weather report_heavy HEAVY WEATHER / WEATHER REPORT

皆さん、あけましてオメデトウございます。本年もどうぞヨロシクお願い致します。さて、年末から始めた仕事部屋のレコード&CD整理は、結局終わらず、足の踏み場もないほど散らかったままで年越し。三が日くらいはノンビリできるかと思いきや、完全にドタバタな年明けとなった。他にも越年させちゃった書きモノが3本ほどあるので、片付けは3〜4日までには終わらせないと… 

ってなワケで、2017年最初のポストは、お馴染み TS-ONEのプログラム『PREMIUM ONE』年明け最初の更新をリストアップ。今週は特別スケジュールで、カレンダーに合わせて普段より1日早く、日曜日にアップデートされている。

【 2017年1月1日〜1月8日まで放送分のPLAY LIST 】 ※ 干支特集「酉」

M1 : Birdland / Weather Report    【選曲 : 金澤】
M2 : Bird On A Wire (電線の鳥) / Jennifer Warnes    【選曲 : 竹内】
M3 : 赤い屋根の家 / 赤い鳥     【選曲 : 金澤】
M4 : Songbird / Barbra Streisand   【選曲 : 竹内】
 ◉レコメンド・コーナー『REVIVE ONE』!
1枚のアナログレコードにスポットを当てて、レコメンダーの愛聴盤をご紹介するコーナー!
《金澤寿和の愛聴盤》  HUMMINGBIRD 『DIAMOND NIGHTS』
M5 : Got My “Led Boots” On / Hummingbird  
M6 : Spirit / Hummingbird
 《竹内孝幸の愛聴盤》 VAN MORRISON『KEEP ME SINGING』
M7 : Keep Me Singing / Van Morrison
M8 : Caledonia Swing / Van Morrison


記念すべき1曲目は、ウェザー・リポートの代表作『HEAVY WEATHER』(77年)の冒頭を飾った<Birdland>。稀代の天才ベース・プレイヤー:ジャコ・パストリアス(87年没)加入後の初フル・アルバムででもある。当時のウェザーは、ジョー・サヴィヌル(kyd)、ウェイン・ショーター(sax)、ジャコ、アレックス・アクーニャ(ds)、マノロ・バドレーナ(perc)の陣容。

カナザワ・チョイスの2曲目は、日本のフォーク/ポップス・シーンに大きな足跡を残したヴォーカル・グループ、“赤い鳥”(英語名:The Red Birds)から。この時期は、大村憲司(g)と村上秀一(ds)が正式メンバーとして参加していた。

Revive Oneのコーナーも、引き続き「酉」の印象。ハミングバードは第2綺ジェフ・ベック・グループ70年代後半に活動した英国ファンク・バンドで、ロック、ジャズとジャンルと、自在にクロスオーヴァーさせたのが特徴。更に、ギターに元ゴンザレスのロバート・アーワイ、ドラムに米国の重鎮セッション・マン:バーナード・パーディを迎えて作ったのが、今回ご紹介する3枚目『DIAMOND NIGHTS』なのである。特にリード・トラックだったこの曲は、タイトル通り、ジェフ・ベックの代表曲<Led Boots>のリフを引用している。