Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

World

■ Coisas Do Coracao(心もよう)/ TOQUIHNO

toquihno_86

引き続きユニバーサル・ミュージック【初CD化&入手困難盤復活!! 〜ブラジルが生んだ秘蔵の名盤〈'50s~'00s〉】から、今回のシリーズに1枚だけピックアップされたトッキーニョのソロ・アルバムから、86年の『心もよう(Coisas Do Coracao)』を。

続きを読む

■ JUNTOS / IVAN LINS

ivan lins_juntos

ユニバーサル・ミュージックの廉価盤シリーズ【初CD化&入手困難盤復活!! 〜ブラジルが生んだ秘蔵の名盤〈'50s~'00s〉】からのピックアップで、イヴァン・リンスが84年に発表した『JUNTOS』を。クインシー・ジョーンズが自分のアルバム『THE DUDE(愛のコリーダ)』や、プロデュースしたジョージ・ベンソン『GIVE ME THE NIGHT』、パティ・オースティン『EVERY HOME SHOULD HAVE ONE(ディライトの香り)』にイヴァンの曲を取り上げたのが、彼を名をインプットした最初で。

続きを読む

■ MADE IN NEW YORK / TANIA MARIA

tania maria_ny

今日もめっぽう暑かったので、ブラジル物で返り討ち!? 注目していた方も多いと思うが、ユニバーサル・ミュージックの恒例シリーズ【初CD化&入手困難盤復活!! 】に、『ブラジルが生んだ秘蔵の名盤〈'50s~'00s〉』が登場。7月下旬に100タイトルがCDでリイシューされたのだ。もちろん税込1,100円という廉価なので、自分の手元にないアイテムをごっそりオーダー。目玉は日本初CD化というイヴァン・リンスの1stと2ndで、当然それもゲットした。でもココではまず、個人的待望だったタニア・マリアの85年作『MADE IN NEW YORK』から。

続きを読む

■ VALE TUDO / SANDRA SA

sandra de sa

気温が40℃に届こうかという危険な猛暑。つまりは、クーラー効かせた部屋で大人しく仕事してなさい、という思し召しかと素直に従っているが、還暦超えにして基礎疾患アリ、でも未だワクチン打てずでは、何れにせよ必要最低限の外出しかできない。実は今週末に1回目の接種予定だったが、予約した医療機関のスタッフに陽性者が出たとかで(ワクチン打ってるだろうに!)、しばらく休診になると連絡がきた。当然 接種も延期で、こりゃー2度目が打てるのは、下手すりゃ10月近くになりそう。こういう業界にいると、知り合いの音楽関係者とか付き合いのある会社にコロナ患者が出た、なんてコトは今までにもあった。でも身近感は全くナシ。ところがこの第5波襲来では、自分の生活圏の身近なところに陽性者が出始め、いよいよ迫ってきた感が。物心ついてからというもの、風邪は引いてもインフルンエンザに罹患したことがないので、自分は免疫力が高いのか?と思っているが、果たして何事もなく過ごせるか…。

続きを読む

■ CINZENTO / MARCOS VALLE

marcos valle_cinzento

今年9月で77歳を迎えるブラジル音楽界の至宝マルコス・ヴァーリが乗っている。昨年、英Far Our Recordings からリリースした『SEMBRE』は、まさに近年大人気の80'sブギー・ファンクにアプローチした話題作で、日本のラテン系音楽ファンの投票による『年間ブラジル・ディスク大賞』において堂々首位を獲得。10月には盟友アジムスとジョイントで来日公演を行い、そのライヴ・パフォーマンスにはカナザワも胸躍らせたばかりだ。

続きを読む

■ AZYMUTH & MARCOS VALLE @Blue Note Tokyo

azymuth_marcos

個人的にかなり楽しみにしていた、アジムス&マルコス・ヴァーリ@Blue Note Tokyo 3daysの初日2nd Show。ロビーで入場を待つ間に いつになく多くの知り合いと顔を合わせ、否応にも期待が高まる。金曜というコトもあったのか、立ち見までイッパイイッパイの完全フルハウス状態。このコンビでの日本公演は以前にもあったが、カナザワ的にはお初。アジムス単独は観たことあるけど、これほどの熱気はなく席にも全然余裕があったから、やはりマルコスとの相乗効果で1+1が5にも10にも、というパターンだろう。実際のパフォーマンスも、その期待に違わぬモノだった。

続きを読む

■ SEMPRE / MARCOS VALLE

marcos valle 019

ブラジルのアーバン・メロウ達人/グルーヴ・マスター、マルコス・ヴァーリ。前作『ESPHERA』以来、何と9年ぶりとなる新作『SEMPRE』が素晴らしい〜。その『ESPHERA』も確か6〜7年ぶりだったはず。それでも70〜80年代作品の復刻が相次いでいるし、14年にはマルコスのデビュー50周年ライヴ盤(withステイシー・ケント)もあったから、あまりお久しぶり感はない。…ってか、87年頃からずーっと表舞台に立たず、90年代も終わりに近くになって、ようやくロンドンのクラブ・シーンで復活した人。そこから数えると、20余年で5作目になる。まぁとにかく、“カリオカ・ソウル” なんて称されてもいる黒っぽいマルコスが好きな向きは、どうか素通りナシで願います。

