Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

AOR Light Mellow

■ SUMMER BREAK 〜 Postcard From AOR City

summer break

11日はカナザワがコーディネイター的に関わっている今井優子のアコースティック・ライヴ『今井優子 Performance 2019 Vol.1 〜 Acoustic Set 〜』 @六本木 BIRDLAND 。そのライヴの模様は、今井優子オフィシャル・ニュース・ブログ、もしくはオフィシャル・サイト をご覧いただくとして…。そのため当日は、午後早い時間から深夜までヴェニューに詰めていたので、ココでは午前中に家の雑事〜出掛ける準備の時に聴いていた、このコンピレーションを。

続きを読む

■TIME TO DECIDE / AL SUNNY

al sunny

カナザワがP-VINEとのコラボで展開中の【Light Mellow Searches】、ちょいリリースから遠ざかっていたが、今年初のご紹介、アル・サニーのデビュー盤が、来週15日に発売される。AORというよりは、いま何かと話題のヨット・ロック・テイストが漂う一枚で、ノスタルジックなUS的解釈、ウエストコースト色を汲む欧州的解釈、新時代のAORセンスを感じさせる日本的解釈のクロスポイントに位置する、極めて今様のAOR / ヨット・ロック・アルバムではないかと。

続きを読む

■ DOWN TWO THEN LEFT / BOZ SCAGGS

boz_down two then left

現在、好調にジャパン・ツアーを展開中のボズ・スキャッグス。前半戦の仙台と東京3公演は既に終わり、残すは大阪・広島・名古屋となっている。その模様はSNSや関連サイトのアチコチで紹介されているが、今回カナザワは連休明けのスケジュールが見えず、東京公演に足を運ぶことができなかった。ようやく都合が付いたら、東京3公演とも既にソールド・アウト。まぁ、最近は来日の度に観に行っていたので、さほどの悔しさはないのだが、<Loan Me A Dime>はまたナマで聴きたかったな…。

続きを読む

■ BONES

bones

ファラガー・ブラザーズの前身ボーンズの1st アルバムが韓国 Big Pink で世界初CD化され、その国内仕様盤が4月末にリリースされた。同じ Big Pink から出たファラガーズ 1st の方は、拙監修【Light Mellow's Choice】でピックアップした(その時のポストはココから)が、72年産でまだAOR要素に乏しいボーンズは、そのまま Big Pinkシリーズでの国内流通。そこにブルー・アイド・ソウルというよりファンキー・ロック色濃厚なボーンズの立ち位置が見え隠れする。

続きを読む

■ BOTH SIDES / MARC JORDAN

marc jordan_both sides

マーク・ジョーダン、約6年ぶりのニュー・アルバムが登場。しかも今回は、輸入盤国内仕様ながら、超久々に日本盤が流通している。最後の日本盤が96年の『COOL JAM BLACK EARTH』だから、国内流通は実に23年ぶり。それなのに “今も絶大なる人気を誇る” としたキャッチコピーには笑ってしまったが、AOR方面では確かに固い支持があり、初期カタログは何度もリイシュー。12年にはブルース・ガイチ&ジェイニー・クルーワー presents 『AOR Tokyo Session Vol.1』のゲストとして来日したこともあった。

続きを読む

■ FROM SILK DEGREES・GREATEST HITS 〜 Japanese Single Collection 〜 / BOZ SCAGGS

boz_from silkboz_jap singles

このゴールデンウィーク終盤の仙台公演から、約4年ぶりの来日公演をスタートさせるボズ・スキャッグス。来日記念的に古巣ソニーから2アイテム、7インチ・アナログ盤『FROM SILK DEGREES』と、ソニーから日本発売された全シングル曲とMVを網羅した2枚組『GREATEST HITS 〜 Japanese Single Collection 〜』が発売された。カナザワは前者の解説を執筆させてもらっている。

続きを読む

■ GIRL AT HER VOLCANO / RICKIE LEE JONES

rickie lee_live

来月来日公演を行なうリッキー・リー・ジョーンズ、12年の紙ジャケ再発時に対象から漏れてしまったライヴ盤『GIRL AT HER VOLCANO(マイ・ファニー・ヴァレンタイン)』(83年)を、この期に完全限定のリマスター/初紙ジャケ化。その解説を書かせて戴いた。

続きを読む

■ FM YOKOHAMA presents CROSSOVER LABORATORY TALKING SESSION VOL.1

Crossover Laboratory  Talking session vol.1

ブルー・ペパーズ福田直木がFMヨコハマからお届しているAOR/Crossover系音楽啓蒙プログラム『CrossoverLaboratory』の、初となる公開収録イベント『CROSSOVER LABORATORY TALKING SESSION VOL.1』にお呼ばれしました。何と、25年ぐらいの付き合いになるAOR狂ミュージカル・スター:石井一孝(Queen Freakでもある)と一緒


