ SUPER DRIVE / 郷ひろみ + Light Mellow city breeze from east 2001

hiromi go_superdrive (1)lm city breeze sony

この8月から、ようやく郷ひろみの音源がサブスク解禁となった。ココでの目的はもちろん79年作『SUPER DRIVE』。CDにはなっているけれど、ボックスに入っているだけで、単独リリースはナシ。レコード会社としてはバラでも出したいところなのに、マネージメントが許可しないらしい。ま、芸能界チックなところでは、よくあるパターン。でもシティ・ポップ・ファンにとっては、HIROMI GO自体は重要ではないワケで、まさに待望のサブスク解禁となる。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
●「真夜中のドア〜stay with me」をフィーチャーした松原みき×林哲司の全曲コンピレーション・アルバムが発売!●


解説を担当しています

●フュージョン・ライヴ名盤『CASINO LIGHTS』が、世界初2枚組仕様『CASINO LIGHTS TWINS:LEGENDARY LIVE AT MONTREAUX JAZZ FESTIVAL 1981』として復刻●

casino lights twins

カナザワ監修・解説
ブロク記事はこちら
商品詳細・ご予約はココから
※タワーレコード限定商品
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

Liner Notes
Light Mellow ANALOG
LIVE Light Mellow Vol.4
● 開催決定! LIVE Light Mellow Vol.4 ●

lightmellow04_A4omote_oll

2021年11月6日 (土) 16:00/16:30
こくみん共済coopホール スペース・ゼロ
【出演】ブレッド&バター
芳野藤丸 feat. SHŌGUN
paris match
ジャンク フジヤマ
SPARKLING☆CHERRY
【料金】 6,800円(税込)
詳細はこちらから
Light Mellow 和モノ45
LM和モノ45_logo
●8/28(土)開催 CITY POP on VINYL 2021 に7インチ・シングル5枚をエントリー●


LMDU-0017LMDU-0018super pumpkinLMDU-0020LMDU-0021
■マザーグース『貿易風にさらされて single ver / album ver』
■大橋純子『テレフォン・ナンバー / ブックエンド』
■ スーパー・パンプキン『カリプソ・レディ / フレッシュ・レモネード』
■井上忠夫『ビロード色の午後 / DANCING SHADOWS』
■ ジャンク フジヤマ『SPARKLE / 秘密』

詳細・購入はコチラから

CITY POP on VINYL 公式サイト
AOR Light Mellow Premium
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
大好評発売中
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

Recent Comments
Article Serch
Archives