neighbors_mixedtape

縁あってCDリリース前から応援し、東京での初ライヴからずーっと見続けている NEIGHBORS COMPLAIN の SPRING TOUR 2018 ”MIXED TAPE” @代官山 UNIT。東京遠征の際はできるだけショウに足を運んでいるが、彼らの人気も本格的になってきて、この4月からはFM横浜の火曜日深夜に極上ソウル・ミュージックを届ける番組『NBCP』(番組サイト)もスタートした。4年前はまだお客さんが数えられるほどだったのに、今やUNITがフルハウス。しかも初の海外ツアーもこなしたそうで、これはもうただただ感無量…。
元々スキルフルな連中なので、いつも演奏には何ら問題ナシ。スターターからバウンシーなグルーヴィー・ファンクを連発し、オーディエンスを煽る煽る 前にも書いたが、総合プロデュースに野上幸平(元Skoop On Somebody)が付いてからのバンドの成長が著しく、昨年2回見たステージでは、メンバー全員がしっかりコーラスを取れるようになって驚いた。そして今回は、ステージングが随分と熟れた印象。vo.kyd:音登(オト)のオーディエンス捌きの巧みさには以前から光るモノがあったが、それがより自然になり、ベースのKashやギターのGotchの動きがとても良くなった。シュッとしたルックスのタカ(ds)も含め、メンバー個々のキャラが立ってきて、どこかチープ・トリックを思わせたり(ジャンルは違うが…

基本的レパートリーはオリジナルだが、今ツアーは ”MIXED TAPE” と名付けただけあって、メンバーたちのルーツや影響を受けた楽曲をメドレーにして披露している。名付けて<Mix tape Medley>。Gotchはボビー・ウーマックの渋いスロウ・チューン、kashはジャコ・パストリアスとマーカス・ミラー、Tタカがソウライヴ関連のLettus、そして音登がミュージカルのバラードということで、4人4様。彼らがせっかく楽曲紹介しても、ほとんどオーディエンスの反応がなかったのは寂しかったが、あとでメンバーと話したら、「いいんです、そこは自己満足ですから」と自嘲気味。でもネ、人気アーティストという立場になったら、自分の好きな音楽、影響を受けた音楽をどんどんアピールして、自分たちのファンを育てていくことも、アーティストにとっては大事だと思う。それは、知識の乏しい俄かアーティストにはできないことだし、いずれ自分たちにフィードバックされてくるはずだから。山下達郎や角松敏生を見ていれば、それはすぐに分かる。

現況、Suchmos を Nalbarichあたりが追う構図が出来上がっている若手シティ・ソウル勢(シティポップス系アシッド・ジャズというか)だけれど、演奏力では決してヒケを取らないどころか、彼らを凌駕するほどの Neighbors。もっともっとデカくなって欲しい存在です。