続きを読む

■ YACHT ROCK(ヨット・ロック)

yocht rock_du

少し前にミュージックマガジンのヨット・ロック特集に寄稿し、こちらの記事をアップした。その後、DU BOOKから刊行された『ヨット・ロック』本をジックリ読んで、このヨット・ロックなるシロモノについて、更なるトコロが見えてきた。看板とか定義なんてどうでもイイぢゃん、という声も少なからずありそうだが、それには半ば同意しつつ、でもそのあたりの蘊蓄を語るのが自分の役割でもあるので…

続きを読む

■ WILDERNESS ROAD / GINO VANNELLI

gino_wilderness

AORレジェンドの一人であるジノ・ヴァネリ、純粋な新録作としては『A GOOD THINGS』以来10年ぶりとなる超待望のニュー・アルバムが届いた。14年には『LIVE ON L.A.』なるCD/映像作品があったが、それから数えても数年ぶり。コンスタントにライヴ活動を展開している情報は入っていたので、お久しぶり感はなかったが、最近活発なAORのベテラン勢にあっては、ちょっと影に隠れた存在に甘んじていたかもしれない。

続きを読む

■ A SYMPHONY OF HITS / MICHAEL BOLTON

michael bolton_symphony

前ポストのシンプリー・レッドからのシンフォニー繋がり。マイケル・ボルトンは2018年に、オーストラリアとニュージーランドで60人編成のオーケストラと共演するシンフォニー・ツアーを開催していて、大好評を得た。その勢いに乗って、デビュー50周年記念作品として、オーケストラとの共演による新録ベスト・アルバムを企画。それがこの『A SYMPHNY OF HITS』になる。シンプリー・レッドはライヴ作品だったが、ボルトンはスタジオ録音。それぞれに魅力があるのは言うまでもないが、スタジオ作の方がアルバムとしての完成度が高くなるのは当然だろう。ボルトン、ミック・ハックネル共に、シーンを代表するブルー・アイド・ソウル・シンガー。ハックネルがポスト・パンク、ボルトンがハード・ロックと、デビュー時の音楽はおおよそオーケストラとは縁遠かったのも共通している。

続きを読む

■ Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ Vol.15 ボズ・スキャッグス特集 @ 神保町 楽器カフェ

音盤_boz

開催場所と日時を変更してから2回目となる、Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ Vol.15の詳細が決まり、本日から予約をスタートしました。

特集は、来月に来日公演を控えるボズ・スキャッグス。そのアナログ盤を、いつものようにハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルで聴き倒します。来日に合わせ、シングルとDVDのコレクション、4曲入りの7インチ・シングル『FROM SLIK DEGREES』もリリース(後者はカナザワ解説)。レア曲に加え、最近のブルース・アルバムもアナログでお聴かせします。来日公演に行かれる方は、復習にも最適でしょう。

詳細は 楽器カフェのオフィシャル・サイト から。
ご予約は、楽器カフェ 予約ページ にて。

心よりお待ち申し上げます。


■ ONDA NOVA / LUCAS ARRUDA

lucas arruda_019

目下の最ヘヴィー・ローテーション あまりに良くて、2枚組のアナログ盤までゲットしてしまった。それがルーカス・アルーダのニュー・アルバム『ONDA NOVA』。15年の前作『SOLAR』もかなりのデキで愛聴盤の仲間入りをしたけれど、それとは段違いの気に入りよう。クオリティが上がったというより、微妙な方向性の変更・修正が、自分のツボにハマったのだ。

続きを読む

■ TOMMY LiPUMA WORKS

tommy lipuma works

外国人に比べ、名人芸や職人技を尊ぶのが日本人の気質。だからこそ、こういう編集盤が生まれたのだろう。先月末に発売された、稀代の名プロデューサー:トミー・リピューマの仕事45曲を集めた3枚組『TOMMY LIPUMA WORKS』が素晴らしい出来栄えだ。デヴィッド・フォスターを考えると分かりやすいが、メガヒットを連発した80年代後半以降のフォスター・ワークス集は海外で編成されるのに、それ以前のAOR的フォスター作品集は日本でしか出ない。そうなると、芸術性はフォスター以上に高いものの商業性には乏しいトミー・リピューマのワークス集は、当然のように日本発信になる。もちろんリピューマの偉業を知る人は海外にだって大勢いるけれど、こうしてパッケージとして成立するとは思われていないのが現状。だからこの『TOMMY LIPUMA WORKS』は、日本の音楽シーンが世界に誇る編集盤だと言って良い。

続きを読む

■ ミュージック・マガジン3月号 特集:AOR / ヨット・ロック ベスト100

music magazine 2019.3

現在発売中のミュージック・マガジン3月号の創刊50周年特集第2弾『AOR / ヨット・ロック・ベスト100』に寄稿している。同社レコード・コレクターズ誌には準レギュラー的に書いているが、本体のマガジン誌でこうした記事に原稿を書くのは初めて。それだけマガジン誌とAORには溝があった。今回も特別に近しい関係になったとは思わないが、ヨット・ロックが介在することによって、シンパも批判派もAORを突き放して、少し冷静に見つめる機会が得られたのだと思う。

