Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Hard Rock

■ EXPOSED・MISUNDERSTOOD / STRIDER

strider 1strider 2

70年代ブリティッシュ・ハード・ロック界隈では、“B級” というのは一種の褒め言葉だ。トップ・クラスにはなれなかったが、どうにも愛着が湧いてしまう、そんな意味合いに於いて。70年代半ばに2枚のアルバムを残して消滅したストライダーというバンドは、まさにそうしたB級グループ。後々までシーンで活躍し続ける実力派メンバーを擁し、アルバムへの評価もそれなりに高かったのに、成功には届かなった。しかも弱小レーベルからのリリースだったため、1stは今回が世界初CD化。2ndは過去デジパックでのCD化があったが、ブートだ、イヤ正規盤だと物議を醸したコトがある。もちろん今回は、再発レーベルとして定評のある英Cherry Redからエアーメイル・レコーディングスへのライセンスによる正規紙ジャケ仕様盤だ。

続きを読む

■ DUSTY HILL(Z.Z.TOP)passed away

zz top_fandangoopoyi_1rvsTwlT4ER.jpg (1)

国内外から訃報が多い昨今、今日は朝一番で、ZZトップのベース、ダスティ・ヒルの訃報が入ってきた。現地時間7月28日、ヒルがテキサス州ヒューストンの自宅で睡眠中に亡くなったことを、メンバーのビリー・ギボンズ(G,Vo)とフランク・ベアード(Dr)が発表。享年72歳。
「僕らは永遠に“Blues Shuffle in C”で繋がっている。アミーゴ、ものすごく寂しくなるよ」

続きを読む

■ KINGS OF OBLIVION / PINK FAIRIES

pink fairies

参加させてもらったレコードコレクターズ誌2021年8月号『70年代 ハード&ヘヴィ・アルバム・ランキング100』ネタを、もう一度。誌面で発表された100枚に、音を全く知らないグループはなかったし、9割方の作品は今も拙宅ライブラリーに鎮座している。そのほとんどは学生の頃に親しんだモノだけど、後付けで知ったバンドの中には、CDを持っていてもあまり馴染みの薄いのもあって。タイミングよく廉価再発も重なり、選盤時に久々に聴き直したのが、このピンク・フェアリーズの73年作『KINGS OF OBLIVION』だった。

続きを読む

■ INNOCENT VICTIM / URIAH HEEP

uriah heep_innocent victim

往年のブリティッシュ・ハード・ロックの名グループで、現在も活動を続けているユーライア・ヒープ。しかし昨年から元メンバーの訃報が相次いでいて、9月にドラムのリー・カースレイク、11月に全盛期の実質的リーダー格だったケン・ヘンズレー(g,Kyd)が鬼籍に。そして今度は2代目シンガーだったジョン・ロートンが、6月29日に死去。死因は「病気ではない」としか明かされておらず、家族に看取られたそうだ。享年74歳。

続きを読む

■ TED NUGENT

 ted nugent

引き続き、レコードコレクターズ誌8月号の特集『70年代ハード&ヘヴィ・アルバム・ランキング』の執筆関連ネタから。これも現段階では、掲載ランキングに入ったか否かは伏せておくが、超久々に聴き直し、こういうエンターテイメント性の高いおバカなハード・ロックは、たまに聴くとキモチいいなぁ〜と。ブリティッシュ勢はどうしても湿ったり暗くなるが、アメリカ勢はカラリとドライ。キッスやアリス・クーパーなど、笑いながら周りを蹴散らしていく豪快な疾走感がある。デヴィッド・リー・ロス在籍時のヴァン・ヘイレンも、また然りで。

続きを読む

■ BRIDGE OF SIGHS / ROBIN TROWER

robin trower 74

横浜アリーナでの角松敏生 40th Anniversary Live の余韻を引きずりつつ、レコードコレクターズ誌8月号の特集『70年代ハード&ヘヴィ・アルバム・ランキング』の執筆。既にランキング選出は終えていて、編集部でトップ100を集計。そこに入ったアルバム・レビューを25人の選者が執筆する段である。もちろんそこに書いたネタは、レココレ誌の発売を待ってそちらでお読みいただくとして、ココではその企画に触発されて聴いたネタを。自前ランキング候補はすぐに50組くらい挙がったけれど、アーティストによってはどのアルバムを選ぶか、それをどうやって所定の30枚に絞り込むかに悩み、結構いろいろと聴き漁った。現段階ではまだ、本ランキングに入ったか否かも伏せておきます。

