tomi malm_2

AORファン超待望のトミ・マルム2ndアルバム『COMING HOME』、一部リテールでは先行発売が始まってましたが、いよいよ今週20日に正式リリース。当ブログではかなり早くからご紹介していたので、スッカリ忘却の彼方の人もいらっしゃるでしょ? なのでリマインドを兼ねて。ジャケット/ブックレットにあしらわれた心癒される美しいアートワークと共に、是非フィジカルでお楽しみください。

作品の詳しい紹介は、前回ポストから

待ちきれずに輸入盤をゲットされた方も少なくないと思うけれど、日本盤でしか聞けないトラックを3曲を収録。そのうちオープナー<Second Wave>は、EU盤より長尺の Extended Versionで所収。ZoSiaが歌う<Another Day>は、EU盤と差し替え収録されたジャジー・バラード。そしてアルバムのラストには、ポップ・チューン<Margeaux>が純然たる追加ボーナス・トラックとして。サブスクではEU Editionがアップされるというコトなので、別ヴァージョン含むこの3曲は、このCDでしか聴くことができない。

以下、メディア向けのオフィシャル・コメントを貼っておきます。

*********************

傑作『Walkin' On Air』で一躍シーン最注目プロデューサーに躍り出たトミ・マルム、
またしても超豪華ゲストが大挙参加した全AORファン垂涎の2ndアルバム!

「ソロ・デビュー作1枚で北欧AORシーンのトップ・アクトに分け入ったフィンランド出身
のキーボード奏者/サウンド・クリエイター、トミ・マルムの待望セカンド・アルバム降臨。
リード・ヴォーカルにビル・キャントス、マリリン・スコット、ランディ・グッドラム、
オーレ・ブールドに故ウォーレン・ウィービー他。演奏陣にも前作からの
豪華L.A.ミュージシャンに加え、タイトル曲にはスティーヴ・ルカサーの名も。
期待を微塵も裏切らない、鉄壁のAORチューン満載。
日本盤でしか聴けないボーナス/差替トラックも収録」――金澤寿和

09年に日本でもリリースされたデヴィッド・フォスター・トリビュート作『FLY AWAY』
のアレンジャー/プロデューサーを務め、満を持してリリースしたキャリア初の
リーダー作『Walkin' On Air』(17年/日本リリースは18年)が、その超豪華メンツと
圧倒的なサウンドクオリティによって大絶賛&大ヒットとなったフィンランドの
プロデューサー/鍵盤奏者:トミ・マルム。まさにAORファン待望の2ndリーダー作は、
前作の顔ぶれにスティーヴ・ルカサーやランディ・グッドラム、オーレ・ブールド
なども加わり、これ以上ないほど贅沢なラインナップでの制作が実現。
楽曲もますます粒揃いで、前作のファンは大興奮必至です!
今これほどリッチなサウンドのAORを創造できるアーティストは
世界広しと言えどトミ・マルムだけでしょう!