Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

和モノ・City Pops

■ SWING-O presents MY FAVORITE SOUL Guest: 今井優子 @下北沢LiVEHAUS

12.7t-groove_yukoyuko_spell745trio

今井優子のサポート業務で、現FLYING KIDSのキーボード・プレイヤー兼プロデューサー/よろづ仕掛け人:SWING-O主催のイベント【MY FAVORITE SOUL】@下北沢LiVEHAUSへ。いわゆるDJイベントに生ライヴが挟まるスタイルの隔月パーティーで、もう14年目を迎えるとか。自分は初めての参入だったけれど、いつも精力的なSWING-Oにはマジ頭が下がります。

続きを読む

■ ミスター・メロディー 〜提供曲集〜 / 杉 真理

sugi box

デビュー45周年を祝っての全116曲入り、杉真理 提供楽曲集6枚組ボックス『ミスター・メロディー』。バタバタしていて、まだあまりチャンと聴けてはいないが、全部チェックし終えるのはいつになるやら…。なのでココは見切り発車でのご紹介。

続きを読む

■ SOY・SOY 2 / SOY

soysoy2

1ヶ月以上の遅ればせながら、【CITY POP Selections by UNIVERSAL MUSIC】第3弾から、コレも自分がリクエストしたSOYの2作。オリジナル・リリースは98年と00年。2作目の時だったか、当時、池尻大橋にあったユニバーサルで、メンバーに取材したのを覚えている。

続きを読む

■ OUR FAVOURITE POP 〜TOKYO STYLE〜 / paris match

pm_our favorite pop2

若干遅れて、paris match 15年ぶりのカヴァー・アルバム『OUR FAVOURITE POP 〜TOKYO STYLE〜』をゲット。前回は洋楽カヴァーだったが、今回はシティポップ・ブームを横目に見つつのJ-POP編。当然のこと誰もが知っている名曲が入っているが、デビュー22年目のキャリアに相応しく、ややマニアックなセレクトに外へ提供した楽曲のセルフ・カヴァー、時空を超えたこだわりのチョイスなど、paris matchらしさ全開のカヴァー集になった。一見スナップショット風のジャケットは、ファッション・イラストレーター:綿谷寛の描き下ろしである。収録曲は以下の通り。

続きを読む

■ Light Mellow 和モノ45 on レコードの日 2022 day2

junk_ride on timeyuko_spell7junko yagami_bay city
mieko hirotapiper_sunshine kizLM和モノ45 logo

【レコードの日】day2(12月3日)が迫ってきた。カナザワ監修【Light Mellow 和モノ45】シリーズからリリースする 7インチ・シングル5枚も、サンプル盤が手元に届いた。すぐに売り切れてしまいそうなタイトルもあるので、速攻のオーダーをオススメします。

続きを読む

■ 乗合馬車 (Omnibus) 50th Anniversary / 大瀧詠一

ohtaki 1st

72年に発表された大瀧詠一の1stソロ・アルバム『大瀧詠一』が、50周年記念盤として2枚組拡大ヴァージョンで復刻。タイトルも、当初のアイディア『乗合馬車(Omnibus)』に変更されている。当時の大瀧さんは、はっぴいえんど在籍中。まずは<恋の汽車ポッポ>、<空飛ぶくじら>とシングルを出し、6枚シングルが揃ったところでアルバム化するアイディアを持っていた。だから『乗合馬車(Omnibus)』。しかし彼を取り巻くレーベル事情から、本格的なソロ・アルバムが求められるようになり、このアルバムが生まれることになった。

