Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

AOR Light Mellow

■ MELODIES OF LOVE / DAVID FOSTER'S SONGBOOK

david foster songbook
噂されていたデヴィッド・フォスターの今年の来日公演は、結局ウワサのままで実現せず…。果たして何処まで話が進んでいたのかはともかく、こうして彼の新しいソングブックが発売される。後発でジェイ・グレイドンのワークス集も出るそうで、ココはセットで残念会を。いやいや、もしかしたら来年の来日があるかもしれないし…(無責任

続きを読む

■ DO YOU BELIEVE IN MAGIC?/ FCC

fcc
8月に発売されたソニーミュージックのAOR廉価シリーズ『AOR CITY 2017』 全98枚からのピックアップ。マッスル・ショールズで活動していた大型バンド:ファンキー・コミュニケーション・コミッティー、略してFCCが、80年に発表した2ndアルバム『DO YOU BELIEVE IN MAGIC?』を紹介したい。

続きを読む

■ ELLIOT LURIE

elliot lurie
8月に発売されたソニーミュージックのAOR廉価シリーズ『AOR CITY 2017』 全98枚。監修者である自分自身がアイテムのフォローを全然できていなかったので、折を見てココで紹介していこうと思う。そしてその最初が、このエリオット・ルーリーが75年に発表したワン&オンリー作『ELLIOT LURIE』である。

続きを読む

■ CARNIVAL OF LIFE / TIM TREFFERS

Tim Treffers Carnival of life albumcover
オトナの次世代ポップ・シーンを担うオランダの若きシンガー・ソングライター;ティム・トレファーズ。我が Light Mellow Searches から『NEVER TRUST A MAN IN A FUR COAT』で日本デビューを果たした彼が、1年を待たずして早くも2ndアルバムを完成させた。

続きを読む

■ FOOTLOOSE

footloose
フットルースといっても、ケニー・ロギンスで有名な映画のサントラではなく、デヴィッド・フォスターと一緒に来日したこともあるティム・フィーアンが在籍していたカナダの5人組。その唯一のアルバム(80年)が、密かに紙ジャケットでリイシューされている。しかもクール・サウンドが01年に出したものに、2枚のアルバム未収シングル計4曲をボーナス追加。当時の解説には、“アルバム1枚で解散” と書かれていたけど、実際はそのあともバンドは存続し、83年まではリリースがあったことになる。

続きを読む

■ WALKIN' ON AIR / TOMI MALM

tomi malm
最近ではバート・バカラックがトニオ・Kと書いた極上デモ集やトム・スノウの未発表曲集などをリリースしている、スペイン発のコダワリAORレーベル:Contante & Sonante 。そこから登場した最新作が、このトミー・マルムのデビュー作だ。トミーはプロデュース/ソングライター/アレンジ/キーボード/ギター/ミックスなどをこなすマルチ・タレンテッドな逸材で、長年フィンランドの音楽シーンで活躍してきた。ちょっとしたAORマニアなら、09年に日本でも発売されたデヴィッド・フォスター・トリビュートのオムニバス『FLY AWAY』の仕切り役が彼だった、と思い出してくれるかもしれない。

続きを読む

■ JUST THE TWO OF US ~ Adult Contemporary Greatest Tracks / Various Artists

just the two of us
ワーナー・ジャパン発の4枚組コンピレーション。選曲はアドリブ誌の元副編集長:山稔久氏。全73曲を、おおよそ年代別に配している。楽曲解説は山氏を中心に、アドリブ誌AOR系ライター陣だった中田利樹氏、そしてカナザワがフォローさせて戴いた。若干値は張るが、豪華ブックレット2冊が付いた装丁は、かなり豪華だ。

続きを読む

■ I'M IN LOVE AGAIN / BRANDON BARNES

brandon barnes
奇跡の日本・大先行発売での登場は、AORファンには伝説的デュオ:バーン&バーンズの片割れとして、R&Bファンにはブライアン・マクナイトを見い出した初期プロデューサー/ソングライターとして知られるブランドン・バーンズ。その彼の初ソロ・アルバムが、10月4日、もう間もなくリリースされる。

