Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Soul / R&B

■ GIRLS NIGHT OUT / BABYFACE

babyface_girls night out

ベイビーフェイス、前作『RETURN OF THE TENDER LOVER』から実に7年ぶりとなるニュー・アルバム『GIRLS NIGHT OUT』を発表。これは元々昨年リリースが予定されていたものだが、完成が遅れて ようやくのリリースとなった。そもそも前作タイトルが、“童顔クンの帰還” を謳っていたので、こんなにブランクが長くなるとは思ってなかったし、その前々作がトニ・ブラクストンとのデュエット・アルバム。90年代までの目覚ましい活躍を思うと、早い話、最近はアイディア枯渇なんでしょうね? 

続きを読む

■ DONNA SUMMER 40th Anniversary Edition / DONNA SUMMER

donna summer 40th

ドナ・サマーがクインシー・ジョーンズと手を組んだことで音楽界の話題をさらった82年のアルバム『DONNA SUMMER(恋の魔法使い)』が、 40周年記念再発。デラックス・CD・メディアブック・エディションと命名され、DVDサイズの豪華32ページのブックレットにディスクが封入されてくる。最新リマスター&ボーナス・トラック追加と謳われているので、価格設定から てっきりCD2枚組だと思っていたら、実は1枚モノで、ボーナスは7曲。ナンだ、それじゃ〜2014年のリマスター&エクスパンデッド盤と変わらんぢゃないか、と憤慨して 実際ボーナス7曲中4曲はダブリで、今回 新たにシングルが出る<Mystery Of Love 〜 Le Flex "Summer Mystery" Remix>とその別ミックス、<The Woman In Me>の7インチ・ヴァージョンが初CD化になる。アナログも追って出るようだ。

続きを読む

■ STEP BY STEP / CHARLES STEPNEY

charles stepney

アース・ウインド&ファイアーを筆頭に、ラムゼイ・ルイス、ミニー・リパートン、デニース・ウィリアムス、エモーションズ、テリー・キャリア、ザ・デルス…などに関わったシカゴの伝説的プロデューサー/作編曲家、チャールズ・ステップニー。1976年に46歳で早逝した彼が残したデモやリハーサル音源を23曲(日本盤はボーナス入りで24曲)集め、アルバムにまとめたのがコレだ。

続きを読む

■ THRILLER 40 / MICHAEL JACKSON

michael jackson thriller 40

1984年グラミー8冠、ビルボード・アルバム・チャートで通算37週No.1、シングル・カット7曲すべてがトップ10入り(うち2曲首位)など、歴史的なモンスター・ヒット・アルバム『THRILLER』の40周年記念エクスパンデッド・エディション2枚組が登場。各曲が耳タコなので、個人的にはフル・アルバムでジックリ聴き込むのは、おそらく数年ぶりになるだろうか。ディスク1はオリジナル・アルバム、そしてディスク2がお目当ての未発表&レア音源集。オリジナルを聴いての新しい発見など、今となっては ほぼナイと言えるけれど、ブルーノ・マーズや今更ながらのシティポップ人気など、80'sサウンドが再評価されている今、『THRILLER』の再定義は意義のあることだと思う。

続きを読む

■ Recording Engineer JOSEPH TARSIA passed away

mfsbo'jays_back stabbers
billy paulTarsia Jensenjpg

フィラデルフィア・ソウルの立役者の一人である名エンジニア、ジョー・ターシャが11月2日に死去。享年88歳。フィラデルフィアのレーベル:カメオ・パークウェイのチーフ・エンジニアを務めていたターシャが、独立後の68年にシグマ・サウンド・スタジオを開設。間も無くカメオ・パークウェイが倒産してしまったため、そこを本拠としていたケニー・ギャンブル&レオン・ハフらがシグマに移って、多くの名盤が作られていった。

続きを読む

■ ON THE ONE / DAZZ BAND

dazz band_on the one

断続的にご紹介しているユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズ第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』から、世界初CD化となるダズ・バンドの82年作『ON THE ONE』。彼らのアルバムは、改名前のキングズマン・ダズ時代を含めて、ほとんどがCD化されたり、サブスクで聴けたりする。けれど大ヒット<Let It Whip>を出した『KEEP IT ALIVE』(81年)の後続作にもかかわらず、これまで何故か、このアルバムはスルーされていた。U社の廉価再発モノはどうも物量作戦的で、既発作品の出し直しが多いのがタマにキズだけれど、この【Throwback Soul】シリーズは裏名盤・入手困難盤を謳っているだけあって、シッカリ目利きが届いてます。ナイス・ジョブ

続きを読む

■ TAKE IT TO THE LIMIT / RAY, GOODMAN & BROWN

ray goodmna & brown

ユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズ第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』から、今回は、当時のブラック・コンテンポラリー・ファンにはスルーされちゃいそうなヴォーカル・グループの好作を。レイ, グッドマン&ブラウンの87年作『TAKE IT TO THE LIMIT』。純粋なソウル・ファンは、やはり彼らの前身:モーメンツに思い入れが強いと思うが、ブラコン世代のマニアは、意外にこっちなんじゃないか、と思う。

