junk_kaokudo

18日(土)は、コロナ禍で4ヶ月半ぶりのナマ・ライヴ参戦。ジャンク フジヤマ『I LOVE CITY POP PREMIUM』@渋谷JZ BRAT。普段からクルマ移動の人なので、そこは心配ないが、久々のライヴ・レストランとなると少しだけ緊張が走る。入場時の検温とアルコール消毒は必需。緊急時連絡先も提出。シートはソーシャル・ディスタンスで食事中以外はマスク着用、お客様を入れるのはステージ・フロアの30%程度。小屋によってはステージと客席の間にアクリル板を立てたりクリア・ビニールを垂らしたところもあるが、ホテルの中にあるJZはスペースがゆったりしているから、たっぷり距離をとっての安心対応。即売はコーナーを設けず、テーブルに申込書を配布している。会計も列になるのを避けてテーブル清算。劇場クラスターが発生した後だから、みんな万全の体制で接している。ココまで警戒してウィルスを貰ったら、それはもう不運なこと極まりないし、通勤電車なんて乗れないよな。もはやこれでは誰も得なんてしないが、それでも気持ちで運営しているのだ。大丈夫、夜明けは必ずやって来る。

さて、場内の雰囲気がピ〜ンと張り詰めているからか、あるいは配信用のカメラが入っているからか、ジャンクにしては少しおごそかな始まり。手探りというワケではないが、普段のステージのようにいきなりフル・スロットルではなく、8割程度の慣らし運転? それでも演奏自体に緩みはなく、ビシビシと小気味良くキメてくる。そういえば今回は2ステージ完全入れ替え制で、夕方の時間帯で既にワンセット終了。アンサンブルは当然ながら熟れているのだった。

テーマが "I LOVE CITY POP" ということで、村田和人<一本の音楽 >、吉田美奈子<夢で逢えたら >、大貫妙子<突然の贈り物>に、定番の山下達郎カヴァー<SOLID SLIDER>を交えたセットリスト。ジャンクと村田さんは声の張り上げが少し似ているから、相性バッチリで、これからもっといろんな曲を取り上げて欲しいな。<夢で逢えたら >はコーラスの早川咲嬢とのデュエットで、サラリとしたアレンジが良かった。黒いマスクのままプレイしていた松田クンのギター・ソロがエロかったのは、確か<突然の贈り物>だったか。

オーディエンスが若干控えめなのは時節柄仕方のないところだが、この機会にも足を運ぶ熱心なファンたちだけに、手拍子や合いの手にも愛が感じられる。<Morning Kiss>も人数が少ない分、シッカリとクラッピングをしていたよう 配信がスタートしたばかりでライヴ初披露となる新曲<夏の加速度〜Kiss In My Heart〜>は、ジャンク節全開ながらも、熱さの中にホンの少し涼風感を覘かせるライト・アッパーなシティ・ポップ・チューンだ。

途中MCで「今日はアンコールありません」というアナウンス 通り、ラスト3曲で一気にパワーアップ。 <SOLID SLIDER>から Fire Horns の トランペット:ATSUKI がゲスト参加し、十八番のハイノートで盛り上げる。そういや今回はサックス不在の編成なのだな。当初メンバーだったポンタさんも、かつての病歴からコロナ完全自粛をキメこみ、岸田容男が代役を果たしたが、大らかなポンタさんのノリに対し、シャープに斬り込んでくるあたりに魅力がある。もちろん当のジャンクも、ベテラン岡澤さんも絶好調。kyd ハナブサ君のニコニコ笑顔が、ライヴできるミュージシャンたちの喜びを象徴していた。

エンタメがコロナ前の活況に戻るにはまだまだ時間が必要で、当面は減員ライヴや無観客配信ライヴが中心になるだろう。でも久々にライヴに足を運んで、改めて感じたのは、“ライヴ=体験” なのだということ。配信ライヴやシアター・ライヴは、どんなに音響や画質が充実していても、それは “鑑賞” に過ぎない。配信システムの拡充は、コロナ後も、地方の皆さんや事情でライヴに足を運べない方々に対して有効だと思うが、それが生ライヴに取って代わるコトは決してないのだ。

[Set List]
1 僕の女神
2 シェダル
3 この街〜meet again〜 <ジャンク(a.g.)>
4 一本の音楽 <ジャンク(a.g.)>
5 栞 <ジャンク(a.g.)>
6 秘密 <ジャンク(e.g.)>
7 Morning Kiss <ジャンク(e.g.)>
8 夢で逢えたら 【 duet with 早川咲】
9 突然の贈り物 
10 モノクロ
11 夏の加速度〜Kiss In My Heart〜 <ジャンク(e.g.)>
12 SOLID SLIDER 【with Atsuki】
13 束縛 【with Atsuki】
14 あの空の向こうがわへ 【with Atsuki】

[出演] ジャンク フジヤマ (vo/g)、岡沢章 (b)、岸田容男 (ds)、松田肇 (g)、
ハナブサユウキ (keys)、早川咲 (cho)
シークレットゲスト:Atsuki(tp)