Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Reisssue

■ 1999 - Super Deluxe Edition / PRINCE

prince_1999

今日は ほぼ同い年のミュージシャン&音楽業界人3人だけの隠密(?)新年会。以前から「一緒に呑みましょう」と話していたが、なかなかスケジュールが合わず、最初の会合が新年会というタイミングになった。でもまさに、アッと言う間の5時間弱。初めて酒の場で音楽話するのに、ほぼ何の説明もなく分かり合えるってのはスゴイやネ

続きを読む

■ BEGINNING FROM AN END / FAIR WEATHER

fair weather

今日は夕方から打ち合わせ流れの軽呑みがあったが、このところはほぼ缶詰めで、ひたすらAOR系執筆。時々気晴らしに、まったくの別モノが聴きたくなる。そこで今回取りい出したるは、12月に発売された【ソニーミュージック・プログレッシヴ・ロック紙ジャケット・コレクション】 ブリティッシュ・ロック編から、フェア・ウェザーのワン&オンリー作『BEGINNING FROM AN END(週末からの誕生)』。アートワークのイメージだとサイケかプログレ、ないしはジャズ・ロックっぽいけど、実際の音はちょっと違うんです。

続きを読む

■ KRISHNA / 村田有美

yumi murata

村田有美が80年に発表した快作『KRISHNA』が、ようやく初CD化された。マライアのギタリスト:土方隆行のソロ・アルバム『SMASH THE GLASS』を聴いてしたたかにショックを受け、初めて聴いた彼女のソロ・アルバムがコレ。こんな絶唱型のシンガーが日本にいたのか!と思った。それでいて猫撫で声で歌ったりもするから、まさしく変幻自在。当時大学生のカナザワ、けっこう聴き込んだな。まだ3枚目の『卑弥呼』は出ていなかった。

続きを読む

■ SUNLIGHT AND SHADOW / SVEN LARSSON

sven larsson

今回は、先に発売されたマイク・デラ・ベラ・プロジェクトと並んで、TOTO系もしくはメロディック・ロック〜メロディアス・ハード系AORファンの方々へ、クリスマス・プレゼント的な情報を。2010年にスウェーデンで発売された隠れ人気のAOR好盤が、熱い要望にお応えする形で、ここに日本発売されるのだ。

続きを読む

■ TIGHTROPE / DELIVERANCE

deliverance_tightlpe

ヴィヴィド・サウンドで展開中の【Light Mellow's Choice】、今年最後のリリースは、カナダ出身、ドイツを拠点に活動していたCCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)グループ:デリヴァランスが79年に発表した、通算4作目にして最終作『TIGHTROPE』。拙著『AOR Light Mellow Remaster Plus』の掲載ネタであり、マニアな方には、かのブライアン・アダムスの後継者的にソロ・デビューしたポール・ジャンツの出身バンドとして御存知の方がいるかも。先にCD化された3作目『LASTING IMPRESSIONS』は、既にこちらで紹介済み。本盤もそれと同じく韓国 Big Pink 発の紙ジャケで、それに帯、カナザワの解説をつけた国内仕様盤になる。

続きを読む

■ SECRET MESSAGE -35th Anniversary- / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA

elo_secret message

83年に発表された後期エレクトリック・ライト・オーケストラ代表作の35周年記念盤。元々2枚組として制作されたが、当時はELO人気に若干陰りが出ていたこともあって、レコード会社の判断でシングル・アルバムとしてリリース。それが昨2018年に、35年の月日を経て、オリジナル仕様の2枚組アナログで発売された(+デジタル・リリースも)。そして今回はニュー・アルバム『FROM OUT OF NOWHERE』発表のタイミングに乗じ、そのオリジナル構想のダブル・アルバムが世界初CD化。アナログ2枚組がCDでは1枚に収まり、お得感もタップリある。

続きを読む

■ ALL FOR YOU / CRAC

crac

ワハハハ、コレだからレコ掘りは止められんッ DJたちが騒ぐような一発屋ならぬ一曲屋には、もう全然オドロかないカナザワだれど、アルバム丸ごと愛せるような激レア・アイテムが、まだこうして発掘されるのだから…リイシューしたのは、UKのKing Undrground というインディ・レーベル。現時点ではヴァイナルのみの復刻のようで、某ユニオンのサイトを見ても、どういうグループかはおざなりにしか書かれていない。

続きを読む

■ SPLINTER

splinter

ジョージ・ハリスンが74年に立ち上げたダーク・ホース・レーベルの第1弾アーティスト、スプリンターの通算5作目で、ラスト・アルバムになった『SPLINTER』(80年)が、韓国 Big Pinkで紙ジャケ・リイシュー。その国内流通盤が出た。しっかし、ヒドいジャケット 自分が知ってるのは、当時 日本コロムビアから出ていたコレなんだが…。

