tatsuro_come along 3
さすがにバテバテ、肩やふくらはぎがバリバリに張っていて、ロボットのような動きしかできないが、まずはこの2日間のいろいろな場面を反芻し、ニンマリしている。主催者側の人間としては収支なども気になるが、お客様はもちろん出演者もスタッフもみんなが楽しめた、この夏のエポック・メイキングなイベントになったと思う。

…というワケで、すぐに日常に戻るのではなく、もう少しの間、No End Summer ---- 夏のバカンス気分を継続。ならばココは、忙しくて封を切っていなかったコレ、タツローの『COME ALONG 3』。小林克也のナレーションが入った、33年ぶりのDJアルバムだ。

その内容は、MOONレーベルでのサマー・アンセムを集めたベスト盤。もしカナザワがセレクトしたら、半分くらいは違う曲になりそうだが、<高気圧ガール>、<悲しみのJODY>、<踊ろよ、フィッシュ>と畳み掛ける前半は、グゥの根も出ない感じ。う〜ん、サスガです。

[収録曲]
1. Keoki la Molokai Kid 偉大なサーファー伝説?!
2. CHEER UP! THE SUMMER
3. 高気圧ガール
4. 悲しみのJODY
5 .踊ろよ、フィッシュ
6. I Love You...PARTI
7. さよなら夏の日
8. ドーナツ・ソング
9. 僕らの夏の夢
10. THE THEME FROM BIG WAVE
11. 新・東京ラプソディー
12. JUVENILEのテーマ~瞳の中のRAINBOW
13. SOUTHBOUND #9

便乗して『COME ALONG』『COME ALONG 2』も再発されたので、ココは一気にまとめてどうぞ!