stones_goats
昨日は代官山の蔦屋書店で、Sparkling☆Cherry初のインストア・ライヴ。オマケにアコースティック・セットでのパフォーマンスも初めてだったが、それなりに実力があるバンドなので、オトナの洒脱な雰囲気にはカホン+エレアコ仕様で対応。若干ユルめのグルーヴで、心地良い空間を演出した。次はいよいよ3月27日のレコ初ライヴ@目黒BLUES ALLEY JAPAN。お近くの方はお見逃しなく!(詳細はこちらから)

昨日はもうひとつ、ストーンズの日本公演2日目@東京ドーム。もちろん自分は行けなかったが、各所からの情報によると結構セットリストが入れ替わっていて、<Start Me Up>で始まり、キースは<Happy>を歌ったとか。しかも<Angie>を演り、ファン投票からは73年以来となるらしい<Silver Train>が選ばれたそうだ。70年代ストーンズが一番好きな自分としては、ちょっとイタタな感じ。何せストーンズで初めて買ったレコードは、当時ヒット・チャートを賑わせていた<Angie>のシングル盤だったのだから。カナザワ少年、この時まだ中学1年。幼気な男の子でありました

というワケで、思わず手を伸ばした73年作『山羊の頭のスープ』。<Angie>も素晴らしいし、<Silver Train>も良いけど、忘れ難いのが<Doo Doo Doo(Heartbreaker)>だ。『メインストリートのならず者』や『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』に挟まれて、やや地味な印象のアルバムだけれど、やっぱりこの時期のストーンズは凄かった!と改めて。