Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Rock 80's〜

■ SIGNS / TEDESCHI TRUCKS BAND

tedeschi trucks_signs

今日は朝っぱらから訃報が立て続けに。まずは、まさに15日に4枚目のオリジナル・アルバム『SIGNS』が発売されたばかりのテデスキ・トラックス・バンドのキーボード/フルート奏者コフィ・バーブリッジが、まさにそのアルバム発売日に死去。彼は以前から心臓を患っており、昨年6月に手術を受けていたとか。その後仕事に復帰したが、合併症を起こしてアトランタで亡くなったと伝えられている。享年57歳。

続きを読む

■ NOW / PETER SUNDELL

peter sundell

昨日、竹内まりやをポストしたら、それだけでアクセス倍増。ページビューはその更に倍!って感じで、まぁ、人気の音楽ブログを作るのはたやすいな。でも一般リスナーさんでも書けるネタを自分が書いても意味ないワケで、ココはやっぱり他の人がやらないコト、カナザワでないと書けないコトを書いていく。そして今日はピーター・スンデル。誰それ?、という方がほとんどだと思うが、かくいうカナザワもアーティスト名を聞いただけでは、何処の誰だか分からなかった。

続きを読む

■ JOHNNY HATES JAZZ @ Billboard Live Tokyo 2nd Show

johnny hates jazz

80年代に隆盛を誇った第2次ブリティッシュ・インヴェンジョンのグループが、ここ何年かとても元気がいい。その中でも比較的AORに寄った指向性を持つジョニー・ヘイツ・ジャズが、07年の再結成後、おそらく初めてとなる来日。その2デイズ初日 2nd show に足を運んだ。実はその前に、同世代が多く集まる新年会に顔を出していたのだが、「エェ〜、ジョニー・ヘイツ・ジャズなんか観に行くのォ〜」と、懐疑的な声多数。でもそれも仕方がない。観に行くことにしたカナザワ自身、「<Shattered Dreams>が聴きたいから、観ておくか」的なノリだったんだから。でも行ってみたら、これが思っていたより ず〜〜〜〜っと良かったんです
続きを読む

■ ANTHEM OF THE PEACEFUL ARMY / GRETA VAN FLEET

greta van fleet

スミマセン、時々病気が出ます …ってなワケで、オッサン世代のクラシック・ロック好きから若いロック・ファンまで巻き込んで支持を拡大しているグレタ・ヴァン・フリートの、これが遅かりしデビュー・アルバム。仕事以外で最近一番聴いているのが、コレと先週来日していたザ・マグパイ・サルートって、まるで70年代みたいだな

続きを読む

■ THIS TIME / CULVER KINGZ

culver kings

年末にデスク脇の未聴CDの山を整理した時に、その中から掘り出した一枚。再発で中身が分かっていれば、そのままラックに収納するが、これはジャケットを見てもグループ名を見ても、何者か分からない。アートワークでメロディック・ロック系なのは推察できるものの、それだけなら購入しないはず。何か理由があってポチッたと思うが、その記憶がないのだ。ヤベぇ〜、いよいよボケたのか、自分ッ

続きを読む

■ ALIVE ALONE / MICKEY THOMAS

mickey thomas

ジェファーソン・スターシップ〜スターシップのリード・シンガーとして知られるミッキー・トーマスが、81年にリリースしたソロ2作目『ALIVE ALONE』が、ひそかに世界初CD化。歌の上手い実力派シンガーなのに、ソロ活動ではほとんど実績らしい実績を残せていないのは何故か。その辺りをこのアルバムで検証しつつ…。

続きを読む

■ THE SNAKE KING / RICK SPRINGFIELD

rick springfield_018

11年に観に行ったリック・スプリングフィールドの来日公演は、それまでの彼のスマートなポップ・スター的イメージを軽く覆えしてしまうほど、衝撃的なライヴだった((その時のポスト)。還暦越えにも関わらず、チョイ悪どころか、かなりワイルドなロック・スターの風情。あれで強かにショックを受けて以来、リックの新作アルバムは積極的にチェックしてきた。で、年明け早々、密かにドロップされていたこのアルバム。ほぼ同発で日本盤が出ていたことなんて、まったく知らなかったよ…

