Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ SUNSHINE

sunshine

レア・グルーヴ〜フリーソウルの音脈で発掘されたハッピー気分満載のレア盤が、韓国プレスで初CD化。年末押し迫ってから国内仕様盤でも流通し始めたので、忘れないうちに紹介しておこう。元々の発売元はジャズ系の名門ルーレット、リリースも77年ということで、チープな自主制作盤ではなく、シッカリした作り。でもその音はアコースティック・テイストで、適度な風通しの良さがあり、何ともオーガニックで心地良い。

続きを読む

■ A ROCK AND ROLL ALTERNATIVE / ATLANTA RHYTHM SECTION

ars_r&r alternative
先月出た38スペシャルの紙ジャケ/SHM-CDリイシュー10枚もまだ聴き切れてないうちに、もう今月分のアトランタ・リズム・セクション(ARS)10枚が登場した。外資メジャーで一番カタログが豊富なだけに、ユニバーサルが本気を出すと非常にヤバイ。昨今の洋楽カタログ・シーンは、全般的にグロスで稼ぐ廉価再発に傾斜してきた印象だけれど、マニアはやはり、多少値は張ってもシッカリ作り込んだ復刻モノを無視できない。だからこうした準大物級(日本での人気的に)の作品群を丁寧に出されると、「ええぃ、この際オトナ買いせにゃ…」となってしまう。やっぱり長きに渡り、音楽を嗜好品として “鑑賞” してきた日本では、カタログ文化に対する価値感が、大量消費のUSとは違うのよ。

続きを読む

■ 安部潤 solo Live 2018 1st @目黒 Blues Alley Japan

abe jun

いま、今井優子のミニ・アルバム・プロジェクトで大変お世話になっている kyd奏者/アレンジャー/プロデューサー:安部潤さんのソロ・ライヴ@目黒 Blues Alley Japan。これまでいろいろなライヴで彼の演奏に接していたし、ソロ作も04年の初リーダー・アルバムからオン・タイムで聴いているので、一方的に馴染みは深かったが、面識ができたのは今井優子の制作が動き出してから。実際に会うとすごく控え目な方だけど、その寡黙さを保ったまま、音楽的には結構エゲツないことを平気で演っちゃう人でもある(←褒めてます

続きを読む

■ CTA(California Transit Authority)来日決定!

cta_2cta_1

な〜んとビックリ CTAこと カリフォルニア・トランジット・オーソリティの初来日公演が決定した。もしCTAを知らずとも、名前でピ〜ンときた方も多いだろう 彼らはシカゴのオリジナル・ドラマーであるダニー・セラフィンが結成したユニットで、主にシカゴのヒット曲をレパートリーにしてライヴ活動を行なっている。しかも現在は、そこに同じく元メンバーのビル・チャンプリン(vo,kyd,g)、ドニー・デイカス(g)が合流。断続的ではあるが、言わば、“裏シカゴ” とでも呼びたくなる状況なのだ。

続きを読む

■ ALLTIME SELECTION 〜ゴールデン☆ベスト / ラジ

rajie_best

カナザワが解説を執筆させて戴いたラジの『ALLTIME SELECTION』2枚組が、21日にリリース。ついこの間、ソニー時代の5作品が Bridge Inc.から紙ジャケ再発されたばかりなのに…、と思ったら、あれからもう3年半も経っているのネ… この2枚組は、各メジャー・レーベルで続々出している人気シリーズ:GOLDEN☆BESTの一環としてのリリースだけれど、マニア度の高いラジの編集盤で2枚組は、結構な英断。ソニー・ダイレクトの担当A&R:F君の熱意の賜物、と解している。

続きを読む

■ 風と鱗 / 比屋定篤子

hiyajyo_018

12月に出ていた比屋定篤子、久々のニュー・アルバムをようやく。調べてみたら、オリジナル・アルバムとしては10年ぶり7作目。でもこのところ流線形との共演作があったし、アナログ7インチの連発やベスト&レアの編集アルバムが出たり、サトウユウ子との沖縄童謡集があったり…。ご本人もコンスタントにカフェ・ツアーをやっているので、ご無沙汰感はまるでない。それなのにジックリ聴いてみたら、まるで取り憑かれたようになってしまって、繰り返し繰り返し、4〜5回は聴いただろうか。何だが、身も心も浄化された気になっている。

続きを読む

■ Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2 ご報告

kenny rankin singles 63_66thelma houston
fagen_cheap xmasmmocdonald_wide open

ディスクユニオン新宿ロックレコードストアで開催されたインストアの『Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2』、無事に終了いたしました。日曜午後のお寛ぎ時、Light Mellow系イベントの常連さんから初めての方、そしてカナザワ周辺・関係者まで、達郎さんのサンデー・ソングブックも聞かずに多数お運びいただきまして、誠にありがとうございました。

続きを読む

■ Light Mellow トークイベント in 新宿 VOL.2

union event 2018

いよいよ明日です。再掲載。
お時間のある方は是非。お待ちしてます
詳細はこちらのポストをご参照あれ。

■ VIVID SOUND LIVE Vol.2 @下北沢 THREE

vivid live
私的ライヴ三昧ウィーク最終日は、いつもお世話になっている VIVID SOUND 45周年記念イベント【VIVID SOUND LIVE Vol.2】@下北沢THREE。あら、2日連続でシモキタだわ メイン・アクトは青野りえとブルー・ペパーズで、ゲスト・ヴォーカルに星野みちるという、インディ・レーベルらしからぬ豪華さだ。青野嬢は、我が Light Mellow's Choice シリーズからのリリース。ブルー・ペパーズは、メンバーの福田直木から直々に音を聴かされたカナザワが「キチンと流通に乗せるべき」とアドヴァイスし、VIVIDに紹介したのが最初の縁だった。

