S__12976148

スタッフを務める今井優子30th アニヴァーサリー・プロジェクトの有終の美を飾る、記念ライヴ追加公演@ケネディハウス銀座。去年、そしてその前もと、優子ファンにはお馴染みのライヴ・ハウスである。シート数は10月に本公演を行なった渋谷JZ BRATとほぼ同数ながら、天井が低く両サイドは長いベンチ・シートというユニークな作りで、その分オーディエンスの密集率が高く、満員御礼の客席は熱気でムンムン。照明が落ちてメンバーがステージに上ると、ひときわ大きな歓声が湧き上がった。

ステージが手狭なため、ゲストを入れて総勢9人が壇上に乗れるのか?なんて不安もあったが、それはなんとかクリア。ただし菰口クンのアコースティック・ギターを置いて置くスペースがなく、テレキャスター1本で全曲弾き倒すことになるアクシデントも。でもそこはテクもセンスも超一流の若き天才プレイヤー。そんなコトは、言われなきゃー誰も気づかなかったに違いない。

実を言えば、今回の追加公演用のリハーサルは、わずかに1回。しかもサックス/フルートのグスターボ(アナクレート)さんは、どうしてもスケジュールが合わず、当日リハのみで本番に臨んだ。でも10月の本公演の時は、全員リハの後で2人のメンバー交代を余儀なくされる大トラブルに見舞われ、気丈な優子さんでさえ取り乱さんばかりだったから、今回はみんな余裕綽々。さすが全員がファースト・コールの、敏腕ミュージシャン集団である。いきなり本番当日を迎えたグスターボさんは、バンマス安部潤さん(kyd)をして、“日本人以上に日本人らしいブラジル人” と言わせる真面目人間で、待ち時間の間も譜面のチェックに余念がなかった。<Dear moment>のフルートの乱舞、サイコーでした。ちなみにグスターボさん、ちゃんと自分の印鑑があってビックリ。カタカナのハンコを所有している外国人、初めて出会いました

“場所が銀座なので、今日はクールに…” なんて優子さんがMCしていたが、確かに今日の演奏は落ち着いていて、まとまりが良い。前回はメンバーの心の奥底に潜んでいたホンの僅かの不安が、「ヨシ、イケるぞ」という高揚感に変わり、荒々しさと背中合わせの疾走感を生んで盛り上がった。それが今回は大きな問題もなく当日を迎え、その分の安心感がある。いつもはハイライトになるラテン・チューン<I Wish>も、1st中盤過ぎにセットアップ。オトナなグルーヴで心地良く、ゆとりを持って聴くことができた。

2nd Showは、新作からの人気曲<It’s My Time To Shine>と<Love Squall>を立て続けに歌ってスタート。久し振りにステージに掛けた<Snow train>を挟んで、ヴァイオリンの三井大生さん登場。ところがメンバー紹介とソロ回しを挟むフュージョン色全開の<恋しくて>で、優子さんが見事に一発カマしてくれました 何とコーラス陣のmaminoさん、DAWNさんの紹介を飛ばしちゃったのだ しかもその後のMC中に周りから指摘されるまで まったく気づかず… でもまぁ、このくらいのポカは優子さんらしいトコロか

ヴァイオリンが存在感を発揮したのが、憂いに満ちたミディアム <By the side of love>と、軽快なポップ・チューン<Snow Girl>で、これはサックスやギターでは出てこない雰囲気を醸し出し、見事にハマった。更にピアノ、ギター、ヴァオリンだけをバックにした<ボクが傍にいるから‥>も感動的な仕上がり。最後はリズム隊が戻って<He Love You>で本編終了。アンコールでは<真夜中のドア>が歌われ、もうスッカリ自分のレパートリーになっていることを感じさせた。

本公演に比べて演奏時間がすごく短く感じられたのは、それだけ歌や演奏が安定し、ゆったり安心して聴いていられた証左だろう。若干の入れ替えはあったものの、基本的に同じメンバー、同じセットなのに、本公演が少し危なっかしかった分 熱く盛り上がったのに対し、この追加公演は安心してジックリと歌と演奏を堪能できたことで、図らずも若干ニュアンスの異なるパフォーマンスになったのが面白い。でも本公演、追加公演と連続でSold Outになるのは、ホント想定外。足を運んでくれた皆さん、どうもありがとうございました m(_ _)m 優子さんも頑張りました

今のところ次回公演は具体化していないけれど、いくつかのパターンを想定しつつ、年内に2〜3回のライヴは行ないたいところ。当日のライヴ・ショットなどは、後日、本人のニュース・ブログなどで公開予定です。

[ Set List ]
▪ 1st
1. Trust your heart
2. Puzzle
3. さよならを言わせて
4. Mistress
5. Dear moment
6. I wish
7. Unnatural Love
8. Airport

▪ 2nd
9. It’s My Time To Shine
10. Love Squall
11. Snow train
12. 恋しくて(including メンバー紹介)
13. By the side of love
14. Snow girls
15. ボクが傍にいるから‥
16. He loves you

▪ Encore
17. 真夜中のドア