Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

和モノ・City Pops

■ Light Mellow 大橋純子

LM_lunko ohashi

確定申告であたふたしていたら、ショッキングなニュースが飛び込んできた。70年代シティポップのディーヴァたる大橋純子さんが、食道ガンの治療のため、4月から休業するという。既にチケットが売り出されているライヴもキャンセルとなるが、幸いまだ初期のステージ1だそうで、それほど心配は要らない様子。ご本人も実感がないようで、サイトでは「今はただ早めの復帰を願い、頑張って治療に向かっていく」とポジティヴなコメントを書かれている。今の僕らにできるのは、そんな純子さんを応援し、1日も早い復帰を祈るだけだろう。

続きを読む

■ GOOD MORNING・SELF JAM・HAPPY & LUCKY / 佐藤 博

sato_good morningsato_self jamsato_happylucky

取り急ぎの締切の山を片付け、夜になって、ようやく確定申告の書類作りを開始。「え、明日締切でしょ!? 間に合うの」「間に合いません」でも僕らモノ書きの原稿料は、予め源泉徴収されて振り込まれてくるので、確定申告=還付申告になる。で、この還付の場合は3月15日過ぎても大丈夫なのだ。何故かこの時期はいつも締切ラッシュに陥り、例年 数日遅れで申告するのが常になってしまっている。先月までは「今年は大丈夫そう」と思っていたのに、そのあと大きい仕事が飛び込んで、結局いつものパターンになってしまった

続きを読む

■ ROSE BLOOM DAYS / 伊豆田洋之

izuta

ソロ活動の傍ら、杉真理や松尾清憲とのピカデリー・サーカスやA.M.S & I(安部恭弘・村田和人・鈴木雄大と)を組んで活動したり、カヴァー・ライヴで “ポール・マッカートニー以上にポールらしく歌う” と称えられている伊豆田洋之。7日に約3年半ぶりのニュー・アルバム『ROSE BLOOM DAYS』がリリースされた。

続きを読む

■ 8芯二葉〜Winter Blend・梅鶯Blend / Darjeeling

darjeelingdarjeeling2

シティ・ポップ、盛り上がってますね。カナザワが絡んだだけでも、レコードコレクターズ誌は70/80年代と時代を分けて2号連続のメイン特集だし、 若い層をターゲットする別冊KADOKAWA DirecTの3月末売り号でも特集を組む。そうそう、現在は売り切れ状態のディスクガイド『Light Mellow 和モノ Special』(14年刊)も、初夏頃には更なる重版が掛かりそう。いま現在進行形の部分をどう反映させるか、関係筋とちょっと算段しています。

続きを読む

■ 未唯mie 60th Birth Celebration @ 目黒 Blues Alley Japan

mie_018

恒例、年に1回、3月1日の “未唯mieの日”ライヴ@目黒ブルース・アレイ・ジャパンは、何と『未唯mie 60th Birth Celebration』。その第1部に参戦。バック・メンバーは、土方隆行(g)、バカボン鈴木(b)、鶴谷智生(ds)、安部潤/佐山こうた(kyd)、佐々木久美/大滝裕子 (Cho) という、いつもながらの豪華布陣中心で。

続きを読む

■ ALLTIME SELECTION 〜ゴールデン☆ベスト / ラジ

rajie_best

カナザワが解説を執筆させて戴いたラジの『ALLTIME SELECTION』2枚組が、21日にリリース。ついこの間、ソニー時代の5作品が Bridge Inc.から紙ジャケ再発されたばかりなのに…、と思ったら、あれからもう3年半も経っているのネ… この2枚組は、各メジャー・レーベルで続々出している人気シリーズ:GOLDEN☆BESTの一環としてのリリースだけれど、マニア度の高いラジの編集盤で2枚組は、結構な英断。ソニー・ダイレクトの担当A&R:F君の熱意の賜物、と解している。

続きを読む

■ 風と鱗 / 比屋定篤子

hiyajyo_018

12月に出ていた比屋定篤子、久々のニュー・アルバムをようやく。調べてみたら、オリジナル・アルバムとしては10年ぶり7作目。でもこのところ流線形との共演作があったし、アナログ7インチの連発やベスト&レアの編集アルバムが出たり、サトウユウ子との沖縄童謡集があったり…。ご本人もコンスタントにカフェ・ツアーをやっているので、ご無沙汰感はまるでない。それなのにジックリ聴いてみたら、まるで取り憑かれたようになってしまって、繰り返し繰り返し、4〜5回は聴いただろうか。何だが、身も心も浄化された気になっている。

