Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

和モノ・City Pops

■ obscure city pop cd's 1986-2006 / lightmellowbu

obscure city pop

まずは lightmellowbu の皆さん、上梓オメデトウございます。初めて lightmellowbu の名前を聞いた時は「なんだ、そりゃ?」でしたが、その後人づてにご挨拶が来て、「名前を使わせて欲しい」とのお願いがあり…。今では Light Mellow というコトバは音楽紹介の形容詞として普通に使われているので、今更許可もヘッタクリもなく、路線と感覚がシッカリと引き継がれていくのなら…、という感じ。その一方で、ココまで大きくなってしまうと、自分でイメージをコントロールするのはままならず…。とはいえ自ずと良心的音楽ファンの目が光っているワケで、違った意味や悪意で使えば、返ってそちらがハジをかく。よくもまぁ、ここまで Light Mellow を大きく盛り立てて戴いたモノです(感謝)。

続きを読む

■ 未唯 mie 『新春 “Pink Lady Night” 10th Anniversary Special』 After Show Party@目黒Blues Alley Japan

mie_PLN party

『新春 “Pink Lady Night” 10th Anniversary Special』 After Show Party@目黒Blues Alley Japan に参戦。いろいろ取り掛かっている仕事があるので、昨日のホール公演だけお邪魔しよう、と思っていたが、マネージャーS氏から「実はネタバレ演るんですよ。元ネタとピンク・レディー、両方歌っちゃうから是非」と悪魔のように囁かれ、まんまと両日参加に。でもコレは観た甲斐があったな ありがとう、Sサン

続きを読む

■ 未唯 mie 新春 “Pink Lady Night” 10th Anniversary Special @日本橋三井ホール

mie_PLN10th

毎年の年初め恒例イベント、未唯 mieさん“Pink Lady Night” の10周年記念『新春 “Pink Lady Night” 10th Anniversary Special』@日本橋三井ホール に参戦した。振り返ってみたら、まだ正月開催ではなかった2010年6月の初回公演と、諸事情で参加できなかった2016年を除いて、10回中8回参加。取り立ててピンク・レディー・ファンではない自分なのによくぞ、と思うが、誰もが知ってる大ヒット曲ばかりだし、実は音楽的に深〜いのにエンターテイメントとしても超一級だから、何度観ても飽きないのだ。まして今年はアニバーサリー企画の初ホール公演。観に行かないワケにはいかないでしょう。

続きを読む

■ 児島未散 LIVE @ 中目黒 楽屋

児島未散フライヤー(2020112)

3〜4年前から活動を再開しているシンガー:児島未散さんのライヴ、名付けて『感謝の嵐ライヴ』@中目黒 楽屋 にお呼ばれ。彼女の初期作品を拙監修のガイド本『Light Mellow 和モノ Special』で紹介したり、同コンピ・シリーズに収録したり、はたまた児島未知瑠名義で出た86年の2nd『MICHILLE』の再発を監修・解説したり…、というのがご縁である。“感謝の嵐” というタイトルは、このライヴ開催までに、ホント紆余曲折があったからだろう。

続きを読む

■ ENOUGH / 広谷順子

junko hrotani_enough

広谷順子さんにお別れを言いに某葬儀場へ。音楽葬ということで、お位牌などなく、生花に囲まれた笑顔の遺影がドカーンと。そこにあったのは、あの朗らかな順子さんのいつもの笑顔だった。そして式場に流れるのは、順子さんとご主人:木戸やすひろさんが組んでいた異色コーラス・ユニット:綺羅の曲たち。古き良き日本のコトバと原風景を描く音にこだわった綺羅のサウンドは、悲しいかな、こうした空気にピッタリ。もしかしたら順子さんは、祭壇の片隅から、ニコヤカに式場を覗き込んでいたかもしれない。

