chaka khan_single

ソニーの企画でスタートし、ワーナーも参戦してヒットを連発している『ジャパニーズ・シングル・コレクション〜グレイテスト・ヒッツ』シリーズ。何と言っても、シングル曲の編集CDとMVを集成したDVDを抱き合わせたフォーマットが新しいが、その人気シリーズ最新作として、チャカ・カーンの2枚組が登場した。

シングル曲を載せたディスク1のソングリストは以下の通り。
1. I'm Every Woman
2. Life Is A Dance
3. Clouds
4. What'cha Gonna Do For Me
5. Got To Be There
6. I Feel For You
7. This Is My Night
8. Love Of A Lifetime
9. Tight Fit
10. It's My Party
11. Facts Of Love
12. Never Miss The Water
13. Every Little Thing
14. Ain't Nobody
15. Through The Fire
16. Love You All My Lifetime
17. Lover's Touch (国内初CD化)
18. Only Once(国内初CD化)

国内初CD化の<Lover's Touch>は、<What'cha Gonna Do For Me(恋のハプニング)>のB面曲でアルバム未収。<Only Once>は、ビートルズ・カヴァー<We Can Work It Out(恋を抱きしめよう)>のアルバム未収シングルB面曲。どちらも人気アルバム『WHAT'CHA GONNA DO FOR ME』期のレア曲となれば、ソソられる人は少なくないだろう。揃って2016年のBig Break / Cherry Red盤(UK)で初CD化されただけで、日本ではコレは初の銀盤化になる。

またディスク2の映像盤は、ディスク1から10曲分のMVを収録。更に『FEEL FOR YOU』から<Eye To Eye>、『THE WOMAN I AM』から<You Can Make The Story Right>が追加され、全12曲入りとなっている。

チャカの場合、個人的には完全にアルバム単位で楽しんでいたので、80年代後半のアルバムからは何がシングル・カットされていたのか、ちゃん把握できていなかったり… 当然MVなんてロクに観てなかったので、かなり新鮮に楽しめる。でもこうして改めてシングル集を聴いて思うのは、チャカのソロ活動はアリフ・マーディンがいてこそ、だったのだなぁ〜と。

もちろん、ルーファスで歌っていた彼女にソロ活動の道を開いたのは、アリフその人。でもヘイミッシュ・スチュアート、ザ・システム、デヴィッド・ギャムソンら、その時々のキーパーソンを連れてきたのも彼。その才気の結集が、3枚目のソロ作『WHAT'CHA GONNA DO FOR ME』だったのだな。