Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Reisssue

■ MY LOVE / SALENA JONES with STUFF

salena jones

今や大御所ジャズ・シンガーのサリナ・ジョーンズが、81年に東京でレコーディングしたスタッフとの共演による名作『MY LOVE』が、タワーレコード限定のSA-CDハイブリッド仕様で復刻。オーディオ評論家である和田博巳氏監修の下、解説を書かせて戴いた。オンタイムで愛聴したジャズ・ヴォーカル名盤だけど、ライター目線でじっくり聴き込んだコトはなかったから、ちょっと新鮮な気持ちになった。

続きを読む

■ CARAVANSERAI / SANTANA

santana_caravanserai

バディ・マイルスとの共演ライヴ盤に続く、サンタナ『CARAVAANSERAI(キャラヴァンサライ)』(72年)のクアドラフォニックSQ盤の世界初SA-CDマルチ・ハイブリッド化。『SANTANA』『ABRAXAS』『 SANTANA III』と続いた灼熱の初期ラテン・ロック期から脱却し始めたアルバムで、既にデヴィッド・ブラウン(b)とマイケル・カラベロ(perc)が脱退。ジャズのインフルエンスと東洋思想を盛り込んだ新しいサウンドを提示している。

続きを読む

■ SOY・SOY 2 / SOY

soysoy2

1ヶ月以上の遅ればせながら、【CITY POP Selections by UNIVERSAL MUSIC】第3弾から、コレも自分がリクエストしたSOYの2作。オリジナル・リリースは98年と00年。2作目の時だったか、当時、池尻大橋にあったユニバーサルで、メンバーに取材したのを覚えている。

続きを読む

■ SECRET LOVER / T-GROOVE& GEORGE KANO EXPERIENCE with YUKO IMAI・レコードの日2022 day2

t-groove_yukoamanetrill_fortune townmori hirotaka
miki matsubara_who are youdaddy takechiyo_albummasato arai
yukako hayasekazami ritukohara midori2

いつになく、たくさんのアナログのサンプル盤が届いています。まずは、T-GROOVE & GEORGE KANO EXPERIENCE の『LADY CHAMPAGNE』収録曲<Secret Lover>の別ヴァージョンとして、今井優子がゲスト・ヴォーカルを務めた<Secret Lover (Vocal Version)> T-GROOVE & GEORGE KANO EXPERIENCE with YUKO IMAI。バック・コーラスには、今井のオリジナル最新作『SPELL OF LOVE』でも大活躍しているDaisukeが参加。彼は来年1月の今井の新作発表ライヴにも参加予定です。

続きを読む

■ Light Mellow 和モノ45 on レコードの日 2022 day2

junk_ride on timeyuko_spell7junko yagami_bay city
mieko hirotapiper_sunshine kizLM和モノ45 logo

【レコードの日】day2(12月3日)が迫ってきた。カナザワ監修【Light Mellow 和モノ45】シリーズからリリースする 7インチ・シングル5枚も、サンプル盤が手元に届いた。すぐに売り切れてしまいそうなタイトルもあるので、速攻のオーダーをオススメします。

続きを読む

■ 乗合馬車 (Omnibus) 50th Anniversary / 大瀧詠一

ohtaki 1st

72年に発表された大瀧詠一の1stソロ・アルバム『大瀧詠一』が、50周年記念盤として2枚組拡大ヴァージョンで復刻。タイトルも、当初のアイディア『乗合馬車(Omnibus)』に変更されている。当時の大瀧さんは、はっぴいえんど在籍中。まずは<恋の汽車ポッポ>、<空飛ぶくじら>とシングルを出し、6枚シングルが揃ったところでアルバム化するアイディアを持っていた。だから『乗合馬車(Omnibus)』。しかし彼を取り巻くレーベル事情から、本格的なソロ・アルバムが求められるようになり、このアルバムが生まれることになった。