続きを読む

■ GOLDEN DAYS / MAMAS GUN

mamas gun_golden

3年ぶりのニュー・アルバム『GOLDEN DAYS』を年末にドロップしたママズ・ガンを、 Billboard Live 1st show で。ママズ・ガンは、09年にデビューした、UKのモダン・ブルー・アイド・ソウル・グループ5人組。イメージ的にはマルーン5あたりに近いのに、今ひとつ、人気が盛り上がらない。いや、デビュー盤『ROUTES OF RICHES』から<House On A Hill>がFMでヘヴィ・ローテーションになったりはしていたけれど、それが長続きせず、何だかとてももったいないコトになってしまっている印象なのだ。

続きを読む

■ VINTAGE TROUBLE @ BILLBOARD LIVE TOKYO

vintage trouble 015
イヤぁ、こりゃースゲェもん観ちまったな ゴールデンウィーク進行も絡んできている中、セッセと足を運んだのは、ヴィンテージ・トラブル@Billboard Live Tokyo 2nd Show。スティーリー・ダンのこけら落とし以来約12年近く、仕事で、あるいはプライヴェートで足繁く通っているライヴ・レストランだが、カナザワがココで観たライヴの中で、もしかしたら一番熱く燃え上がったショーなのでは?と思っている。確かに事前に「ライヴがスゴイ!」とは聞いていたけど、それぐらい口アングリの熱血パフォーマンスだった。

続きを読む

■ THIN RED LINE / THE CRETONES

cretones
80年前後のカリフォルニア〜L.A.を、ニュー・ウェイヴ色豊かなロックン・ロールで染め上げた男、マーク・ゴールデンバーグ。そのマークが率いた4人組ザ・クリトーンズの1stアルバムが、遅かりし初CD化となった。当時の国内盤の邦題は、『激愛そしてモダン・ロマンス』。もちろんリンダ・ロンシュタットの80年作『MAD LOVE(激愛)』にちなんでのモノで、典型的なカリフォルニアの歌姫だった彼女をマークが過激に変身させた、と話題になったのである。

続きを読む

■ BEAUTIFUL BROKEN / HEART

heart 016
ふと気がつけば、ライナーを書かせてもらった前作『FANATIC』から、早4年が過ぎている。いつの間にか今度のハートは、名門コンコードへ移籍してニュー・アルバムを出していた。暑い時期のリリースだったのに、今も何のインフォメーションもないということは、どうやら日本発売は見送られたみたいね、ユニバーサルさん…

続きを読む

■ THE GETAWAY / RED HOT CHILLI PEPPERS

red chilli 016
雑事は多いものの書きモノのスケジュールには多少余裕が出てきたので、ちょっと最近のニュー・アルバムなど聴いている。リピートして聴いているのは、キリンジ、ジェフ・ベック、そして何とこのレッチリ。このブログにレッチリを書く日が来るなんて、自分でもオドロキですが…

続きを読む

■ GOOD THING / PAUL YOUNG

paul young
今日は最初はプログレ・フェス(キャメル、スティーヴ・ハケット出演)に行く予定が、横浜のGreen Room フェス(チャカ・カーン、ハイエイタス・カイヨーテら出演)にすり変わり、更に、先週末の家のドタバタで仕事がバリバリに押してしまったため、結局すべてのスケジュールを棚上げして仕事に専念。憂さ晴らしにこんなのを聴いている。ホール&オーツの名カヴァー<Everytime You Go Away>でお馴染み、UKのブルー・アイド・ソウル・シンガー:ポール・ヤング 10年ぶりの新録アルバム『GOOD THING』。

続きを読む

■ FACE VALUE -Deluxe Edition- / PHIL COLLINS

phil collins face
フィル・コリンズのリマスター/2CD デラックス・エディション・シリーズがスタートしている。その第1弾は、1stソロの『FAVE VALUE』(81年)と93年作『BOTH SIDES』。どうせ両方買うなら輸入盤のセットで、と思ってポチったら、2枚組が10枚くらい入りそうな豪華化粧箱に、ポツンと2枚だけ入ってきた。そうかぁ、「全部買え!」ってコトなのね。でもカナザワの場合、最初の4枚にしか思い入れがないんですけど…

