Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ DON'T LOOK ANY FURTHER / DENNIS EDWARDS

dennis edwards

あぁ〜、また訃報が立て続けに2本。一緒にまとめてしまうには大物すぎるというか、カナザワ的に思い入れが深いので、2本に分けてポストしよう。まず3日早朝に届いた訃報は、元テンプテーションズのリード・シンガー、デニス・エドワーズのもの。2月1日に、ツアー中のシカゴの病院で死去した。享年74歳。2日後に75歳の誕生日を控えていた。

続きを読む

■ 濱田金吾 with PARADIGM SHIFT @曙橋 Back in Town

kingo hamada_best
濱田金吾 with PARADIGM SHIFT @曙橋 Back in Town に参戦。金吾さんライヴは、昨年夏頃から3度目になる。前2回は8月に逗子で開催されたイベント【No End Summer】にご出演いただくため(カナザワもMC/DJなどで出演)、そのご挨拶も兼ねて、同じBack in Town でジャズ・セットのライヴを観たのと、次いで【No End Summer】の本番。そして今回は、今月15日に行われる 我らが sprakling☆cherryの定例イベント:sparkling☆nightのゲストに出ていただくので、そのメンバーと共に再度ご挨拶、という感じで。実は00年代半ば頃、金吾さんがライヴ活動を再開して間もない頃に時々足を運んでいたのだが、その後はしばらく疎遠になり、facebookでの繋がりを経て、昨年のライヴが久しぶりの再会だった。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.1 情報解禁!

live_lightmellow

前にチラリとお話しした、カナザワ監修のライヴ・イベント ついに決定。本日、正式発表/情報解禁となりました。名付けて『LIVE Light Mellow Vol.1』。詳細は以下になります。

☆ LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)全労災ホール/スペースゼロ (新宿駅南口より徒歩5分)
 open 16:30  star 17:00 6,000円(税込) 全席指定
《出演》伊藤銀次 杉真理 サーカス 庄野真代
《演奏》SPARKLING☆CHERRY

続きを読む

■ GOLDEN DAYS / MAMAS GUN

mamas gun_golden

3年ぶりのニュー・アルバム『GOLDEN DAYS』を年末にドロップしたママズ・ガンを、 Billboard Live 1st show で。ママズ・ガンは、09年にデビューした、UKのモダン・ブルー・アイド・ソウル・グループ5人組。イメージ的にはマルーン5あたりに近いのに、今ひとつ、人気が盛り上がらない。いや、デビュー盤『ROUTES OF RICHES』から<House On A Hill>がFMでヘヴィ・ローテーションになったりはしていたけれど、それが長続きせず、何だかとてももったいないコトになってしまっている印象なのだ。

続きを読む

■ FLEETWOOD MAC - Deluxe Edition - / FLEETWOOD MAC

fleetwood mac_75

フリートウッド・マックの75年作『FLEETWOOD MAC(邦題:ファンタスティック・マック)』の2018年リマスター/エクスパンデッド・エディションを、ようやく。国内盤が出たのは、通常盤とアーリー・ヴァージョン入りの2枚組だけなので、カナザワはライヴとサラウンド・ミックス、アナログ盤が追加された輸入盤の限定5枚組デラックス・エディションを購入。だって最大の目的は、5.1chミックスだからね。逆にアナログは、オリジナル国内盤を持っているので要らんのだが… 

続きを読む

■ THE 24TH STREET BAND・SHARE YOUR DREAMS / 24丁目バンド

24th street band_124th street band_2

早朝に家を出て、JR特急で八ヶ岳の麓へ。そこにある隠れ家的レストランに招待され、某プロデューサー&スタッフの方と絶品イタリアンを囲んできた。その皆さんが写したデヴィッド・フォスターやジェイ・グレイドン、ジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ルカサー、マイケル・ランドゥ、ラリー・カールトン、ネイザン・イースト、ボブ・ジェームス等などの、80年初頭〜90年代頃のプライヴェート・ショットの数々を見て、静かに興奮 夕方には東京へ戻る慌ただしさだったが、自分じゃなかなか行けないので、プチ旅行気分でリラックスできた。真っ昼間からのワインも メチャ美味でした

続きを読む

■ 第60回グラミー授賞式

bruno mars_24k

ヒップホップ勢優勢、主要部門をヒッツホップが独占か!?などと、そちら方面からの期待が高まっていた第60回グラミー賞。終わってみれば、ブルーノ・マーズのスウィープ(圧勝)という、ある意味順当な結果に。ブルーノはノミネート全6部門中、最優秀レコード、最優秀アルバム、最優秀ソングの主要3部門を含む全部門で受賞をさらった。新人賞は前評判が高かったシザではなく、アリシア・カーラに。ラッパー:ジェイZは最多の8部門にノミネートながら無冠に。同じくラップ/ヒップホップの人気者ケンドリック・ラマーは5部門を獲得し、明暗を分けた。