続きを読む

■ ROCK STEADY / THE RENAISSANCE

renaissance

小原礼、屋敷豪太という日本のロック界のレジェンドたちによるユニット、ザ・ルネッサンスの5年ぶり2nd アルバム。9月末に出ていたようだけど、12月まで全然知らなかった。自分の不勉強か、プロモーション不足か。しかも慌てて買ってみたら、自分とご縁のあるレーベルだったりして… 両人ともライヴ・サポートなどで忙しい身だから、ライヴ会場での即売頼りなのかしらね? でもそれじゃーチョッと勿体ない気がしますが…。



続きを読む

■ BLENDY / 広谷順子

junko hirotani 2

年明けからまだ4日というのに、もう2本目の訃報。しかも今回は日本のポップス・シーンを影から支えてきた実力派シンガーで、多少のお付き合いもあった方の逝去である。昨日は「いちいち落ち込んでいられない」と書いたけれど、その舌の根も乾かないうちにガッタリ… 直接的に繋がりがあった方が亡くなると、やはり冷静ではいらない
広谷順子さん、ご冥福をお祈りします。



続きを読む

■ KRISHNA / 村田有美

yumi murata

村田有美が80年に発表した快作『KRISHNA』が、ようやく初CD化された。マライアのギタリスト:土方隆行のソロ・アルバム『SMASH THE GLASS』を聴いてしたたかにショックを受け、初めて聴いた彼女のソロ・アルバムがコレ。こんな絶唱型のシンガーが日本にいたのか!と思った。それでいて猫撫で声で歌ったりもするから、まさしく変幻自在。当時大学生のカナザワ、けっこう聴き込んだな。まだ3枚目の『卑弥呼』は出ていなかった。

続きを読む

■ 脇田もなり『Almost a Lady Live』@Billboard cafe & dining

monari_right here

カナザワが何かとご縁のある VIVID SOUNDからデビュー、ということで、ソロ転向当初から遠巻きに応援していた 脇田もなりチャン。更に遡れば、彼女が在籍していた Especia のメジャー・デビュー盤にシャレで書いた解説を寄せたこともあって、何やら自分の娘を見るような目で接していたのだが、今回ようやくソロ・ライヴを観ることになり、『Almost a Lady Live』@Billboard cafe & dining へ足を運んだ。

続きを読む

■ Believe in Love・マリンスノーの都市 feat.佐々木詩織 / ブルー・ペパーズ

blue peppers_believe

当ブログ界隈ではすっかりお馴染み、ブルー・ペパーズが約2年半ぶりにニュー・シングルを発表。早耳の方は既にお聴きになっていると思うが、現時点で iTunes Store、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、AMAZON、Google Play 他で配信がスタートしている。各種ストリーミング、ダウンロードは下記リンクより。
https://linkco.re/0EyUP9Bs

続きを読む

■ Light Mellow Summit @カブキラウンジ

lightmellow summit

今年最後の開催となった定例Light Mellow Summit@カブキラウンジ、お御足をお運びいただいた皆さま、どうもありがとうございました。カナザワ的には4ヶ月ぶりのLight Mellow Summitでしたが、楽しく回させて頂きました。今回はレギュラー陣が2人お休み。女性DJの良美ちゃんが参加してくれましたが、彼女の選曲がカナザワの感覚とバチバチに被っていて、うれしい悲鳴。自分が家で候補に選んで持参しなかったナンバーを彼女が偶然回す、ってなコトが数曲ありました。レギュラー陣、もう帰ってこなくてイイよぉ〜

続きを読む

■ 南佳孝 フェス『I WILL 69 YOU』@ EX THEATER ROPPONGI

yoshitaka fes

このところ何かとご縁が続いている南佳孝さんの、初めてとなる冠フェス『I WILL 69 YOU』@ EXシアター六本木へ。今年でデビュー46年目で来年古希を迎えるというから、今年は言わば狭間の年なのだが、そこを敢えて69歳に引っ掛け、"We Will 69(Rock) You" とばかりにフェスを催す。そこがやっぱり佳孝さんらしい。チケットは既にソールド・アウト。当然ながら年季の入ったファンが多いが、それで雰囲気がグズグズにならず、"都会のオトナたちの嗜み" 感が漂っているのがステキだ。

