Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Progressive Rock

■ ANIMALS - 2018 REMIX - / PINK FLOYD

floyd_animals 2018 remix

ピンク・フロイドの77年作『ANIMALS』のニュー・リミックス盤をゲット。2022ではなく2018 Remix とあるのは、ずーっとフロイドのリマスターを手掛けていたジェイムス・ガスリーがこの年にリミックス作業を完了させたのに、デヴィッド・ギルモアとロジャー・ウォーターズの確執から4年間も発売延期になっていたためとか。あ〜、アホらし。それでもニュー・ヴァージョンを聴くと、グイグイと引き込まれてしまう自分がいる。

続きを読む

■ THE MYTH OF THE MOSTROPHUS 〜神獣伝説〜 / 奥本亮

ryo okumoto

あぁ、自分ももう口から火でも吹きたい気分。ライフワーク的なディスクガイド『AOR Light Mellow Premium 02』の入稿締め切り目前なので、仕方ないと言やぁそうなのだが、他にもレコーディング案件やら、監修案件やら、大きめの仕事がテンコ盛りで、軽くパニック状態。行きたいライヴも諦めたり、うっかり忘れていたりで、かなりストレスフル。そういう時に聴きたくなるのは、やっぱりハード・ロックとかプログレなんだな。

続きを読む

■ FROM THE NEW WORLD / ALAN PARSONS

alan parsons 022

アラン・パーソンズ・プロジェクトと混同されるが、アラン・パーソンズのソロ名義では『THE SECRET』(当時のポストはココから)以来、3年ぶり6作目となる『FROM THE NEW WORLD(新世界より)』がリリースされた。『THE SECRET』は、引退示唆などを挟んでの十数年ぶりのカムバック作品で、復活したら いきなり大規模ツアーとシンフォニー共演、そしてそれぞれのライヴ映像作を出すというアクティヴさ。そうこうするうちにこのニュー・アルバムなので、70歳代になって最後の荒ら稼ぎかいッなんて思ったりするが、まずはアラン、元気そうで何より。

続きを読む

■ CLOSURE / CONTINUATION / PORCUPINE TREE

porcupine tree

連日のブラック系ご紹介から、一気に重厚なネオ・プログレへ。最近はミュージシャン/シンガーというより、もっぱら英国系大御所バンドの再発リミックス・エンジニアとして名前を見ることが多かったスティーヴン・ウィルソン率いるポーキュパイン・ツリー、13年ぶりのニュー・アルバム『CLOSURE / CONTINUATION』が素晴らしい。

続きを読む

■ LIVE AT THE BUDOKAN TOKYO 1983 /ASIA

asia in asia

エイジアの1983年12月の来日公演ライヴ@日本武道館、『LIVE AT THE BUDOKAN TOKYO 1983 』=『ASIA IN ASIA』のボックス・セット(Blu-ray+ 2CD)をゲット。この時の武道館公演2デイズのうち、2日目の12月7日のライヴがMTVの生中継で全米にオンエア。それゆえ『ASIS IN ASIA』のタイトルが生まれたワケだが、その模様は後にレーザー・ディスク化され、ヴィデオでも市販された。ライヴ・アルバムにはならなかったが、映像・音源ともにブートでは定番化。少し前にもハーフ・オフィシャルのCDが出回っていたので、この時の武道館に足を運んだ者として、思わず買いそうになった。が、グッとこらえて大正解。今回はエイジア・ヘリテッジというオフィシャル・チームの企画で、スティーヴ・ハウ監修、アートワークはお馴染みロジャー・ディーンによる書き下ろしになっている。日本で制作されたボックスには、当時のパンフレットとチケットのレプリカも付属。自分には不要だけど(パンフは本物あるし…)、まぁ 至れり尽くせり。