続きを読む

■ IDENTITY 2019 / ZEE

zee 2019zee

先週 ロジャー・ウォーターズ『US & THEM』とピンク・フロイド『DELICATE SOUND OF THUNDER(光〜 Perfect Live)』リマスター版を見てから、プチ・フロイド・ブーム。…といってもこのところドタバタなので、運転中にストリーミングで旧譜を聴く程度なのだが。でも今日はちょいと気分転換で、9月末にリイシューされていたコレ、ZEEの『IDENTITY 2019』を。このユニットを知っている方は、ちょっとしたフロイド通と言えるかも。

続きを読む

■ CHRIS REA 4 Deluxe Album Re-issues

chris rea_diarieschris rea_dancing vhris rea_road to hellchris rea_auberge

先月上旬に日本でもリイシューされたクリス・レアの代表作『ON THE BEACH - Deluxe Edtison)』は、早々にこちらのポストで紹介して、予想以上の反響を頂戴した。“そっかー、クリス・レアには意外に隠れファンが多いのだな” と実感したが、まぁ、日本での人気を決定づけたアルバムだから、それも当たり前といえば当たり前のコト。実は海外では同時発売されながら、日本ではリイシューが見送られてしまった 他4作品の各デラックス盤『SHAMROCK DIARIES』(85年)、『DANCING WITH STRANGERS』(87年)、『THE ROAD TO HELL』(89年)、『AUBERGE』(91年)の動きでこそ、彼の真のファンの指向性が掴めるような気がしている。その『ON THE BEACH』以外のデラックス盤4枚を、ココで新ためて紹介しよう。

続きを読む

■ AIR

air

レア・グルーヴ方面で静かに脚光を浴びた80年のAOR / CCM好盤『SHINE THE LIGHT』のグーギー&トム・コッポラ夫妻が、そのデュオ以前に組んでいた4人組:エアー。その唯一の作が韓国 Big Pinkで初紙ジャケ化され、少し前に国内仕様盤が発売された。オリジナル・リリースは71年、ジャズ・フルート奏者ハービー・マン主宰のレーベルであるエンブリオから。変形ゲートフォールド・ジャケ(盤をセンターから入れる仕様)は忠実に再現されたのに、 "AIR" のロゴの繰り抜きがスルーなのは残念だけど…。おそらく制作コストの問題なのだろう。日本で作る紙ジャケの再現性に比べ、やることが中途半端だな。でも初CD化から10年以上経っているので、出ただけでラッキーだけど。


続きを読む

■ 一触即発 - Deluxe Edition - / 四人囃子

yoninbayashi_1

日本のロック史に残る大名盤:四人囃子『一触即発』(74年)が、CD3枚組のデラックス・エディションでリイシューされた。販売元を移しつつ既に何度も復刻されてきたが、今度のポイントは、アルバムのオリジナル・アナログ・マスターが発見され、そこからのマスタリングで従来盤より格段にリアルになったサウンドが楽しめること。disc 2 と disc 3前半は、アルバム発表の約1年前、73年7月に杉並公会堂でライヴ録音された “ミラージュ・オブ・四人囃子” を初めて完全収録。disc 3 後半は、01年8月に行われた “ワンステップへの旅 in うつくしま未来博” のライヴから初出4曲を収めている。このステージは、アルバム発表から間もない74年8月に福島県郡山で開催された伝説的ロック・コンサート “ワン・ロック・フェスティバル” にちなんでのイベントで、四人囃子のオフィシャル的には89年以来のライヴ。その後の活動再開に繋がるステージになった。

続きを読む

■ ON THE BEACH - Deluxe Edition - / CHRIS REA

chris rea_beach dx

ビートルズ『ABBEY ROAD』に続いて、今日もデラックス・エディションのご紹介。…といってもコチラは今月末のリリースを先取りして。お題はカナザワが大好きで、ベスト盤のライナーを書いたこともある、地味ながらも滋味溢れる英国産AORアーティスト:クリス・レア。80年代後半〜90年代初頭に出した7作目『SHAMROCK DIARIES』からの計5作『ON THE BEACH』、『DANCING WITH STRANGERS』、『THE ROAD TO HELL』、『AUBERGE』が、すべての2枚組デラックス・エディションで再発されるのだ。そのうち、人気作にして日本での出世作でもある86年作『ON THE BEACH』が国内発売されることになり、その音源をひと足早く聴くことができた。

続きを読む

■ ABBEY ROAD 〜 50th Anniversary -Super Deluxe Edition- / THE BEATLES

abbey road deluxe

ビートルズ『ABBEY ROAD』50周年記念の Super Deluxe Edition が我が家にも。ついでにタワーレコードのウェブサイトで展開中の『アビイ・ロード』50周年&映画「Yesterday」公開記念特集【○○××が選ぶザ・ビートルズセレクション】にもお声掛け戴き、アンケートに参加させていただきました(こちらを参照⇨金澤寿和(音楽ライター)が選ぶザ・ビートルズセレクション

続きを読む

■ FAT CHANCE

fat chance

片や、AORレジェンドの一人に数えられるビル・ラバウンティ。片や、カーペンターズが77年に全米トップ40入りさせた<All You Get From Love Is A Love Song(ふたりのラヴ・ソング)>を筆頭にライチャス・ブラザーズやアート・ガーファンクル、グレン・キャンベル、キャプテン&テニールらに楽曲を取り上げられたスティーヴ・イートン。その2人を輩出したアイダホの6人組:ファット・チャンスの、72年のワン&オンリー作『FAT CHANCE』が、韓国 Big Pink で紙ジャケット再発され、その国内仕様盤が発売された。

