Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

AOR Light Mellow

■ SOUL SPEAK / MICHAEL McDONALD

michael mcdonald_soul speak

来たる9日に発売される、カナザワ監修、ユニバーサルミュージック『初CD化&入手困難盤復活!! AOR ~ Light Mellow 1000』全39タイトルから、注目盤のご紹介2枚目。ナンと今回が日本初登場となるマイケル・マクドナルドの『SOUL SPEAK』。低迷気味だったマイケル人気を復活させた感のある『MOTOWN』『MOTOWN 2』に続くソウル・カヴァー集第3弾として、08年に発表された。

続きを読む

■ ROBERT JOHN

robert john

世にも厳しい2020年も、とうとう12月に突入。以前からお知らせしているカナザワ監修、ユニバーサルミュージック『初CD化&入手困難盤復活!! AOR ~ Light Mellow 1000』のリリースが迫ってきた。そこで今日からは、シリーズの注目盤/注目アーティストにスポットを当てていくので、しばしお付き合い合いのほどを。まず最初は、待望の世界初CD化となるロバート・ジョン『ROBERT JOHN(ジェントル・タッチ)』のご紹介です。

続きを読む

■ LIVE IN JAPAN / RONIN

ronin_japan

新型コロナが蔓延する直前の今年2月に、奇跡のような再結成ツアーを日本で行なったローニン。その東京・大阪での Billboard Live4公演の模様を収録したライヴ盤が登場した。ライヴ・レポート自体はこちらを参照していただきたいが、こうしてライヴ盤になると、その時の興奮が蘇ってくる…。イヤ、それどころか、ジックリと冷静に聴いても、かなり完成度の高いパフォーマンスを展開していたコトが分かるのだ。

続きを読む

■ PHOENIX / DIRTY LOOPS

dirty loops_phoenix

一世を風靡したデビュー・アルバム以来、6年ぶりのダーティ・ループス新作登場。でも新曲5曲(+ボーナス・トラック4曲)というヴォリュームだから、果たして2ndアルバムと呼んでイイのかどうかはチョイ疑問。実際、前作の成功を受け、2作目のレコーディングに入ったもののメンバーの方向性がまとまらず、制作が一旦棚上げされたとも聞く。その間にベースのヘンリクが兄弟プロジェクト:リンダー・ブラザーズでアルバムを出したり、vo/kydのジョナ・ニルソンがソロ・ツアーを始めたり…。でもそうやって各々の時間を作ったことが功を奏し、徐々にバンドに向かうモチヴェーションが上がってきたのだろう。それがこうして、ひとまずカタチになった。

続きを読む

■ HOME WAY FROM HOME / RAY GOOLIAK

ray gooliak

18日に発売されるLight Mellow meets ALOHA GOT SOUL プロジェクトから、オリジナル・リイシュー3作のラスト、レイ・グーリアック『HOME WAY FROM HOME』のご紹介。この人気盤が国内リリースされるのは多分3度目で、00年のクール・サウンド盤以降、10年おきに復刻されていることになる。現在も、イケてるインディ:ストーンズ・スロウの傍系レーベル:Now -Again が原盤を管理しており、今回はそこから Aloha Got Soul にラインセンスされた。リリースから40年以上を経た今も、ヒップな最先端レーベルが積極的興味を持って接している。そういうマジカルな作品だから、「また出たの?」という懐メロ志向のディレッタントからの疑問には当たらない。

続きを読む

■ ONE MAN LADY / MUSIC MAGIC

music magic

前ポストに続き、18日に発売されるLight Mellow meets ALOHA GOT SOUL プロジェクトから、オリジナル・リイシュー3作の2枚目、ミュージック・マジック。これはクール・サウンドからのリイシュー以来15年ぶりのリイシュー。オンタイムで日本発売(ジャケ違い)があっただけに、あの時の初CD化はホントに快挙だったが、紙ジャケ=オリジナル・フォーマットの意義を無視した 無駄に豪華な見開き仕様が興醒めで、だったらプラケのままでいいのに…、と少々残念に思ったのを思い出す。その時に1st/2nd 揃っての復刻だったが、今回はフュージョン志向の1stは出さず、コンテンポラリー・ハワイアンとして評判の良い2作目『ONE MAN LADY』のみ、最新リマスタリング/ジュエル・ケースでの再発となる。

続きを読む

■ PLAYTIME / PHASE 7

phase 7

18日に発売されるLight Mellow meets ALOHA GOT SOUL プロジェクト。コンピレーション『Light Mellow HAWAII』に続いては、オリジナル・リイシュー3作を順番に。トップ・バッターは、清涼飲料セヴン・アップのイメージを拝借したロコ7人組:フェイズ7の80年ワン&オンリー作。国内発売は、輸入盤国内仕様の紙ジャケで出された09年以来11年ぶりで、歴とした国内プレス盤としては初リリースとなる。若干お求めやすい価格設定なのでジュエル・ケースでの発売になるが、中身はシッカリ最新リマスタリング。