続きを読む

■ JOAO GILBERTO passed away

getz gilbertojoao gilberto 73
joao gilberto_amorosojoao

お久しぶり! 半月ぶりの更新です。facebookではチラリお知らせしましたが、実は先月21日から昨日まで入院しておりました。トーク・イベントなどいくつか穴を開けてしまいましたが(スミマセン)、締切等は多少余裕のある時期だったのが不幸中の幸い。元々痛みのない病で、退院後の食事制限や運動の規制もナシ。体力的にはまだ万全とは言えないものの、とりあえず仕事に復帰します。ご心配いただいた関係者の皆さま方、どうもありがとうございました!

続きを読む

■ JOAO GILBERTO LIVE IN TOKYO / JOAO GILBERTO

joao gilberto

大貫妙子、竹内まりや、EPOらの初期ブレーンで、MIDIレコード創設者、そして小野リサを発掘した音楽プロデューサー:宮田茂樹さんにお声掛けいただき、3月8日〜14日の1週間限定で限定上映される『ジョアン・ジルベルト ライヴ・イン・トーキョー/JOAO GILBERTO LIVE IN TOKYO』の試写会に足を運んだ。ジョアン・ジルベルトといえば、アントニオ・カルロス・ジョビンや作詞家ヴィニシウス・ヂ・モライスらと共にボサノヴァ創始者とされ、“ボサノヴァの神”、“ボサノヴァの法王”などと謳われる。 そのジョアンの奇跡の初来日公演を実現させたのが、他ならぬ宮田さんだ。03年の初公演時、ジョアンは既に72歳。そしてこのライヴ映像は、06年の3度目の来日の際、11月8・9日の東京国際フォーラムでのステージを収録したものになる。

続きを読む

■ CRITERION OF THE SENSES / ED MOTTA

ed motta_018

いよいよ来週21日に待望の新作『CRITERION OF THE SENSES (クライテリオン・オブ・ザ・センシズ)』がドロップされるエヂ・モッタ。13年に出た前々作『AOR』で日本リリースが再開され、そのスティーリー・ダン/AOR愛が世に広まって、一気に知名度がアップした。前作『PERPETUAL GATEWAYS』はヒューバート・ロウズやパトリース・ラッシェン、グレッグ・フィリンゲインズらと相見えた初の米国録音盤だったが、内容は少々ジャズ寄り。対してこの新作は、『AOR』と『PERPETUAL GATEWAYS』の間に位置しつつも、相対的にはスティーリー・ダン/AOR路線を色濃く滲ませる。印象的なカマキリ・ジャケは、スティーリー・ダン『KATY LIED』やドナルド・フェイゲン『KAMAKILIAD』を髣髴させるが、これは以前からエヂのアルバムを手掛けている女性アート・ディレクターの発案によるもので、ヨーロッパの人気コミックに原案があるようだ。

続きを読む

■ BURNIER & CARTIER

burnier & cartier

久々にMPBモノを。このブルニエール&カルチェールは、かのルイス・ボンファの甥で、作曲家として数多くのブラジル大物アーティストに楽曲を提供してきたオクタヴィオ・ブルニエールと、イラストレイター/デザイナーとしても活動しているクラウヂオ・カルチエールから成るデュオ・ユニット。兄弟説もあるらしいが、ブラジル音楽門外漢のカナザワに詳細は分からない。でも74年発表のこのアルバムが、2人にとっての処女作だったらしく…。いすれにせよ、隠れ名盤であるコトは確かだ。

続きを読む

■ HEARTBEAT / 犬塚彩子

saeko inuzuka

今日は、いまカナザワが制作に関わっている今井優子のレコーディングに参加してくれた、ブラジリアン・ミュージックの実力派シンガー・ソングライター:犬塚彩子(さえこ)さんのライヴ@南青山ZIMAZINE。シート数40席あまりの小さなジャズ系ライヴ・バーだが、とても雰囲気が良くて、心和むスポット。昨年4月に外苑前から骨董通りに移転してきたそうだが、Bluenote Tokyoへの道すがらに、こんな所があるとは知らなんだ。

続きを読む

■ MORNING SUN / ALPHONSE MOUZON

alphonse mouzon_2

昨夜はお声掛け戴いてた『Chasin' the 80s Classic』の発刊記念イベント@新宿カブキラウンジ に、締切ブっちぎって顔出し。さすが JAMさん、トイレにも行けぬほどの動員で、しこたまビックリ 顔見知りもいれば、超お久しぶりの方、初対面の方、いろいろな方とお話しさせていただきました。その分DJは、JAMさんを始め、誰が何を回していたのか、まるで記憶にないのだけれど、ファンク系やや多めの中、意外にも『Chasin'...』にも載ってないフュージョン系のコレが掛かったので、スゴく印象に残っている。初期ウェザー・リポートでもドラムを叩いたアルフォンス・ムゾーンの<I'm Glad That You're Here>という歌モノ・ナンバーだ。

