mie_018

恒例、年に1回、3月1日の “未唯mieの日”ライヴ@目黒ブルース・アレイ・ジャパンは、何と『未唯mie 60th Birth Celebration』。その第1部に参戦。バック・メンバーは、土方隆行(g)、バカボン鈴木(b)、鶴谷智生(ds)、安部潤/佐山こうた(kyd)、佐々木久美/大滝裕子 (Cho) という、いつもながらの豪華布陣中心で。

いつも様々な企画で、ピンク・レディ・ファンならずとも充分に楽しめるライヴ・パフォーマンスを見せてくれる未唯mieさん。それこそ一般的な音楽ファンに対しては、逆に、元ピンク・レディという看板が先入観になって、返ってソロ・キャリアの邪魔をしているのでは?、ライヴから足を遠のかせているのでは?なんて思ってしまう。それくらいピュアーな音楽的仕掛けや遊び心を持って、自分のライヴに望んでいるのだ。

例えば、福山雅治が男限定のライヴを組んでいたけれど、過激なコトを言えば、そうした熱狂的ファン抜き、洋楽ファンとかフュージョン・ファン限定のショウを企画してほしいくらいである。カナザワのように、好き勝手言い放題のライターを毎回呼んでくれるのも、いま現在の音楽性の広さ、真摯なスタンスを広くアピールしたいからだろう。歳に関係なくアイドルに徹するのも、確かにプロの在り方のひとつ。でも往年のファンに向けて歌うだけではなく、より多くの人に自分の歌を聴いてほしいと願うなら、パブリック・イメージではない自分をさらけ出して、果敢にチャレンジを続けるしかないのだ。

…とはいえこの日は、そんな堅苦しいライヴでもなく…。未唯mieさんの60th Birth にちなんで、彼女の幼少期からピンク・レディのデビューに至るまでの音楽的歩みを振り返るという内容。世代が近いカナザワは、ほぼすべての曲が瞬時に分かってしまう。あぁ、嬉しいんだか、悲しいんだか…

1. 恋のフーガ(ザ・ピーナッツ)
2. 恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)
3. ジャングル大帝レオ(アニメ主題歌)
4. リボンの騎士(アニメ主題歌)
5. 天使の誘惑(黛ジュン)
6. 虹を渡って(天地真理)
7. アルプスの少女(麻丘めぐみ)
8. SOUL TRAIN(スリー・ディグリーズ)
9. Dirty Old Man(スリー・ディグリーズ)
10. にがい涙(スリー・ディグリーズ)
11. 部屋を出て下さい(ピーマン)
 -- Encour --
12. ペッパー警部
13. ALRIGHT ALRIGHT
14. Eternal Gift

本編ラストの< 部屋を出て下さい>は、ピンク・レディーの2人がデビューのキッカケを掴んだ人気オーディション番組『スター誕生』で歌った曲。ピンク・レディーは当初、健全なフォーク風デュオでデビューする予定が、直前に急遽路線変更して、あの<ペッパー警部>のイメージになったのは有名な話だ。このピーマンという3人組のひとりが、後のサーカスの叶正子である。

…にしても、いつもハツラツとしている未唯mieさんが、何と還暦とは! ルックスも声も全然衰え知らずだけどね。それにしても、このメンバーで演じるフィリー・ソウルもカッコ良いことと言ったら オマケに、未唯mieさん含む全8人中5人が3月生まれという、異常体質?なバンドでもある。未唯mieさん始め、最近仲良くして頂いてる佐々木久美さんとアベジュンさん、そして土方さん、大滝さんが並んでローソクの火を噴き消す図は、やっぱりちょっとオカシイよ

IMG_0425