続きを読む

■ WHITESNAKE / DAVID COVERDALE

david coverdale

ちょっと煮詰まった時は自分のルーツに回帰、というコトで、デヴィッド・カヴァーデイルが77年にリリースした1st ソロ・アルバム『WHITESNAKE』。今ではすっかり彼のバンドとして有名になり、全米No.1ヒットまで出しちゃったけれど、オールド・ファンが最初に接したホワイトスネイクは、バンド名ではなく、このアルバム・タイトルだった。プロデュースはロジャー・グローヴァー、ベーシック録音はイアン・ギランが所有するキングスウェイ・スタジオ、そして発売元がパープル・レコード。まさにファミリー総出のソロ・デビューだった。

続きを読む

■ STRANGERS IN THE NIGHT -Deluxe Edition- / UFO

UFO boxUFO box2UFO box3UFO box4

ハード・ロック史に燦然と輝くUFOの名ライヴ盤『STRANGERS IN THE NIGHT』(79年発表)のデラックス・ボックスが、ようやく手元に。昨年11月頃にリリース情報を知り、すぐさまチェックするも、どこもかしこもソールド・アウト。でもココで焦っては無用に高価なのを掴まされるだけ、と様子見していたら、最近になってようやく出回り始めた。ちょうどレコードコレクターズ誌の年明け恒例【リイシュー・アルバム・ベスト】の選考でも、堂々ハード&ヘヴィ・セクションの第1位に。こりゃあ〜一気に国内需要が高まりそうだな。

続きを読む

■ FLOWERS OF EVIL / MOUNTAIN

mountain

クリスマスだというのに訃報が。米国の伝説的ハード・ロック・バンド、マウンテンの中核だった巨漢ギタリスト:レズリー・ウェストが、12月22日に逝去。ローリング・ストーン誌によると、レズリーは今週初めにフロリダの自宅で心停止に陥り、意識不明に。そのまま亡くなったという。享年75歳。

続きを読む

■ PWR UP / AC/DC

ac:dc_power up

この処、朝のウォーキングのBGMでよく聴くのが、AC/DC奇跡の新作『PWR UP(POWER UP)』。こういうアルバムを聴きながら抜けるような秋空の下を足早に歩いていると、気分爽快、エラく元気が出る。まさに『PWR UP』そのままだが、6年前の前作『ROCK OR BUST』を出した後には、様々なトラブルが次々発生。5人のメンバーのうち3人が不在となり、バンドの存続さえ危ぶまれていたのだ。

続きを読む

■ KEN HENSLEY passed away

uriah heep_magisian'sken hensley

寝ようと思ったら訃報が。元ユーライア・ヒープの頭脳だったケン・ヘンズレー(kyd)が逝去した。現時点では死因は明らかにされていないが、割と急だったらしく、闘病は短期間だったとか。実際久々のソロ・アルバムを完成させたばかりで、来年2月に発売予定だったという。享年75歳。

続きを読む

■ VAN HALEN

van halen

朝イチで飛び込んできたエディ・ヴァン・ヘイレンの訃報。自分もすぐに2本ほどポストしたけど、SNSは一日中、エディ追悼記事で溢れ返った。ガンと知らされてから長い時間が経ち、その間に新作発表や来日公演もあったから完治したのだと思っていたら、人知れず何度も再発・治療を繰り返していたようで、とうとう力尽きてしまったらしい。ハード・ロック・ギターの革命児としては呆気ない死だった。享年65歳。まだ若いヨ…

続きを読む

■ LEE KERSLAKE passed away

uriah heep_diamonds wizardsleekerslake

また訃報。全盛期のユーライア・ヒープや、ソロ転向直後のオジー・オズボーンのバンド:Blizzard Of Ozzで活躍したドラマー、リー・カースレイクが、19日早朝に亡くなった。前立腺ガンで闘病していたという。かつてヒープの中核だったケン・ヘンズレーは、「キツイね。私の55年の音楽キャリアに於いて、最高のドラマーだった」と追悼コメント。享年73歳だった。

続きを読む

■ WHOOSH ! / DEEP PURPLE

deep purple_whoosh!

あいやぁ〜、コレは傑作。デビューから52年、再結成から26年。リッチー・ブラックモア脱退から数えると7作目のスタジオ作。ジョン・ロードも抜けて、イアン・ペイス、イアン・ギラン、ロジャー・グローヴァー、スティーヴ・モーズにドン・エイリーという現行の陣容になってからは、17年目で5作目となる。もっというと、ベテラン・プロデューサーのボブ・エズリンと組んでからは3作目。今の充実ぶりは、このエズリンあってこそだろう。前作『INFINITE』(17年)が最後のアルバムと言われていたけれど、こうして新作が出た。またコロナ禍で、予定されてたファイナル・ツアーが1年先送りになったことから、もう1回スタジオに戻る可能性もあるという。頑張るな、爺さんたち

続きを読む

■ PETE WAY - Bass Player of UFO Passed Away

ufo_no placeufo_no heavey petting

先日のマーティン・バーチに続いて、英国のハード・ロック・ファンにはまたまた悲しいお知らせ。UFOの結成メンバーでベース・プレイヤーのピート・ウェイが、14日に69歳で亡くなった。2ヶ月ほど前、事故で生死に関わる怪我を負い、懸命に治療に当たっていたが、残念ながら…、ということらしい。事故の内容は現時点では不明。既にUFOや元メンバーのマイケル・シャンカーから追悼コメントが発表されている。