続きを読む

■ ALAN WHITE as Drummer of YES has passed away

alan whiteyessongs
yes 90125white

深夜、日付が変わって間も無く飛び込んできた訃報は、イエスのアラン・ホワイトの逝去を伝えるもの。5月26日、シアトル近くの自宅で亡くなったらしい。先日『危機』50周年のジャパン・ツアー決定の報に触れたと思ったら、その後すぐに、アランが体調不良によりツアーには不参加、との告知。元々アランは2016年頃から背中や腰を痛めてマトモにドラムを叩けず、代役ジェイ・シェレンを帯同。19年の来日公演も本編はシェレンが叩き、アンコールにだけ登場した。それと今回の急死に関係があるかどうかは不明ながら、家族や関係筋は “短い闘病生活の末”、と表現しているので、直接的な関係性は薄いのかもしれない。享年72歳。

続きを読む

■ VANGELIS passed away

aphrodite's clildvamgelis_spiraljon & vangelisvangelis_chariots
vangelis

『BLADE RUNNER』や『CHARIOTS OF FIRE(炎のランナー)』など、数々の映画音楽で有名なギリシャの作曲家・シンセサイザー奏者ヴァンゲリス(Vangelis)が、5月17日、パリの病院で逝去。新型コロナに罹患し、治療を受けていたという。享年79歳。『炎のランナー』のテーマ曲は全米No.1ヒットになり、1982年のアカデミー賞で作品賞とオリジナル作曲賞を受賞。この曲は1924年に開催されたパリ五輪の陸上選手の物語を映画化したものだったが、ヴァンゲリス自身がオリンピックに縁深く、2000年のシドニー五輪閉会式で音楽監督を務め、オーストラリアからギリシャへオリンピック旗を引き継ぐ際の音楽を担当。当然のように04年アテネ五輪でも公式に音楽の一部を手掛けている。2002年 FIFAワールドカップの公式アンセムのほか、バレエ音楽や舞台音楽などの仕事も多い。

続きを読む

■ 『カンタベリー・ロック完全版』にまつわる雑感

カンタベリーロックcaravan_for girlsgong_shamal

先月の発刊以来、自分のすぐ脇に置いて、仕事の合間にチラ見しながら音を聴いたりしていたカンタベリー・ロック本。今もそのパターンは続いているが、企画元の和久井光司さんはもう次の本に向かってらっしゃるので、その前に書いておこうと。それにしても和久井さん、その都度チームを組んで動いているとはいえ、1年に何冊の本を作っているのだ? こちとら1年以内に1冊出す予定が、1年半経ってもようやく先が見えてきたところだというのに…

続きを読む

■ FIELDS

fields

前日のアフィニティの余韻で、またしてもブリティッシュ・ロック/プログレ系のフィールズ、71年発表の唯一のアルバムを。メンバーは元レア・バードのグラハム・フィールド(kyd)、元キング・クリムゾンのアンドリュー・マカロック(ds)、そして当時売り出し中だったアラン・バリー(g, b. vo)というキーボード・トリオ。3人とも英国ドーセット州出身で、同郷ロバート・フリップの人脈に近い、というのがポイントだろう。

続きを読む

■ AFFINITY

affinity

日曜の名物FM番組:山下達郎サンデー・ソングブックのリクエスト特集にて、何とアフィニティ<Eli's Coming>。リクエストを出した主は、何と達郎バンドのkyd:難波弘之。ウチワで何やってんだよ〜、と苦笑しながら、難波さんのルーツという話にナルホド、と。そこで思わず、CDを引っ張り出してみた。リリースされたアルバムはコレ1枚きりだけど、英国ロックきってのレア盤として知られ、何度も何度も繰り返し再発されている。実際、我が家にも複数。オリジナル・アルバムは7曲入りだったが、それが紙ジャケット化された時だったかボーナス曲8曲追加の15曲入りとなり、更にデラックス・エディションの2枚組になり、気がつけばいつの間にか4枚組ボックス仕様が出ていた。

続きを読む

■ IAN McDONALD passed away

king crimsonmcdonald giles (1)
foreigner 2ian mcdonald

ちょっとショック キング・クリムゾンやフォリナーの結成メンバーとして知られるイアン・マクドナルドが、2月9日、ニューヨークの自宅で亡くなった。家族に囲まれての、安らかな旅立ちだったという。死因はガンで、享年75歳。クリムゾンはオフィシャル・サイトで、“イアンのキング・クリムゾンへの貢献はかけがえのない深いもの” と追悼コメントを発表している。

