Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

■ PERFECT UNION / KOOL & THE GANG

kool & the Gang_021

クール&ザ・ギャングといえば、創設メンバーのひとりであるサックス奏者デニス・トーマスを、8月7日に亡くしたばかり。彼らは昨年9月に中核ロナルド・ベルも失っており、この7月からコロナ禍を押してようやくツアーを始めたところだった。そしてそのデニス・トーマスの訃報と入れ替わるように届いたのが、何と14年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバム『PERFECT UNION』である。

続きを読む

■ FOR FREE / DAVID CROSBY

david crossby_for free

ブラジル物だ、シティ・ポップのアナログだ、とうつつを抜かしていたら、急に秋めいて9月に突入。諸々ヤバイっす このブログで紹介しておくべきアイテムも、まだブラジル物で紹介したいタマがあるのに、洋モノの新作も溜まってきちまった… というワケで、まずはデヴィッド・クロスビーの新作。豪華ゲストの参加もあって、AORファンの間でも注目されているが、実はこの人、テン年代中盤から結構イイ方向に変わり始めてて、それがいよいよココまで来たか、という感じ。

続きを読む

■ 吉田政美 + 濱田金吾 + 芳野藤丸

masami yoshida_my turnkingo_midnight cruisin'fujimal_7inch

28日から開催されている【CITY POP on VINYL 2021】のネタを断続的に紹介しているが、そのラインナップに入っていない激ヨシのシティ・ポップ名盤が、わずか3日遅れでアナログ復刻される。吉田政美の都市型ブラジリアン作『MY TUNE MY TURN』、濱田金吾の人気盤『midnight cruisin'』、そして芳野藤丸の7インチ・シングル『思い出の内側で / Who are you?』。いずれも、目に鮮やかなカラー・ヴァイナル仕様でのリイシューだ。

続きを読む

■ LUCKY OLD SUN・SECOND LINE / 久保田麻琴と夕焼け楽団

makoto kubota_lucky old sunmakoto kubota_2nd line

自分も【Light Mellow 和モノ45】5タイトル監修者として間接的に参加している【CITY POP on VINYL 2021】。それ以外にも活動サポートしている今井優子とか先日ご紹介したアマネトリル、その他にもCD化に協力したり解説を寄稿したことがあったり、チョッとしたお手伝いをしたり、何かと関わりのあるアーティスト/作品が、【CITY POP on VINYL 2021】で多数アナログ復刻されているワケですが。

続きを読む

■ 角松敏生 40th Anniversary Live @横浜アリーナ on WOWOW

kadomatsu_40th wowow

角松敏生 40th Anniversary Live @横浜アリーナ on WOWOW の独占放送を観た。6月19日に行なわれた3部構成5時間半超のライヴ・パフォーマンスを約3時間に濃縮。インタビューも加えられていたから、感覚としては約半分の時間に詰め込んだ印象か。遠くない将来、フル尺(もしくはそれに近いモノ)の映像作品としてリリースされるだろうから、まずはこのオンエアで当日のステージを検証してみよう、と軽く構えてモニターに向かった。

続きを読む

■ LADY PINK PANTHER・夕凪フィルム / アマネトリル

amanetrill_lady pink

【CITY POP on VINYL 2021】で売り出される多くのアイテムから、新録シングルでエントリーしているアマネトリルを。自分は今回、何の関与もしていないが、応援団のひとりというコトでご紹介。7インチのリード曲は、鈴木茂のカヴァー<Lady Pink Panther>。菅野みち子をゲスト・ヴォーカルに、ちょっとナイーヴなハーモニーの妙と、ほんのりトロピカルなリゾート・テイストを聴かせる。カップリングには、彼らの持ち味を発揮したオリジナル曲<夕凪フィルム>で。

続きを読む

■ Light Mellow 和モノ45 on CITY POP on VINYL 2021

CITYPOP2021
LMDU-0017LMDU-0018LMDU-0019_ALMDU-0020LMDU-0021LM和モノ45_logo

いよいよ明日開催です。【CITY POP on VINYL 2021】。カナザワもディスク・ユニオンさん【Light Mellow 和モノ45】で参戦。7インチ・アナログ・シングル5作品をご用意しています。

◉マザーグース 「貿易風にさらされて (シングルVer.) / 同 (アルバムVer.)」
◉大橋純子「テレフォンナンバー / ブックエンド」
◉スーパーパンプキン「カリプソ・レディ / フレッシュ・レモネード」
◉井上忠夫「ビロード色の午後 / Dancing Shadow」
◉ジャンク フジヤマ「SPARKLE / 秘密」

続きを読む

■ Yuko I. presents After School Session @ 元住吉POWERS 2

after hours
after hours 2197532646_3892807327509413_8319199902964271407_n

シティ・ポップ再評価の波を受けて、旧作の再発売・復刻が相次ぐ今井優子のサポート・ワークで、“After School Session @元住吉POWERS 2”。メンバーは、SOUL PIANIST / SOUL PRODUCER / 現 FLYING KIDSのキーボード奏者SWING-O(http://swing-o.info)、拙監修Light Mellow Searchesでリリースした2枚目のソロ・アルバム『REALITY』が大好評、かつT-SQUAREへのサポート参加が決まっている敏腕ギタリスト:原ゆうま、そして現在引く手数多の若手トップ・パーカッション奏者:山下あすか。

続きを読む

■ CHARLIE WATTS passed away...