続きを読む

■ ジャンク フジヤマ Debut 10th Anniversary Special 2 days@目黒ブルースアレイ “Sings AOR #4”

junk_:joint

大変遅ればせながらのライヴ・レポート第2弾、村上"ポンタ"秀一 プレゼンツ ジャンク フジヤマ Debut 10th Anniversary Special 2 days@目黒ブルースアレイ の2日目、 “ Sings AOR #4” 。バンド・メンバーは昨日と一部追加&入れ替えで、ジャンクとポンタさん以下、 岡沢章(b)天野清継/松田肇 (g)ハナブサユウキ/半田彬倫 (kyd)寺地美穂 (sax) 早川咲(cho)に、ゲストとして新人シンガーのbAe (ベイ)ちゃん。

続きを読む

■ ジャンク フジヤマ Debut 10th Anniversary Special 2 days@目黒ブルースアレイ “I Love City Pop”

junk_:joint

大変遅ればせながらのライヴ・レポートは、村上"ポンタ"秀一 プレゼンツ ジャンク フジヤマ Debut 10th Anniversary Special 2 days@目黒ブルースアレイ。カナザワは、7日(土)はゲスト参加の今井優子のスタッフとして、8日(日)はお気楽なオーディエンスとして、現場に足を運んだ。まずは “I Love City Pop” と題された和モノ・カヴァーとジャンク・オリジナルから成る7日のステージを思い出して。バンド・メンバーはジャンクとポンタさん以下、 岡沢章(b)天野清継 (g)ハナブサユウキ/半田彬倫 (kyd)寺地美穂 (sax) 早川咲(cho)というベテランと若手混成の準レギュラー的ラインアップで。


続きを読む

■ 角松敏生 Performance -- Close Out 2019 & Ring in The New Season @中野サンプラザ

kadomatsu so19 close

角松の恒例年末ライヴ@中野サンプラザ2days、その初日にお邪魔した。会場入り前に腹ごしらえしようとサンロードへ行ったら、BGMに角松<Galaxy Girl>。よりによってこの曲かいッと思ったが、どうやらこの商店街は、その日サンプラザに出演するアーティストの楽曲を流す粋な計らいをやってるようで。軽くエサを摘んで戻るときは、<飴色の街>が流れていた。大好きな曲だけど、流石に今日はコレ演らんだろうな…。

(以下ネタバレあり)

続きを読む

■ ラジオな曲たち II / 南佳孝

ysoitaka_minami radio2 (1)

最近かなり精力的に活動されている南佳孝さん。カナザワもその恩恵に預かり、昨年 LIVE Light Mellow Vo.2 にご出演いただいたり、ライヴにお邪魔するなど、嬉しいご縁が続いている。この12月17日には、初めてとなる冠イベント『南佳孝フェス 〜 I WILL 69 YOU』(現在69歳なのに引っ掛けたそうだ)を EX THEATER六本木で開催。小原礼(b) 鈴木茂 (g) 住友紀人 (sax) 松本圭司 (pf) 屋敷豪太 (dr) というバック・メンバーに、太田裕美/尾崎亜美/斉藤和義/杉山清貴/鈴木みのり という豪華ゲストが出演する予定だ。その前哨戦…、というワケではないだろうが、好評のカヴァー・アルバム第2弾『ラジオな曲たち II』が先月末にリリースされた。

続きを読む

■ 未唯mie 裏ピンク3 @目黒 Blues Alley Japan

mie_urapink3

昨日17日(日)は、目黒 Blues Alley Japan にて、未唯mie さんの『裏ピンク3』。その 2nd Showを観た。“裏ピンク” とは、ピンク・レディー時代のシングルB面曲やアルバムに埋もれた好曲に光を当てる、そんなマニアックな企画。数多くのヒット曲があるピンク・レディーの裏側を覗き見る、そんなエッチなライヴなのだ。実際 未唯mieさんの出で立ちも、アラビアの女王様みたいな、スパンコールキランキランの真っ赤なオリエンタル・ドレスだったり。実は 裏ピンクのレパートリーは、そうした中近東っぽいアレンジが多いのよ。