続きを読む

■ DONNA SUMMER 40th Anniversary Edition / DONNA SUMMER

donna summer 40th

ドナ・サマーがクインシー・ジョーンズと手を組んだことで音楽界の話題をさらった82年のアルバム『DONNA SUMMER(恋の魔法使い)』が、 40周年記念再発。デラックス・CD・メディアブック・エディションと命名され、DVDサイズの豪華32ページのブックレットにディスクが封入されてくる。最新リマスター&ボーナス・トラック追加と謳われているので、価格設定から てっきりCD2枚組だと思っていたら、実は1枚モノで、ボーナスは7曲。ナンだ、それじゃ〜2014年のリマスター&エクスパンデッド盤と変わらんぢゃないか、と憤慨して 実際ボーナス7曲中4曲はダブリで、今回 新たにシングルが出る<Mystery Of Love 〜 Le Flex "Summer Mystery" Remix>とその別ミックス、<The Woman In Me>の7インチ・ヴァージョンが初CD化になる。アナログも追って出るようだ。

続きを読む

■ THRILLER 40 / MICHAEL JACKSON

michael jackson thriller 40

1984年グラミー8冠、ビルボード・アルバム・チャートで通算37週No.1、シングル・カット7曲すべてがトップ10入り(うち2曲首位)など、歴史的なモンスター・ヒット・アルバム『THRILLER』の40周年記念エクスパンデッド・エディション2枚組が登場。各曲が耳タコなので、個人的にはフル・アルバムでジックリ聴き込むのは、おそらく数年ぶりになるだろうか。ディスク1はオリジナル・アルバム、そしてディスク2がお目当ての未発表&レア音源集。オリジナルを聴いての新しい発見など、今となっては ほぼナイと言えるけれど、ブルーノ・マーズや今更ながらのシティポップ人気など、80'sサウンドが再評価されている今、『THRILLER』の再定義は意義のあることだと思う。

続きを読む

■ I MEAN TO SHINE / LINDA HOOVER

linda hoover

昨日、スティーリー・ダンからのインフルエンスを現代版コンテンポラリー・ジャズ・スタイルで表現するニュー・プロジェクト:モダン・タイムス・アンサンブルを紹介したところで、コレを紹介するタイミングを逸したままだったのを思い出した。1970年にレコーディングされ、50年以上もお蔵入りしていたリンダ・フーヴァーのデビュー・アルバム『I MEAN TO SHINE』。“スティーリー・ダンが参加した幻のアルバム” として、今年4月のレコード・ストア・デイで初出。2ヶ月遅れで登場したCDと共に、しばらく入手困難に陥っていたモノだ。そのため当ブログへのアップも見送っていたのだが、このタイミングでチェックしてたら、いつの間にか再入荷していたようで。

続きを読む

■ LIVE! / CARLOS SANTANA & BUDDY MILES

santana_buddy miles

傍若無人なライヴ名作のクアドラフォニックSQ盤が、発売50周年を記念し、世界初のSA-CDマルチ・ハイブリッド化。7インチ紙ジャケット仕様で、日本盤シングル・ジャケットやポスターを封入した豪華盤で蘇っている。サンタナのSA-CDマルチ・ハイブリッド・シリーズとしては、1st『SANTANA』『ABRAXAS(天の守護神)』『SANTANA III』に次ぐ4作目。

続きを読む

■ MESSAGES FROM THE STARS - The RAH BAND story Vol.1 / RAH BAND

rah band boxrah band box2

ハイブリッドなエレクトロ・ブリット・ポップのパイオニア、ラー・バンド(RAH BAND)のCD5枚組ボックス。78年〜80年代中盤までにオリジナル・アルバム4枚をリリース。そのうちインディ・リリースの初期3作と、その時期のシングルやリミックス、未発表ヴァージョンなどを5枚のディスクに集成した箱モノだ。オリジナル・アルバムはすべてCD化済みながら、シングルや12インチ音源には初デジタル化が少なくない。

