backstay_2 (1)aor_zono

チョイと気分転換を兼ねて、海老原諒×外園一馬 AOR Night Vol.11 @ 三宿 BACKSTAY。この日はアチコチで知り合い関係のライヴがあって、どれも行かずに仕事に専念…、という選択肢もあったけれど、ちょうど区切りが良かったので、何度か足を運んでいて気軽に行けるコレに。いつもはタイトル通りに洋楽AORがほとんどなのに、今回は拡大解釈して Japanese City Pop がテーマ。 Light Mellow が洋楽AORから和モノへ拡張したのも、レコード会社から「AORをテーマにした邦楽コンピ作っていただけませんか?」というリクエストが一番最初のキッカケだったな。

メンバーはいつも通りに海老原諒(ds)、外園一馬(g, vo)、西脇辰弥(kyd, harmonica)、林あぐり(b)、藤原美穂(vo)という世代を超えた実力派5人。「今日は水曜日だから…」と大滝さん<雨のウェンズデイ>でゆるゆると始まったが、実はゾノくん曰く「ちょうど鼻声なので、大滝さんっぽく歌えるうちに」と、オープニングになったそうな。歌い込むと鼻の通りが良くなって、大滝さん風になりにくくなるそうだ。なるほどね〜 「どことなく What's goin' On しているから」とそのフレーズを織り込んでの<都会>、そしてオリジナルで弾いている鈴木茂よろしくギターに目一杯コンプレッサーをかけての<ほうろう>。こういう少しイナタいグルーヴを弾かせると、あぐり君のベースが俄然力を発揮する。何せ彼のこの日のTシャツは、自分でプリントしたというカール・レイドルT.(デレク&ザ・ドミノス)だからして。続いては美穂さんの思い入れがビンビンに詰まった笠井紀美子<バイブレイション>。「実は達郎さんの<Love Celebration>の日本語ヴァージョンなんですよ」という蘊蓄は、このライヴの専売特許。美穂さんのヴォーカルも熱く籠めた感じでナイスだった。ここまででほぼ1時間経過で、1st ラストは、その達郎さん<Daydream>で。

2ndはこれまたソフトにボサノヴァで<ソバカスのある少女>。鍵盤周りの機材のトラブルで、曲紹介中に音が激しく歪み、「ヘヴィメタ・ボサになるかも…」なんて言ってたが、演奏中は大丈夫でした。続いての 竹内まりや<MORNING GLORY>の曲紹介では、“AOR名誉教授”こと西脇さんのAOR蘊蓄炸裂。「この曲で叩いたジェフ・ポーカロの特徴であるスネアのゴースト・ノートが中途半端なのは何故か?」をテーマに、教授の検証をご披露。確かに自分も、この曲のゴーストノートはちょっと妙だな?とは思っていたが、その理由まで考えたことはなかったので、なかなか興味深かった。さすが教授であります そうした話をした後だけに、海老原&あぐりのリズム隊もサイコーのグルーヴを提供してました。

続いてマーチンさん<Misty Mauve>。楽曲提供の達郎さんヴァージョンもあるが、この時のマーチンさんのツアーでは美穂さんがコーラスを務めていたそうで、その時の裏話も。そして西脇さんの味のあるクロマチック・ハーモニカ・ソロに続き、ゾノ君のギター・ソロもフィーチャー。サビをリピートして再びギター・ソロに戻り、彼得意の昇天するようフレーズで思い切り弾き倒す。きっとオーディエンスの多くがブッ飛んだことだろう。ただ先月のブルー・ペパーズでのゾノ君を見ていると、「今日は85%ぐらいで抑えたなッ」なんて。そりゃーまだこの後に歌うんだから、全力で行き切っちゃったらヤバイもんな でも確かにこの曲が、この夜のひとつの見せ場だったと思う。

続いての今井美樹<冷蔵庫のあかりで>では、海老チャンの青山純 LOVEのトークが爆裂。そして「若手の曲も…」と、最近ゾノ君がサポートしているママレイド・ラグの代表曲<春雨道中>を。更に本編ラストは、ユーミン<中央フリーウェイ>。ちなみに苗場では、同じ頃にユーミンの今年のSurf & Snow楽日だった。そしてアンコールは、和モノ・テーマならきっと演るな!ろ思っていた、美穂さんの曲<Streets Are Hot>でハネた。

さすがに洋楽AORの時に比べると、若干ライトな感じ。けれどそれでもこのメンツでこのあたりの楽曲を演れば、結局は濃くなる。改めてセットリストを振り返ると、ほぼ全曲、『Light Mellow和モノ』の掲載ネタだった…

最近はちょいっと拡散しすぎているシティ・ポップだけれど、彼ら自身その定義づけの曖昧さに戸惑いながらも、結果シッカリと王道を守っている。時にはこういうのも悪くないよね。でも次回はやっぱり洋楽AORを聴きたいぞ、っと。

[1st]
雨のウェンズデイ / 大瀧詠一
都会 / 大貫妙子
ほうろう / 小坂忠
バイブレイション / 笠井紀美子
DAYDREAM / 山下達郎

[2nd]
ソバカスのある少女 / ティン・パン・アレー
MORNING GLORY / 竹内まりや
Misty Mauve / 鈴木雅之
冷蔵庫のあかりで / 今井美樹
春雨道中 / MAMALAID RAG
中央フリーウェイ / 荒井由実
--Encour--
Streets Are Hot / MIHO(藤原美穂)