Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

和モノ・City Pops

■ THE BEST OF ME / DAVID FOSTER

D_Foster_H1 - Sサイズ

クリスマスなど何処へやらで、絶賛勤労中。最新デジタル・リマスター及び高音質盤UHQ-CDを採用した “サウンド・デザインAOR3部作” の最終章は、かのデヴィッド・フォスターが世界に先駆けて日本でリリースした、初めてのリーダー・アルバム。アトランティックから発表したワールドワイド・デビュー作『DAVID FOSTER』に先掛けること約3年、83年秋に発売された。しかもアトランティック盤で示されたイージー・リスニング調の優美なピアノ・インストゥルメンタル中心の作風は、本作で既に確立。フォスターが書いた有名バラードの数々が、リリカルなピアノで奏でられている。

続きを読む

■ sparkling☆night vol.21

kid 65tohoku sinkansen 017sparklig cherry 大
12

カナザワがトータル・プロデュースしている アラフォー・シティ・ミュージック・バンド:sparkling☆cherry が主催するバイ・マンスリーのライヴ・イベント sparkling night の年内最終、christmas special は、10月に素晴らしいソロ・アルバムを発表した職人シンガー:木戸やすひろと、ベテラン・アレンジャー:山川恵津子のダブル・ゲスト。両人とも sparking☆cherrryのレコーディングに参加してくれた恩人であり、3年前のレコ発ライヴ@Blues Alley Japanでも歌ってくれた方たちである。

続きを読む

■ DAISUKE R&B Only Special Nite Vol.3 〜 Nice & Slow Jams@目黒Blues Alley Japan

23130982_1154493434684565_4584400781014035421_n

拙監修【Light Mellow's Choice】from VIVID SOUND からCDを出している、当世の J-R&Bシーンきっての実力派シンガー:Daisuke。その『R&B Only Special Nite Vol.3 〜 Nice & Slow Jams』に足を運んだ。この2週間で3度目の目黒Blues Alley Japan。こりゃー原稿進まないワケだわ... 

続きを読む

■ 尾崎亜美『Life Begins at 60 II』@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

amii ozaki_smile
S-MILE 〜40th Amii-versary 〜 / 尾崎亜美


週末のイベント連チャンに続いて、昨日のジャンクから怒涛の年末ライヴ週間に突入。仕事上のお付き合いの流れで行くケースが多いものの、特に音専誌からレビューを依頼されているワケでもなく、半分はお愉しみ。でもコミュニケーションやご縁が大事な業界でもあるので、こういうのがとても大事。亜美さんの『Life Begins at 60』のライヴは7月に続くモノだけれど、前回はスケジュールが合わず足を運べなかった。だから亜美さんには「あら、お久しぶり」なんて言われちゃうし、マネージャー氏には熱い握手で歓待され…。あ〜、もっと小まめに顔を出さんとイカンなぁ…

続きを読む

■ ジャンク・フジヤマ sings Greatest Songs Encour & More』@目黒Blues Alley Japan

junk time

ダブル・ヘッダーのこの日は、自分のイベント終了後、すぐに『ジャンク・フジヤマ sings Greatest Songs Encour & More』@目黒Blues Alley Japan へ移動。これはチケット即完となった11月の“Sings Greatest Songs”@神楽坂GLEEのアンコール公演で、クリスマス・プレミアム・ライヴとしての開催。ジャンクが愛してやまないアーティストの名曲を、村上“ポンタ”秀一 (ds) と岡沢章 (b) という最強リズム隊をバックに歌いまくる、そういうスペシャルなライヴだ。

続きを読む

■ Fab Bond + Blue Peppers @上野 音横丁

fab bondblue peppers_017

初めて行く上野のライヴ・ハウス:音横丁で、Fab Bond + Blue Peppers。Fab Bondは、ギターとチェロの両刀使いで知られる伊藤ハルトシと、今ではスッカリ山下達郎バンドの屋台骨を支えている感のある小笠原拓海(ds)、そしてシュアなベースで定評の川内啓史によるインスト・トリオ。3年前に自主制作でアルバムを出している。実は縁あって知り合った啓史クンに、以前からFab Bondのライヴに誘われていたのだが、なかなかタイミングが合わず、「今度は行けそうかな」と。そうしたら、カナザワがデビューに導いたBlue Peppers の井上薫がゲストで鍵盤を弾くことになり、だったら相方:福田直木も乗っかって、ジョイントにしちゃえ!という流れになって。個人的には、1粒で2度美味しいライヴになりました(喩えが古くてスマソ…

続きを読む

■ J / JAKE H. CONCEPCION

jake h concepcion

日本のスタジオ・シーンを代表する名サキソフォン奏者ジェイク・H・コンセプションが亡くなった。所属事務所情報によれば、4日が命日とのこと。奥様が認知症を患っていて、発見が遅れたという。介護に専念するため、最近は活動を停止していた。享年81歳。