続きを読む

■ THE ZEALOT GENE / JETHRO TULL

jethro tull_zealot gene

折角の週末だというのに、コワいジャケットでスミマセン… でも内容はそこまでオドロオドロしくなく、重厚ながらも叙情的だったりジェントルだったりで、アートワークのイメージよりも遥かに聴きやすく。ブリティッシュ・ロック界のレジェンド、ジェスロ・タルの18年ぶりのニュー・アルバム『THE ZEALOT GENE(ザ・ゼロット・ジーン)』。ジャケに写る人相が悪いオッサンは、タルを率いるイアン・アンダーソン。かつては樵(きこり)みたいな風貌で、フルートの一本足奏法を披露していた彼も、ずいぶんコワモテのジジイになった。

続きを読む

■ McDONALD and GILES

mcdonald giles

オリジナル・キング・クリムゾンの2人、マクドナルド&ジャイルズによる唯一のアルバム『McDONALD & GILES』が、98年以来となる紙ジャケ再発。…というワケで、買い直すべきか否か、と聴き直している。オリジナル・リリースは1970年。つまり、イアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズは、かの伝説的名盤『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING(クリムゾン・キングの宮殿)』発表直後に、さっさとグループを脱退してしまったのだ。何でも、1ヶ月に及んだ過酷なUSツアーがナイーヴな2人を疲弊させ、ロバート・フリップに脱退を通告させたとか。


続きを読む

■ THE FLOCK

the flock

少し前にトリリオンやデヴィッド・サンシャスを紹介した、ソニー・ミュージックの【プログレッシヴ・ロック紙ジャケット・コレクション Vol.3 アメリカンロック編】から、何と28年ぶりの国内再発になるというザ・フロックのデビュー・アルバム(69年)を。看板はプログレだが、作品的にはジャズ・ロックの趣きで、しかもフィーチャーされるのはジェリー・グッドマンのヴァイオリン。それなのに3管を擁し、ブラス・ロック的側面もあるという個性派だ。早い話、ブラッド・スウェット&ティアーズにヴァイオリンを放り込んだようなスタイルを持っている。

続きを読む

■ I DREAMED OF ELECTRIC SHEEP(電気羊の夢を見た)/ PFM

pfm_2021

今日は各方面のライヴ・イベントからインヴィテーションを頂戴していたが、諸般の事情ですべて断念。先ほどから、1ヶ月前にリリースされてメチャ良かったPFMのニュー・アルバム『I DREAMED OF ELECTRIC SHEEP(電気羊の夢を見た)』を、改めて聴き直している。ご存じですか? PFM= Premiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)。70年代初頭から活動しているイタリアの老舗プログレ・バンド。前身時代を含めると、既に55年のキャリアを誇る長寿バンドで、PFMになってから50年、一度も解散していない稀有な連中なのだ。

続きを読む

■ GRAEME EDGE (The Moody Blues), JOHN GOODSALL (Brand X) passed away

moody blues livetumblr_60fe8d11569d29087bd9a0f424df3ee1_ac176282_540
goodsall1brand x_livestock

今日はブリティッシュ・ロック方面から訃報が立て続けに。まずはムーディー・ブルースのドラマー:グレアム・エッジの訃報が、現地時間11日に発表。享年80歳。ガンを発症していた。また、フィル・コリンズも在籍したブランドXのギタリスト:ジョン・グッドソールが、11日に死去。こちらは享年68歳。現時点では死因は発表されていない。

続きを読む

■ FOREST OF FEELINGS / DAVID SANCIOUS

david sancious

主にキーボードとギターをこなす黒人マルチ・プレイヤー、デヴィッド・サンシャスのデビュー・アルバムが、紙ジャケットで9月末に国内発売された。自分は以前、海外でCD化された時に持っていたけれど、この職人的ミュージシャンのアルバムが日本でCD復刻されたことに、まずビックリ。そしてその復刻が、【プログレッシヴ・ロック紙ジャケット・コレクション Vol.3 アメリカン・ロック編】として組まれたことに、2度ビックリ。だって自分の中では、デヴィッド・サンシャスといえば、完全に“ジャズ”の人だったから。

