ponta_kyouchi 2

日本が誇る伝説的ドラマー:村上ポンタ秀一の、デビュー45周年イベント『音楽境地 Vol.2』@中野サンプラザを観た。前回はジャズ・フュージョン系をテーマに、渡辺香津美や高中正義、CHAR、角松敏生、和田アキラらがゲストに招かれたが(詳しくはココを参照)、今回は “PONTAの音楽人生と、めぐり季節と、4人のいい女” なるサブ・タイトルの下、八神純子、EPO
八代亜紀、吉田美奈子に、オマケ(?)の伊勢正三がゲスト。ホスト・バンドはポンタさん率いるPONTA BOX(岡沢章:b、柴田敏孝:pf)+大坪稔明:kyd というシンプルな布陣である。

スタートは八神純子。とにかくオープニングの<ラヴ・シュープリーム〜至上の愛>がごっつぅ素晴らしくて、その透明感溢れる歌声、豊かな声量にグイグイ引き込まれた。楽曲的には、当然ながら後続の<思い出は美しすぎて>や<パープル・タウン>、スティーヴィー・ワンダーの触発されたと思しき<みずいろの雨>の方に馴染みがあるけど、敢えてこの雄大なバラードで幕開けとしたあたりに、ポンタさんの意図を強く感じる。それにしても、八神さん歌声の素晴らしさは、人気絶頂の頃以上。元々メチャ歌の上手い人だけれど、従来の声の伸びや表現力の豊かさに加えて、聴き手を引き込む磁場を発するようになった、というか…。近年の作品もチェックはしていたけれど、まだライヴには行けてないので、次回は必ず!と強く思った。

2番手はEPO。キャリア的に彼女がオープニングと予想したが、結果はココ。でも近年のEPOを表現したかのような、オーガニックでスピリチュアルかつプリミティヴな音楽スタイルは、イベントの初っ端にはクセが強いから、結果オーライだろう。全盛期はポンタさんや清水信之(kyd)、村松邦夫(g)を引き連れてツアーしていたEPOゆえ、そのあとは当時のヒット・チューン連発で、場を盛り上げた。

インターミッションを挟んでの後半は、唯一の男性ゲスト:伊勢正三。意外な顔合わせだけれど、ポンタさんはその昔、赤い鳥のメンバーだったから、かぐや姫やグレープとは長い付き合いがある。彼の名刺代わりといえば、イルカに書いた<なごり雪>や、風でヒットした<22才の別れ>だけれど、個人的に大評価しているのは、風の後期とソロ初期。なにせ『Light Mellow 伊勢正三』なんてコンピをリリースさせてもらったくらいだし。この日も風の4作目のタイトル曲<海風>を歌ってくれて、ひとり盛り上がった。

続いての登場は、妖艶な八代亜紀。おそらくココへ来ている音楽好きなら、彼女が最近、小西康陽のプロデュースで立て続けにジャズ・アルバムを出しているコトはご存知のはず。八代さん自身、実は演歌一辺倒の人ではなく、デビュー前はクラブでジャズ・スタンダードを歌っていたらしく、今になってそれがようやく形にできたらしい。と同時に、ポンタさんの音楽観を表現するには、まさに打ってつけの人材と言える。まさに、ポンタの前にジャンルはない、のだ! 

そして八代さんを差し置いての大トリは、吉田美奈子。フライヤーには今回の出演者のコメントが載っていて、みんあ「45周年オメデトウ」みたなコトを書いているけど、彼女のコメントだけは一風変わっていて、それが如何にも美奈子さんらしい。

 村上“ポンタ”秀一に告ぐ!
 これを機に、シャイが故の横柄な態度を改め、
 国の宝であるその能力をもっと発揮せよ。


その出しモノは、美奈子とPONTA BOXの共演作第2弾『GOSH』(02年)に収録されていた、マイルス・デイヴィスやウェイン・ショターらのジャズ・ナンバーが中心。オーディエンスの中には、美奈子の『FLAPPER』あたりの楽曲を期待した人もいたようだけど、彼女の活動スタンスを考えると、こうなるのは必然的と思える。もちろん、鬼気迫る歌の存在感は言わずもがな。意外性には乏しかったものの、その揺るぎなき歌こそが、ポンタさんの45年を総括するにふさわしいと思えた。

年齢が年齢だけに、もうキレッキレのハジケるようなグルーヴは期待できないだろう。それでも現在の、歌や楽曲に寄り添ったドラミングの妙は、若い頃には生まれ得なかったモノ。その円熟した表現力で伝えられるモノには、まだまだ限りがない

《Set List》
◆八神純子◆
1. ラヴ・シュープリーム〜至上の愛〜
2. 思い出は美しすぎて
3. パープルタウン 〜 You Oughta Know By Now〜
4. Just The Tow Of Us
5. みずいろの雨

◆EPO◆
6. Super Natural
7. 土曜の夜はパラダイス
8. 無言のジェラシー
9. 愛よ
10. う、ふ、ふ、ふ、
11. DOWN TOWN

◆伊勢正三◆
12. なごり雪
13. 海風
14. 空に星があるように
15. 22才の別れ

◆八代亜紀◆
16. 雨の慕情
17. 五木の子守唄〜いそぎし
18. メドレー:私は泣いています〜ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー〜再会
19. Fever
20. Django〜舟歌

◆吉田美奈子◆
21. Cute
22. Seven Steps To Heaven
23. Footprints
24. Alfie
25. It Don't Mean A Thing