続きを読む

■ 角松敏生 Close out 2017 & Ring in The New Season @中野サンプラザ

kadomatsu 2017end
角松敏生のライヴ “Close out 2017 & Ring in The New Season” @中野サンプラザ 2days の2日目に参戦した。すっかり年末恒例イベントとして定着したこのライヴは、角松の今年1年間を振り返る内容。特に今年は、音霊、軽井沢のTriPod、大阪のアロー・ジャズなどに加え、インスト・ツアーに下北沢でのクラブ公演、ビルボード・ライヴでのギター・フィーチュアー・ライヴ、福岡でのゴスペル共演等など、例年にも増して盛り沢山の一年だった。したがってこの集大成ライヴも、さぞ長丁場のショウになるだろう。だからこそ土曜公演の今日は開演時間が16:30と早いんだな…、と思っていた。

(以下ネタバレあり、神戸公演へ行かれる方は要注意)

続きを読む

■ STILL NIGHT / 豊島たづみ

tazz_still night

まさに待望。TAZZ こと豊島たづみのオリジナル・アルバム・リイシューがようやくスタートした。2年前『Light Mellow 豊島たづみ』をコンパイルした時にも再発企画は出ていたが、この時はMEG-CD(インディ・レーベルによるCD-R再発)が発売さればかりというタイミングで、結局コンピのみで収束。それが今回、デビュー40周年に絡めて別ルートでの復刻となった。まず最初にリイシューされたのは、77年の1st『ちぎれ雲』と企画色の強かった2nd『とまどいトワイライト』の2in1、そして79年の3作目『STILL NIGHT』(上掲)の2枚。後者は拙監修のディスクガイド『Light Mellow 和モノ special』にも掲載した、代表作と言われるアルバムである。

続きを読む

■ NEIGHBORS COMPLAIN Winter Live Tour 2017 @ 渋谷 Star Lounge

NBCP_jk

昨日の夜は大忙し。渋谷でライヴ、そのあと新宿カブキラウンジでイベント『AOR帯ナイト』のゲストDJ。イベントの方は主催のブルー・ペパーズ福田直木やDJ仲間が Facebookに書いたり、ツイートしている(カナザワはメンドいので twitter やってません)ので省略し、カナザワがいま最も熱く応援している大阪のアーバン・ファンク4人組 Neighbors Complain の Winter Live Tour 2017 @ 渋谷 Star Lounge のライヴ・レポートをガッツリと。

続きを読む

■ MANIJU / 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド

sano_maniju

銀次さんのニュー・アルバムを書いていたら、ライヴにゲスト出演していた佐野元春の新作についても書かずにいられなくなってしまった。7月発売だったので、既に5ヶ月近く。最初に聴いた直後ならともかく、ブログ更新が止まってた期間もあったから、普通はスルーしちゃうところなのに、何かこう、「やっぱりコレは書いておかねば!」と、突き上げられるような衝動に襲われた。自分が解説書いたり、監修したアルバムではないのに、こういう気持ちになるのは、実はちょっと珍しいことである。

続きを読む

■ MAGIC TIME / 伊藤銀次

ginji ito_magictime

お付き合いはまだそんなに長くないのに、最近何かと交流のある伊藤銀次さん。佐野元春、杉真理、EPO、高野寛がゲスト出演した10月20日のライヴ『45th Anniversary 〜 45年目のウキウキミュージック』@ Billboard Live Tokyo(レポートはこちら)にお呼ばれし、先月23日はタワーレコード渋谷5Fのパイドパイパーハウスで行われた銀次さんと長門芳郎さんのトークショウ+ミニ・ライヴにもお邪魔して…。しかも通常のインストア・ライヴは2〜3曲程度でお茶を濁すものなのに、銀次さんはアコギ+カラオケでたっぷり40分。オマケにアンコール付き。まったくサービス精神旺盛な銀次さんらしいわぁ〜。
続きを読む

■ PASTORAL / 青野りえ

rie aono (1)

ヴィヴィド発 Light Mellow's Choice シリーズ最新作。発売が10月中旬だったので、スッカリご紹介が遅くなりました。実はなかなか豊富なキャリアを持つシンガー:青野りえの、遅かりしソロ・デビュー作。スッーっと頬を撫でるようなさり気なさで、ジワジワ評判を広げています。

   どこか郷愁を誘う歌で、忘れていた情景をたくさん思い出す。
     心に、こんなになつかしいことがたくさん眠っていたなんて。
      大人になって良かったと思う。  土岐麻子


続きを読む

■ RETROACTIVE / ブルー・ペパーズ

blue peppers_017


時代も世代もまっすぐ射抜く、のどごし爽快な青い刺激。
シティ・ミュージックの明日を担う 若きポップ・スタイリスト・ユニット、初のフル・アルバム
 (by 金澤寿和)

…というワケで、大変たいへん タイヘ〜ン お待たせ致しました。カナザワがデビューにひと役買ったブルー・ペパーズ、最初の『ブルー・ペパーズ EP』から2年、待望の1st フル・アルバムが間もなく登場です。引き続き 佐々木詩織をヴォーカルに加え、星野みちる (Vo.) をフィーチャーした楽曲も。より濃厚かつハイ・レヴェルにパワー・アップした都市型サウンドで、鮮烈なスパイスを振り撒きます !!

