parachute live_2
ココへ来て、ようやく自分のペースで物事が運べるように。まず取り掛かっているのは、アナログ盤を掛ける番組を始めたことで急増殖したレコードの山、段ボール箱で届く廉価再発CDの海、を整理中。何せ仕事部屋は足の踏み場がなく、デスクの脇はCDタワーが乱立状態。週末から時間を見つけて取り組んでるが、外出予定もあったりするので、今週いっぱいは掛かるだろうか…。終わる頃には次の仕込み、締め切りも何本か。未聴CD/映像作品は、ひたすら溜まる一方です

そんな中、どうしても見たい、聴きたいアイテムには自然と手が伸びる。早々にゲットしたものの、落ち着いて対峙したくてずっと開封してなかったパラシュートの2枚組ライヴ『NEVER LANDING』も、そのひとつ。何てたって、松っつぁんこと松原正樹さんの遺作ライヴですからね。片手間に聴いては故人に失礼、ってなモンです。

《収録曲》
Disc1
1. ARESA KORESA
2. AMIGO
3. AUTUMN NIGHTS
4. SWITCH BLADE HERO
5. SECRETS OF PARADISE
6. BANANA MOON
7. COCKTAIL NIGHT
8. IF YOU'RE LOOKING FOR LOVE
9. NE-ON

Disc2
1. MIURA WIND
2. TABOO'80
3. GRAVITATIONS
4. SNIPER
5. AGATHA
6. HERCULES
7. JASMINE
8. THE DEALER

内容は実質的な Greatest Hits Live。もちろん演奏も言うコトなし。スタジオ盤以上に松っつぁん、今さんのギター・ワークの違い、役割分担が分かって興味深いです。収録は昨年9月8日、松っつぁんの故郷:福井に程近い金沢北國新聞赤羽ホールで、ワン・ステージをフル・パッケージ。

カナザワは幸いなコトに、このツアーを Billboard Live Tokyo で観ることができた。でもメンバーの何人かとは面識があるのに、バックステージの混乱を予想し、敢えてご挨拶には行かなかった。松っつぁんの奥様:南部昌江さんとは客席で顔を合わせたので言葉を交わしたが、まさか、それが最後になるとは…。

ライヴ盤としては、もちろん素晴らしい。が、同時に彼らのバンドとしての楽しさ、メンバーの笑顔まで運んでくれるナイスな作品でもある。でもまだ今は、聴くとチョッと心が疼くな…。