michael mcdonald_soul speak

来たる9日に発売される、カナザワ監修、ユニバーサルミュージック『初CD化&入手困難盤復活!! AOR ~ Light Mellow 1000』全39タイトルから、注目盤のご紹介2枚目。ナンと今回が日本初登場となるマイケル・マクドナルドの『SOUL SPEAK』。低迷気味だったマイケル人気を復活させた感のある『MOTOWN』『MOTOWN 2』に続くソウル・カヴァー集第3弾として、08年に発表された。

ただし、スティーヴィー・ワンダーやらマーヴィン・ゲイやら…のモータウン・ソングにこだわった前2作に比べ、今回はモータウンの縛りから解放。それどころか、いわゆるR&Bソングに特化したわけでもなく、ヴァン・モリソンやレナード・コーエンの楽曲も取り上げている。まぁ、マイケルがあのスモーキー・ヴォイスでジックリ歌い込めば、どんな曲もソウルフルに仕上がる、というコトかな。嬉しかったのは、久々にオリジナルの新曲3曲を披露していたことだ。

ザッと収録曲を書いておこう。アーティストはオリジネイター、もしくはマイケルが親しんでいたと思しきヴァージョン。

I Knew You Were Waiting (For Me) / Aretha Franklin & George Michael
Living For The City / Steve Wonder
Love T.K.O. / Teddy Pendargrass
Walk On By / Dionne Warwick
Still Not Over You (Getting Over Me) / 新曲
For Once In My Life / Stevie Wonder
Into The Mystic / Van Morrison
Hallelujah / Leonard Cohen
Enemy Within / 新曲
(Your Love Keeps Lifting Me) Higher And Higher / Jackie Wilson
Only God Can Help Me Now/ 新曲
Baby Can I Change My Mind / Chuck Jackson, Don Bryant
Redemption Song / Bob Marley
You Don't Know Me / Ray Charles

プロデュースは前2作と同じサイモン・クライミー。ミュージシャンや制作スタッフの陣容もほぼ同じで、エイブ・ラボリエルJr.やヴィニー・カリウタ、ネイザン・イースト、マイケル・トンプソンらが脇を固める。<For Once In My Life>ではスティーヴィーがゲスト参加し、ハーモニカをプレイ。何曲かでギターを弾いているドイル・ブラムホイール II にも注目したい。言ってしまえば、サイモン・クライミーのクラプトン人脈ではあるのだが…。

結果的にこの作品は、USアルバム・チャート12位を記録。この成績は『MOTOWN 2』のトップ10入りには及ばなかったもの、最初の『MOTOWN』よりは上位だった。個人的にもモータウン集2作より高く評価しているほど。手垢にまみれた<Walk On By>なんて曲も、意表を突くアレンジで唸らされる。とりわけ、04年に亡くなったレイ・チャールズへのトリビュートとして歌ったと思われる<You Don't Know Me>の抑えた歌いっぷりが印象に残った。もしかしたら、この曲が『SOUL SPEAK』でのマイケルのモチヴェーションだったかも。

こうした好盤が日本では今までスルーされていたコトは嘆かわしいが、マイケル好きで未聴の方はこの機会に是非。『MOTOWN』『MOTOWN 2』も一緒にヴァリュー・プライスで復刻されます。

初CD化&入手困難盤復活!!『AOR ~ Light Mellow 1000』
詳細はコチラから