junk_:joint

大変遅ればせながらのライヴ・レポートは、村上"ポンタ"秀一 プレゼンツ ジャンク フジヤマ Debut 10th Anniversary Special 2 days@目黒ブルースアレイ。カナザワは、7日(土)はゲスト参加の今井優子のスタッフとして、8日(日)はお気楽なオーディエンスとして、現場に足を運んだ。まずは “I Love City Pop” と題された和モノ・カヴァーとジャンク・オリジナルから成る7日のステージを思い出して。バンド・メンバーはジャンクとポンタさん以下、 岡沢章(b)天野清継 (g)ハナブサユウキ/半田彬倫 (kyd)寺地美穂 (sax) 早川咲(cho)というベテランと若手混成の準レギュラー的ラインアップで。


このところ、AORカヴァーやジャズ・ライヴが重なっていたせいか、ジャンクがオリジナルを多く歌うのは久しぶり。オープニングは<Morning Kiss>と<EGAO>の連発で、エネルギッシュに、それもやや暑苦しい感じで 1st ステージが滑り出した。初めに登場したシティポップ名曲は、村田和人<一本の音楽>と大滝詠一<カナリア諸島にて>。山下達郎フォロワーと目されてきたジャンクが、そこに接近しつつも微妙に距離をとった選曲が心憎い。スタイル的にフィットするのは村田さん楽曲だけど、ジャンクの喉があれば大滝さんのクルーナー・ヴォーカルも難なく。ま、多少熱量が増えるのは、ご愛嬌ということで。その後も<PROUD>、<栞>、<シェダル>、そして<僕だけのSUNSHINE>と、ジャンク楽曲は基本的にシングル曲での構成だった。好バラードの<栞>は、マジに久しぶりに聴いた気がする。

しばしの休憩を挟んでの2ndは、時節柄 <はじまりはクリスマス>から。そしてゲストの今井優子が呼び込まれ、まずは角松敏生&国分友里惠の名デュエット<It's Hard To Say Good Bye (サヨナラは愛の言葉)>をガッツリ。歌のうまさ、表現力では、決してご本家2人に負けていない、何とも素敵なデュエットになった。奇しくもこの日は、角松の恒例年末ライヴ@中野サンプラザ 2days の2日目とバッティング。優子さんは前日足を運んで元気をもらってきたばかりだ。角松ファンと優子ファンは一部被っているので、サンプラザを選んだ人、あえてコチラを選んだ人が交錯したが、中にはきっと「ブルースアレイを選んで良かった」と思っていた人がいたのでは? 

続いてジャンクが下がり、今井優子コーナー。シティポップ名曲で、優子さん自身ベスト・アルバムの中でカヴァーしている松原みき<真夜中のドア>、そして彼女の最新ソロ楽曲<It's My Time To Shine>。ポンタ&岡沢さんのドッシリしたグルーヴで再現されたこの2曲は、いつもとはまた違った魅力が滲み出ていた。

優子さんが下がってジャンクが再びステージに上がり、達郎さんや吉田美奈子でお馴染みの名曲<時よ>。そして角松の定番曲<Take You To The Sky High>では、角松のライヴ同様、紙ヒコーキが飛び交って。慌ててチラシを折ってるファン多数で、思わず苦笑。そして最後は、ジャンクの空曲<To The Sky>で一旦幕。

アンコールでは、優子さんもステージに上がって、シュガー・ベイブ<Down Town>をEPOヴァージョンで軽快に。続いてジャンク最大のヒット<あの空の向こうがわへ>。優子さんは以前からこの曲が大好きだったので、自ら志願してこの曲のコーラスに参加。両手フリフリで歌っておりました そしてダブル・アンコールでは、やっぱり出ました!<LOVE SPACE>。コレがないと、やっぱり “I Love City Pop” は終われません。

今回は半分スタッフとして関わったカナザワだが、単純にファン目線で観たとしても、なかなか楽しめるパフォーマンスになっていたと思う。今回の貴重なセットリストを観て、地団駄踏んでいるファンもいそうだな ふと気づけは、スタートから3時間半の濃密なショウ。ジャンクと今井優子の共演、またどこかの機会で実現させたいものであるな。

【1st】
1. Morning Kiss
2. EGAO
3. 1本の音楽
4. カナリア諸島にて
5. PROUD
6. 栞
7. シェダル
8. 僕だけのSUNSHINE

【2nd】
1. はじまりはクリスマス
2. It's Hard To Say Good Bye <今井優子 & ジャンク フジヤマ>
3. 真夜中のドア <今井優子SOLO>
4. It's My Time To Shine <今井優子SOLO>
5. 時よ
6. 魔法のつぶやき
7. Take You To The Sky High
8. To The Sky

【Encore 1】
1. DOWN TOWN <今井優子 & ジャンク フジヤマ>
2. あの空の向こうがわへ <今井優子コーラス参加>
【Encore 2】
1. LOVE SPACE

junk live 2


ちなみにこの日、ポンタさんプレゼンツによる来年の今井優子ライヴも発表。一般予約は年明けからになるので、詳細はまた後日に。

ponta presents yuko