ba193713.gif年末から延び延びになっていたBobby Caldwellの新・編集盤『THE OTHER SIDE OF BOBBY CALDWELL』のライナーを脱稿。今回も一昨年末の『THE BEST』同様、選曲・監修から関わらせていただいた。しかしあの時すでに、来日に合わせてレア・トラック集なんてどう?と企画が持ち上がっていたのだから、思えばずいぶん長くかかったものである。

その舞台裏を少しバラすと、Bobbyはちょうどレーベルごと移籍したタイミングだったことから、来日時にはまず旧譜リイシューを優先。レア集は年末に持ち越しとなった。ところがその後も収録予定曲の許諾に手こずり、なかなか先に進まない。特にこの1ヶ月は、某大物アーティストの返事待ちだったが、一向にラチがあかず、残念ながら見切り発車となってしまった。でもそんな中、液晶TVのCMとか、現在大量露出中のワン・ボックス・カーのCMなどでBobbyの歌声がお茶の間に流れ、CMソングとレア曲をダブル・フィーチャーする形に修正。結局「裏ベスト」的な内容に落ち着いた。コア・ファンにとってはチョッと残念だろうが、ある意味、Bobbyの幅広い音楽性を楽しめる一枚になっている。全18曲収録で、彼のオリジナル・アルバム未収が6曲。ヴァージョン違いとリミックスが各1曲。あとはもうお馴染みの曲だけど、一応、今までの編集盤には入ってなかったような曲を多く選んである。

このオリジナル・アルバム未収の中の1曲が、Yellowjacketsの3枚目のアルバム『SAMURAI SAMBA』に入っている<Lonely Weekend>。今までにコンピなどへの収録はあったが、Bobby名義の作品で登場するのは、今回が初めてじゃないかな?

この当時のYellowjacketsは、今のようにハード・コアなコンテンポラリー・ジャズ・バンドではなく、結構ポップで軽快なL.A.フュージョンを聴かせていた。この<Lonely Weekend>もそれに違わず、キャッチーで歯切れの良いリズムが特徴。近年のBobbyでは聴けないスタイルの曲なので、なかなか貴重な一曲である。

ちなみにアルバムには、Bobbyと縁の深いMarilyn Scottも参加。そして本作所収の<Daddy's Gonna Miss You>に詞を乗せ、のちにBobbyとデュエットしたのが、あの名曲<Show Me Your Devotion>となる。