続きを読む

■ SOUL SHADOWS / PAUL CARRACK

paul carrack_soul shadows
いろいろ懸念ごとも少なくない中、早くも2月。古来の考えに乗っ取れば、立春こそ年の始まりで節分は大晦日だから、好ましくない流れはココでしっかり断ち切りたいものである。そんな時にこんな信頼の歌声に浸れるのが嬉しい。ポール・キャラック、ちょうど2年ぶりのスタジオ・アルバム『SOUL SHADOWS』が到着した。

続きを読む

■ ALPHABET CITY / ABC

abc_alphabet city
2016年のライヴ幕開けはABCから。縁起モンじゃないけど、正月に角松門松みたいで、何か縁起が良さそう。@Billboard Live Tokyo 1st show。資料によれば、83年以来の来日公演とのことで、何気に期待が高まる。

続きを読む

■ GET UP / BRYAN ADAMS

bryan adams_getup
ア〜、久々に横っツラをパチンッと平手打ちされた感覚。ジェフ・リンのプロデュースと知った時から、結構良いモノになるだろうな、という予感はあったけど、それを軽やかに超越してくれた。まさに目が覚めたような感覚で、気分爽快、後味スッキリ 

続きを読む

■ COLOR IN YOUR LIFE +2 / MISSING PERSONS


missing persons
昨日はプロデューサー:ナイル・ロジャースに厳しい意見を書いたが、今日はナイルのかつての相方バーナード・エドワーズのプロデュース・ワークスから、ちょうど初紙ジャケ/高音質盤化されたミッシング・パーソンズの3作目を。実はデヴィッド・ボウイやマドンナでいきなり大ヒットを連発し、結局そこを越えることができずジワジワ後退していくことになったナイルとは裏腹に、同じ頃、自分のバーナード評は高くなる一方だった。

続きを読む

■ BIG LOVE / SIMPLY RED


simply red
解散していたシンプリー・レッドが、結成30周年を機に活動再開。8年ぶりのニュー・アルバム『BIG LOVE』を発表した。ミック・ハックネルはこのところ趣味的なソロ・アルバムを出したり、フェイセズでロッド・スチュワートの代わりに歌ったりしていたが、ようやく変えるべき場所へ戻った、ということか。

続きを読む

■ REVOLUTION SAINTS


revolution_saints
これは会心。ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ(b,vo)、現ジャーニーの歌えるドラマー:ディーン・カストロノヴォ、そして元ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ(g)が結成した、いわゆるスーパー・バンド:リヴォリューション・セインツのデビュー作が、かなりイイ出来だ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
TOTO来日記念のイベント決定

Light Mellow presents
音盤&トーク・ライヴ Vol.14
TOTOのアナログ盤をハイエンド・オーディオで聴く
lightmellowイベント201902-9ol

3月1日(金)19:00/19:30
@神保町 楽器カフェ
詳細はこちら
ご参加お待ちしてます!

スティーヴ・ルカサー 初の自伝
『福音書(THE GOSPEL)』
巻末の解説を執筆しました。

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

WORKS - Compliation
Groovyなコンピ 組みました

WORKS - 解説

Recent Comments
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
カナザワ監修シティポップ`再発

◆やまがたすみこ◆

◆ 伊東ゆかり ◆
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 二名敦子 ◆
Fluorescent Lamp (+2)
nina_lamp
タワーレコード限定
ご購入はこちら
Light Mellow 和モノ on CLINK
◆二名敦子 紙ジャケ復刻 1st album『PLAYROOM〜戯れ』 nina_playroom

詳細・ご購入は…


◆サーカス 幻のデビュー曲 7inch『月夜の晩には』 circus_tsukiyo

詳細・ご購入は…


◆Special Jam Company with 酒井俊 album CITY VIBRATION special jam co

詳細・ご購入は…


7inch Indian Summer
special jam co_7

詳細・ご購入は…

Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