thom bell

英Kentの音楽職人シリーズから、フィラデルフィア・ソウルの名アレンジャー/ プロデューサーであるトム・ベルの作品集。1ヶ月くらい前に発売されてたけれど、ようやく聴けた。このところ仕事ではシティ・ポップ系ばかり聴いていたので、耳が全然違う音を欲していたのよ。

いつも珍曲・レア曲を盛り込んでくるKentにしては お馴染みの楽曲が多い気がするが、それだけトム・ベルにはヒット曲が多い、というコトだろう。特に後半は、ソウル・クラシック的な楽曲のオン・パレードで、その偉大さに改めて感服する。特にオーケストラ・アレンジの素晴らしさは、フィリー・ソウルをフィリー・ソウルたらしめた、という点で、余人を持って替えがたい。

収録曲は以下の通り。

1. Here I Go Again / Archie Bell & The Drells
2. I Can't Take It / The Orlons
3. You've Been Untrue / The Delfonics
4. Look The Other Way / Lesley Gore
5. Tick-Tock / Connie Stevens
6. What I See / Three Degrees
7. Moody Woman / Jerry Butler
8. What Kind Of Lady / Dee Dee Sharp
9. Ready Or Not Here I Come (Can't Hide From Love) / The Delfonics
10. I Wanna Be A Free Girl / Dusty Springfield
11. It's The Same Old Love / The Courtship
12. People Make The World Go Round / The Stylistics
13. Back Stabbers / The O'Jays
14. One Man Band (Plays All Alone) / Ronnie Dyson
15. Do You Remember Yesterday / The Intruders
16. I'm Doin' Fine Now / New York City
17. Life Is A Song Worth Singing / Johnny Mathis
18. Something For Nothing / MFSB featuring Thom Bell
19. Could It Be I'm Falling In Love / The Spinners
20. You Make Me Feel Brand New / The Stylistics
21. Close The Door / Teddy Pendergrass
22. It's Gonna Take A Miracle / Laura Nyro & Labelle
23. Track Of The Cat / Dionne Warwick

選曲と解説は、セイント・エティエンヌ(Saint Etienne)のボブ・スタンリー。楽曲解説にはトム・ベル自身のコメントを使っているものも多く、シッカリ読み込むと面白い発見がありそうだ。