続きを読む

■ AFTER DARK / RAY PARKER JR.

rayparker jr_afterdark

ちょいと間が空いたが、ユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズ第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』からの続編。レイ・パーカー・Jr.のソロ8作目(レイディオ含む)で、ゲフィンからの唯一作となる87年盤『AFTER DARK』。一介のセッション・ギタリストが自分の看板を背負うようになって約10年、コンスタントにアルバムを出し続けてきたレイだが、90年代に入って以降は、わずかに3枚。しかも1枚は日本でのセッション・ライヴで、もう1枚はトロピカルなスムーズ・ジャズ仕様のインスト盤。これを自主レーベルで出した06年(日本盤は09年)以降、ライヴは演ってもリリースはないワケで、ちょいと残念。

続きを読む

■ AS THE BAND TURNS / ATLANTIC STARR

atlantic starr_band turns

ユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズ第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』から、アトランティック・スターの通算6作目、85年発表の『AS THE BAND TURNS』。タイトル通りのグループ変革期の作品で、大型ファンク・バンドが5人組へ軽量化。女性リード・シンガーも、シャロン・ブライアントからバーバラ・ウェザースにスイッチしている。一般的には、定番のウェディング・ソング<Always>所収の次作『ALL IN THE NAME OF LOVE』が代表作とされ、ソウル好きにはシャロン・ブライアント在籍時の『RADIANT』『BRILLIANCE』(81/82年)あたりの人気が高い。でも自分が一番好きなのは、このアルバムなのだ。

続きを読む

■ DON'T LOOK ANY FURTHER / DENNIS EDWARDS

dennis edwards
ちょっと間が空いたが、ユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズ第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』から、元テンプテーションズのリード・シンガーだったデニス・エドワーズ、84年の1st ソロ『DON'T LOOK ANY FURTHER』。2018年に彼の訃報が入った時のポスト(http://lightmellow.livedoor.biz/archives/52208248.html#more)にも書いたが、ストロング・スタイルの吠えるようなパワー・ヴォーカルが売りのヒトなのに、楽曲は意外にポップ志向。時代が時代だけに、ブラック・コンテンポラリー/AOR的要素が多いのだ。

続きを読む

■ PHAROAH SANDERS, VERNON BURCH passed away

pharoah sanderspharoah sanders_journey
vernon burchvernon burch_get up

LIVE Light Mellow 当日は、その裏で海外から訃報が相次いだ。まずは、その前から重体情報が入っていたジャズ・サックス奏者ファラオ・サンダースが、24日に逝去。そしてライター仲間のSNSで知った、 R&Bシンガー・ソングライター/ギタリストのヴァーノン・バーチは23日に、本人に近い複数のミュージシャン仲間が訃報を伝えている。いろいろ重なりますわ…。

続きを読む

■ EL DeBARGE

el debarge

ユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズの第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』から、エル・デバージ、86年発表の1st ソロ。CDが結構レアだったので、待っていたファンも多いだろうな。ただしサウンド的には、当時の典型的ブラック・コンテンポラリー。ソウル〜R&Bというより、AOR〜ポップス色が強い。エル自身のヴォーカルはマーヴィン・ゲイ直系のナイーヴなスタイルで、ファルセットが武器。90年代以降のソロ作はそれを全面に打ち出すが、この頃は幅広くクロスオーヴァー・ヒットを狙っていたせいか、そこはあまり強調していない。

続きを読む

■ THE S.O.S. BAND・GUINN・HOWARD JOHNSON・BERT ROBINSON

sos_sand of timeguinn
howard johnsonbert robinson

21日はイロイロと食指の動く作品がリリースされましたが、その中で最大ヴォリュームの注目シリーズが、ユニバーサル【Throwback Soul 〜ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤】シリーズの第2弾『打ち込み導入〜NJS前夜編』51タイトル。世界初CD化作品・日本初CD化作品も少なからずで、全作紹介したいところだが、『70年代〜打ち込み前夜編』もロクにアップできてないので、まずは自分が解説を書かせてもらった4作品から。

続きを読む

■ THANKFUL / NATALIE COLE

51TBJR-FLhL._AC_SY450_

6月に出た【Throwback Soul ソウル/ファンク 定番・裏名盤・入手困難盤 70年代~打ち込み前夜編】から。輸入盤CDもあったので、それほど待たれていた感はないけれど、これはフィーチャー・フライト同様に聴き逃し厳禁の一枚。ナタリー・コールといえば『UNFORGETTABLE』が代名詞になってしまっているるが、それはそれ。他にもっとイイのがあるよ!と差し出したくなるアルバム。これがその77年の4作目『THANKFUL(幸福)』である。