続きを読む

■【Light Mellow × Cocky Pop】Light Mellow 門あさ美 + オリジナル・アルバム・コレクション第2期

kado_private maleLM kado asami
kado_urarakado_belladonnakado_simulation

カナザワが監修するヤマハとのコラボ企画【Light Mellow × Cocky Pop】第1弾、【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション】4作品の発売を目前に控え、第2回発売分の内容が明らかにされている。次回のリイシューは、5thアルバム『プライベート・メール』、6thアルバム『麗(urara)』、7thアルバム『ベラドンナ』、そして8作目に当たる擬似ライヴ・アルバム『SIMULATION』の4枚に加えて、カナザワ選曲による新規ベスト『Light Melllow 門あさ美』の5枚。オリジナル再発は、いずれも最新デジタル・リマスター/紙ジャケット仕様。『Light Melllow 門あさ美』のみジュエル・ケースでの登場になる。

続きを読む

■ FRENCH TOAST

french toars

今日も、日本を代表するジャズ・フュージョンの名門レーベル:エレクトリック・バードのカタログから。スティーヴ・ガッドやリチャード・ティー、ロニー・フォスターのような海外著名ミュージシャンの日本制作アルバムをリリースして注目されたエレクトリック・バードだけれど、ロニー・キューバやルー・ソロフのような職人プレイヤーにも、よくスポットを当てていて。ここに紹介するフレンチ・トーストも、そういう職人が率いたグループ。こういう機会でもないと、なかなか紹介できない連中なのだ。

続きを読む

■ SUPER FUNKY SAX ・ NEWYORK LINER

super funky saxnew york liner

昨日に引き続き、日本を代表するジャズ・フュージョンの名門レーベル:エレクトリック・バードのカタログから。このレーベルの大きな特徴は、邦洋の分け隔てなく日本人ミュージシャンと外国人ミュージシャンを対等に扱い、両者共演も盛んに行なっていたこと。それを主導していたのが、レーベル・トップの川島重行プロデューサー。そしてニューヨークで現場を仕切っていたのが、作編曲兼キーボード奏者のデヴィッド・マシューズであった。

続きを読む

■ GOOD MORNING / 増尾好秋

masuo_good morning

日本を代表するジャズ・フュージョンの名門レーベル:エレクトリック・バードのカタログが、待望のデジタル解禁。それを記念して、カナザワと流線形)クニモンド滝口氏のスペシャル対談が、REAL SOUND と King Record Today で展開されている。

日本のミュージシャンを世界に知らしめた<エレクトリック・バード> 金澤寿和とクニモンド瀧口が語り合う、稀有なレーベルの魅力(Real Sound)
金澤寿和×クニモンド瀧口が<エレクトリック・バード>の魅力を語る 「日本のジャズフュージョンレーベルのトップランナーだった」(King Record Today )

続きを読む

■ REVOLVER -5CD Super Deluxe- / THE BEATLES

beatles_revolver box

自宅療養中につき、ビートルズ『REVOLVER』の5CDスーパー・デラックス・ボックスと何度目かのデート。やるべきコトはいろいろあれど、今イチ集中力が上がらないコトもありーので。でもこのボックス、全然飽きない。自分の場合、メイキングのスタジオ・セッションの録音を聴くと、最初は興味津々で「ヘェ〜、こういう風に構築していったのか!」なんて感心しながら聴くけど、プロセスが分かってしまえばそれで終わり。あとは完成版に戻るのが常だった。でもこの『REVOLVER』ボックスの disc2,3は、思わず繰り返し聴いてしまう。それくらいマジカルな瞬間がパッケージされているのだ。

続きを読む

■【Light Mellow × Cocky Pop】門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション 4作

kado_fascinationkado_sachet
kado_semi nudekado_hotlips

カナザワ監修によるシティ・ポップ系の新シリーズがまもなくスタート。Light Mellow とYAMAHA Musicのコラボ企画【Light Mellow × Cocky Pop】がそれで、その第1弾として【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション】4作品が、来たる11月16日にリイシューされる。門あさ美は名古屋出身の、謎多き美貌のシンガー・ソングライター。ヤマハ主催のポプコン出身だが、デビューしてもライヴをやらず、メディア露出もほとんどないまま、キャリアを貫いた。それでいてアルバムは軒並み大ヒット。チャート・トップ10入りしたアルバムもいくつかあって、大学生や若いサラリーマンを中心に絶大な人気を誇った。今回はヤマハが原盤制作、当時はテイチク/UNIONレーベルが発売を担ったオリジナル・アルバム8枚を、最新デジタル・リマスター/紙ジャケット仕様で2回に分けて復刻。インナースリーヴや封入品も可能な限り再現している。第2回発売分では、カナザワ選曲・監修による『Light Mellow 門あさ美』も同時リリース予定だ。