続きを読む

■ EPO × 佐橋佳幸 × 清水信之 "おとな文化祭" @ Billboard Live Tokyo

epo 3

1970年代も終わろうとする頃、世田谷の都立松原高校に三つの才能が奇蹟的な出会いをした。先輩のノブさん(清水信之)、佐藤永子(EPO)、そして後輩サハシ(佐橋佳幸)。普通の都立高校にこれだけの才能が同時期に集うということも奇蹟だが、40年を経た今もそれぞれが第一線で活躍をし続けているというのも奇蹟そのものと言える。この3人が再び出会い、新たな物語を紡ぎ始めた。

続きを読む

■ WILD-EYED SOUTHERN BOYS・SPECIAL FORCES / 38 SPECIAL

38special_southern boys38special_special forces
70年代末〜80年代前半に全米チャートでヒットを連発した38スペシャル。この度、A&Mレコード在籍時の10作品(ベスト盤含む)が、紙ジャケットで一気にリイシューされた。最近の洋楽シーンは廉価による大型再発シリーズが目立ち、アーティスト単位で見ると、代表作が2〜3枚ピックアップされるだけなのが常。気に入ったアーティストはカタログを揃えて音楽的変遷を辿りたいカナザワとしては、コスパの良さを嬉しく思う一方で、少々物足りなさも感じていた。それだけに、こうしてアーティスト単位のリイシューを続けてくれるのは、実にありがたい。

続きを読む

■ TIM TREFFERS @ 中目黒 FJ's

Tim Treffers Carnival of life albumcovertim treffers
我が【Light Mellow Searches】@P-VINEで日本リリースしている次世代のオトナ系ポップ・シンガー:ティム・トレファーズの日本初ライヴ@中目黒FJ's へ足を運んだ。このライヴは、インディーズ・シーンで精力的に活躍しているシンガー・ソングライター:ミムラス内藤彰子さんが、旅行で訪れたオランダのカルチャーに感動。そのタイミングで日本デビューしたオランダの若き才能ティムとの交流が生まれ、制作中だった彼女のアルバム『SQUAME』でコラボレイトが実現。その延長として日本でのジョイント・ツアーを企画し、クラウド・ファンディングで資金を募り、ココに実現させたものである。

続きを読む

■ GROUP 87

group 87

昨年11月に2度に分けてリイシューされたソニー【Crossover & Fusion Collection 1000】2ndシーズンの計100タイトル。全ラインナップをチェックしたければ、コチラのサイトをご参照頂きたいが、メジャーらしく知名度の高い大物たちが居並ぶ中に、いくつか「?」なアーティストがいる。廉価なので購入のチャンスなのに、正体が分からなけりゃ、そりゃースルーされるよな。おそらくその筆頭のひとつが、このグループ87だろう。もっともカナザワは、00年にUSで初CD化された時に、嬉々としてゲットしたクチ。リイシューはそれ以来で、日本ではもちろん初CD化になる。

続きを読む

■ TARIKA BLUE

tarika blue

新人女性シンガーのライヴへお誘いを受けていたところ、仲良くして戴いてる某作曲家の先生から久しぶりにお声が掛かり、電車で代々木方面へ。まだ雪も溶けきらぬ街へ出たが、昨日1時間半近く、気合い入れて雪掻きした影響で腰回りに痛みが… 最近それなりに身体を動かしていたものの、さすがに今回はちょっとロボットみたいな歩き方になっている。カクカク…

続きを読む

■ RECONSTRUCTION / HUGH MASEKELA

hugh masekela_reconstruction

朝起きたら、案の定、世の中真っ白。ニュースじゃ積雪20cmちょっとで4年前より少ない、なんて宣っているが、家の車庫前を雪掻きすべく物置へスコップを取りに行ったら、我が家の庭じゃ膝のチョイ下まで潜ってしまった。こりゃ25cmは越えてそうぢゃん…って、単にオレの足が短いだけですか…

続きを読む

■ ORANGE SKY, ENDLESS SUMMER / 小林泉美 & FLYING MIMI BAND

flying mimi band
朝から雪がチラついて、午後から本降り 世間は大変そうだけど、自分にはちょうど良かったかも。この週末ほとんど原稿執筆できなかったので、先送りしていた某音専誌のシティ・ポップス特集のレビューをやっつけるべく、ただただ家に引き籠って音とPCに向かっていたから…。外はシンシンと雪が積もっていても、仕事部屋はヌクヌクを通り過ぎ、ちょっぴりトロピカル・ムードだったりして…

続きを読む

■ 芳野藤丸 & RESPECT MUSICIANS @Blues Alley Japan

21_n

朝〜昼まで急逝した叔父を見送り、一旦家に戻ったものの、仕事に手をつける間もないまま、芳野藤丸ライヴ@Blues Alley Japanへ。フライヤーの掲載通り参加メンバーが豪華で、しかも藤丸さんご自身を始め、個人的に知り合いのミュージシャンが多数。これは絶対観に行かねば、と…。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
選曲監修最新作!


執筆しました!

LIVE light Mellow
カナザワ企画監修
ライヴイベント開催!
live_lightmellow

LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)16:30/17:00
  全労災ホール スペースゼロ
《出演》伊藤銀次 杉真理
    サーカス 庄野真代 《演奏》sparkling☆cherry
詳細はコチラから
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)
WORKS(監修)
シリーズ初アナログ!

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