a_trainあーぁ、コレ、ライナー書きたかったな〜。実はこのファースト・プレスのデフ・ジャケ・アナログを当時のメンバーから直接譲ってもらったという経緯があったので、是非協力したかったのだ。イヤ、現にTHINK!のスタッフの方からはご依頼も頂戴したのだが、ちょうど締切ラッシュの真っ只中で、お応えすることができなかった。むゥ、残念…

このA-トレインは、77年に結成されたルイジアナ・ベースのローカル・バンド。80年代前半までに数枚のアルバムを確認しているが、この79年のファーストがレア・グルーヴ・シーンで脚光を浴び、アナログ盤は高値の華となっていた。それがこの度、ビックリの初CD化である。

サウンド的には、手垢のついていない良質なローカル・ブルー・アイド・ソウル。ルーツにブルースやジャズ、カントリーがあるようで、中にはそれが表に出てくる楽曲もあるのだが、確実に洗練へと踏み出したトラックのメロウネスには堪らないモノあり。初めて聴いたときは、思わず顔が笑ってしまいました。地元周辺のクラブ・サーキットで鍛え上げた連中らしく、プレイの安定感もなかなか。

ベスト盤のCD−Rもあるけれど、まずはこのファーストからチェックすべし。


"A" Train: Volume 1

"A" Train: Volume 2