続きを読む

■ VIVID SOUND LIVE Vol.2 @下北沢 THREE

vivid live
私的ライヴ三昧ウィーク最終日は、いつもお世話になっている VIVID SOUND 45周年記念イベント【VIVID SOUND LIVE Vol.2】@下北沢THREE。あら、2日連続でシモキタだわ メイン・アクトは青野りえとブルー・ペパーズで、ゲスト・ヴォーカルに星野みちるという、インディ・レーベルらしからぬ豪華さだ。青野嬢は、我が Light Mellow's Choice シリーズからのリリース。ブルー・ペパーズは、メンバーの福田直木から直々に音を聴かされたカナザワが「キチンと流通に乗せるべき」とアドヴァイスし、VIVIDに紹介したのが最初の縁だった。

続きを読む

■ sparkling☆night with 濱田金吾 @ 下北沢440

sparkling night_kingo
ライヴ三昧再開は、バイ・マンスリーの定例 sparkling☆night。今回のゲストは、ようやく登場の濱田金吾さん。新作準備、6月に大きなイベントを控えて気合ーが入るメンバーたちながら、一方、新曲にはアレンジ面で試行錯誤を続けている楽曲もあったりして…。でも金吾さんとのジョイント部分に関しては、リハーサルからなかなかイイ感じだったので、密かに期待していた。それでも金吾さんからは、「技術的な問題はないから、あとはそれぞれストーリーを考えて…」とのお言葉。勉強になります。

続きを読む

■ 本気でAOR NIGHT 2018 @目黒 Blues Alley Japan

starbuckgerry rafferty
STARBUCK               GERRY RAFFERTY『CITY TO CITY』
  『MOONLIGHT FEELS RIGHT』
先週末から怒涛のライヴ三昧。…とはいえ目的は和モノばかりで、仕事の流れで顔を出すついでに思い切り楽しんじゃおうというモノが多い。今日は、既に10回越えを数える恒例イベント『本気でAOR NIGHT』、今年の初回公演を観に行った。カナザワ的には、このイベントに足を運ぶのは、もう3〜4回目になるかな? 出演メンバーは、増崎孝司(g)、種子田健(b)、小笠原拓海(ds)、中島オバヲ(perc)、友成好宏(kyd)宮崎裕介(kyd)、竹上良成(sax)、三谷泰弘(vo)といういつもの豪華な顔ぶれ。いま、今井優子案件でお世話になっている竹上・増崎両氏に加え、友成さん、小笠原さん、宮崎クン と顔見知りのミュージシャンも多い上、ネタがAORなので、ちょっとホームグラウンド的な居心地の良さを感じていたりする…

続きを読む

■ The Band 8 Eight(林 哲司)〜 Third Gear 〜 @汐留 Blue Mood

tetsu_hayashi_bluemoon

いろいろ仲良くさせていただいてる作曲家:林哲司さんのニュー・バンド:The Band 8 Eight のライヴ@汐留 Blue Mood へ。昨年結成され、今回がまだ Third Gear、3度目のライヴとのこと。カナザワは前2回は見逃しているので、予備知識らしい知識もほとんどなく、この小屋へやってきた。

続きを読む

■ 淑女のたしなみ・LONELY ONE / 豊島たづみ

tazz_shukujotazz_lovely one

昨年12月にスタートした豊島たづみオリジナル・アルバム・リイシューのシリーズ後半が、いよいよ発売に(前半の紹介はコチラから)。登場したのは、4作目にあたる80年作『淑女のたしなみ』と、寿引退前の最終作となった81年の『LONELY ONE』。これで彼女の現役時代の5作品は、すべて紙ジャケット仕様でCD化されたことになる。う〜ん、実にメデタイ

続きを読む

■ 夢飛行・NIRVANA / 山口美央子

mioko yamaguchi 1mioko yamaguchi 2

ソングライターの山口美央子が、80年代にシンガー・ソングライターとしてリリースした3作品『夢飛行』『NIRVANA』『月姫』が、デジタル・リマスター/紙ジャケット仕様でリイシューされた。前2作は井上鑑がアレンジ or サウンド・プロデュースで関わり、3作目は立川直樹がプロデュース、アレンジに土屋昌巳(一風堂)という陣容。デビュー当時からYMOで有名なシンセ・プログラマー:松武秀樹が関わっており、ジャパネスク的世界観と斬新なポップ感覚をちりばめたアーバン・ポップスを展開している。ココでは、一足飛びに摩訶不思議なテクノ・ワールドに飛び込み、最近はアンビエント的評価が高まる『月姫』(83年)は一旦脇へ置き、ライトメロウ的視座から『夢飛行』と『NIRVANA』をご紹介しよう。

