Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Jazz Vocal

■ DUETS II / TONY BENNETT

tony_bennett_duet2巷で話題沸騰中の、大御所ジャズ・シンガー:トニー・ベネット最新作『DUETS II』。ロッド・スチュワートよろしく、アメリカン・スタンダードの名曲を取り上げたゴージャスな作品で、ジャンルを越えた超一流シンガーたちとトニー・がデュエットを繰り広げる。早い話、グラミー3部門獲得の06年作『DUETS』の第2集。

続きを読む

■ ROMANCE WITH ME / SHANTI

shanti_2SHANTIのメジャー2作目『ROMANCE WITH ME』のレコ発ライヴ@渋谷PLEASURE PLEASURE へ行ってきた。彼女のライヴを観るのは、インディからデビューするかどうかの頃、ある筋からお誘いを受けてコットン・クラブへ足を運んで以来。サラブレッドの血筋にセッション・シンガーとしての実績を重ねてきただけに、歌はサスガに上手いし、個性もある。ただ、ちょっと路線が定まってないな、というのが、あの時の印象だった。でもメジャー入りしてからの彼女は、シッカリ地に足がついているみたい。

続きを読む

■ YOU'VE COME A LONG WAY, BABY ★ ALL ABOUT ESTHER PHILLIPS / ESTHER PHILLIPS

esther_phillips英再発レーベル Cherry Red傘下のSoulmusic .comより、嬉しい世界初CD化が届いた。故エスター・フィリップスがMercuryに残した4タイトルが、2枚の2in1で一気に登場したのである。

続きを読む

■ ROMANTIC WITH ME / SHANTI

shanti_2シャンティを初めて意識したのは、サディスティック・ミカエラ・バンドのライヴでコーラスを担当している彼女を観たとき。木村カエラのキャラが立っていたのは当然だけれど、大きなフリをつけながらマイクに向い、時にカエラを喰いそうになるほどの存在感を示していたのだ。「アレは誰だ〜ッ」 

続きを読む

■ THE ART OF MICHAEL FRANKS / VERONICA NUNN

veronica_nunnただ今、マイケル・フランクスのトリビュート、その名もズバリ『THE ART OF MICHAEL FRANKS』なるアルバムの解説を執筆中。作品の主は、ジャズ・シンガーのヴェロニカ・ナン、という。

続きを読む

■ THE WAY OF THE WORLD / MOSE ALLISON

mose_allisonいやぁ〜、ビックリ! このお方のブラン・ニュー・アルバムを、今になって聴けるとは思っても見なかった。ジャズ・ピアニストでありシンガーでもあるモーズ・アリソン。おん歳83歳とか。マトモな新作は、約12〜13年ぶりになるのかな? イヤ、正直、あまりよく分かってないんですケド…

続きを読む

■ THE HEART OF SATURDAY NIGHT / TOM WAITS

tom_waits_2フジTV系のドラマのエンディング・テーマに曲が使われ、一気に再評価が進んでいるトム・ウェイツ。先週アサイラム時代7作が紙ジャケでリイシューされ、それを機に国内未発だったライノ発のベスト(01年)もリリース。マニアックな信奉者に止まっていた人気の裾野が、どんどん広がってきている。

続きを読む

■ LET'S LOVE / PEGGY LEE

peggy_leeヴァンクーヴァー・オリンピック、開会式。仕事をしながら、観るとはなしに観戦。音楽を担当しているはずのデヴィッド・フォスターは確認できなかったし、セリーヌ・ディオンもマイケル・ブーブレも出演しなかったが、ブライアン・アダムス、サラ・マクラクラン、K.D.ラングといったお馴染みのカナダ人シンガーのパフォーマンスに、思わずニヤリ。五輪旗を持って入場行進した中にアン・マレーがいたのも、かなり意外だった。ま、ウインター・スポーツは数年間スキーをやっただけの人なので、オリンピックといっても積極的な興味はなく、新聞やニュースを見て日本人の成績を確認する程度なのだが…。

続きを読む

■ CRAZY LOVE / MICHAEL BUBLE

michael_buble_crazyloveワールドワイド・リリースから遅れること4ヶ月。満を持して、マイケル・ブーブレのニュー・アルバム『CRAZY LOVE』の国内盤が発売された。資料には “これからのマイケル、それはブーブレ”なんて臭いセリフが踊っていて、いよいよ日本でも売りに入ったな、と実感する。確かにスーザン・ボイルがあれだけ売れたのだから、こうしたトラディショナルなポップ・ヴォーカルが受け入れられる素養は充分にあるハズだ。

続きを読む

■ SONGBOOK / noon

noon_songbook突然の発熱から、とうとう1ヶ月。風邪の諸症状はだいぶ和らいだものの、咳だけは未だ激しく、堪りかねて呼吸器科専門のクリニックへ。これで今回世話になった医者は、普通の内科、耳鼻咽喉科と合わせて3件目。

続きを読む

■ YOUNG AND NAIVE / HEATHER RIGDON

heather_rigdonもうちょっと飽きが来ているジャジーな女性シンガーのフィールドだけれど、これはなかなか。最初はもっとカントリー路線を目指していたらししいが、ネイキッドで親近感を感じさせる歌に魅せられたプロデューサーが、ジャズへの転向を進言した。