charle
stones_get yerstones_black & blue

既報の通り、ローリング・ストーンズの屋台骨を支えてきた職人ドラマー:チャーリー・ワッツが、24日、ロンドンの病院で息を引き取った。享年80歳。最近緊急手術を受け、それは成功に終わったものの回復には少し時間が掛かるとのことで、9月末にスタートする全米ツアー13公演に不参加を表明。キース・リチャーズのソロで叩いていたスティーヴ・ジョーダンが代役を務めることが決まっていた。

続きを読む

■ THRILL OF THE ARTS / VULFPECK

vulfpeck

ミニマル・ファンクとかフューチャー・ファンクとか呼び名は色々あるようだけど、スナーキー・パピーやハイエイタス・カイヨーテとかのニュー・フォーミュラで、最もポップなところにいるのが、このヴルフペック。初めて聴いたのが2作目『THE BEAUTIFUL GAME』で、最初は「なんじゃ、こりゃ?」と思ったけれど、アルバム毎に接するうち、徐々にフィットするように。そこに15年発表の1st アルバムが、国内初CD化された。

続きを読む

■ ERIC CLAPTON - Deluxe Edition + Anniversary Deluxe Edition -

eric clapton dxeric clapton 50th

エリック・クラプトンの1stソロ・アルバム、50年目のアニヴァーサリー・デラックス・エディションCD4枚組がリリースされた。でもクラプトン好きの自分でも、今回は買わずにスルー。代わりに06年に出たデラックス・エディション2枚組を聴いている。実はこの2枚組で、今回出た4枚組中3枚分をカヴァーしているので、購入するまでもない、という判断。そもそもサブスクでも出ているので、音はいつでもチェックできるし…

続きを読む

■ ARTISAN -30th Anniversary Edition- / 山下達郎

tatsuro_artisan 30th

山下達郎『ARTISN』30th Anniversary Edition、我が家にも発売日に届いています。CDとアナログ、両方で。アルバムの内容に関しては今更書くのもナニですが、世間では最高傑作という声も高いし、達郎氏自身が今回の解説の中で、「今まで作った中で一番好きなアルバムかもしれません」と書いている。確かに、カナザワにとっても好きなアルバムであるのは間違いなく…。<アトムの子>で始まり、<さよなら夏の日><Endless Game>、そしてサンソンのエンディング・テーマで自身2度目となる<Groovin'>のカヴァーなど、どれも名曲揃いで。実際アルバムとしてのコンセプトよりも、シングル曲の寄せ集めのような内容にしたかった、という意図も働いていたらしく…。ただバンド・サウンドが好きなカナザワとしては、やっぱり RCA / AIRイヤーズの『SPACY』や『FOR YOU』に軍配を上げてしまうけれど。

続きを読む

■ 林哲司 SONG FILE with 稲垣潤一&国分友里恵 - City Pop in Summer @ Billboard Live 横浜

tetsuji hayashi billboard

初めて訪れたビルボード・ライヴ横浜にて、林哲司 SONG FILE with 稲垣潤一&国分友里恵 - City Pop in Summer - 2nd Show。3年ほど前から、作曲家:林哲司が書いたヒット曲やソロ・ワークスを披露することを目的にレギュラー化したこの SONG FILE ライヴ。ビルボード系では初登場である。
(27日の大阪公演を観る方は ネタバレあり 要注意)

続きを読む

■ SOUL SOUND ON VICTRON 〜ふるさとの旅〜 / 佐々木久美

kumi sasaki

クラブ方面で注目されて、昨年アナログ復刻されていた佐々木久美のワン&オンリー作品『SOUL SOUND ON VICTRON 〜ふるさとの旅〜』が、拙監修【Light Mellow's Picks】(タワーレコード限定)でCDリイシュー。久美さんは、86年から30年近く山下達郎のバンドでコーラスを務めたことで知られるが、その後も引き続きMISIAや大野雄二のルパン関連プロジェクト:Fujikochansなどで歌っている。一昨年のNHK紅白歌合戦では、MISAのバックを務める久美さんと、ユーミンのコーラス・レギュラーとなった愛娘:詩織ちゃんが変則的親子共演。目を細めてそれを観ていた業界人・関係者も多かったのでは?

続きを読む

■ 芳野藤丸 70th Anniversary Special Live @ 目黒 Blues Alley Japan

fujimal 70th

緊急事態宣言の延長で、このところ行く予定にしていたライヴに行けなくなるコトが多々。約1ヶ月ぶりのライヴ観戦は、芳野藤丸 古希記念ライヴの第2弾。5月の第1弾は観られなかったので、今回は是非に、と思っていたっところ、LIVE Light Mellow Vol.4へのご出演のお願いなどが重なり、藤丸さんから「観においでヨ〜」とお誘いを戴いてソソクサと…。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● Blue Peppers 待望の新作『SYMPHONY』12月8日発売●

blue peppers_symphony
予約受付中! 以下をクリック
SYMPHONY

●「真夜中のドア〜stay with me」をフィーチャーした松原みき×林哲司の全曲コンピレーション・アルバムが発売!●


解説を担当しています

●フュージョン・ライヴ名盤『CASINO LIGHTS』が、世界初2枚組仕様『CASINO LIGHTS TWINS:LEGENDARY LIVE AT MONTREAUX JAZZ FESTIVAL 1981』として復刻●

casino lights twins

カナザワ監修・解説
ブロク記事はこちら
商品詳細・好評発売中!
※タワーレコード限定商品
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

Liner Notes
Light Mellow ANALOG
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

AOR Light Mellow Premium
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
大好評発売中
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

Recent Comments
Article Serch
Archives