Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Reisssue

■ JOYRIDE / BROOKLYN DREAMS

brooklyn dreams_joyride
締め切りラッシュ絶賛継続中。まだオープンにしにくいのもあるので、今日は先日ご紹介したジミー・スフィーリスと同発された【Light Mellow's Choice】シリーズのブルックリン・ドリームス、3rdアルバム『JOY RIDE』を。日本では代表作とされる2nd『SLEEPLESS NIGHT』が10年に初CD化。少し遅れて英国で1st『BROOKLYN DREAMS』が復刻されたが、今回の3rdは初CD化。これで残るは、一番AOR色の強い4th『WON’T LET GO』だけになった。

続きを読む

■ PORT OF THE HEART / JIMMIE SPHEERIS

jimmie spheeris
あーあ、折角のゴールデン・ウィークなんだから、このジャケのようにゆったり波にたゆたうていたいわぁ〜。ついでに、プールサイドに美女でも控えていたなら、もう他に何もいらない… でも現実は、ほぼ例年通りに書きモノが集中。連休明けに多くの締切を抱え、5月上旬まで1日1本以上のハイペースでライナーノーツを書き上げていかないと…。でもストレスが溜まって頭がウニになると、一転して全然はかどらなくなるから、途中一日くらいは現実逃避しようかと…

続きを読む

■ W.4th st / かまやつひろし

st
拙監修でクリンク・レコードが展開しているアナログ7インチ・シングル再発シリーズ【Light Mellow 和モノ45】の最新リリースは、3月に天へ召されたムッシュこと かまやつひろしのシングルを2カ月連続の追悼リイシュー。今回の対象は、今はなきトリオ・レコードに残されたAOR〜シティ・ポップ路線の作品群から、まずは『WALK AGAIN』(78年)に収録されていた<W.4th St>と<レイニー・サタデイ・ナイト>のカップリングで。

続きを読む

■ FLOWERS IN THE DIRT - Deluxe Edition - / PAUL McCARTNEY

paul_flower dx

ポール・マッカートニーのアーカイヴ・コレクション第10弾『FLOWERS IN THE DIRT』。2017年リマスターの2枚組スペシャル・エディションの発売から遅れること1ヶ月あまり。ようやくCD3枚組+DVDのデラックス・エディションが届き、今日やっと封を開けた。ぶっちゃけこのシリーズのデモ集は、大抵は内容をチェックしたらもう次はいつ聴くか分からずで、映像なんて “いつ観るの?” 状態。だから実際は、スペシャル・エディションで充分コトが足りると思っている。でもこれまでのシリーズ9枚、すべて国内デラックス版で揃えちゃった手前、高価でも今更止められなくなっているのヨ ま、ビートルズは自分のルーツであるから、関連作へのお布施は惜しまないと決めているのでイイのだが…(←と、自分に言い聞かせている)

続きを読む

■ RCA YEARS / 惣領智子

tomoko soryo
個人的悲願のひとつだった惣領智子のRCA時代のアルバムが、Sony Music Shop のオーダーメイドファクトリー(通販専門)でようやくCD化された。カナザワ監修・選曲による初の和モノ・コンピレーション『Light Mellow 〜 City Breeze from East』シリーズのBMGファンハウス編に、彼女の2ndアルバム・タイトル曲でシングルにも切られた名曲<City Lights By The Moonlight>を収録したのが2001年、今から16年も前のこと。その頃から事あるごとにCD化を訴えてきたが、当人が表舞台から降りて久しく、コンピに入れたところで知名度の大幅アップは望めない。今回のCD化も、裏を返せば通販オンリーでリクープ・ラインを抑えたからこそ実現したワケだが、とにかく復刻されただけでも感謝の気持ちでイッパイだよ

続きを読む

■ LOVE ME BY NAME / LESLEY GORE

lesley gore_love me
15年2月に68歳で亡くなった60'sの人気ポップス・シンガー、レスリー・ゴーア。彼女が久々にクインシー・ジョーンズ制作でリリースした76年の好作が、ようやくCD化された。元々クインシーに見出されたレスリーは、63年に16歳でデビューすると、すぐさま<涙のバースデイ・パー ティ(It's My Party)>が全米No.1ヒットとなり、ポップ・アイドルとして人気沸騰。その後もシンガー・ソングライター、女優、そして活動家としても名を馳せた。しばしのブランクを挟んで、モータウン傘下のMowestから72年に『SOMEPLACE ELSE NOW』を発表。キャロル・キング的佇まいで、レディーになった姿をアピールした(CD化時のレビュー)

