Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ LIVE IN JAPAN / DANNY KORTCHMAR and IMMEDIATE FAMILY

danny kortchmar live

来年のAOR系悪巧みのため、午後から銀座のインド料理屋で濃ゆ〜いミーティング。春前に、面白いエイジレスなAORイベントが組めるとイイな。他の首謀者はまだ伏せておくけど、ダサ帯話やCCM話、中古盤屋巡りの秘話などは、きっと飛び出してくるでしょう(これだけでで分かる人には分かるな…)MTG後、首謀者の一人と連れ立って新宿某所のレコ屋に出向いたが、美品のAOR中古盤のポップに「ダサ帯付き」と書かれていて、思わず吹いた…

続きを読む

■ THE LOST TAPES / VALERIE CARTER

valerie carter_lost

西海岸のミュージシャンたちからマスコットのように愛され、その筋の音楽ファンからは友人のように親しまれたヴァレリー・カーター。近年は実質的引退状態にあったが、17年3月に急逝。彼女の自宅や友人宅、親しかったジャクソン・ブラウンの倉庫などから発掘された未発表音源をまとめてリリースされたのが、本作『LOST TAPES』である。

続きを読む

■ Light Mellow Summit @新宿カブキラウンジ

lightmellow summit

年内最後の Light Mellow Summit にてゲストDJ。足をお運びいただいた皆さま、どうもありがとうございました。特に今回は、韓国のシティ・ポップ・フリークが遊びに来てくれてビックリ。和モノ本を手にサインまで求められちゃって、驚きました。今回のセレクトは、定番曲とシングルが多めです。

続きを読む

■ sparkling☆cherry 『Sparkling☆Night Vol.27』@下北沢440

spa_chery.27

我らが sparkling☆cherry、年内ラスト・ライヴ@下北沢440。これまでにもメンバー・チェンジを乗り越えてきた連中だが、今回は27回目にしてレギュラー・ドラマーの西村が諸事情で急遽欠席。でもタダでは転ばぬのが不思議なトコロで、何とベテラン・セッション・ドラマーの宮崎まさひろさんをトラに迎えてしまった。もちろんその間には、何かとお世話になっている濱田金吾さんのご尽力あっての賜物なのだけど…。でも故・村田和人さんといい、杉真理さん、伊藤銀次さんといい、ホントみなさんスパ・チェリに目を掛けてくださって、ありがたい限りである。

続きを読む

■ KING CRIMSON - Uncertain Times Japan Tour 2018 @渋谷オーチャードホール

king-crimson-2018-flyer

いつもはAORだシティポップスだ、と言っていても、自分のルーツはビートルズと70年代ロック。特にプログレ系の大御所バンドが来日するとなれば、足を運ばずにはいられない。…というワケで、1ヶ月近くを費やして、くまなくジャパン・ツアーを展開しているキング・クリムゾンの東京7日目最終公演へ。実は11月の方でチケットを確保していたが、諸事情により(当ブログのレギュラー的お客様はご存知ですよね?)、この追加公演を買い直した。席は若干悪くなったけど、それでも1階席PAのやや後ろを確保できたのでラッキー クリムゾンは3年前のツアーも同じオーチャードホールで観戦したけれど、圧倒されて、よく分からないうちに終わってしまった感があった(2015.12.7.の Live Review) そこで今回は、前回以上に近年のライヴ盤で予習しつつ…。


続きを読む

■ STARGAZER / GORDON MICHAELS

gordon michaels

仕事が落ち着いたココ何日か、ダラダタと仕事部屋の大掃除をしている。「わぁー、早い」と宣うこと勿れ。実は1年遅れ、去年の暮れの大掃除を今になってやっているのだ。去年の今頃はいろいろドタバタしていて何もできず、→年が明けてから→確定申告終わってから→ゴールデン・ウィークに→盆休みにでも→秋に仕事が落ち着いたら→で、いま2年分をまとめてやっている次第 デスクの周りに山積みになっていた数百枚のCDはジャンル別に仕分けが終わり、ラックへの収納待ち。2年近く溜まってた紙資料類も、必要なモノだけ残して処分した。去年からやりたかったデスク下のラグはニトリで購入した新品に交換済み。1年以上前に壊れたまま食卓の椅子で代用していたワーキング・チェアもオーダーした。あとはデスク周りを片付けてから、2年越しの懸案、PCの入れ替えをそろそろ。9年近く使っているので、いよいよ動作が危険な感じなのよ… さて自分はスッキリきれいな仕事場で新年を迎えられるのか あとチョッと小ぶりなCDラックも買って来なきゃ とにかく今はゴミがいっぱい詰まったポリ袋に囲まれているワケなのだ