続きを読む

■【Light Mellow × Cocky Pop】Light Mellow 門あさ美 + オリジナル・アルバム・コレクション第2期

kado_private maleLM kado asami
kado_urarakado_belladonnakado_simulation

カナザワが監修するヤマハとのコラボ企画【Light Mellow × Cocky Pop】第1弾、【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション】4作品の発売を目前に控え、第2回発売分の内容が明らかにされている。次回のリイシューは、5thアルバム『プライベート・メール』、6thアルバム『麗(urara)』、7thアルバム『ベラドンナ』、そして8作目に当たる擬似ライヴ・アルバム『SIMULATION』の4枚に加えて、カナザワ選曲による新規ベスト『Light Melllow 門あさ美』の5枚。オリジナル再発は、いずれも最新デジタル・リマスター/紙ジャケット仕様。『Light Melllow 門あさ美』のみジュエル・ケースでの登場になる。

続きを読む

■ INK BLUE 〜 best AOR selection / 濱田金吾

kingo hamada_ink blue

シティポップ・ブームでの再評価により、CDやアナログ復刻が相次いでいる濱田金吾。今回はタワーレコード限定で、レーベル枠を超えた"AOR"目線のコンピレーション『INK BLUE 〜 best AOR selection』がリリースされた。最新マスタリングで高音質盤仕様。

続きを読む

■【Light Mellow × Cocky Pop】門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション 4作

kado_fascinationkado_sachet
kado_semi nudekado_hotlips

カナザワ監修によるシティ・ポップ系の新シリーズがまもなくスタート。Light Mellow とYAMAHA Musicのコラボ企画【Light Mellow × Cocky Pop】がそれで、その第1弾として【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション】4作品が、来たる11月16日にリイシューされる。門あさ美は名古屋出身の、謎多き美貌のシンガー・ソングライター。ヤマハ主催のポプコン出身だが、デビューしてもライヴをやらず、メディア露出もほとんどないまま、キャリアを貫いた。それでいてアルバムは軒並み大ヒット。チャート・トップ10入りしたアルバムもいくつかあって、大学生や若いサラリーマンを中心に絶大な人気を誇った。今回はヤマハが原盤制作、当時はテイチク/UNIONレーベルが発売を担ったオリジナル・アルバム8枚を、最新デジタル・リマスター/紙ジャケット仕様で2回に分けて復刻。インナースリーヴや封入品も可能な限り再現している。第2回発売分では、カナザワ選曲・監修による『Light Mellow 門あさ美』も同時リリース予定だ。

続きを読む

■ Light Mellow 和モノ45 on レコードの日 2022 day2

junk_ride on timeyuko_spell7junko yagami_bay city
mieko hirotapiper_sunshine kizLM和モノ45 logo

11月3日【レコードの日】day1が終了し、いよいよday2(12月3日)。カナザワ監修の恒例【Light Mellow 和モノ45】 7インチ・シリーズの最新作5枚がリリースされる。【レコードの日】はネットでのオーダーも可能。アナログ・シーンの諸事情により、以前よりもプレス枚数が抑えられているので、どうぞお買い逃しなく。

続きを読む

■ 夜明けのDREAMING / DEBBIE'S ALLY

debbie's ally

シティポップ・ブームも極まれり。最近は80年代頃に作られた自主制作盤が次々発掘され、CDやアナログ・レコードで復刻されるようになった。2011年にリイシューされたSO NICEの『LOVE』(79年)なんて、まさに奇跡のリイシュー!だと思ったけれど、ブームの波に乗ったか、ここへきて美大卒業生のバンド:Yamamoto(ヤマモト)の『FIVE DAYS CITY』(84年)、学生バンドだったWINDYの同名作(86年)、東海地区を拠点にポプコン受賞歴もあるSHORE BREAK『ENDLESS SHORE』(82年)など、自主盤発掘の波が押し寄せている。その頂点に位置することになりそうなのが、永井博のイラストをあしらってリイシュー(それって反則ぢゃない!?)される学生バンド:Presentsの『FEELING LIKE A CHILD』(80年)と、沖縄出身のシンガー:デビーを看板に据えたDebbie's Ally『夜明けのDREAMING』である。