続きを読む

■ SUMMERTIME LOVE SONG / MILKY WAY

milky way
以前タワーレコードとのコラボレイトで再発展開していた Light Mellow's Picks で、5年前に初CD化したミルキー・ウェイのワン&オンリー作『SUMMERTIME LOVE SONG』。それがこの度、何とアナログ盤で復刻された。今回もタワーレコード限定で、CD化時の拙解説に手を加えて再掲載している。

続きを読む

■ I LOVE TALKIN' 'BOUT BABY / 酒井俊

shun sakai_7
先月から発売元を Clinck Records に変更してリリースを再開した【Light Mellow 和モノ 45】。この往年の名盤や隠れた好盤から今の感性で7インチ・シングルを切っていく大胆なシリーズだが、その最初は 今はなきトリオ・レコードにスポットを当てていく。宮本典子『シルバー・レイン』に続いたのは、29日に発売された酒井俊『I LOVE TALKIN' 'BOUT BABY』だ。

続きを読む

■ AGAIN・STILL (LVm Analog)/ 黒住憲五

Again_TWJP90_JKStill_TWJP91_JK
いよいよ明日29日、タワーレコード限定で、黒住憲五の初期名盤『AGAIN』(1st / 82年)と『STILL』(2nd / 83年)がアナログ・レコードで再発される。監修・解説はワタクシ、金澤寿和。一昨年あたり、シティ・ポップス系の初CD化プロジェクトとして Tower to the People × Light Mellow's Picks シリーズを推進させていたが、それが久々に復活した格好だ。

続きを読む

■ PERFECT FIT / CRAIG MIRIJANIAN

craig mirijanian
先週のお彼岸墓参に続き、今週はそぼ降る雨の中、母親の名代として親戚の法事へ。楽しい行事じゃないけど、仏像に囲まれたお寺さんの凜とした空気感は、何処か身が引き締まるようで、嫌いじゃありません…(ちーん

続きを読む

■ SCORE / DUNCAN MACKAY

duncan mackay
個人的待望! マニアックなプログレ系作品の初CD化が実現した。コックニー・レヴェルや10C.C.、キャメル、アラン・パーソンズ・プロジェクト、ケイト・ブッシュ、バッジーなどで活躍した南アフリカ育ちの英国人キーボード奏者、ダンカン・マッケイの2ndソロ(77年)。昨年末に輸入盤が出て、日本盤を待たず即ゲット。レコードコレクターズ誌の最新号に、1月末に亡くなったジョン・ウェットンの追悼特集があり、それを見てふと思い出したように引っ張り出した。

続きを読む

■ CLOUD NINE / GEORGE HARRISON

george_cloud9
大物プロデューサー:トミー・リピューマの訃報が飛び込んだり、確定申告に追われたり、何かと心が落ち着かない中、断続的にプライヴェートなジョージ・ハリスン祭り開催中。先週のディスクユニオンのイベントでも、“ビートルズの4人の中で一番AORしている人” としてジョージを挙げ、79年作『GEORGE HARRISON(慈愛の輝き)』から<Love Comes To Everyone(愛はすべての人に)>をプレイした。再発CDが届いて真っ先にプレイヤー乗せたのは、やはり『ALL THINGS MUST PASS』だったけど、今はポジティヴな愛のエネルギーに満ちたこの『CLOUD NINE』(87年)から元気を貰っている。

続きを読む

■ アルバム・コンプリート・ボックス / 金子マリ& BUX BUNNY

mari_bux bunny
あの忌まわしい震災から今日で6年。地震、津波、原発事故の三重苦で故郷を追われたままの人がまだ大勢いるというのに、あたかも事態が終息したかようなアベ発言に怒り心頭 とはいえココに集まる方々は、そういうカナザワの社会的発言を求めてやって来るワケではない。なのでココでは半ば淡々と、音楽のことだけをシッカリ語っていきたい。所詮 世の皆様に対してカナザワが何か貢献できるとするなら、やはりそれは音楽を通して、だと思う。