続きを読む

■ A COLLECTION OF SHORT DREAMS / DAVE LEWIS

dave lewis

韓国再発レーベルBig Pinkでの待望の世界初CD化が、VIVID SOUNDで展開している【Light Mellow's Choice】で国内流通実現。デイヴ・ルイスといえば、"英国のザ・バンド” と称されるアンドウェラを率いたシンガー・ソングライターだから、UKスワンプのファンは彼がAORと呼ばれることに違和感を覚えるだろう。でもクリス・レインボーやジョン・マイルズがAORでOKなら、このデイヴ・ルイスだって!と思う。

続きを読む

■ WATER / ALESSI BROTHERS

alessi_water

これもご紹介が遅れたネタ。<Oh Lori>や<All For The Reason>といったヒット曲で知られる美形双子デュオ:アレッシー(ブラザーズ)の、2018年最新作。ディスクユニオンのThink! レーベルから、拙執筆によるライナー付きの輸入盤国内仕様で、9月にリリースされている。

続きを読む

■ LIFE AFTER ROMANCE +5 / NED DOHENY

ned_life after romance

昨今のネッド・ドヒニー人気にあやかって、今は入手困難になっているネッドの88年カムバック作『LIFE AFTER ROMANCE』を、拙監修【Light Mellow Searches】で紙ジャケ復刻。アナログ盤は激レアで、オークション市場でも高嶺の花だけど、中古CDは珍しくないので逡巡したが、『HARD CANDY』や『PRONE』の再発、Numero盤『SEPARATE OCEANS』のリリース、10年の自主制作盤『THE DARKNESS BEYOND THE FIRE』の日本オフィシャル・リリースなどが相次ぎ、若いファンも増えている最中なので、これもアリだと。もちろん前回リイシュー時のボーナス・トラック5曲は、そのまま収録されている。

続きを読む

■ CITY VIBRATION / SPECIAL JAM COMPANY with 酒井俊

special jam co (1)

スペシャル・ジャム・カンパニー with 酒井俊 のワン&オンリー作、【Light Mellow和モノ】括りで個人的待望の初CD化実現 拙監修のディスク・ガイドには以前からシッカリ掲載していたが、アルバム自体が珍しいからか、あまり話題にならずにココまで来てしまった。でもクロスオーヴァー好きにはマストな内容だし、グループの出自を知れば、シティ・ポップ・ファンが興味を持つこと請け合い。大袈裟に言ってしまえば、デビュー前の竹内まりやが歌っていたことで知られる『LOFT SESSIONS vol.1』の裏作品、としたって過言ではないかも…

続きを読む

■ 尾崎亜美 Christmas Concert 2018

amii ozaki_60

紙ジャケット再発を監修したり、Light Mellowコンピを組んだりと、いろいろとご縁のある尾崎亜美さんライヴ@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール に足を運んだ。メンバーは配偶者でもある小原礼(b)以下、鈴木茂(g)、屋敷豪太(ds)、是永巧一(g)、斉藤勇太(kyd)、Aisa(cho/ac-g)という豪華メンバー。先日の小坂忠イベントにも参加していた亜美さんなので、お久しぶり感はまったくないけれど、やはり自分のソロ・ライヴではキャピキャピの亜美さんモード全開になる


続きを読む

■ IF I HAD MY WAY / NANCY WILSON

nancy wilson_97

米の大御所ジャズ・シンガーであるナンシー・ウィルソンが、13日、米西部カリフォルニア州の自宅で死去。死因は明らかではないが、長きに渡って闘病生活を送っていたという。50年代後半から本格的に歌い始め、60年にデビュー。約70枚のアルバムを遺し、グラミーも3度受賞している。享年 81歳。