続きを読む

■ LONETTE / LONETTE McKEE

lonette mckee

約1年半ぶりに、ウルトラ・ヴァイヴで米サセックス・レーベルのリイシュー第2弾がスタート。サセックスは、70年代前半の米西海岸を拠点にしたソウル・レーベルで、ビル・ウィザーズを輩出したことで知られる。オーナーの故クラレンス・アヴァントは、“ブラック・ゴッドファーザー”と異名を取った黒人社会の有力者で、音楽業界のみならず、映画産業やスポーツ界、そして政界にも顔が効いたとか。サセックスに続いて、S.O.S.バンドやジャム&ルイスを輩出するTabuを設立したことでも知られていた。前回リイシューはクリエイティヴ・ソースとかソウル・サーチャーズ、シャロン・リドリー、フェイス・ホープ&チャリティーあたりが再発されたが、今回はココでハウス・プロデューサー的に活躍したギタリスト:デニス・コフィーの作品を中心に、ウィリー・ボボ・アンド・ザ・ボージェンツやシンガーのズレマなどが再発。自分も、ロネット・マッキーの解説を仰せつかった。

続きを読む

■ FUTURE FLIGHT

future flight

世間的にはオリヴィア・ニュートン・ジョンの訃報に胸を痛めた人が多いようだが、個人的には、その陰に隠れ気味になってしまった職人ソングライター:ラモント・ドジャーの逝去に心が疼く。そこで久しぶりにリイシューされたフューチャー・フライトの、81年リリース、ワン&オンリー作を手に。グループ自体、謎が多くて未だに実態がよく分からないのだが、そのためその唯一作のプロデューサーで、曲作りにも全面協力しているラモントの系譜で語られる連中なのだ。

続きを読む

■ LAMONT DOZIER passed away

lamont dozier_reimaginationlamont dozier_
lamon dozier_black bachlamon dozier 73

1日で2度も大物の訃報に遭遇するとは…。8日、モータウン・レコード隆盛期に数多くのヒット曲を提供し、インヴィクタス/ホット・ワックスといったレーベルも興した、ソウル界のレジェンド的ソングライター、ラモンド・ドジャーが亡くなった。息子ラモンド・ドジャーJr.がSNSで明らかにしている。現時点で死因は不明。享年81歳。

続きを読む

■ AARON FRAZER / INTRODUCING...

aaron frazer

7月の来日公演が大評判を呼んでいる“新世代ヴィンテージ・ソウル・ミュージックの大本命”、ドラン・ジョーンズ&ジ・インディケーションズ。自分は仕事の状況が読めずに足を運べなかったが、その評判にちょっと後悔していた。そこでグループのドラマーにしてセカンド・シンガー、メイン・ソングライター、つまり彼らの頭脳であるアーロン・フレイザーの初ソロ・アルバム『INTRODUCING...』を。リリースされたのは昨年2月で、早耳の人にはとうに聴いていたと思うが、自分もライヴの評判を聞いて聴き直し、「アレ!? こんなに良かったっけ?」なんて。やっぱりシルク・ソニックの大ブレイクがあったりして、感覚がヴィンテージ・ソウル寄りになっている部分がありそうだ。

続きを読む

■ MICHAEL HENDERSON passed away

michael henderson_wild recievermichael hendeson fickle
norman connorsmiles_agharta

ソウル・シーンとジャズ・シーンを股にかけて活躍したレジェンダリー・ベース・プレイヤーにしてシンガー、マイケル・ヘンダーソンが、7月上旬にアトランタの自宅で家族に看取られて逝去したことが発表された。享年71歳。ブーツィー・コリンズは、「私たちは真のベース・ブラザーの一人を失ってしまった…」とツィートしている。

続きを読む

■ REGINALD “SONNY” BURKE passed away

A-735144-1350644559-5854 leon ware 82
smokey_warm thoughts
pointers_having a party

シカゴ出身のセッション・キーボード奏者で、ソングライター/アレンジャー/プロデューサーとしても活躍したレジナルド・ソニー・バークの訃報が届いた。弟カークランドによると、7月5日に旅立ったという。享年76歳。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow × Cocky Pop Light Mellow's ChoiceとYAMAHA Musicのコラボ企画始まりました
【Light Mellow 門あさ美】
カナザワ選曲新規ベスト



【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第2弾】
12月21日発売 / 予約受付中


【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第1弾】
11月16日発売

■紙ジャケット仕様
■最新デジタル・リマスター
■ボーナス・トラックあり
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆




●アナログ盤予約●


監修しています
シティポップ・マイスター名作選 ビクター・マスターピース・コレクション 18作
citypop meister

中身はトレーラーをご覧下さい


以下は解説も担当。



Article Serch
Archives
AOR Light Mellow Premium
● お待たせしました! プレミアム02 GODEN ERA 1976-1983 大好評発売中●



●プレミアム 01● 増版完了!
Legends & Pre-AOR
Light Mellow 和モノ45
レコードの日day2
(12月3日)に参加します。LM和モノ45 logo
詳細は以下。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/108001

Liner Notes
salena jones
MY LOVE / SALENA JONE
タワーレコード限定 SA-CD
ハイブリッド・シリーズ
ご購入はこちらから

Light Mellow's Picks
TOWER RECORD 限定 再発企画
teressa jonetteteressa jonette t-jam
テレサ・ジョネット
『SPECIAL EFFECTS』
『T-JAM』
詳細・購入はココから
Recent Comments