続きを読む

■ BLOOMING ALONE / 佐藤ミツル

mitsuru satoh
昨日に引き続き、ビクター・ビンテージ・ロック〜日本のロック名作選〜から、カナザワの解説担当モノをもう1枚。これは四人囃子の2代目ギタリスト/ヴォーカリストを務めた佐藤ミツルの、ワン&オンリーのソロ・アルバム。四人囃子の最終作『NEO-N』から約3年、82年3月に発売された。今回が待望の初CD化である。

続きを読む

■ KEEP ON TRUCKIN' / IDLEWILD SOUTH

idlewild south
昨日8日に発売になった、ビクター・ビンテージ・ロック〜日本のロック名作選〜。まずはカナザワが解説を書かせて戴いたアルバムから、順次紹介していこう。最初のピックアップは、山下達郎も絶賛する日本一のスライド・ギタリスト:松浦善博 率いるアイドルワイルド・サウス、唯一のアルバム(76年)。

続きを読む

■ シルバー・レイン / 宮本典子

mimi_silver rain
今日は都内某所のBarで、大学時代のバンド・メンバー+α の集まり。仲間うちの出世頭K氏は現在レコーディング中で、発売日を少し遅らせるなど悪戦苦闘しているらしいが、約束の時間に多少遅れながらも意外に軽やかに登場。ちょうど大学時代のライヴ・カセットを最近CD-Rに焼いた後輩がいたので、それを提供してもらいつつ、飲みながら大いに盛り上がった。

続きを読む

■ CROSSOVER TO BRANDYE / BRANDYE

brandy
昨日のポストでベティ・ライトを書いていて思い出したのが、昨年10月に初CD化されたブランディ。90年代に活躍した女性R&Bシンガーの方じゃなく、T.K.レーベル傘下のKayvetteから78年にデビューし、アルバム1枚でアッサリ消えた女性3人組のヴォーカル・グループね。先週(山下)達郎さんが Sunday Songbookでオンエアしてました。

続きを読む

■ BETTY WRIGHT / BETTY WRIGHT

betty wright
<Clean Up Woman>のヒットで知られ、昨今ではジョス・ストーンのデビューにも手を貸すなどして再び存在感を高めているマイアミのソウル・ディーヴァ、ベティ・ライト。<Clean Up Woman>をレコーディングした時はまだ弱冠17歳で、そこから数年間は順調なキャリアを送っていたが、彼女が所属するレーベル:Alstonの親会社でマイアミ・ソウルの本拠T.K. Recordsが放蕩経営に沈むと、大手エピックへの移籍を余儀なくされた。最近になって以前のマイアミ時代の初期作復刻が進む中、ようやくエピックで80年代初頭にリリースした2作品が初CD化となっている。

続きを読む

■ JENNIFER WARNES + SHOT THROUGH THE HEART / JENNIFER WARNES

jennifer warnes
知性溢れるメガネ美人、ジェニファー・ウォーンズのアリスタ期2作(70年代後半)が、英BGOから21in1でリイシューされた。79年作『SHOT THROUGH THE HEART』は以前からCDで再発されていたが、76年の『JENNIFER WARNES』は何と待望の世界初CD化となる。

続きを読む

■ THIN RED LINE / THE CRETONES

cretones
80年前後のカリフォルニア〜L.A.を、ニュー・ウェイヴ色豊かなロックン・ロールで染め上げた男、マーク・ゴールデンバーグ。そのマークが率いた4人組ザ・クリトーンズの1stアルバムが、遅かりし初CD化となった。当時の国内盤の邦題は、『激愛そしてモダン・ロマンス』。もちろんリンダ・ロンシュタットの80年作『MAD LOVE(激愛)』にちなんでのモノで、典型的なカリフォルニアの歌姫だった彼女をマークが過激に変身させた、と話題になったのである。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

WORKS(解説)

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND


10年ぶりの新装発売です。
ご協力感謝!
今井優子デビュー30周年記念 ミニアルバム・プロジェクト yuko_cloud
クラウドファンディング目標達成いたしました。ご協力ありがとうございました。ご参加いただいた方には定期的に進捗状況のお知らせが届きます。
今井優子 最新インタビューUP
Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■オリジナル再発■


Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