Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ NATHAN EAST VIP ファンミーティング Vol.2

nathan east 2
ネイザン・イーストの Billboard Live Tokyo 2daysを明日・明後日に控え、銀座ヤマハで開催された『VIP ファンミーティング Vol.2』に潜入してきた。カナザワはBillboard 公演に行くつもりでスケジュールを調整していたが、ある筋からこのイベントへのお誘いアリで。実は前回公演も、その前のサマーソニック出演も見ているので、この貴重なイベントを見られるなら今回はそれでイイかと。結局、佐藤竹善がゲスト出演する日は、都合がつかなかったのよ。

続きを読む

■ BACK TOGETHER AGAIN / LARRY CORYELL - ALPHONSE MOUZON

coryell mouzon
SNSで盛んに枕に使われている “フュージョンのゴッドファーザー” というセリフにあまり覚えはないのだが、確実にフュージョン〜ジャズ・ロック系ギタリストの始祖の一人であるラリー・コリエルが、2月19日、ニューヨーク市のホテルの一室で亡くなった。週末にニューヨーク市にあるイリジウム・ジャズ・クラブで2公演を終えたばかりで、パブリシストの声明によると、睡眠中に老衰で亡くなったという。享年73歳。

続きを読む

■ 冨田ラボ LIVE 2017@恵比寿LIQUIDROOM

tomita lab_superfine
冨田ラボ LIVE 2017@ 恵比寿LIQUIDROOM に参戦。最新アルバム『SUPERFINE』に参加したシンガーから、AKIO、安部勇磨(never young beach)、城戸あき子(CICADA)、坂本真綾、眈訃淑拭cero)、藤原さくらが出演。更に『SUPERFINE』前哨戦とも言えそうな重要プロデュース作『LUSH』のbirdがゲスト。バック・メンバーには、冨田恵一(kyd,g)以下、 平 陸(ds)、鈴木正人 (B/Little Creatures)、樋口直彦 (g)、Meg / ツヤトモヒコ (cho)らが顔を揃えた。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #50

aretha_fillmore LIVE AT FILLMORE WEST
                            / ARETHA FRANKLIN


   
今日は週明け恒例、カナザワがレギュラー出演しているデジタル・ラジオ:TS-ONE『PREMIUM ONE』のプレイリストご紹介。2月も残り少なくなってきたので、「寒いうちに心が熱くなるソウル特集を!」とのリクエストが、相棒のエルプ竹内氏から。そこで今回は、60~70年代のソウル/R&Bばかりの1時間。もうする開局から1年になるけど、この辺りはスティーヴィー・ワンダーとかダニー・ハザウェイを選曲した程度で、今まであまり積極的に紹介してこなかった。なのでコレは良い機会ではないかと。

続きを読む

■ DON'T LET GO / BEN SIDRAN

ben sidran_74
ジェームス・ブラウンの全盛期を支えた名ファンク・ドラマー:クライド・スタッブルフィールドが、2月18日、腎不全のため死去した。享年73歳。彼がJ.B.のバンドにいたのは60年代後半〜70年代初頭までだが、ジョン・ジャボ・スタークスとのコンビネーションが強烈だったためか、ファンク・ドラムの代名詞的存在となっていた。とりわけ<Funky Drummer>のプレイは、Run-DMCやビースティ・ボーイズ、パブリック・エネミー、ドクター・ドレ、LLクールJ.ら錚々たるアーティストにサンプル使用され、ヒップホップ・シーンに多大なる影響を与えている。

続きを読む

■ CROSSOVER TO BRANDYE / BRANDYE

brandy
昨日のポストでベティ・ライトを書いていて思い出したのが、昨年10月に初CD化されたブランディ。90年代に活躍した女性R&Bシンガーの方じゃなく、T.K.レーベル傘下のKayvetteから78年にデビューし、アルバム1枚でアッサリ消えた女性3人組のヴォーカル・グループね。先週(山下)達郎さんが Sunday Songbookでオンエアしてました。

続きを読む

■ BETTY WRIGHT / BETTY WRIGHT

betty wright
<Clean Up Woman>のヒットで知られ、昨今ではジョス・ストーンのデビューにも手を貸すなどして再び存在感を高めているマイアミのソウル・ディーヴァ、ベティ・ライト。<Clean Up Woman>をレコーディングした時はまだ弱冠17歳で、そこから数年間は順調なキャリアを送っていたが、彼女が所属するレーベル:Alstonの親会社でマイアミ・ソウルの本拠T.K. Recordsが放蕩経営に沈むと、大手エピックへの移籍を余儀なくされた。最近になって以前のマイアミ時代の初期作復刻が進む中、ようやくエピックで80年代初頭にリリースした2作品が初CD化となっている。

続きを読む

■ PREMIUM ONE #49

yoninbayashi_golden GOLDEN PICNICS / 四人囃子

今週は遅ればせながらの、TS-ONEプログラム『PREMIUM ONE』のプレイリストご紹介。すでにオンエアは週末を残すだけですが…。このところ、ビートルズ、ストーンズ、ヴァレンタイン・デイなど洋楽系の特集が続いていたので、今週は和モノで固めました。

続きを読む

■ 本気でAOR NIGHT ツアー2017

aor shirt
3日遅れのライヴ・レポートは、13日(月)『本気でAOR NIGHT ツアー2017』@目黒Blues Alley Japan 2nd show。このブルースアレイを拠点にして、14年からスタートしたこのプロジェクト。カナザワが足を運んだのは、サックスの竹上さんにお誘いいただいて以来、これが2度目になる。
続きを読む