続きを読む

■ 未唯mie『Halloween Night 2022 〜featuring YUMA HARA〜』@Blues Alley Japan 2nd Show

mie halloween 2022

未唯mie『Halloween Night 2022 〜featuring YUMA HARA〜』@Blues Alley Japan 2nd Show。3月の『ACID PINK』の時にマネージャー氏から「YUMA君、紹介して〜」と頼まれ、引き合わせたのが今回のライヴに結実。いやいや、未唯mieチームのアンテナの感度、そして飽くなきチャレンジ精神、ホントに頭が下がります。しかも、事前にカナザワが予想していた内容を、軽〜く吹っ飛ばしてしまうパフォーマンスで、更にビックリ 思わず興奮して、終演後の未唯mieさん、マネージャー、そしてYUMAクンに、熱弁を振るってしまいました ちなみに彼の2nd『REALITY』は、カナザワが P-VINEで監修している【Light Mellow Searches】からのリリースなのヨ。

続きを読む

■ 芳野藤丸・ミッチー長岡・濱田金吾『僕たちはポール・マッカートニーになりたかった!』@Blues Alley Japan

fujimal

お誘いを受けて、『僕たちはポール・マッカートニーになりたかった!』@Blues Alley Japan。メインを張るのは芳野藤丸・ミッチー長岡というSHOGUNの名コンビ2人と、最近しばしば藤丸さんにツルむ濱田金吾の3人。そしてサポートに、現SHOGUNでもある岡本郭男(ds)、安部潤(kyd)、小林正弘(tr)、竹上良成(sax)、原久美・VahoE(cho)という陣容。ビートルズ・カヴァーのお遊びプロジェクトかな?と思っていたら、それは意外に少なくて、藤丸さんの新作収録曲やビートルズ以外の往年の名曲カヴァーも取り入れつつ。藤丸さん50周年のカッチリ構成されたホール公演とは違った、半ばゆる〜い企画セッションなのは間違いないけど、演ってる方も聴いてる方もニコニコ気分の、実に楽しいライヴだった。

続きを読む

■ TRYING TO GET TO YOU / TAN TAN

tan tan 078

引き続きカナザワ監修【マスターピース・コレクション〜シティポップ・マイスター名作選】から、 TAN TAN a.k.a 森野多恵子 or 大空はるみ(本名:谷口妙子)の『TRYING TO GET TO YOU』。プロモーション展開で同調しているユニバーサル【CITY POP Selection】でも、大空はるみ名義の『はるみのムーンライトセレナーデ』(82年)が出たが、コチラは78年のL.A.レコーディング盤。TAN TAN(タンタン)名義では、73年『愛は面影の中に』、74年『タンタン “サイモン&ガーファンクル”を歌う』に次ぐ3作目に当たる。世代によっては、高中正義やサディスティックス、プリズムのゲスト・シンガーとして TAN TANの名を知った方も多いだろう。大空の名では、松岡直也&ウィシングでラテン・ディスコにトライしている。

続きを読む

■ シティポップ・マイスター名作選 × CITY POP Selection #3

city pop meister flyercity pop meister 3
city pop meister flyer2

ビクター【マスターピース・コレクション〜シティポップ・マイスター名作選】18作と、ユニバーサル【CITY POP Selection】第3弾25作が、共に本日リリース。そこでプロモーションでは歩調を合わせ、フライヤーを共同制作。今までの【マスターピース・コレクション】は見開き4Pだったが、今回はカナザワの寄稿を含む4つ折り8Pの豪華版になった。

続きを読む

■ TIME IS GONE・WITH YOU +1 / 坂本洋

sakamoto 1sakamoto 2

今週発売される Kanazawa監修【マスターピース・コレクション〜シティポップ・マイスター名作選】の11組18作品の中で、個人的に一番の発掘ネタだと思っているのが、サントリィ坂本こと坂本洋の91年作『TIME IS GONE』と92年作『WITH YOU』の2枚。CD時代の隠れた好盤をディグしたlightmellowbu『オブスキュア・シティポップ・ディスクガイド』での紹介されず、レコードコレクターズ9月号の特集『シティポップの再定義』でようやく2ndが掲載されただけだから、ホントに Hidden Treasure だと思う。

