Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Reisssue

■ STILL NIGHT / 豊島たづみ

tazz_still night

まさに待望。TAZZ こと豊島たづみのオリジナル・アルバム・リイシューがようやくスタートした。2年前『Light Mellow 豊島たづみ』をコンパイルした時にも再発企画は出ていたが、この時はMEG-CD(インディ・レーベルによるCD-R再発)が発売さればかりというタイミングで、結局コンピのみで収束。それが今回、デビュー40周年に絡めて別ルートでの復刻となった。まず最初にリイシューされたのは、77年の1st『ちぎれ雲』と企画色の強かった2nd『とまどいトワイライト』の2in1、そして79年の3作目『STILL NIGHT』(上掲)の2枚。後者は拙監修のディスクガイド『Light Mellow 和モノ special』にも掲載した、代表作と言われるアルバムである。

続きを読む

■ SPATS / SPATS

spats

昨年から断続的にリイシューされているマイアミはTKレコードのアイテム。これまでにもアチコチのメーカーがTKの再発を手掛けてきたが、今回のシリーズは今まで何処も着手しなかった超弩級マイナー物まで一括リイシューしているのがスゴイ。そんな中、フリーソウル方面でも話題になった涼風ブルー・アイド・ソウルの好盤、スパッツのワン&オンリー作が、ちょうど10年ぶりに復刻されている。

続きを読む

■ FIGLI DELLE STELLE (40th Anniversary Edition)/ ALAN SORRENTI

alan sorrenti

ちょっと意外なアルバムの40周年記念盤がリリースされた。孤高のカンタゥトーレ、つまりイタリア人シンガー・ソングライターのアラン・ソレンティが77年に出した『FIGLI DELLE STELLE』が、新規デジタル・リマスター/CD2枚組/3面デジパック仕様のエキスパンデッド・エディションで再発されたのだ。日本でのCD化はもう15年以上も前のこと。本国では大物扱いなので、その後アチラでもCD化されたが、その時 日本ではあまり注目されなかったようである。

続きを読む

■ FREE IN AMERICA / BEN SIDRAN

ben sidran_free in

まだ継続中の【ソニー・クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000】からのご紹介。カナザワ関連ネタはまだあるが、一応コレで一旦最後にしましょうかね? 他にも書きたいアイテム、いっぱいあるし。でもこの廉価復刻シリーズには、他にも初CD化や嬉しいリイシューが並んでいるので、それはまた後日、仕切り直しで。ひとまず今回は、ベン・シドランが76年に発表したアリスタ移籍後の第1作目、通算では5作目の『FREE IN AMERICA』をピックアップ。

続きを読む

■ LOVE MUSIC / SERGIO MENDES & BRASIL '77

sergio mendes_love music

まだまだ続く【ソニー・クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000】のラインアップから、カナザワのライナー執筆ネタを。しかし8日発売分がジョージ・デュークにハーヴィー・メイソンとそれっぽかったのに、29日発売分は、ケニーG以外はちょっと異色系多し。チョコレート・ジャム・カンパニーはまだしも、エムトゥーメイにベン・シドラン、そしてこのセル・メンだからね。ま、それもカナザワらしい、といえばそうなのか… ちなみにこのアルバム、初CD化も拙監修によるモノだったので、紙ジャケ化、そして今回の廉価復刻と、3回目の解説執筆になる。

続きを読む

■ JUICY FRUITE / MTUME

mtume_juicy fruit

引き続き【ソニー・クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000】のラインアップから、今日発売分である エムトゥーメイ『JUICY FRUITE』を。

えっ、ちょっと待った!

クロスオーヴァー&フュージョンでエムトゥーメイ? ソウル/R&Bのシリーズではなく!??? 確かに首謀者ジェームス・エムトゥーメイがマイルス・デイヴィス・グループ出身なのは有名だけれど、アルバムはよりによって『JUICY FRUITE』だし〜 

続きを読む

■ THE SPREAD OF THE FUTURE / CHOCOLATE JAM COMPANY

 (1)
引き続き【ソニー・クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000】のラインアップから、今日発売分であるチャコレート・ジャム・カンパニーの1st(79年)。かのドラマー:ンドゥグ・レオン・チャンクラーのユニットというのは、当ブログの常連さんには要らぬ情報かな? もちろんコレも、拙ライナー執筆ネタです。