■ 第59回グラミー賞授賞式

adele 25 25/ADELE

昨日発表された第59回グラミー賞。主要4部門のうち新人賞を除く3部門、すなわち最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞を、アデルの『25』及び<Hello>が独占した。彼女は他にも最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムを獲得し、計5冠。9部門ノミネートのビヨンセは、「最優秀アルバム賞を獲るのでは?」という下馬評が高かったが、結局、最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムなど2冠にとどまった。

続きを読む

■ BREAKIN' AWAY / AL JARREAU

al jarreau_breakin'_2
週明け月曜日だというのに、なんとも目まぐるしく、気持ちのアップダウンが激しい日だった。あらかじめの予定は、グラミーの中継を見て、夜はライヴ。細かい書きモノの締切もいくつか抱えているので、外出前にそれを片付けて…、なんて算段していたのに、起き抜けでPCを開いた途端、衝撃に見舞われた。アル・ジャロウ、L.A.の病院で死去…。

続きを読む

■ JENNIFER WARNES + SHOT THROUGH THE HEART / JENNIFER WARNES

jennifer warnes
知性溢れるメガネ美人、ジェニファー・ウォーンズのアリスタ期2作(70年代後半)が、英BGOから21in1でリイシューされた。79年作『SHOT THROUGH THE HEART』は以前からCDで再発されていたが、76年の『JENNIFER WARNES』は何と待望の世界初CD化となる。

続きを読む

■ THIN RED LINE / THE CRETONES

cretones
80年前後のカリフォルニア〜L.A.を、ニュー・ウェイヴ色豊かなロックン・ロールで染め上げた男、マーク・ゴールデンバーグ。そのマークが率いた4人組ザ・クリトーンズの1stアルバムが、遅かりし初CD化となった。当時の国内盤の邦題は、『激愛そしてモダン・ロマンス』。もちろんリンダ・ロンシュタットの80年作『MAD LOVE(激愛)』にちなんでのモノで、典型的なカリフォルニアの歌姫だった彼女をマークが過激に変身させた、と話題になったのである。

続きを読む

■ HEART'S HORIZON - Deluxe Edition - / AL JARREAU

al jarreau_heart horizon
少し前にアニタ・ベイカーが引退表明したと思ったら、今度はアレサ・フランクリンがライヴ活動から退くことを発表。デトロイトのTV番組に出演した際に、「今年は私の最後の年になることでしょう。レコーディングは続けるでしょうけど、コンサートを行うのは今年が最後」と語ったそうだ。アレサは間もなく75歳、これまでにも何度かドクター・ストップが掛かってライヴをキャンセルしている。ひとまずは、スティーヴィー・ワンダーもプロデューサーとして関わっている新作が近々リリースされるそうだ。

続きを読む

■ GUESS WHO? / Nulbarich

nulbarich
昨日のポストで Suchmos を書いたら、予想外にたくさんのアクセスを頂き、ちょっとビックリ。やっぱり旬なアーティストについて書くと、一見さんが増えるのかしらね? もちろんそれはそれで嬉しく有難いコト。だけど自分の願いとしては、ココの常連さんだけど若いアーティストは聴かずにスルー、という人たちにこそ、ちゃんと耳を傾けてほしいと思っている。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
PROGRAM
ts one logo
高音質デジタルラジオ TS-ONEで【PREMIUM ONE】にレギュラー出演中。レーザー・ターンテーブルでアナログ盤を掛け倒すマニアックな音楽番組です。週1回更新で毎日オンエア。

当ブログ内番組プレイリスト
週間タイムテーブル
●スマホ、PCで聴取可能
TS−ONE official site
●番組マガジン、トークルーム
Premium One 番組サイト
EVENT
CITY POP CONNECTION

citypop conection
アーバンでディスコでファンキーな和モノ・イベント
■ 5月12日(金)19:30 Start
@新宿カブキラウンジ
ADV: 1500円 AT DOOR: 2000円 w/1Drink
【DJs】金澤寿和 /清水郷 /池上尚志【Guest】脇田もなり
詳細はコチラ

Light Mellow音盤&トーク・ライヴ Vol.9
音盤トーク017
5月14日(日)
武蔵小山カフェアゲイン
open 15:00 start 16:00
charge ¥1,500-
レーザーターンテーブルを使って爆音でAORを聴くイベントです。
詳細・予約はカフェ・アゲインまで。
Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND


Light Mellow Searches
  カナザワ監修シリーズ
  from P-ヴァイン


WORKS(解説)
milky way
MILKY WAY / Summertime Love Song(analog reissue)
タワーレコード限定

Recent Comments
TOPICS
寄稿しました!

記念企画『レココレ読者が絶対に聴くべき21世の名盤』に寄稿しました。

『Take a Trip』presented by Light Mellow
take a trip

都市生活者の日常をプレミアムな旅空間へと誘うカナザワ選曲のコンピレーション。タワーレコード限定発売
作品詳細はコチラから。
タワーレコード特設ページ/お求めはコチラ。


オーレ・ブールード再来日決定
special_ole
@丸の内 COTTON CLUB
絶賛予約受付中
AORファンは見逃すべからず
詳細はコチラへ
Tower to the People × Light Mellow's Picks
■監修・解説しました■
黒住憲五 アナログ復刻

Again_TWJP90_JKStill_TWJP91_JK
LVm(Laser Vinyl master)なる新方式でのアナログ復刻です。要注目。
タワーレコード限定発売。
『AGAIN』 『STILL』
Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■Light Mellow 和モノ45■
■ I LOVE TALKIN' ' BOUT BABY / 酒井俊
shun sakai_7

■ シルバーレイン / 宮本典子mimi_silver rain

芽瑠璃堂 特設ページ
※タワーレコード、Disk Union でもお求めになれます。

■オリジナル再発■


Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