星野裕矢ジャケ2
北海道は札幌で着々と実績を積み上げてきた実力派シンガー・ソングライター:星野裕矢が、来る8月23日にミニ・アルバム『君はおぼえているかい』を引っ提げて全国デビューを果たす。今日はその完成記念ライヴ@渋谷aube。5組程度が出演するライヴ・イベントのスペシャル・ゲストという待遇だったが、8ピースの本格的バンド・スタイルのパフォーマンスは彼だけで、気合入りまくり、中身充実のインプレッシヴなパフォーマンスとなった。

ステージは、アン・ルイスもしくは山下達郎でお馴染み<恋のブギウギトレイン>で賑やかにスタートし、その後はアルバム収録曲で小1時間。バリバリのロック系のハコなので、この手のシティ・サウンドには不向きな面もあったが、まさに圧巻のバンド・アンサンブルを披露してくれた。レコーディング・メンバー中心とはいえ急造で、しかもごく限られたリハーサル時間しか取れなかったのに、よくぞココまでシッカリと組み上げられたものだ。ま、メンバーのラインアップを見れば、キャリア組と期待の新進リズム隊がバランスよく調和しており、なるほど サスガだわ!と納得。裕矢自身、札幌では弾き語りのライヴがほとんどなので、こうした本格的バンドを従えてのソロ・ライヴは初めて。それもあってか、シッカリ気持ちの入った歌を聴かせてくれた。

実はカナザワ、CDの方にも解説を書いているのだが、このミニ・アルバムが聴き込むほどに味わい深く…。今ドキのシティ・ポップ・ブームにコミットしそうな<Let's Dance>、極めてハイ・クオリティのアーバン・メロウ・チューンで、ベテランの美形シンガー:今井優子がコーラス参加している<Peat>、旧知の仲だというSaigenjiが参加したアコースティック・チューン<たとえばヘミングウェイみたいに>や<おいしいコーヒーの淹れ方>など、どれも芳醇。その中でも深遠な世界観を広げてみせる<惑星とライオン>は、作詞に力を入れている裕矢の内宇宙のスケール感を示す楽曲だと言える。イマジネーションを喚起する点では、スティングやパット・メセニーに通じる強い磁場を持っているのだ。これはそのまま、裕矢が秘めている可能性の大きさを示している。

地道なライヴ活動を行っている北海道では、既にそれなりの人気を持つそうだが、全国の先物買い音楽ファンも要チェキよ

20294267_10101348082648640_5632445033494536283_n
20369029_1436949663040984_3125133096685771819_o


 《星野裕矢&Crossover Phenomenon》
vo & g 星野裕矢
kyd 遠山無門
g ハンク西山
sax 寺地美穂
b 川内啓史
ds 伊吹文裕
cho 今井優子&JAM