khari_simmonsこのジャケ、このタイトルにピ〜ンと来たら、是非チェックを。アトランタの音楽大学に学び、インディア.アリーとユニット結成。シャーデーのツアーにも参加した経験を持つ若き才人、カーリ・シモンズのデビュー作が届いた。

まず最初に登場するのは、インディア.アリーが歌うスティーヴィー・ワンダー<Never In Your Sun>のテイスティなボサノヴァ・カヴァー。ポップ・ファンクの<HowCan We Go Wrong>ではインコグニートをフィーチャーし、アシッド・ジャズの今の形を提示する。ビリンバウが鳴るメロウ・サンバ<Belle Of Byron Bay>では、何とビックリ、マンディ満ちるがブラジリアン・スキャットを披露。そして<Major Bossa>では、かのアジムスのメンバーの愛娘サブリナが、アンニュイな歌声でセクシーに歌う。

ひとクチで言うなら、メロウ・ボサ入りの今様アシッド・ジャズ。都会の喧噪から逃れ、ホッとひと息つきたい時。街のネオンを見下ろしながら、キュッとカクテルを楽しむ時 ビル街に背を向けて郊外へ向かう時…。そんなシチュエーションでお試しあれ。

発売元は、昨年秋にThe Beauty Roomを紹介してくれたMiramarさんです。