続きを読む

■ FLUORESCENT LAMP+2・PLAY ROOM / 二名敦子

nina_lamp (1)nina_playroom

復帰後は小さいながらもコンスタントなライヴ活動を続けている二名敦子のカタログ2作が、先月・今月で相次いで復刻。どちらも初モノではないけれど、彼女の旧作リイシュー(早川英梨名義含め)のピークは13〜14年だったから、もう4〜5年は経っているワケで。それが今またこのように、偶然にも復刻が相次ぐ。これはやはり彼女の人気の根強さと、現在進行形であるコトの強みだろう。『FLUORESCENT LAMP』の方には、何と新録曲のボーナス・トラックも入っているし…

続きを読む

■ やまがたすみこ Light Mellow Years 5作リイシュー

yamagata_emeraldyamagata_flyingyamagata_suumershadeyamagata_orgelyamagata_raibow

これもご紹介が遅くなりました。70年代に活躍した女性シンガー・シングライターで、現在は かの井上鑑夫人としても知られている やまがたすみこ。彼女のシティポップ期5作品を、拙監修【Light Mellow 和モノ】シリーズの一環として、11月末に復刻させて戴いている。いずれも2018年最新リマスタリングで、紙ジャケット仕様。初CD化ではないものの、ボーナス・トラックは時系列に沿って再構築し、レア音源も収めている。しかも解説は、ご本人へのインタビューを元に執筆。これまでの再発は、外部ライセンスなどが入り乱れていて統制が取れていない面があったから、今回の5作に関しては、まさしく決定版と言ってイイだろう。

続きを読む

■ HAPPY XMAS / ERIC CLAPTON

clapton_x'mas
有楽町〜日比谷界隈で空き時間ができたので、エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画『LIFE IN 12 BARS』を観賞。クイーン『BOHEMIAN RHAPSODY』の影に隠れがちだけれど、これも音楽映画としてイイ出来。『UNPLUGGED』以降の比較的若い音楽ファンがクラプトンを知るには、格好の作品だと思う。ただ『461 OCEAN BOULVARD』からリアルタイムで接してきたオールド・ファンには驚くような新しい発見はなく、そこはちょっとガッカリ。クリームとビートルズ、ストーンズの時系列的並び、すなわちクラプトンのこの時にビートルズはこういう状況だった、という再認識事項はあったが…。個人的に一番興味深かったのは、『LAYLA』の制作ドキュメント。ただクラプトンにしろフレディ・マーキュリーにしろ、この当時のロック・ミュージシャンって、自堕落な時期があってこそドラマが生まれるのであって…。レコード会社やマネージメントの管理下でソツのない音楽活動をしている昨今のミュージシャンじゃ、こういう映画は作れんな

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
TOTO来日記念のイベント決定

Light Mellow presents
音盤&トーク・ライヴ Vol.14
TOTOのアナログ盤をハイエンド・オーディオで聴く
lightmellowイベント201902-9ol

3月1日(金)19:00/19:30
@神保町 楽器カフェ
詳細はこちら
ご参加お待ちしてます!

スティーヴ・ルカサー 初の自伝
『福音書(THE GOSPEL)』
巻末の解説を執筆しました。

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

WORKS - Compliation
Groovyなコンピ 組みました

WORKS - 解説

Recent Comments
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
カナザワ監修シティポップ`再発

◆やまがたすみこ◆

◆ 伊東ゆかり ◆
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 二名敦子 ◆
Fluorescent Lamp (+2)
nina_lamp
タワーレコード限定
ご購入はこちら
Light Mellow 和モノ on CLINK
◆二名敦子 紙ジャケ復刻 1st album『PLAYROOM〜戯れ』 nina_playroom

詳細・ご購入は…


◆サーカス 幻のデビュー曲 7inch『月夜の晩には』 circus_tsukiyo

詳細・ご購入は…


◆Special Jam Company with 酒井俊 album CITY VIBRATION special jam co

詳細・ご購入は…


7inch Indian Summer
special jam co_7

詳細・ご購入は…

Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