続きを読む

■ WHO IS THIS BITCH, ANYWAY / MARLENA SHAW

5431c83d.jpgマリーナ自ら“ドリームチーム”と呼ぶ奇跡的メンツを集めてのジャパン・ツアー@BILLBOARD LIVE TOKYO、2nd。毎年のように来日し、小さな小屋や地方公演もこなしてきたマリーナだが、今回の東京分は早々にソールドアウトになってしまった。やっぱりこの顔触れが集まることの重みを、皆さんよーくお分かりのようで…。

続きを読む

■ TOUCH / ANNEKEI

e18108b7.jpgフ〜ム、これはマジで化け始めたかも…。そう思わせてくれるのが、アンナケイ、3枚目のオリジナル・ソロ・アルバム『TOUCH』。ジャック・リーとのカヴァー・アルバム『LETTER』を入れれば、アンナとしては通算4作目ということになる。

続きを読む

■ ALONE AGAIN NATURALLY / ESTHER PHILLIPS

ad005453.jpg大ベテランのジャズ・シンガーであるエスター・フィリップスが、72年に出したKUDUでの第2作、輸入盤で初CD化。スタイルが固まってしまった80'sのフュージョンではなく、様々な試行錯誤を繰り返しながら熱く探究心を燃やしていた70'sのクロスオーヴァーが好き、というカナザワにとって、KUDUの作品はまさに宝石だ。

続きを読む

■ NOBODY'S TUNE / WOUTER HAMEL

64ad202f.jpg関東では桜が満開。我が家のすぐ近くにある一本桜も、もう八分咲きになっている。車で数分の見沼代用水べりのサイクリング・ロードは桜並木になっていて、お花見散歩の人たちもチラホラ。…とはいえカナザワは、ほとんど家に籠って音や原稿と格闘中。ま、Premium Editionができるまでは、この調子が続く。



続きを読む

■ THE TWO OF US / RAMSEY LEWIS & NANCY WILSON

ac862879.jpg今日は午前中に家を出てアチラコチラと外回り。まずは目黒にあるSTAR digioのスタジオへ行き、【Light Mellow Radio Edition】の収録。それが終わってからはそのまま目黒の周辺で2件ほど打ち合わせをこなし、少しだけCDショップを覗いたあと、夜はRenaja(ルネイジャ)のライヴ@渋谷PLUG。久々に会ったルネちゃんは、少しパーマを掛けてオンナっぷりが上がったかも〜

続きを読む

■ EVERY KNOCK IS A BOOST : THE GO JAZZ YEARS / GEORGIE FAME

52646a19.jpgベン・シドラン&ジョージィ・フェイム【TOGETHER AGAIN】@丸の内コットン・クラブ、1stセットを観戦。思ったりオーディエンスの年齢層は高かったが、やはりジョージィ目的と思しきモッズ再評価世代もチラホラ見える。それにしても、ジョージィの爺さん、あまりに粋でカッコ良すぎです

続きを読む

■ ISLAND YEARS 1974-1976 / GEORGIE FAME

b37c3ef2.jpg来週に迫ったベン・シドランとの来日公演に合わせて、ベンの諸作と共にジョージー・フェイムの未CD化作品もリイシューが進んだ。今日のチョイスは、唯一アイランドに残された74年作『GEORGIE FAME』と、続編として作られながら諸般の事情でお蔵入りしてしまった幻のアイランド第2作『DAYLIGHT』をカップリングしたこの2枚組を。

続きを読む

■ THE ORCHARD / LIZZ WRIGHT

eaddf318.jpg週明け締切の原稿関係を着々と。どうも締切が迫って来ないとエンジンが掛からないのが悪い習慣だが、集中力が湧かないと途端にヤバイ状況になる。今日は2月売り某誌特集用のランキング選出で、思わぬ時間を食った。ホントはサックリと片付けて、週明け締切のライナー2本の片方を終わらせてしまう予定だったのに…

続きを読む

■ MY FAIRY TALE / NOON

b5b9f236.jpg昼間は所用で外出。夜はビクターのコンベンション、『VICTOR JAZZ NIGHT 2007』@コットン・クラブへ。実は締切を過ぎてるライナー書きがあるのだけれど、若干早めの設定と聞いてるので、ちょっと余裕コイてる。それでも今週中には何とかしないとヤバイよなぁ。基本的に締切は守るカナザワだが、コチラも最近はズル賢くなってて、担当がサバを読んでるのを見越したりして…。でもそこはビジネス、相手が笑ってくれてるうちはイイけれど、まじ困らせるのは避けなくては!

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
いよいよ 1st Full Album 登場!


年内最終!
音盤トーク017
トーク&音盤ライヴ Vol.11
12月16日(土)
open 15:00 / start 16:00
@武蔵小山カフェアゲイン
charge 1,500円
ハイエンド・オーディオのレーザーターンテーブルを使って爆音AORを聞くイベントです。
※上記画像は古いものです


今年も監修してます!
aor city 2017 board
aor city 2017
ソニーミュージック オフィシャルページ
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