続きを読む

■ Light Mellow 和モノ45 on レコードの日 2022 day2

junk_ride on timeyuko_spell7junko yagami_bay city
mieko hirotapiper_sunshine kizLM和モノ45 logo

11月3日【レコードの日】day1が終了し、いよいよday2(12月3日)。カナザワ監修の恒例【Light Mellow 和モノ45】 7インチ・シリーズの最新作5枚がリリースされる。【レコードの日】はネットでのオーダーも可能。アナログ・シーンの諸事情により、以前よりもプレス枚数が抑えられているので、どうぞお買い逃しなく。

続きを読む

■ THE SMILE OF LIFE / RONNIE BARRON

ronnie barron

【レコードの日 2022】、カナザワ監修のアイテムは来月のday 2で展開されるが、day1の方には直接関与したアイテムはなく、ちょっとだけお手伝いした程度。それがこのロニー・バロン、78年の2ndアルバム『SMIlE OF LIFE』。過去2度ほどCD復刻があって、前回の初紙ジャケ化は拙監修【Light Mellow's Choice】from VIVID SOUNDから。あれから15年以上が経過して、原盤を持つコロムビア自体(オリジナルはBetter Daysレーベル)からのアナログ/CD同時リイシュー。これは嬉しい。

続きを読む

■ 夜明けのDREAMING / DEBBIE'S ALLY

debbie's ally

シティポップ・ブームも極まれり。最近は80年代頃に作られた自主制作盤が次々発掘され、CDやアナログ・レコードで復刻されるようになった。2011年にリイシューされたSO NICEの『LOVE』(79年)なんて、まさに奇跡のリイシュー!だと思ったけれど、ブームの波に乗ったか、ここへきて美大卒業生のバンド:Yamamoto(ヤマモト)の『FIVE DAYS CITY』(84年)、学生バンドだったWINDYの同名作(86年)、東海地区を拠点にポプコン受賞歴もあるSHORE BREAK『ENDLESS SHORE』(82年)など、自主盤発掘の波が押し寄せている。その頂点に位置することになりそうなのが、永井博のイラストをあしらってリイシュー(それって反則ぢゃない!?)される学生バンド:Presentsの『FEELING LIKE A CHILD』(80年)と、沖縄出身のシンガー:デビーを看板に据えたDebbie's Ally『夜明けのDREAMING』である。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow × Cocky Pop Light Mellow's ChoiceとYAMAHA Musicのコラボ企画始まりました
【Light Mellow 門あさ美】
カナザワ選曲新規ベスト



【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第2弾】
12月21日発売 / 予約受付中


【門あさ美オリジナル・アルバム・コレクション第1弾】
11月16日発売

■紙ジャケット仕様
■最新デジタル・リマスター
■ボーナス・トラックあり
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆




●アナログ盤予約●


監修しています
シティポップ・マイスター名作選 ビクター・マスターピース・コレクション 18作
citypop meister

中身はトレーラーをご覧下さい


以下は解説も担当。



Article Serch
Archives
AOR Light Mellow Premium
● お待たせしました! プレミアム02 GODEN ERA 1976-1983 大好評発売中●



●プレミアム 01● 増版完了!
Legends & Pre-AOR
Light Mellow 和モノ45
レコードの日day2
(12月3日)に参加します。LM和モノ45 logo
詳細は以下。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/108001

Liner Notes
salena jones
MY LOVE / SALENA JONE
タワーレコード限定 SA-CD
ハイブリッド・シリーズ
ご購入はこちらから

Light Mellow's Picks
TOWER RECORD 限定 再発企画
teressa jonetteteressa jonette t-jam
テレサ・ジョネット
『SPECIAL EFFECTS』
『T-JAM』
詳細・購入はココから
Recent Comments