続きを読む

■ SATIN DOLL / BOBBI HUMPHREY

bobbi humphrey_satin doll

引き続き【BLUE NOTE 80 WORKS】からもう1枚。BN-LA期を代表するファンキー&メロウなフルート奏者ボビー・ハンフリーの74年作。ブルーノートでの4作目にして、マイゼル兄弟とのコラボレイト第2弾。ドナルド・バード『BLACK BYRD』と並び称されるのは、前作『BLACKS AND BLUES』の方だけど、この辺りを軽く扱ったりクラブ・ネタに封じ込めてしまうフュージョン・ガイド本って、自分は信用できない。マイルス電化に始まるのはヨシとしても、その門下生(チック・コリアとかハンコック、マハヴィシュヌあたり)ばかり重視してソウル・ジャズの系譜を軽んじるのは、フュージョンの説明として片手落ちに等しいな。

続きを読む

■ GREEN IS BEAUTIFUL / GRANT GREEN

grant green_beautiful

59歳になりました! たくさんのメッセージやコメント、どうもありがとうございます。別に誕生日が嬉しいトシでもないですし、今年は母親が逝ったり自分も入院したり、他にもイロイロあったので祝う気分ではないですが、還暦に向けてシッカリやるべきことをやっていかないと、と思っています。まずは現在 開催中のBillboard Cafe & Dinning とのコラボ企画のハイライト・イベント、Excellent DJ Evening を成功させないと! …というワケで、誕生日モードは facebook にとどめて、ココではいたって普通の展開を。

続きを読む

■ LESLEY STEP LIGHTLY:Gm Recordings Plus 1974 -1982 / LESLEY DUNCAN

lesley duncan_gm

先日ポストしたエルトン・ジョンの自伝的ミュージカル映画『ROCKETMAN』を見ていて、ポップス史に残る名ソングライター・コンビであるエルトンとバーニー・トーピンの精神的絆の強さを実感した人は多いと思う。でもその時、ふと脳裏をかすめたのは、この女性シンガー・ソングライター:レズリー・ダンカンのことだった。エルトンの3作目『TUMBLEWEED CONNECTION』(70年)に収録された<Love Song>が、彼女の楽曲だったからである。エルトンが外部ライターの曲を取り上げた例はごく少なく、しかもコレが初めてのことだった。

続きを読む

■ DUANE & GREG ALLMAN

duane & Gregg allman

このところ、米国南部のスワンプ系をブログ・ネタにする比率が高い気がするが、思うにみんな、テデスキ・トラックス・バンドの好調ぶりにアテられてしまっているのだろう。彼らは先ごろ出演したフェスでエリック・クラプトン(デレク&ザ・ドミノス)の『LAYLA』を曲順通りに(ほぼ)フル・カヴァーし、その模様を公開して(詳細はこちら)、大評判を得ている。それに釣られるようにして、グレッグ・オールマンとディッキー・ベッツの息子同士で組んだバンドが活動を本格化させたりも。一方再発市場では、グレッグの名盤『LAID BACK』のデラックス盤が登場。日本では、オールマン・ブラザーズ・バンド結成前夜のデュエイン&グレッグがマイアミのレーベルに残した秘蔵音源が、オフィシャルCD化された。

続きを読む

■ THE SPIRIT OF GLENCOE / GLENCOE

glencoe 2

こういうバンドを聴いていると、ジャンル分けなんてまったくナンセンスに思えるし、ごく狭いカテゴリーに捉われることがバカバカしくなってくる。このグレンコーなる4人組は、70年代前半のロンドンで活動していた、いわゆるパブ・ロック・グループ。その立ち位置を紐解いていくと、アヴェレイジ・ホワイト・バンドと出身母体が同じこと、主要メンバーが後にイアン・デュリー&ザ・ブロックヘッズに加入すること、そしてプロデューサーが意外にもベン・シドランだったことが浮かび上がる。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
●コンピ組みました! Light Mellow MALACO ●
ライト・メロウ・シリーズにサザン・ソウルの救世主、名門マラコ編登場 ! マラコに隠されたライトメロウ・チューンを集成


●Ole Borud 来日決定!●
2020.1.30 tue -2/1 sat
@丸の内 Cotton Club
詳細は Cotton Clubサイトへ


Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS - 解説
LIVE Light Mellow
lightmellow2.5_A4omote01 (1)

LIVE Light Mellow Vol.2.5 脇田もなり/アマネトリル
with アマネトリル BAND
2020年2月27日(木)
18:30 / 19:00
渋谷 LOFT HEAVEN
料金 ¥4,000- + drink
問:キャピタルヴィレッジ
https://www.capital-village.co.jp/
TEL 03-3478-9999
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
Produce / Compilation
Kanazawa Total Produce / Sparking☆Cherry 大好評発売中

Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