続きを読む

■ 濱田金吾 with PARADIGM SHIFT @曙橋 Back in Town

kingo hamada_best
濱田金吾 with PARADIGM SHIFT @曙橋 Back in Town に参戦。金吾さんライヴは、昨年夏頃から3度目になる。前2回は8月に逗子で開催されたイベント【No End Summer】にご出演いただくため(カナザワもMC/DJなどで出演)、そのご挨拶も兼ねて、同じBack in Town でジャズ・セットのライヴを観たのと、次いで【No End Summer】の本番。そして今回は、今月15日に行われる 我らが sprakling☆cherryの定例イベント:sparkling☆nightのゲストに出ていただくので、そのメンバーと共に再度ご挨拶、という感じで。実は00年代半ば頃、金吾さんがライヴ活動を再開して間もない頃に時々足を運んでいたのだが、その後はしばらく疎遠になり、facebookでの繋がりを経て、昨年のライヴが久しぶりの再会だった。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.1 情報解禁!

live_lightmellow

前にチラリとお話しした、カナザワ監修のライヴ・イベント ついに決定。本日、正式発表/情報解禁となりました。名付けて『LIVE Light Mellow Vol.1』。詳細は以下になります。

☆ LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)全労災ホール/スペースゼロ (新宿駅南口より徒歩5分)
 open 16:30  star 17:00 6,000円(税込) 全席指定
《出演》伊藤銀次 杉真理 サーカス 庄野真代
《演奏》SPARKLING☆CHERRY

続きを読む

■ EPO × 佐橋佳幸 × 清水信之 "おとな文化祭" @ Billboard Live Tokyo

epo 3

1970年代も終わろうとする頃、世田谷の都立松原高校に三つの才能が奇蹟的な出会いをした。先輩のノブさん(清水信之)、佐藤永子(EPO)、そして後輩サハシ(佐橋佳幸)。普通の都立高校にこれだけの才能が同時期に集うということも奇蹟だが、40年を経た今もそれぞれが第一線で活躍をし続けているというのも奇蹟そのものと言える。この3人が再び出会い、新たな物語を紡ぎ始めた。

続きを読む

■ ORANGE SKY, ENDLESS SUMMER / 小林泉美 & FLYING MIMI BAND

flying mimi band
朝から雪がチラついて、午後から本降り 世間は大変そうだけど、自分にはちょうど良かったかも。この週末ほとんど原稿執筆できなかったので、先送りしていた某音専誌のシティ・ポップス特集のレビューをやっつけるべく、ただただ家に引き籠って音とPCに向かっていたから…。外はシンシンと雪が積もっていても、仕事部屋はヌクヌクを通り過ぎ、ちょっぴりトロピカル・ムードだったりして…

続きを読む

■ 芳野藤丸 & RESPECT MUSICIANS @Blues Alley Japan

21_n

朝〜昼まで急逝した叔父を見送り、一旦家に戻ったものの、仕事に手をつける間もないまま、芳野藤丸ライヴ@Blues Alley Japanへ。フライヤーの掲載通り参加メンバーが豪華で、しかも藤丸さんご自身を始め、個人的に知り合いのミュージシャンが多数。これは絶対観に行かねば、と…。

続きを読む

■ ONE STEP FESTIVAL 永久保存版 - オリジナル・ザ・ディラン+ かまやつひろし&オレンジ -

one step fes boxdylan
今日も午前中からスタジオ入り。比較的早い時間に帰宅できたものの、雑事が溜まっていて書きモノに着手できず。明日は急逝した叔父の葬式で、朝から夕方まで潰れてしまうし…。

続きを読む

■ ONE STEP FESTIVAL 永久保存版 - CREATION -

one step fes boxone step_creation

一昨日に続いて、午後から半日スタジオ籠り。なので今日も、74年に福島県郡山市で開催されたONE STEP FESTIVALの21枚組ボックスから、今回はクリエイション。この頃の日本のロックは、彼らクリエイションとサディスティック・ミカ・バンドを中心に、四人囃子やカルメン・マキ&OZあたりが周囲を固めてシーンを廻していた印象がある。決して、はっぴいえんど〜キャメル・ママ勢ではなかったんだな。このボックスに封入されたフェス関係者の証言でも、シュガー・ベイブに対して、毛色の変わった新しいバンドが出てきた、という目で見ていたそうだ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
増版決定。限定小冊子付!


Light Mellow
音盤&トーク・ライヴ Vol.13 決定!

音盤トーク017

7月28日(土)
@武蔵小山カフェアゲイン
15:00 open / 16:00 start
charge:1500円
レーザーターテーブルの高音質で爆音AORをご堪能下さい。
[問い合わせ・予約]
www.cafe-again.co.jp
TEL:03-5879-2251
※画像は古いモノです。


ブルーペパーズ LP
6月13日発売決定!

くそダサいライナー書きました
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)
WORKS(監修)
シリーズ初アナログ!

LIVE light Mellow
大成功のうちに終了!
ありがとうございました。
live_lightmellow

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