続きを読む

■ HARVEY MASON 3 titles from【Crossover & Fusion Collection】

harvey mason 1harvey mason_groovinharvey mason_mvp

引き続き、11月8日と本日29日に50タイトルづつ復刻される【ソニー・クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000】のラインアップから、カナザワのライナー執筆ネタを。今回は名ドラマー:ハーヴィー・メイソンのソロ3枚。去年の同シリーズでも『 EARTH MOVER』と『FUNK IN A MASON JAR』を書かせてもらってるので、今回はその前後作になる。

続きを読む

■ GEORGE DUKE 4 titles from【Crossover & Fusion Collection】

duke_from meduke_reachduke_don't let goduke_guardian

またもや、お久し振りになってしまいました。書きたいネタ、書くべきネタ、いろいろテンコ盛りです。まず今回は、11月8日と本日29日に50タイトルづつ復刻される【ソニー・クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000】のラインアップで、カナザワがライナー執筆させて戴いてる十数枚からチョイスして。最初は8日に発売済みのジョージ・デュークのソロ4作をご紹介です。

続きを読む

■ REALLY ?! / 山岸潤史

yamagishi_really
まだ引き続きで、【ADLIB presents ビクター和フュージョン30W】再発シリーズ 10月25日発売分から、カナザワ解説分をご紹介。今回発売分の中では一番真っ当なフュージョン・アルバムながら、この劇画調イラストが示す通り、ちょいとクセあり。でもその辺りの濃ゆいトコロが、山岸潤史を山岸潤史たらしめている所以でもあるのだ。

続きを読む

■ アスファルト ・ サンライズ / ゼロ戦

zerosen_asphaltzerosen_sunrise
引き続き【ADLIB presents ビクター和フュージョン30W】再発シリーズ 10月25日発売分から、カナザワ解説分を。実はコレも自分が復刻提案したアイテム。いわゆるクラブDJたちによって再評価が進んだレア・グルーヴ系フュージョン作品なので、ADLIB誌の王道フュージョン的な守備範囲からは逸脱してしまうタマだ。もっともゼロ戦は、オーディオ・システム・チェック・レコード向けに組まれた特殊プロジェクトなので、この2作も大型電気店のオーディオ・コーナーで市販された、いわゆるオーディオ・レコードだった。だから普通にレコード・ショップに並ぶ作品を紹介する音楽商業誌ADLIBとは、根本的にあまり馴染まない存在であった。

続きを読む

■ IT'S GREAT OUTSIDE / 本田竹曠

takehiro honda
カブキラウンジ【和フュージョン・ナイト】の開催間際、というコトで、【ADLIB presents ビクター和フュージョン30W】再発シリーズ 10月25日発売分から、カナザワ解説分をピックアップ。…というかこの辺は、自分が「どうせなら一緒に出したら?」と提案したタマですね 8月/9月発売分として書かせてもらった松原正樹や阿川泰子の作品群とは、少々文脈が違っている。

続きを読む

■ SKIP ! +4 / ERI

eri_skip
ユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズ、ご紹介第6弾は、闘病の末に昨年12月に55歳で逝ってしまった天才的シンガー・ソングライター:“ERI” こと菅井えりの1st『SKIP!』(86年)の追悼復刻。近年はヒーリング〜スピリチュアル系のプロジェクトを中心に活動していたが、当ブログ的な興味の対象は、やはり彼女のルーツであるポップ・スタイルの初期2作になる。この『 SKIP!』は どうにも80'sしたアートワークが印象的だが、当時のキャッチ・コピーは、グーフィー森による “おもいっきりYELLOWな気分” というモノだった。なるほどネー

続きを読む

■ WHAT CAN I DO ? / KEIKO MYRAH TOHYAMA(当山 “マイラ” 恵子)

myrah
ユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズ、ご紹介第5弾は、早すぎた実力派バイリンガルR&Bシンガー:マイラ(=当山恵子)のワン&オンリー作『WHAT CAN I DO?』。彼女はペニーこと当山ひとみの実姉で、プロデューサーも同じ兼松フラッシュ光。井田リエのバック・コーラスとして、当山ひとみと一緒に歌っていたのがこのマイラだった。