続きを読む

■ DEW 1ST / DEW

dew

空前のシティポップ・ブームを受けての【マスターピース・コレクション】第4弾は、拙監修でお届けするシティポップ・マイスター名作選18作。トレーラーも上がったので、シリーズ概要についてはそちらをご覧いただきたいが、ココではまず、唯一の初CD化となるDEW 『DEW 1ST』のご紹介を。今回のリイシュー作品群の中で、ある意味もっともシティポップ・マイスターらしい、知られざる職人たちのアルバムかも。

続きを読む

■ ブルー・ペパーズ LIVE 2022 〜Autumn Breeze @Shibuya PLEASURE PLEASURE

298345502_742001743541265_2927555700863715122_n311915075_798278251246947_5387165031131836074_n

ブルー・ペパーズ LIVE 2022 "Autumn Breeze"@Shibuya PLEASURE PLEASURE のライヴ・レポート。これまでは いわゆるライヴ・レストランでのライヴが多かったから、こういうホールでワンマンのフル・ライヴを行なうというのは、彼らにとって初めてになるはず。しかも2時間ガッツリのフル・ヴォリューム。デビュー以来、彼らの大きなライヴはすべて観てきたけれど、セット的にもパフォーマンス的にも、今回ほどゆったり堪能できたステージはなかった気がする。

続きを読む

■ MASTERPIECE COLLECTION 〜 CITY POP MEISTER edition

citypop meister

今や空前のシティポップ・ブーム。それに追い打ちを掛けるように、いろいろな再発企画が立ち上がっている。その中で一歩リードしているのが、ビクターの【マスターピース・コレクション】。10月末発売分の第4シーズンは、カナザワ監修でお届けすることになった『シティポップ・マイスター名作選』、11組のアーティストによる18作品だ。一般レヴェルでは “知る人ぞ知る” 名前が少なくないが、事情通に言わせれば、“あの人気アーティストの陰にこの人あり”、“あの名曲を書いたのはこの方”という実力派ばかりを揃えたラインアップである。

続きを読む

■ 昭和歌謡セレクションコンサート〜シティ・ポップを探る @宮城県 七ヶ浜国際村国際村ホール

FcW-hdBaUAQEEqS

カナザワ、出演イベントのお知らせ。今週22日(土)に、宮城県七ヶ浜町で行われる『昭和歌謡セレクションコンサート〜シティ・ポップを探る』という催しで、僭越ながらゲスト・コメンテイターを務めます。ライター稼業で地方出張なんて滅多にないので、ちょっと楽しみ。人前で喋るというプレッシャーはありますが…
お近くの方は、足を運んでみてください。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow × Cocky Pop Light Mellow's ChoiceとYAMAHA Musicのコラボ企画始まりました
【Light Mellow 門あさ美】
カナザワ選曲新規ベスト



【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第2弾】
12月21日発売 / 予約受付中


【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第1弾】
11月16日発売

■紙ジャケット仕様
■最新デジタル・リマスター
■ボーナス・トラックあり
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆




●アナログ盤予約●


監修しています
シティポップ・マイスター名作選 ビクター・マスターピース・コレクション 18作
citypop meister

中身はトレーラーをご覧下さい


以下は解説も担当。



Article Serch
Archives
AOR Light Mellow Premium
● お待たせしました! プレミアム02 GODEN ERA 1976-1983 大好評発売中●



●プレミアム 01● 増版完了!
Legends & Pre-AOR
Light Mellow 和モノ45
レコードの日day2
(12月3日)に参加します。LM和モノ45 logo
詳細は以下。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/108001

Liner Notes
salena jones
MY LOVE / SALENA JONE
タワーレコード限定 SA-CD
ハイブリッド・シリーズ
ご購入はこちらから

Light Mellow's Picks
TOWER RECORD 限定 再発企画
teressa jonetteteressa jonette t-jam
テレサ・ジョネット
『SPECIAL EFFECTS』
『T-JAM』
詳細・購入はココから
Recent Comments