cta_live

当ブログでは再三ご紹介している、CTAことCaliforni aTransit Authorityの来日公演@Billboard Live Tokyo。その初日、1st / 2nd ステージを通しで観戦。ライヴ・レポートは早くもBillboard Japan のサイトに公開されたので、そちらをご覧いただくとして、こちらでは細かいセットリストをアップしておこう。東京2日目及び大阪で観られる方は、ネタバレ注意。

 <1st stage> 1:30
1. Introduction Overture
2. Make Me Smile
3. Questions 67 & 68
4. Turn Your Love Around
5. You're the Inspiration
6. Turn Back The Pages ※Donny Ducas sings / from『STILLS』
7. Ain't It Time ※Donny Ducas sings / from『HOT STREET』
8. Dialogue
9. Look Away
10. Ed Roth Piano Solo 〜 Does Anybody Really Know What Time It Is?
11. Mark Bonilla Guitar Solo 〜 Color My World
12. Hard Habit to Break
13. 25 or 6 to 4
-Encore-
14. Saturday in the Park

 <2nd stage> 1:40
1. Introduction Overture
2. Saturday in the Park
3. Questions 67 & 68
4. Turn Your Love Around
5. You're the Inspiration
6. Turn Back The Pages ※Donny Ducas sings / from『STILLS』
7. Ain't It Time ※Donny Ducas sings / from『HOT STREET』
8. Dialogue
9. I Don't Wanna Live Without Your Love
10. Look Away
11. Ed Roth Piano Solo 〜 Just You 'N' Me
12. Take Me Back To Chicago
13. Hard Habit to Break
14. Make Me Smile
15. I'm A Man
-Encore-
16. 25 or 6 to 4

実は開演ギリギリまでダニーが曲順を絞りきれずに悪戦苦闘して、セットリストが二転三転していたらしいが、コピーを見せられた瞬間、「こりゃアカン、メドレーでもない限り、これ全部はできるワケない!」と思った。案の定、1st セットは時計を睨みながらの3曲落ち。うち1曲は2ndで披露されたが、他の2曲は結局プレイされなかった。果たしてコレが残りの公演で出るかどうか…? 

とにかくダニーが終始笑顔で、本当に30年ぶりのジャパン・ツアーを楽しんでいるのが伝わる。ドニーはホント気さくな人で、ステージでは暴れん坊。元来ハードなギターで定評のあるマーク・ボニーラが、ドニーを立てているのも印象的だった。ビルは新作が完成したばかり。元Az Yet のトニー・グラントのハイトーンが強力なので、Az Yet 時代のカヴァー・ヒット<Hard To Say I'm Sorry>も聴きたかったな。