続きを読む

■ Light Mellow HAWAII meets ALOHA GOT SOUL / Various Artist

light mellow hawaii

この18日に Octave / Ultra-Vybe から登場するコンテンポラリー・ハワイアンもの、フェイズ7、ミュージック・マジック、レイ・グーリアックをリイシュー監修。日本の洋楽シーンではコンテンポラリー・ハワイアンに根強い需要があって、現在もアチコチから復刻盤が出されている。今回のプロジェクトは、その現地シーンで目覚ましい動きを見せる新興レーベル: ALOHA GOT SOUL を介してのもの。そのリイシューに併せてコンピを組んだので、まずはそこから紹介したい。タイトリはズバリ、『Light Mellow HAWAII meets ALOHA GOT SOUL』。

続きを読む

■ 初CD化&入手困難盤復活!!『AOR ~ Light Mellow 1000』

Light Mellow 1000
light mellow 100 door

ユニバーサル・ミュージック・ジャパン『初CD化&入手困難盤復活!! AOR ~ Light Mellow 1000』を監修しました。全39タイトル、税抜き各1000円ポッキリの超スペシャル・プライス。当然ながら限定生産なので、後回しは厳禁よ。

続きを読む

■ QUADIO BOX / THE DOOBIE BROTHERS

doobie_quadio

米ライノから出たドゥービー・ブラザーズ前期4作品の4チャンネル・クアドラフォニック・ミックス on ブルーレイ・オーディオ・ディスク4枚組ハコもの(動画ナシ)。ハイブリッドではないので Blu-ray Player がないと聴けないけれど、ハイレゾ・ステレオ音源は入っている。ただ 70年代の4chミックスなので、現行のサラウンド方式ではないからスーパー・ウーファーとセンター・スピーカー非対応。それでも通常の2chミックスとは違って、臨場感は抜群だ。

続きを読む

■ JAPANESE SINGLES COLLECTION -Greatest Hits- / KENNY LOGGINS

kenny loggins_singles

少し前にリリースされて大きな話題を提供しているアース・ウインド&ファイアーの『JAPANESE SINGLES COLLECTION - Greatest Hits -』。その同じ括りで、ケニー・ロギンスとREOスピードワゴンの『JAPANESE SINGLES COLLECTION』がリリースされた。そこから今回はケニー・ロギンスのコレクションを。

続きを読む

■ LIVE FROM THE FORUM・MMXVIII / EAGLES

eagles mmxviii

2016年1月にグレン・フライが亡くなり、翌月のグラミー賞授賞式では、ジャクソン・ブラウンが加わった特別編成で<Take It Easy>を披露してグレンを追悼。相棒ドン・ヘンリーは、この日のパフォーマンスを最後に、イーグルスの解散を表明した。4人いたオリジナル・メンバーがドン1人になった時、彼は即座に解散を決めたに違いない。その潔いピリオドの打ち方には、涙ながらに感動を覚えたものだ。この結末は、きっとドンの素直な感情から出たもの。そこには一切ビジネスは介在していなかったはずだ。しかしイーグルスはそれから1年ほどで、意外なほどアッサリ復活した。あの追悼パフォーマンスは一体何だったのか… そう思った人は少なくないだろう。

続きを読む

■ HERE I AM / JASON SCHEFF - Japan Edition

jason scheff

皆さん、お待たせいたしました。30年に渡ってシカゴのフロント・ラインを務め上げたジェイソン・シェフ、22年ぶりのソロ・アルバム『HERE I AM』が、USリリースから約1年遅れで、ようやく日本発売決定。まずはメデタイ。それ相応の人脈を頼ってCD化を目指したので、正直ここまで時間が掛かるとは思ってなかったけれど、その分、日本盤のみ収録のボーナス・トラックに力が入り、それがまた新型コロナの影響でズレ込むカタチになった。既にUS盤をお持ちの方も少なくないと思うが、このボーナス曲は一聴の価値あり。発売は【Light Mellow's Choice】from VIVID SOUNDより、来月18日に。

続きを読む

■ GORDON HASKELL passed away...

gordon haskel

ホント、訃報の止まない昨今ですが…。今日もジャズ・トランペット奏者:近藤等則の逝去に触れて悲しく思っていたら、日付が変わる直前に、このゴードン・ハスケル逝く、の報。先月出した『AOR Light Mellow Premium 01』にも掲載した人だけに、こちらの方がハートに響く。もちろん比べるようなコトではないけれど、自分との一方的な距離感、親しみという意味で。

続きを読む

■ STREET ANGEL / RON DANTE

ron dante

前ポストで紹介したジョリス&シモーンのプロデューサーにして後見人、ロン・ダンテの81年作『STREET ANGEL』。当時の発売元Boardwalkが消滅しているので、今までCD化されてこなかったが、ダンテ自身が権利を所有しているのが明らかになったこの機に、ジョリス&シモーンと同時に初CD化となる。ロン・ダンテのソロ作としては2作目。CD発売は来週23日に。