続きを読む

■ AGAIN +2 / 小坂明子

akiko kosaka_again
10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズ、ご紹介第4弾は、小坂明子の83年作『AGAIN』。今回の復刻アイテムである7組11作品の中にあって、ひと際カナザワの思い入れが強い1枚で、自分自身イイ音で聴くのを楽しみにしていた作品でもある。しかも再発に当たって、知り合いを介してご本人にお会いでき、制作の裏側など いろいろ取材ができた。何より、小坂さんご自身にお喜び戴けたのがとても嬉しく…。

続きを読む

■ FRIDAY NIGHT・YUDAI / 鈴木雄大

yudai 1yudai 2

10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズご紹介のポスト3回目は、今年デビュー35周年を迎えたシンガー・ソングライター:鈴木雄大の初期2作品。この1st / 2ndも、前回のアルファベッツ同様やはり初CD化となるが、たまたま少し前にサード・パーティからオーダーメイドによるCD-R盤が出ていたので、それを手にしたファンも少なくないと思う。が、こちら最新デジタル・マスタリングを施したオフィシャルの正規プレス盤。音質や品質に於けるクオリティの高さは段違いである。

続きを読む

■ ALRIGHT ! +1・BIRTHDAY / アルファベッツ

alphabetsalphabets 2
10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズご紹介の2ポスト目は、初CD化となるアルファベッツの2作品。アルファベッツは、元・子供ばんどの湯川トーベン(b,vo)と、彼と長い付き合いがあるサントリィ坂本(kyd,vo)が中心となった、楽しくハジける職人ミュージシャン・バンド。83年に結成され、同年デビュー・アルバム『ALRIGHT!』、翌84年に2nd『BIRTHDAY』をリリースしている。それから35年近い時を経て、ココにようやくの初CD化が実現した。

続きを読む

■ COMING UP・閃光 -FLASH-・QUARTER REST / ハイ・ファイ・セット

hifi_coming uphifi_flash
hifi_quarter
今回から10月25日にユニバーサルから発売された拙監修【Light Mellow 和モノ】オリジナル・アルバム・リイシュー・シリーズを順番にご紹介。まずココでは、全11作中3作を占めるハイ・ファイ・セットの70年代末作品をまとめて。実はハイ・ファイ、84年にCBSソニー(現ソニー・ミュージック)に移籍するまでは、ずーっとExpress/東芝EMIからレコードが発売されていたが、原盤制作は初期5作が後にアルファ・レコードの母体となるアルファ&アソシエイツ、そのあとの6作が彼らのオフィスであるバード・コーポレイション(後のバード企画)だった。それが現在は、アルファ期がソニーのディストリビュート、EMIはユニバーサルに合併ということで、少々ややこしいことになっている。今回はそのEMII在籍前期の作品でCDが激レア状態だった3枚『COMING UP』『閃光 -FLASH-』『QUARTER REST』を、およそ四半世紀ぶりに復刻したワケだ。

続きを読む

■ DO YOU BELIEVE IN MAGIC?/ FCC

fcc
8月に発売されたソニーミュージックのAOR廉価シリーズ『AOR CITY 2017』 全98枚からのピックアップ。マッスル・ショールズで活動していた大型バンド:ファンキー・コミュニケーション・コミッティー、略してFCCが、80年に発表した2ndアルバム『DO YOU BELIEVE IN MAGIC?』を紹介したい。

続きを読む

■ ELLIOT LURIE

elliot lurie
8月に発売されたソニーミュージックのAOR廉価シリーズ『AOR CITY 2017』 全98枚。監修者である自分自身がアイテムのフォローを全然できていなかったので、折を見てココで紹介していこうと思う。そしてその最初が、このエリオット・ルーリーが75年に発表したワン&オンリー作『ELLIOT LURIE』である。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
LIVE light Mellow
カナザワ企画監修
ライヴイベント開催!
live_lightmellow

LIVE Light Mellow Vol.1
6月16日(土)16:30/17:00
  全労災ホール スペースゼロ
《出演》伊藤銀次 杉真理
    サーカス 庄野真代 《演奏》sparkling☆cherry
詳細はコチラから
TOPICS
音盤&トーク Vol.12
次回開催が決定!

音盤トーク017

● Light Mellow 音盤&トーク
          Vol.12
@武蔵小山 カフェ・アゲイン

www.cafe-again.co.jp
●3月17日(土)
open:15:00 start 16:00
charge 1,500円

ハイエンドのレーザーターンテーブルで爆音AORを聴こう!
※上記画像は古いものです

執筆しました!

カシオペア特集12P執筆。

シリーズ初アナログ!

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(監修)
WORKS(解説)
Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