lui

ラウンジーなハワイアン・コンテンポラリー発掘盤ルイのワン&オンリー作が、紙ジャケット仕様で2度目の復刻。前回はアプレミディ・レコーズからの限定リイシューだったが、今回はP-VINE【Groove Diggers】からというコトで、カナザワが解説を担当させていただいた。でもだからと言って、コレは必ずしもAORぢゃないよ!、というのが我がスタンス。偏狭なAORディレッタントには反旗を翻すけれど、このルイの78年作は、せいぜい広義のAORにカスる楽曲が2〜3あるだけ。あまりにイージー・リスニング〜ラウンジ寄りで、AORというよりMOR(Middle Of the Road)。ハワイアン・コンテンポラリーという以外に、うまい形容が見つからない。でも見るべき、あるいは聴くべき内容がなければ解説など引き受けないワケで。このジャケ写が物語る、とことんリラックスした まどろむような心地良さは、何モノにも代え難い。

本名ルイ・ウィリアムス。78年当時、ハワイ諸島で2番目に大きいマウイ島のカアナパリ・ビーチにあるリゾート・ホテル、マウイ・サーフ・ホテルにレギュラー出演していたミュージシャンである。ジャケットに映る海辺の建物は、彼が働いていたホテル。全10曲の内容は、自前のオリジナルとカヴァー曲が半分ずつ。どうやら勤め先のホテルがスポンサーになっていたらしく、ローカル・レーベルしかないハワイ発のアルバムにしては、そこそこアナログ盤が現地流通していたようだ。

ハワイの、しかもホノルルではなく、マウイからの発信。レコーディングもラハイナのスタジオで、オマケに普段はリゾート・ホテルのバーやラウンジで歌っているとなれば、主なレパートリーは観光客相手のハワイアン・トラディショナルやトロピカル・ソング、それにジャズやポップスのスタンダードなどになる。案の定カヴァー5曲はそうしたタイプの楽曲で、言わずと知れた<My Funny Valentine>に、日本でもよく知られたハワイアン・ソング<珊瑚礁の彼方に (Beyond the Reef)>、名ミュージカル『コーラスライン』で歌われたマーヴィン・ハムリッシュ作品<What I Did For Love>、+ハワイアン・トラディショナル2曲が並んでいる。

対するルイ自身の作品も、これらカヴァー曲にフィットしそうな、甘くムーディーなヴォーカル・ソングが多い。それでも<My Lover>のソフィスティケイトされたヴォイシング、軽やかにハネる<Oh, Oh (Think I’m Falling In Love>のグルーヴには、ルイ自身の指向性の一端が。とりわけ後者は、元カントリー・コンフォートで本作発表と同じ78年に早世したビリー・カウイの、“ハワイ版ボズ・スキャッグス”路線を受け継ぐものといえる。

ラハイナでの制作なので、参加メンバーは現地の無名ミュージシャンばかりと思いきや、バック・ヴォーカルには、伝説的フォーク・シンガー:パメラ・ポーランドの名が。彼女はライヴ・ツアーで訪れたマウイ島の大自然に魅せられ、76年にココへ移住。そこから約20年、ほとんど表舞台には立たず、現地でヴォイス・トレーナーとして暮らしていた。そのパメラの、ほぼ唯一の例外的ワークスがコレである。

まぁ、AORだのレア盤だのと鼻息を荒げず、ゆっくりビールのジョッキでも傾けながら、ほんわか楽しみたいアルバム。あと足りないのは、隣に侍ってくれる美女だけだな〜