続きを読む

■ Producer - MARTIN BIRCH passed away...

whitesnake_ready

相変わらず訃報が多い昨今。今度は英国人プロデューサー:マーティン・バーチ逝去の報が。亡くなったのは9日。バーチはディープ・パープル、レインボー、ホワイトスネイク、ブラック・サバス、アイアン・メイデンなど、ブリティッシュ・ハード・ロック系を得意としたエンジニア/プロデューサー。70年代に入る頃から頭角を現し、他にもフリートウッド・マックやジェフ・ベック・グループ、フェイセズ、ウィッシュボーン・アッシュ、ブルー・オイスター・カルトなどのエンジニア/プロデューサーとして働き、92年にアイアン・メイデン『FEAR OF THE DARK』の制作後、音楽業界から引退していた。享年71歳。

続きを読む

■ PAUL CHAPMAN (UFO, Lone Star)passed away

ufo_wild51jmH6AKAEL._AC_SY450_

またも訃報が続いている。スキッド・ロウではゲイリー・ムーアの、UFOではマイケル・シェンカーの後釜を務めたスーパー・サブのような英ギタリスト、ポール・チャップマンが、6月9日、66歳の誕生日その当日に亡くなった。チャップマンは78年にマイケル・シェンカーの脱退後UFOに加入して注目されたが、彼がUFOに参加したのはそれが初めてではなく、実は74年のシェンカー在籍中にも一度加入している。シェンカー加入時は4人でスタートしているから、そこにチャップマンを迎えてツイン・ギター編成を試みたのだろう。しかしコレはうまく行かず、チャップマンは半年ほどで離脱。シェンカー期の2作目『FORCE IT』は、4人編成のまま、kydをゲストに呼んで制作された。

続きを読む

■ ALL THE WORLD'S STAGE / RUSH

rush live

年明けから訃報が続きます。今朝、朝イチで飛び込んできたのは、ラッシュのドラマー:ニール・パート逝去の知らせ。3年ほど前から脳腫瘍を患って闘病生活を送っていたが、1月7日、米西部カリフォルニア州サンタモニカで亡くなったという。享年67歳。

続きを読む

■ ALIVE ! / KISS

kiss alive

今年最後のポストがニール・イネスの訃報というのも悲しいので、ちょっとチラ見したNHK紅白に出演していたキッスをネタに。ちょうど彼らもフェアウェル・ツアーで世界中を廻っており、この12月に来日して最後のジャパン・ツアーを開催した。70年代、最初の2度の来日を観ているので、見納めに行きたい気持ちもあったけれど、チケットは高いし、いろいろ都合もあって断念。来日中にクルマでこの最初のライヴ盤を聴いて、気を紛らわしていた。やっぱり自分にとってのキッスは、『LOVE GUN』(77年)の頃までなんだな。

続きを読む

■ QUEEN II

queen II

このところ各種案件が目白押しで、ドタバタあたふたウレシイ悲鳴。少し前までは、このペースで仕事が減り続けたら、近い将来バイトせにゃあアカンかなァ、と思っていたのがウソのよう。でもこの商売、いくら忙しくてもまともにカネにならないので、せいぜい 好きな音楽聴いて喰うに困らず…、程度なのだが… でもライフワーク的なロング・タームの仕事に取り掛かったところに、いくつかの音専誌からほぼ同時に原稿依頼が舞い込み、しかもこれがみんな年末進行で、ヒョエ〜 オマケにビートルズに1月来日のクイーン、なんてベーシックなネタが重なってビックリ。でも AORとシティポップだけじゃないところが、自分としては嬉しいのだ アッ、そうだ! 欠礼のハガキも早く出さなきゃ!(今度の正月は喪中です〜関係各位)

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● Blue Peppers 待望の新作『SYMPHONY』12月8日発売●

blue peppers_symphony
予約受付中! 以下をクリック
SYMPHONY

●「真夜中のドア〜stay with me」をフィーチャーした松原みき×林哲司の全曲コンピレーション・アルバムが発売!●


解説を担当しています

●フュージョン・ライヴ名盤『CASINO LIGHTS』が、世界初2枚組仕様『CASINO LIGHTS TWINS:LEGENDARY LIVE AT MONTREAUX JAZZ FESTIVAL 1981』として復刻●

casino lights twins

カナザワ監修・解説
ブロク記事はこちら
商品詳細・好評発売中!
※タワーレコード限定商品
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

Liner Notes
Light Mellow ANALOG
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

AOR Light Mellow Premium
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
大好評発売中
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

Recent Comments
Article Serch
Archives