続きを読む

■ WIDE OPEN / MICHAEL McDONALD

mmocdonald_wide open
08年に出した3枚目のカヴァー・アルバム『SOUL SPEAKS』の新曲3曲が良かったので、これはそろそろオリジナル新作?と思いきや、そこから9年も待たされるとは。しかも12年のデュークス・オブ・セプテンバの来日公演では、ドナルド・フェイゲン、ボズ・スキャッグスの2巨頭に比べ、マイケルは喉の劣化が著しく。本来この3人では一番の歌を聴かせる人だったのに…。加えてカヴァー集だのクリスマス集だのと企画作続きで、創作意欲減退?…と不安に思っていた矢、奥様エイミー・ホーランドがカントリー寄りながらもハツラツとしたソロ・アルバムを作って健在ぶりを示し…。そこに突然登場したのが、ケニー・ロギンスと共に客演したサンダーキャット<Show You The Way>。「サンダーキャットって誰?」という方も多かった思うが、逆にサンダーキャットを知るからこそ、あのチームアップには「あり得ん…」と言うしかなかった

続きを読む

■ 11 TRACKS OF WHACK / WALTER BECKER

walter becker
ちょいとご無沙汰です。とにかく締切テンコ盛りで、ブログにまで手が回らない日々。紹介したい作品や書いておきたいライヴ・レポートなどが山積するも、放置せざるを得ない近況であります。ところがそんな中、どうにも触れざるを得ない悲しいニュースが。…というより、自分の胸の内を一度整理しておかないと、他の書き物に真っ直ぐ立ち向かえない感じがして。それが3日夜(日本時間)に飛び込んできた、ウォルター・ベッカーの訃報だった。

続きを読む

■ Light Mellow 音盤&トーク・ライヴ Vol.10 @武蔵小山カフェ・アゲイン

音盤トーク017
金澤寿和 presents Light Mellow 音盤&トーク・ライヴ Vol.10 @武蔵小山カフェ・アゲイン。お陰様で久しぶりの満員盛況の中、無事に終了致しました。足を運んでくださった皆様方、どうもありがとうございました。

続きを読む

■ SAFE HOME / LIVINGSTON TAYLOR

liv taylor_safe home
米では3月にこっそりリリース、日本でも5月くらいから出回っていたリヴィングストン・テイラーのニュー・アルバム『SAFE HOME』をようやく。昨年9月に来日し、なおかつ【AOR CITY 1000】廉価再発もあったので、全然お久しぶり感はなく、“アレ、もう出たの?”ってな感覚だったが、新作としては14年作『BLUE SKY』以来となる。

続きを読む

■ RAIN IN MY LIFE / BILL LaBOUNTY

bill labounty_rain
お盆だというのに このところスッカリ雨続きで、まるで秋のような肌寒さ。基本的に暑いのはキライじゃない(遊びに限る。暑い中で仕事をするのは大っ嫌い)ので、このまま夏が終わってしまうのは悲しいなぁ…、と思っていたら、来週は再び暑くなるとか…。でもその頃は、結構仕事全開なのよねぇ… 先週イベント『No End Summer』が終わって余裕こいてたら、ちょっと大きな仕事が入ってきたのでスケジュールを整理したところ、8月後半はかなり巻きを入れないとマズイことが判明。チョイとアセっている今日この頃なのだ…

続きを読む

■ SUMMER OF '78 / BARRY MANILOW

barry manilow 78
某SNSで AOR v.s.MOR の談義が盛り上がっている。AOR=Adult Oriented Rock、MOR=Middle Of the Road。その違いを書き出せばいろいろあるけれど、AORは基本的にロックで、シンガー・ソングライターやバンドが中心。MORは文字通り中道ポップスで、歌唄いが中心にいることか。昭和なイメージの中古レコード屋さんには【ヴォーカル】というコーナーがあって、ペリー・コモやアンディ・ウィリアムス、トム・ジョーンズ、ポール・アンカ、バーブラ・ストライザンドあたり、あるいはシャンソンとかカンツォーネ系も一緒くたになっているのが珍しくなかった。AORは当時はまだジャンル的認知度が低かったから、大抵はロックのアルファベット別のコーナーや、シンガー・ソングライターに分類。でもソロ・アーティストの場合は、ちょっと間違ってヴォーカルに入っているコトもよくあった。

