vivid live
私的ライヴ三昧ウィーク最終日は、いつもお世話になっている VIVID SOUND 45周年記念イベント【VIVID SOUND LIVE Vol.2】@下北沢THREE。あら、2日連続でシモキタだわ メイン・アクトは青野りえとブルー・ペパーズで、ゲスト・ヴォーカルに星野みちるという、インディ・レーベルらしからぬ豪華さだ。青野嬢は、我が Light Mellow's Choice シリーズからのリリース。ブルー・ペパーズは、メンバーの福田直木から直々に音を聴かされたカナザワが「キチンと流通に乗せるべき」とアドヴァイスし、VIVIDに紹介したのが最初の縁だった。

この日のステージは、例えば1stが青野、2ndがブルー・ペパーズという方式ではなく、バック・バンドを固定してフロントが次々に入れ替わったり共演したり、あるいはコーラスを務めたり、という変幻自在のスタイル。演奏陣は、ブルー・ペパーズ/井上薫(kyd,arr)を中心に、関美彦(kyd/青野プロデューサー)、 伊賀航(b)、北山ゆう子(ds)、山之内俊夫(g)ら、流線形にも関係が深い面々である。

青野さんにとっては、レコ発記念ライヴでもあり、レコーディングに参加した長谷泰宏や吉田仁郎も、1曲づつ顔出し。元々歌える人なので、もっと良い環境でレコ発をやらせてあげたかった気もするが…。ブルー・ペパーズの2人にとっては、いつもとは違った顔ぶれでのライヴということで、テンションがキツめの楽曲は避け、ミディアムやノリ重視のポップ・チューン中心のセレクト。面白いのは、準レギュラーである女性シンガー:佐々木詩織がユーミンの苗場ライヴに呼ばれたため、みちるチャンが<ずっと>や人気曲<6月の夢>でヴォーカルを取ったこと。でもコレが、声は結構出ていたし、詩織ちゃんとは違った甘酸っぱさがあって、失礼ながら意外にイケてたんだな。アイドル然としているけれど、実はそろそろ妙齢に差し掛かっている みちるチャン。少しずつ、大人のシンガーに変身していくには良いキッカケかも、なんて思った。

後半、リハーサル不足が露見する一瞬もあったが、イベント・ライヴにトラブルは付きモノ。ミチルちゃん、青野嬢、ブルー・ペパーズ福田が並んで歌うという貴重な場面に立ち会うことができたし、それなりの収穫もあったから、これはこれでヨシとしよう。

《SET LIST》
● 1st stage
1. 秋霜 / ブルー・ペパーズ
2. 面影 / ブルー・ペパーズ
3. ゆりかもめ / 青野りえ
4. PASTORAL / 青野りえ
5. 夏なんだし / 星野みちる
6. コバルトブルー feat. 星野みちる/ブルー・ペパーズ
7. 晴海通り / 青野りえ
8. 夕さり / 青野りえ

● 2nd stage
9. さみだれダイアリー / ブルー・ペパーズ
10. ずっと / ブルー・ペパーズ feat.星野みちる
11. Love Always / 青野りえ
12. 大桟橋 / 青野りえ
13. チェルシー / 青野りえ
14. 星空と孤独のマスカレード / ブルー・ペパーズ
15. 6月の夢 / ブルー・ペパーズ feat.星野みちる
16. On the Radio / 青野りえ
-- Encour --
17. 彼女とTIP on DUO(今井美樹カヴァー)
18. 海と少年(大貫妙子カヴァー)