続きを読む

■ LIVE ! -Deluxe Edition- / BOB MARLEY & THE WAILERS

bob marley live 3lp
75年に発表されたポップ/ロック史に残る名盤:ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの『LIVE!』。そのデラックス盤が、昨年12月にアナログ盤3枚組でリリースされた。自分はピーター・バラカンさんのラジオ番組でその情報を知り、すぐさまゲット。ところがその後も全然話題に上がらず、CDはおろか国内発売の報もない。どうしたことか?と、ふと思いついてネットを検索したら、偶然にも今日2月6日が、ボブ72歳の誕生日だった。もちろん生きていれば、の話だけど、もしかして呼ばれちゃいましたかね…

続きを読む

■ FENIX / AZYMUTH

azymuth_fenix
ブラジルの人気ジャズ・フュージョン・グループ:アジムスの新作が届いた。グループとしてのデビューは75年だが、メンバーはそれぞれセッション・ミュージシャンとして働いていて、70年初めから一緒にプレイ。73年からアジムスと名乗るようになった。日本では77年の2作目『涼風』収録の<Voo Sobre O Horizonte>が、名物ラジオ番組『クロスオーヴァー・イレヴン』のエンディング・テーマに使われ、広く知られるようになっている。

続きを読む

■ VINTAGE '74 / SERGIO MENDES & BRASIL '77

sergio mendes vintage74
脱線ついでに。リオ五輪が開幕し、いきなりのメダル・ラッシュに世間が盛り上がっている。カナザワ的にはTV観戦している時間などないし、そもそも大して関心もないが、この機に乗じてのブラジルもの廉価再発にはチョッとだけ加担しているので、ご紹介しておこう。

続きを読む

■ SOLAR / LUCAS ARRUDA

lucas arruda 2
カナザワが解説を寄稿しているブラジリアン・レア・グルーヴ・マスター:エヂ・モッタのニュー・アルバム『PERPETUAL GATEWAYS』も無事発売されたようで、こんなインタビュー記事も紹介されているけれど…。その新作ジャケから連想したのが、同じブラジリアンなレア・グルーヴ系ニュー・カマー、ルーカス・アルーダ。ちょうど某コンピレーションの選曲仕事もあって、この辺の新し目なメロウ・グルーヴを聴き漁っていたのよ。

続きを読む

■ PERPETUAL GATEWAYS / ED MOTTA

ed motta_perpetual
新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。ここ2年ほどは和モノ中心に動いていたカナザワですが、今年は引き続きそちらをフォローしつつ、軸足は再び洋楽AOR系に戻していきたいな、と思っていますが、さぁ、どーなるコトやら…。

続きを読む

■ LIVE AT THE IRIDIUM / JOSE FELICIANO with THE LES PAUL TRIO


jose feliciano_live
スケジュールの都合で去年の来日公演を見逃し、激しく後悔していたホセ・フェリシアーノが再来日。今度は必ず!という決心の下、 東京 3daysの最終公演@Blue Note Tokyo へ足を運んだ。ご存知の通りのブラインド・マンで、今年で齢70。なのにプエルトリカンらしい情熱的ライヴ・パフォーマンスは衰え知らずで、熱い歌い口も卓越したギター・プレイも、すべてイメージ通り。そのパフォーマンスはホントに若々しく、ハキハキしたMCも含め、とても70歳のジジイには見えない。

続きを読む

■ I RASTA / PECKER


pecker
ずーっとジメジメの梅雨空続きだし、迫り来る締切にもアタマがモヤモヤして文章が浮かばない。スポーツ・ジムへでも行ってスカッと気分転換したいが、夕方は打ち合わせで出ないとイケないから、それも叶わず。こーゆー時は大抵ハード・ロックやプログレを爆音でカマしてストレス発散するが、どうもクリス・スクワイアの訃報があったばかりで、反って気が滅入りそう。そこで目についたのが、先月リイシューされたキレッキレのこのアルバム、ペッカーの『I RASTA』だ。


続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● Blue Peppers 待望の新作『SYMPHONY』12月8日発売●

blue peppers_symphony
予約受付中! 以下をクリック
SYMPHONY

●「真夜中のドア〜stay with me」をフィーチャーした松原みき×林哲司の全曲コンピレーション・アルバムが発売!●


解説を担当しています

●フュージョン・ライヴ名盤『CASINO LIGHTS』が、世界初2枚組仕様『CASINO LIGHTS TWINS:LEGENDARY LIVE AT MONTREAUX JAZZ FESTIVAL 1981』として復刻●

casino lights twins

カナザワ監修・解説
ブロク記事はこちら
商品詳細・好評発売中!
※タワーレコード限定商品
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

Liner Notes
Light Mellow ANALOG
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

AOR Light Mellow Premium
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
大好評発売中
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

Recent Comments
Article Serch
Archives