dd9f79ad.jpgいよいよデヴィッド・ポメランツ『THE TRUTH OF US(涙のくちづけ)』のライナーに取り掛かった。そこでまずは『成田離婚』のビデオを観て、気分を盛り上げつつ、瀬戸朝香の唇って、ちょっとぽってりしてて色っぽいなぁ〜、なんて思っちゃったり…。

次にデッカからのデビュー・アルバム『NEW BLUES』(71年)、2作目『TIME TO FLY』(72年)を聴いて。これらはまぁ、ちょっと寂寥感漂うシンガー・ソングライター作品といったところか。手に入れたときは、前者ではポール・サイモンのクレジットに、後者ではチック・コリア、ヤン・ハマー、ビリー・コブハムといったジャズ系の参加メンバーに、、ちょっとギョッとしたっけね。

で、アリスタからの本作『IT'S IN EVERONE OF US』になるわけだが。プロデュースはリチャード・ペリーの下にいたヴィニ・ポンシア。だからここら辺のファミリーに属するメリサ・マンチェスターやファラガー・ブラザーズの面々も、ひょっこりクレジットされている。

でも目玉は収録曲。<The Old Song>の前にバリー・マニロウに取り上げられ、カーペンターズでも知られる<Tryin' To Get The Feeling Again>。イヴォンヌ・エリマン、マージー・ジョセフ、クリフ・リチャード、アラン・クラークがカヴァーした<If You Walked Away>。更にクリフ・リチャードとホリーズ(アラン・クラークもいた)が歌った<It's In Every one Of Us>。こうしてデヴィッドはソングライターとして大きく注目された。つまり彼の出世作なのである。

基本的にはプレAOR感の濃い一枚だけれど、デヴィ・ポメ好きなら要チェックですよん(ただし未CD化)。