続きを読む

■ TRILLION

trillion

月初めにTIMという発掘音源の国内仕様盤を紹介したら、殊の外 好評で、ヴォーカルのトム・グリフィンが在籍していたトリリオンにも注目が集まっている様子。アルバムは2枚しか出しておらず、しかもトム・グリフィンは2枚目にしか参加していないが、ちょうど9月に、78年の1st 『TRILLION(氷牙)』が紙ジャケ再発されているので、ちょっと触れておきたい。初CD化は98年。当ブログでは、2010年の海外再発時(国内仕様盤も出た)に取り上げている。(http://lightmellow.livedoor.biz/archives/51645659.html)

続きを読む

■ A MOMENTARY LAPSE OF REASON - Remixed & Updated - / PINK FLOYD

floyd_momentary box

87年に発表された『A MOMENTARY LAPSE OF REASON(鬱)』のニュー・リミックス&アップデイト盤、言うまでもなくゲットしてます。元々は2019年に出た18枚組『THE LATER BOX』の一部としてリリースされた作品だが、ほとんど単体で持っている身では おいそれとは手が出せず、将来のバラ売りを心待ちにしていた。そしてライヴ盤『DELICATE SOUND OF THUNDER(光〜PERFECT LIVE!)』『LIVE AT KNEBWORTH 1990』に続いて、この『鬱』のニュー・リミックスが出たワケだ。ラインナップ的にはCD単体、アナログ盤などあるが、自分は海外でしか出ていないCD+Blu-ray Deluxe Editionを購入。Blu-rayには5.1chマルチやハイレゾ音源はもちろん、<Learning To Fly>のMV、ライヴで使用されたスクリーン映像3曲、英国の海岸に800超のベッドを並べて話題をさらった『鬱』のジャケット撮影ドキュメントなどがシュートされている。

続きを読む

■ THE QUEST / YES

yes_the quest

ここ10年くらいにリリースされたオフィシャル・ライヴ盤だけでもアップアップしているのに、最近は、躍進のキッカケになった72年のUSツアー7公演を丸ごと収めたCD14組『PROGENY』とか、8人で回った91年『UNION』ツアーの30枚組ボックス『UNION 30 LIVE』とか、もう完全にギブアップ。それでも前作『HEAVEN & EARTH』から7年ぶりのスタジオ新作となれば、やっぱりソワソワする。しかも最初から、通常盤と5.1chミックスやハイレゾ音源を収めたBlu-ray Disc付き3枚組の併売と言うから、余計にムズムズ。通常CDはサクッと何度か聴いたけれど、締切が差し迫っていた仕事を終わらせたタイミングで、サウンド音源を爆音で聴いてみた。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow × Cocky Pop Light Mellow's ChoiceとYAMAHA Musicのコラボ企画始まりました
【Light Mellow 門あさ美】
カナザワ選曲新規ベスト



【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第2弾】
12月21日発売 / 予約受付中


【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第1弾】
11月16日発売

■紙ジャケット仕様
■最新デジタル・リマスター
■ボーナス・トラックあり
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆




●アナログ盤予約●


監修しています
シティポップ・マイスター名作選 ビクター・マスターピース・コレクション 18作
citypop meister

中身はトレーラーをご覧下さい


以下は解説も担当。



Article Serch
Archives
AOR Light Mellow Premium
● お待たせしました! プレミアム02 GODEN ERA 1976-1983 大好評発売中●



●プレミアム 01● 増版完了!
Legends & Pre-AOR
Light Mellow 和モノ45
レコードの日day2
(12月3日)に参加します。LM和モノ45 logo
詳細は以下。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/108001

Liner Notes
salena jones
MY LOVE / SALENA JONE
タワーレコード限定 SA-CD
ハイブリッド・シリーズ
ご購入はこちらから

Light Mellow's Picks
TOWER RECORD 限定 再発企画
teressa jonetteteressa jonette t-jam
テレサ・ジョネット
『SPECIAL EFFECTS』
『T-JAM』
詳細・購入はココから
Recent Comments