続きを読む

■ LISTEN TO YOUR HEART / PAUL ANKA

paul anka_listen to
昨日のポストに引き続き、2日に発売された【AOR CITY 2017】前期48作から、カナザワ的リコメンドをご紹介。今回は前期では数少ない世界初CD化作品から、大御所ポール・アンカの78年作『LISTEN TO YOUR HEART(愛の旋律 [しらべ])』を。

続きを読む

■ LEGACY / POCO

poco_legacy
2日に発売された【AOR CITY 2017】前期48作から、カナザワ的リコメンドを順次ご紹介していこう。まず今日は、比較的新しい89年の作品で、ポコの再結成盤『LEGACY』。70年代にエピックやABCから出た作品群は何度となくリイシューされたが、オンタイムでCDが出た本作は、世界的に初めての復刻かもしれない。

続きを読む

■ SUMMER NIGHTS / THELMA HOUSTON

thelma houston
昨日のイベントで話のネタとして用意したテルマ・ヒューストンの未発表アルバム『SUMMER NIGHTS』(80年録音)が、来週9日、我が Light Mellow Searches(P-VINE)から奇跡的リリース。5曲入りミニ・アルバムの体裁ながら、ちょっとしたマニアならばほとんどの楽曲の出自を知ってそうな、まさにフル・アルバムに匹敵する内容の濃ゆさです

続きを読む

■ AOR CITY 2017 発売記念イベント@PIED PIPER HOUSE - TOWER RECORD SHIBUYA

light mellow sealine
AOR CITY 2017 の発売記念トークイベント@Tower Record 渋谷5Fパイド・パイパー・ハウス に多数のご来場を戴き、どうもありがとうございました。fecebookにも複数のポストを頂戴しまして、ありがとうございます。台本ナシのぶっつけ本番でしたが、100タイトルの予定が98枚になってしまった顛末、Blue Peppers 福田によるジャケのパクリ謝罪会見(?)などを含め、なんとも楽しいイベントになりました。どうもありがとうございました。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW SEALINE / Various Artists   ずっと/ 秋風のリグレット / BLUE PEPPERS

light mellow sealineblue peppers_zutto
8月幕開けは、喫緊イベント告知2本立てのもう1本は、実はもう明日に迫っている。明日8月2日に発売されるソニーミュージック【AOR CITY 2017】の再発48タイトル(8/23に50タイトルの計98タイトル)と、同発の3枚組コンピレーション『Light Mellow SEALINE』の発売記念トーク・イベント。

続きを読む

■ LIGHT MELLOW SEALINE / Various Artist ・ FEEL THE NIGHT / 濱田金吾

light mellow sealinekingo hamada
今日は午後から怒涛の動き。まずは天王洲のInter FM 897へ出向き、DJ OSSHYさん『RADIO DISCO』に生出演して、8月2日に発売される【AOR CITY 2017】シリーズとコンピレーション『LIGHT MELLOW SEALINE』のプロモーション。この番組には去年の【AOR CITY 1000】及び『LIGHT MELLOW ONE DAY』の時にも出演しているし、OSSHYさんとは AOR CRUISEでもトーク・ショーをやっているので、とりわけ緊張もせずに和気藹々と。リスナーさんのコメントに応えるべく、急遽10分前倒しでスタジオ入りする無茶振り(?)も何のその、楽しくお喋りさせて戴いた。OSSHYさん、相方の亀井佐代子さん、スタッフの方々、そしてコメントを下さったリスナーの皆さん、どうもありがとうございました。しっかし、いつもOSSHYさんの腰の低さには、逆にコチラの頭が下がってしまうな m(_ _)m

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
いよいよ 1st Full Album 登場!


年内最終!
音盤トーク017
トーク&音盤ライヴ Vol.11
12月16日(土)
open 15:00 / start 16:00
@武蔵小山カフェアゲイン
charge 1,500円
ハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルを使って爆音AORを聞くイベントです。
※上記画像は古いものです


今年も監修してます!
aor city 2017 board
aor city 2017
ソニーミュージック オフィシャルページ
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