音盤トーク017
金澤寿和 presents Light Mellow 音盤&トーク・ライヴ Vol.10 @武蔵小山カフェ・アゲイン。お陰様で久しぶりの満員盛況の中、無事に終了致しました。足を運んでくださった皆様方、どうもありがとうございました。

今回はタイミング良く、ソニーのAOR廉価盤シリーズ【AOR CITY 2017】98枚と、そのダイジェスト的位置付けとなるカナザワ監修・選曲の3枚組『Light Mellow SEALINE』の発売があったので、そこからのセレクトをレーザー・ターンテーブルによるアナログ盤高音質再生でお楽しみいただく趣向。まずは掴みで、来日間近のドナルド・フェイゲンから『MORPH THE CAT』のアナログ、そしてド定番のボズ・スキャッグス『MIDDLE MAN』の高音質Master Sound盤で、スティーヴ・ルカサーのギターが豪快に唸る<Breakdown Dead Ahead>を爆音再生。そこから特集に入っていった。

話のネタは、先日のタワーレコード/パイドパイパー・ハウスでのトーク・イベントでも話したが、今シリーズのラインナップの意図や、許諾が下りるまでの紆余曲折などを、ちょっとした秘話など交えながら。最後に許諾が下りずに再発が頓挫した作品なども紹介した。

10回目の開催ということもあり、最後が珍しくプレゼント・コーナーも。永井博さんが描いたAOR CITY 2017のポスター、フリスビーを、各1名様に。どうもオメデトウございました!

次回開催は未定ながら、年内にもう1回行なう予定。決まり次第、すぐに告知いたします。

1. Brite Nitegown / Donald Fagen
2. Breakdown Dead Ahead / Boz Scaggs(Master Sound盤)
  - AOR CITY 2017 特集–
3. Call It Love / Poco
4. Zanzibar / Billy Joel
5. Complicated Times / Frank Weber
6. I’m By Myself Again / Paul Anka
7. Under The Jamaican Moon / Leah Kunkel(幻の2枚から)
8. Over And Over / Gregg Rolie
9. This Independence / Marc Jordan
10. I’m Talkin To You / Straight Lines
 =intermission=
11. Something About You / Angela Bofill
12. Who’s Right, Who’s Wrong / Marva King
13. It Will Be Alright / Odyssey
14. Anyway You Want / Norman Connors
15. Let The Love in Through / F.C.C.
16. My Baby Is A Lady / Elliot Lurie 
17. Happy Feet / Janne Schaffer (Out of Lineup)
18. Midnight Lady / Jolis & Simone(Out of Lineup)
 =Bonus Track=
19. I’ve Got The Nation / Mirage