続きを読む

■ Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ Vol.14 TOTO特集 @ 神保町 楽器カフェ

lightmellowイベント201902-9ol

約半年ぶりの『Light Mellow presents 音盤&トーク・ライヴ』。場所を都心の神田神保町、開催日を土日からウィークデーに移しての初開催で、果たしてお客様にお集まりいただけるのか不安もあったが、来日直後で限定BOXの発売もあったTOTOをネタにしたタイミングの良さが手伝って、これまでよりも多くの方々に来場していただいた。まずはお運びいただいた皆さま方に 改めて多謝 m(_ _)m

続きを読む

■ TOTO - 40 TOURS AROUND THE SUN JAPAN TOUR @日本武道館

toto in japan 2019

2019年版TOTO@日本武道館、結構な お席で観てきました。17回目のジャパン・ツアーというから、自分も10回以上観ていることになるけれど、前から数列目でTOTOのステージに接するのはサスガに初めて。武道館はステージが高いから、前過ぎるとステージの後ろ半分が見えなかったりするので、これはちょうど良い案配。チケットも Sold Out で、急遽追加席が当日券として出たくらいで、最上階の上までパンパンに膨らんでいた。オーディエンスは当然イイ歳の方々が中心ながら、定刻を過ぎてからは、客入れBGMが終わるたびに拍手が沸き上がるほどの熱気に包まれている。エルダー・リスナーはライヴ慣れしているから、結構クールにスタートを待つ傾向が強いので、TOTOファンはそれだけ熱い期待を寄せているのだ。(以下ネタバレあり)

続きを読む

■ STEVE LUKATHER 自伝『THE GOSPEL』トーク&サイン会 @ DISK UNION JAZZ TOKYO

Luke サイン会

大盛況のうちに終了しました。スティーヴ・ルカサー自伝『THE GOSPEL』発売記念のトーク&サイン会@Disk Union JAZZ TOKYO(御茶ノ水)。これまでにゲストを招いたインストアのトーク・ショーは何度か経験してますが、通訳挟んでの外タレ公開インタビューは初めてかも。しかもお相手は、かのスティーヴ・ルカサー。過去2〜3度顔を合わせ、インタビューもしているので、そういう意味で気が楽だったものの、やっぱり大物だけに、お客さまたちの目の前で…、というのは緊張します。

続きを読む

■ CUT THE CAKE +2 / AVERAGE WHITE BAND

awb_cut the cake

アヴェレイジ・ホワイト・バンド、15年に発売した拙監修リイシュー・シリーズの新装盤が、一気に7作、再登場。19年最新リマスター+ボーナス・トラック新規追加で、ライナーも最新情報を盛り込むなど手を入れている。今回リイシューされる7作は、73年のデビュー作『SHOW YOUR HAND』から、お風呂ジャケで知られる78年作『WARMER COMMUNICATIONS』まで。前回シリーズでは2枚のレア・トラック集に分散していた楽曲を、然るべきアルバムにボーナス収録したのが今回の目玉だ。

続きを読む

■ 40 TOURS AROUND THE SUN / TOTO

toto_40 tours blu-ray

40周年記念ツアー『40 TRIPS AROUND THE SUN TOUR』での来日を目前に控えたTOTOの最新ライヴ映像が到着。日本公演の予習的に目を通した。収録されたのは、昨年のヨーロッパ・ツアーから、3月に行われたオランダ・アムステルダム公演にて。25周年ライヴも同じアムステルダムでのライヴだったから、よほどお気に入りの地なのだろう。スティーヴ・ルカサーのMCによれば、TOTOの楽曲が世界で最初にチャート首位を記録したのが、このオランダだったとか…。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TALK EVENT
音盤&トークライヴ Vol.15 特集:ボズ・スキャッグス
音盤_boz
6月7日(金)
19:00 open / 19:30 start
@ 神保町 楽器カフェ
2000円+1 drink
詳細・ご予約は 楽器カフェ

CROSSOVER LABORATORY Taking Session vol.1 Crossover Laboratory  Talking session vol.1
ブルー・ペパーズ福田直木がFMヨコハマからお届けする番組の初めての公開収録イベント
6月29日 (土)
@渋谷THE RALLY TABLE
出演:福田直木・
Guest:石井一孝・金澤寿和
詳細はこちら
TOPICS
選曲・監修しました Light Mellow in SOLAR

5月22日発売

WORKS - 解説
Light Mellow on SOLID
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

LIVE Light Mellow Vol.2
昨年に続いて今年も開催決定!

◆伊藤銀次・尾崎亜美・南佳孝
6月14日(金)
新宿全労済ホールスペースゼロ
18:00 open / 18:30 start
¥6,500-
LLM 2
詳細・購入はこちらから
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 西松一博 復刻◆
《タワーレコード限定》
nishimatsu 1
● GOOD TIMES +6 ●
購入はこちらから

nishimatsu 2
● 貿易風物語 ●
購入はこちらから
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