bookmarcs 2

珍しく昼下がりの南青山を訪れ、BOOKMARCS『BOOKMARC SHOW Vol.1』@月見ル君想フ、へ。このライヴは、BOOKMARCS の2nd『MELODY』のレコ発記念でありながら、彼らや Sparkling☆ Cherry も所属する FLY HIGH RECORDS のショーケース・ライヴを兼ねたような構成になっていて、オープニング・アクトに近々のリリース予定があるシンガー・ソングライター辻林美穂、更にBOOKMARCS のゲストとして、『MELODY』にも参加したジャズ・シンガーRyu Miho と昨年デビューした藍田理緒が出演した。しかも辻林バンドのギターは、カンバスの小川クンというコトで、な〜んか顔見知りが多いような…

聞けば BOOKMARCS は、これまではデュオ・ライヴしかやってこなかったそうで、バンド編成のライヴは今回がお初とか。そもそも最近のアーティストってライヴの場数を踏んでいないし、CDでは生演奏でも、実際には せーの で録っていない。だからアンサンブルの演奏経験に乏しく、個々のスキルは一流でも、バンド編成ではリズムが甘かったり、グルーヴが噛み合ってなかったりする。特にポップスやロック系はガレージ・バンドみたいなのばかり。シッカリとジャズを通ってきたプレイヤー以外は、あまり信用できないのだ。それがデフォルトになってしまって、ライヴ・バンドのアヴェレイジが下がっているのだな。

そうした意味では、 Bookmarcs も例外ではなく…。初のバンド・ライヴ、という点は考慮するにしても、彼らにはこのレヴェルで収まって欲しくない。だって彼らは凡百のAOR/シティ・ポップス系アーティストに比べて遥かに良質なメロディを書いているし、ケレン味が少なくシンプルで馴染みやすい楽曲を揃えていると思うから。でもそれをナマのバンド・アンサンブルでライヴ再現するのは、恐ろしいほどに難しい。ノリの良さや個人技でゴマかせる類いのアレンジではなく、相当にタフなリハーサルを積まないと本来の形にならない。そんなナイスなAORをライヴで演るのは相当難しいと分かっていながら、彼らは敢えてそういう作品作りを行なってきた。

とはいえ Bookmarcs の2人はそれなりにキャリアを積んできているから、バックに選んだメンバーも、おそらく相応の演奏力を持っているのだろう。ただ同じ譜面で同じレヴェルのミュージシャンがプレイしても、決して同じ演奏にはならない。そうした難しさを、きっと彼らも実感したのではないか。滑り出しとすれば上々で、イイ感じで埋まっていたオーディエンスが決して不満を抱かない、そういう無難な初バンド・ライヴではあった。でもその一方で、これからの課題も見えた、そんなステージだったと思う。…っていうか、彼らに小さからぬ期待を寄せているカナザワとしては、あの程度のライヴで満足されては困るのヨ…