f95c6a0e.gif個人的に楽しみにしていたルパート・ホームスのソングブック5枚組BOXがやっとアメリカから到着! というか、実際は数日前に届いていたのだが、ようやくその中の1枚に耳を通すことができたのだ。
CD5枚組の中身は、ルパートがメジャー・デビューした74年以降に出したソロ・アルバム8枚すべてをコンプリートでCD4枚に収録。そして残る1枚に新録曲と未発表曲・未発表デモ・ヴァージョンばかりを収めてある。さらに70ページに及ぶ豪華ブックレットがついていて、お買得感もバッチリ。『浪漫』のジャケ写の別ヴァージョンなんてのを見ると、思わず「ほぅ!」と感心してしまう。相変らずデカイ眼鏡をかけてる近影は、いかにも口うるさい作曲家の先生、という雰囲気だけれど(苦笑)

さてオリジナル・アルバムに関しては、日本では既にCD化済みのものが多く、初CD化になるのはエピック時代のセカンド『RUPERT HOLMES』とサード『SINGLES』のみ。ただしこの辺りの曲は、デビュー盤『WIDESCREEN』CD化の際にボーナス曲として収録されたり、ベスト盤に入ってたナンバーも多い。なのであくまでアルバム単位で初CD化ということなので、驚きは少ない。ただそれは、ココ日本に限ってのハナシ。これが出たアメリカではベストもの何種かと『WIDESCREEN』くらいしか手に入らないハズなので、非常に価値あるボックスである。ちなみに彼のエピック時代の作品は、現在は自身が権利を所有しているようだ。

そしてキモが"APPENDIX"と題されたDISC-5。まずルパート自身のピアノ弾き語りによる新録では、彼がソロ・デビュー前にトップ40入りさせたThe Buoysやパートリッジ・ファミリーへの提供曲、ルパートが参加していたThe Street Peopleの曲などが披露される。さらにバーブラ・ストライサンド主演映画『スター誕生』のサントラに書いた曲のスタジオ・デモ、ジェッツのヒット曲のルパート版デモ、ミュージカル用に書き彼自身がリタ・クーリッジとデュエットしたもの、などなど、レア・トラックが満載。<The Law Of The Jungle>なんて、かの名曲<Escape>のオルタネイト・ヴァージョン! それこそ、曲はそのまま/歌詞は別曲という、超ビックリのシロモノなのだ。まだ詞にはピナ・コラダさえ登場せず、このヒット曲の誕生秘話を明かされるような楽しみがある。新録は比較的アッサリしてるとはいえ、ディスク全体では聴きドコロがいっぱいだ。

基本的にネット・オンリーの通販アイテムなので、輸入盤屋店頭ではまず見ないだろうが(一部出回ってもバカ高い!)、実は3000枚オンリーの限定商品でもある。コレを読んでもし食指が動いたら、すぐにHIP-O Selectのサイトをチェ〜ック!