step
今は取り壊されてしまった伝説のホテル、パシフィック・ホテル茅ヶ崎にあった空っぽのプールで撮影されたという、このジャケット。その淡いブルーの色彩感そのままの音を運んでくれるのが、STEPという男性デュオだ。当時の帯のキャッチにも、“サンドベージュの風が聞こえる” とある。まさにそよ吹く潮風のような、繊細なハーモニーが彼らの売りといえるだろう。

STEPは82年にデビューし、シングル3枚、アルバム1枚を出した。一般的にはほとんどヒットせず、メンバーの片割れの出身地である四国で小ヒットを飛ばしただけという、僅かな実績しか残していない。

ところがこのデュオ、実は、デビューへの道筋を探っていた頃の若の角松敏生が、プロを目指して最初に参加したグループだったのだ。当時はまだSTEPという名前はなく、<Still I'm In Love With You>などのデモ録音しか残っていないらしい。そうこうするうち、ソロ・デビューの可能性が出てきた角松が離脱。残った小村精権が、ヤマハのポプコンでの実績を持っていたシンガー・ソングライター:西森幸次郎を迎え、このSTEPになった。その辺りの経緯は、小村氏への取材を通して解説に詳しく書いたので、興味のある方はそれを呼んで戴きたい。実はカナザワが小村氏と出会ったのも、角松が一枚噛んでいる。

オマケに彼らのツアー・バンドには、西森と同郷だったギタリスト:小倉博和が参加。現在はセッション・ギタリストとして大活躍している彼が、東京へ出て来た初めて参加したバンドでもあったらしい。当時のキーボードは、最近はAIやMay J.のバックなどで活動しているPenny K.で、実は結構有名なセッションマンを輩出しているデュオなのである。

その音は、小田和正ばりのハイトーンを持つ西森をフィーチャーし、それをダンディな中低音を特徴とする小村がサポートする形。そのハーモニーを活かすため、音は自ずとウエストコースト系のAORサウンドになった。この唯一のアルバムでは、かの松下誠がアレンジを担当。青山純/島村英二(ds)、長岡道夫/岡沢茂(b)、安田裕美(ac.g)など、なかなか豪華な面々が参加している。作曲では小田裕一郎が2曲。先に『Light Mellow Magic』に収録した<Serenade>は、西森が学生時代に参加していたバンドでポプコン入賞を果たした好曲だった。ただこのアルバムでは、自分たちの書いた楽曲があまり採用されず、ちょっと心残りだそうだ。

それにしても、トリオという今はなきレコード会社に長年眠っていた音源を発掘できたのだから、これは喜ばしいコト。ボーナス・トラックには、アルバム未収のシングルB面曲も収録できた。まぁ、角松のようなクオリティの作品を期待するのは無理だけれど、確かに彼の初期作と相通じる部分がある。ジャケの色合いも、『SEA BREEZE』とはよく似ていることであるし…