続きを読む

■ 海老原諒 × 外園一馬 AOR NIGHT vol.10 @三宿 BACK STAY

backstaybackstay aor10

海老原諒 × 外園一馬 AOR NIGHT vol.10 @三宿 BACK STAY。このライヴに足を運ぶのは、これが3回目 or4回目?だけれど、ここ何回かはスケジュールが合わなかったので、今年は初めてかも。首謀者の外園クンに海老チャンはもちろん、西脇辰弥さん(kyd)、林あぐりクン(b)、そして藤原美穂さん(vo)と、全員顔見知り。しかも今回はゲストに Daisuke。先月末の『Daisuke R&B ONLY NITE』で「今度オレ、AOR Night に出るんスよ」と聞かされ、もともと行くつもりだったのが俄然マストに。9月にカナザワが日比谷Billboard Cafe & Dinning で開催したDJパーティに海老チャンが遊びに来てくれてたコトもあって、兎にも角にも駆けつけた次第なのだ。

続きを読む

■ 今井優子 Performance 2019 Vol.7 〜 with Awesome Young Cats

yuko_kidz

近年カナザワがサポートしている美魔女系(?)シンガー・ソングライター:今井優子。今年一年、彼女はライヴ活動に力を入れて駆け抜けてきたが、その集大成とも言える年内最後のバンド・ライヴが、約10日後の24日(日)に迫ってきた。今回はその内容を簡単にお知らせ。

続きを読む

■ 開催決定 LIVE Light Mellow Vol.2.5 〜 introducing CITY POP NEXT GENERATION

lightmellow2.5_A4omote01 (1)

前回ポストでチラリと紹介しましたが、ようやく情報解禁となりました。ご好評をいただいてる カナザワ企画監修のライヴ・イベント『LIVE Light Mellow』のVol.2.5 開催決定 のお知らせです。

LIVE Light Mellow Vol.2.5
introducing CITY POP NEXT GENERATION
出演:脇田もなり / アマネトリル
サポート:アマネトリル BAND
日時 2020年 2月27日(木)open 18:30 start 19:00
場所 LOFT HEAVEN (渋谷区渋谷2-12-13 八千代ビルB1F)
料金 ¥4,000- +ドリンク代  全席自由
先行予約 〜11/17(日)キャピタルヴィレッジ https://www.capital-village.co.jp/
プレイガイド先行 11/18(月)〜 CNプレイガイド
一般発売 11/29(金)〜 キャピタル・ヴィレッジ/チケットぴあ/ローソンチケット/
             CNプレイガイド/イープラス
問い合わせ:キャピタルヴィレッジ https://www.capital-village.co.jp/
      TEL 03-3478-9999

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
●コンピ組みました! Light Mellow MALACO ●
ライト・メロウ・シリーズにサザン・ソウルの救世主、名門マラコ編登場 ! マラコに隠されたライトメロウ・チューンを集成


●Ole Borud 来日決定!●
2020.1.30 tue -2/1 sat
@丸の内 Cotton Club
詳細は Cotton Clubサイトへ


Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS - 解説
LIVE Light Mellow
lightmellow2.5_A4omote01 (1)

LIVE Light Mellow Vol.2.5 脇田もなり/アマネトリル
with アマネトリル BAND
2020年2月27日(木)
18:30 / 19:00
渋谷 LOFT HEAVEN
料金 ¥4,000- + drink
問:キャピタルヴィレッジ
https://www.capital-village.co.jp/
TEL 03-3478-9999
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Produce / Compilation
Kanazawa Total Produce / Sparking☆Cherry 大好評発売中

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