続きを読む

■ JOLIS & SIMONE

jolis simone

これは嬉しい初CD化。オリジナルLPは米Columbiaなので、これまで何度かソニーに再発申請を行なっていたのだが、一向に許可が下りないと思ったら、そっかぁー、プロデューサーのロン・ダンテが原盤所有だったか…。要するにイタロ・アメリカン人脈ね。トミー・リピューマとニック・デカロも共にイタロ・アメリカンだし、有名なところではフェリックス・キャヴァリエもそう。映画『ゴッドファーザー』もまさにイタリアン・マフィアの抗争を描いていたが、あそこに登場するシンガーのモデルがフランク・シナトラなのはみんな知っているだろう。ほぼほぼ単一民族国家である日本ではあまり意識することはないが、移民国家の米国だと、これは自分のアイデンティティに関わる重要な要素。互いに尊重しあえば、無用な争いは減るのだが…。

続きを読む

■ ON THE STRIP 〜 THE SUNSET SESSIONS / AVERAGE WHITE BAND

awb_on the trip

ここ数年、オリジナル再発や各種ボックスが出たり、未発表音源集やレア音源集が組まれるなど、やたらとカタログ再発が行われているアヴェレイジ・ホワイト・バンド。直近で出た新編集CD5枚組ボックス『ANTHOLOGY』とか、ちょっとソソられるアイテムもあるけれど、もうサスガに手は出せず。いろいろ再発に関わせてもらった流れで、全盛期作品群はアナログとCDを併せて、トータル5セットぐらい持っているからね。でもアナログ盤で先月お目見えした『ON THE STRIP 〜 THE SUNSET SESSIONS』は、迷わずゲット。アートワークでピンと来る方もいると思うが、コレ、あの『SHINE』の40周年記念再構築盤。アラン・ゴーリーとヘイミッシュ・スチュアートのコメントも入った、180g クリア・ヴァイナル(透明ディスク)2枚組のスペシャル仕様で登場したのだ。

続きを読む

■ SENTIMENTAL FOOLS / MARTIN & GARP

martin & garp

AORは80年代初めで終わった、とほざく老害ディレッタントたちに問う、
オランダからのリアルな現在進行形AOR。
これはパクリか空耳か。
はたまた新世代ミュージシャンからのリスペクトなのか。
ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス以上に
新旧AORファンの胸をざわつかせそうな、
どストライクの直球AORニュー・プロジェクト、始動


続きを読む

■ LOVE SOUL / WORKSHY

workshy love soul

幻のフュージョン・レーベル:ヴァーサタイル物の紹介をもう少し…、と思っていたが、いろいろ飛び込みがあったので、それはまた後日機会があったら、ということで。そして新たなご紹介は、来週21日に、我が【Light Mellow Searches】from P-VINE でリリースとなるワークシャイの新作『LOVE SOUL』を。「アレ!? 何処かで聞いたことがあるようなタイトル…」と思われた方、アナタはスルドイッ 今回のニュー・アルバムは、『SOUL LOVE』のときめきを再び、とばかりに誕生した、25年ぶりのキュートなソウル・カヴァー・コレクション第2弾なのだ。

続きを読む

■ 出演しました『海老原諒と外園一馬のAOR向上委員会 Vol.4』

AOR_LM_covobi_02のコピー

お陰様で先月23日の発売以来、音楽系ムックやアーティスト本を除いたディスクガイドとしては、ずっとトップクラスのセールスをキープしている『AOR Light Mellow Premium 01』。新型コロナ禍で出版記念イベントも開催できず、プロモーション稼働もままならない中、AOR大好きの若手売れっ子セッション・ミュージシャンたちにお声掛け頂き、助手役?;福田直木クンと一緒に、インスタ生配信のプログラムにお呼ばれして、少しだけプロモーション。いやいや実情は、マニア4人の井戸端会議なんですけど??

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
9月23日発売
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

●初CD化&入手困難盤復活!!『AOR ~ Light Mellow 1000』●

Light Mellow 1000
light mellow 100 door

詳細ご案内・購入はこちら
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow meets ALOHA GOT SOUL
 カナザワ監修シリーズ
 meets HAWAII

Light Mellow Compilation
● Light Mellow Searches - 5th Anniversary Edition ●
タワーレコード限定企画のスペシャル・コンピレーション
LM Searches_0202jpg

詳細・購入はコチラから。

PLAYLIST
●Kanazawa 監修 Playlist ●

●ビクター編『Light Mellow 〜 City Pop Collection』
●コロムビア編『J-DIGS: Light Mellow City Essence Vol.3』
citty essence 3
apple music
spotify
隔月公開予定/全6回
11.3. レコードの日
Light Mellow 和モノ45 復活!

和モノ45 logo
2020.11.3.レコードの日に、以下4枚の7inchをreissue
noriyo ikeda_glass
■池田典代■
ガラスの虹/リトル・チャイルド(未発表曲)

yamagata_smile
■やまがたすみこ■
あの日のように微笑んで/ほろ酔いイヴ

paris match_saturday
■ paris match ■
Saturday/SILENT NIGHT

yuko imai_stay with me
■今井優子■
真夜中のドア〜Stay with me〜/TRUST YOUR HEART

詳細・購入はこちらから
レコードの日オフィシャル

Light Mellow 和モノ
Recent Comments
Article Serch
Archives