続きを読む

■ sparkling☆night with 濱田金吾 @ 下北沢440

sparkling night_kingo
ライヴ三昧再開は、バイ・マンスリーの定例 sparkling☆night。今回のゲストは、ようやく登場の濱田金吾さん。新作準備、6月に大きなイベントを控えて気合ーが入るメンバーたちながら、一方、新曲にはアレンジ面で試行錯誤を続けている楽曲もあったりして…。でも金吾さんとのジョイント部分に関しては、リハーサルからなかなかイイ感じだったので、密かに期待していた。それでも金吾さんからは、「技術的な問題はないから、あとはそれぞれストーリーを考えて…」とのお言葉。勉強になります。

続きを読む

■ THE CREEPER / DENNIS BUDIMIR

dennis budimir

ライヴ三昧ウィークのポケット日は、夕方から都内某スタジオで打ち合わせ。その前に雑用をこなしながら、こんなアルバムを聴いた。西海岸のスタジオ・シーンで長く活躍しているベテランのジャズ・ギタリスト:デニス・バディマーのリーダー作。60年代にいくつかソロ・アルバムを出しているのは知っていたが、スウィング〜4ビート物らしくスルーしていた。でもこのアルバムは、65年録音ながらもジャズ色は薄く、ポップ・カヴァーが多数。「ジェイ・グレイドンとも共演しているベテランに、こんなアルバムがあったのか」と、思わず手を出したワケである。

続きを読む

■ 本気でAOR NIGHT 2018 @目黒 Blues Alley Japan

starbuckgerry rafferty
STARBUCK               GERRY RAFFERTY『CITY TO CITY』
  『MOONLIGHT FEELS RIGHT』
先週末から怒涛のライヴ三昧。…とはいえ目的は和モノばかりで、仕事の流れで顔を出すついでに思い切り楽しんじゃおうというモノが多い。今日は、既に10回越えを数える恒例イベント『本気でAOR NIGHT』、今年の初回公演を観に行った。カナザワ的には、このイベントに足を運ぶのは、もう3〜4回目になるかな? 出演メンバーは、増崎孝司(g)、種子田健(b)、小笠原拓海(ds)、中島オバヲ(perc)、友成好宏(kyd)宮崎裕介(kyd)、竹上良成(sax)、三谷泰弘(vo)といういつもの豪華な顔ぶれ。いま、今井優子案件でお世話になっている竹上・増崎両氏に加え、友成さん、小笠原さん、宮崎クン と顔見知りのミュージシャンも多い上、ネタがAORなので、ちょっとホームグラウンド的な居心地の良さを感じていたりする…

続きを読む

■ HEARTBEAT / 犬塚彩子

saeko inuzuka

今日は、いまカナザワが制作に関わっている今井優子のレコーディングに参加してくれた、ブラジリアン・ミュージックの実力派シンガー・ソングライター:犬塚彩子(さえこ)さんのライヴ@南青山ZIMAZINE。シート数40席あまりの小さなジャズ系ライヴ・バーだが、とても雰囲気が良くて、心和むスポット。昨年4月に外苑前から骨董通りに移転してきたそうだが、Bluenote Tokyoへの道すがらに、こんな所があるとは知らなんだ。

続きを読む

■ HOG FAT / JIMMY GORDON AND HIS JAZZNPOPS BAND

jimmy gordon

69年に設立されて70年代を駆け抜けた(活動停止は78年)、ジャズというよりリアル・クロスオーヴァーといった方がピンとくるレーベル:フライング・ダッチマン。代表的アーティストというと、ロニー・リストン・スミス、ギル・スコット・ヘロン、ガトー・バルビエリ、レオン・トーマス、リチャード・グルーヴ・ホームスなど、レア・グルーヴ期に入って再評価が進んだミュージシャンが数多く在籍したことで知られる。L.A.エキスプレス以前のトム・スコット、名ギタリスト:ラリー・コリエルもリーダー作を残したが、その辺りは、ジョン・コルトレーンやチャールズ・ミンガス、ソニー・ロリンズらの名盤を手掛けてインパルス全盛期を築いたプロデューサー:ボブ・シールが独立して立ち上げたレーベルという、彼の看板や人脈がモノを言ったのだろう。そのフライング・ダッチマンのカタログ群が、1000円廉価のシリーズ《フライング・ダッチマン 1000・マスター・コレクション》として、昨年10月と今年1月に、各30タイトルづつ計60枚がリイシューされた。

続きを読む

■ The Band 8 Eight(林 哲司)〜 Third Gear 〜 @汐留 Blue Mood

tetsu_hayashi_bluemoon

いろいろ仲良くさせていただいてる作曲家:林哲司さんのニュー・バンド:The Band 8 Eight のライヴ@汐留 Blue Mood へ。昨年結成され、今回がまだ Third Gear、3度目のライヴとのこと。カナザワは前2回は見逃しているので、予備知識らしい知識もほとんどなく、この小屋へやってきた。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
増版決定。限定小冊子付!


Light Mellow
音盤&トーク・ライヴ Vol.13 決定!

音盤トーク017

7月28日(土)
@武蔵小山カフェアゲイン
15:00 open / 16:00 start
charge:1500円
レーザーターテーブルの高音質で爆音AORをご堪能下さい。
[問い合わせ・予約]
www.cafe-again.co.jp
TEL:03-5879-2251
※画像は古いモノです。


ブルーペパーズ LP
6月13日発売決定!

くそダサいライナー書きました
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)
WORKS(監修)
シリーズ初アナログ!

LIVE light Mellow
大成功のうちに終了!
ありがとうございました。
live_lightmellow

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