続きを読む

■ SKIP ! +4 / ERI

eri_skip
ユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズ、ご紹介第6弾は、闘病の末に昨年12月に55歳で逝ってしまった天才的シンガー・ソングライター:“ERI” こと菅井えりの1st『SKIP!』(86年)の追悼復刻。近年はヒーリング〜スピリチュアル系のプロジェクトを中心に活動していたが、当ブログ的な興味の対象は、やはり彼女のルーツであるポップ・スタイルの初期2作になる。この『 SKIP!』は どうにも80'sしたアートワークが印象的だが、当時のキャッチ・コピーは、グーフィー森による “おもいっきりYELLOWな気分” というモノだった。なるほどネー

続きを読む

■ WHAT CAN I DO ? / KEIKO MYRAH TOHYAMA(当山 “マイラ” 恵子)

myrah
ユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズ、ご紹介第5弾は、早すぎた実力派バイリンガルR&Bシンガー:マイラ(=当山恵子)のワン&オンリー作『WHAT CAN I DO?』。彼女はペニーこと当山ひとみの実姉で、プロデューサーも同じ兼松フラッシュ光。井田リエのバック・コーラスとして、当山ひとみと一緒に歌っていたのがこのマイラだった。

続きを読む

■ AGAIN +2 / 小坂明子

akiko kosaka_again
10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズ、ご紹介第4弾は、小坂明子の83年作『AGAIN』。今回の復刻アイテムである7組11作品の中にあって、ひと際カナザワの思い入れが強い1枚で、自分自身イイ音で聴くのを楽しみにしていた作品でもある。しかも再発に当たって、知り合いを介してご本人にお会いでき、制作の裏側など いろいろ取材ができた。何より、小坂さんご自身にお喜び戴けたのがとても嬉しく…。

続きを読む

■ FRIDAY NIGHT・YUDAI / 鈴木雄大

yudai 1yudai 2

10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズご紹介のポスト3回目は、今年デビュー35周年を迎えたシンガー・ソングライター:鈴木雄大の初期2作品。この1st / 2ndも、前回のアルファベッツ同様やはり初CD化となるが、たまたま少し前にサード・パーティからオーダーメイドによるCD-R盤が出ていたので、それを手にしたファンも少なくないと思う。が、こちら最新デジタル・マスタリングを施したオフィシャルの正規プレス盤。音質や品質に於けるクオリティの高さは段違いである。

続きを読む

■ ALRIGHT ! +1・BIRTHDAY / アルファベッツ

alphabetsalphabets 2
10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズご紹介の2ポスト目は、初CD化となるアルファベッツの2作品。アルファベッツは、元・子供ばんどの湯川トーベン(b,vo)と、彼と長い付き合いがあるサントリィ坂本(kyd,vo)が中心となった、楽しくハジける職人ミュージシャン・バンド。83年に結成され、同年デビュー・アルバム『ALRIGHT!』、翌84年に2nd『BIRTHDAY』をリリースしている。それから35年近い時を経て、ココにようやくの初CD化が実現した。

続きを読む

■ COMING UP・閃光 -FLASH-・QUARTER REST / ハイ・ファイ・セット

hifi_coming uphifi_flash
hifi_quarter
今回から10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズを順番にご紹介。まずココでは、全11作中3作を占めるハイ・ファイ・セットの70年代末作品をまとめて。実はハイ・ファイ、84年にCBSソニー(現ソニー・ミュージック)に移籍するまでは、ずーっとExpress/東芝EMIからレコードが発売されていたが、原盤制作は初期5作が後にアルファ・レコードの母体となるアルファ&アソシエイツ、そのあとの6作が彼らのオフィスであるバード・コーポレイション(後のバード企画)だった。それが現在は、アルファ期がソニーのディストリビュート、EMIはユニバーサルに合併ということで、少々ややこしいことになっている。今回はそのEMII在籍前期の作品でCDが激レア状態だった3枚『COMING UP』『閃光 -FLASH-』『QUARTER REST』を、およそ四半世紀ぶりに復刻したワケだ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
LIVE light Mellow
カナザワ企画監修
ライヴイベント開催!
live_lightmellow

LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)16:30/17:00
  全労災ホール スペースゼロ
《出演》伊藤銀次 杉真理
    サーカス 庄野真代 《演奏》sparkling☆cherry
詳細はコチラから
TOPICS
音盤&トーク Vol.12
次回開催が決定!

音盤トーク017

● Light Mellow 音盤&トーク
          Vol.12
@武蔵小山 カフェ・アゲイン

www.cafe-again.co.jp
●3月17日(土)
open:15:00 start 16:00
charge 1,500円

ハイエンドのレーザーターンテーブルで爆音AORを聴こう!
※上記画像は古いものです

執筆しました!

カシオペア特集12P執筆。

シリーズ初アナログ!

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(監修)
WORKS(解説)
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