Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

棚からpick!

■ CAPTAIN'S JOURNEY / LEE RITENOUR

 lee ritenour_journey

いつの間にか『リー・リトナー キャプテン・フィンガーズの時代』というムック本が発売されているそうで、気分はなんとなくリー・リトナー。ただし自分はギター弾きではないし、この手のリード・ギタリストならラリー・カールトン、でもバッキングならリトナーと思っていて、この本を買うほど傾倒しているワケではない。むしろ早くからシンガーをフィーチャーしてAOR指向を見せたり、ブラジル音楽にアプローチするなど、そういうプロデューサー的視点に惹かれる。だから『キャプテン・フィンガーズの時代』と言われても、実際はこうして先にその後のエレクトラ時代へと手が伸びる。

続きを読む

■ THE VELVET UNDERGROUND & NICO

velvet underground

突然のスマホ故障で、朝からあたふた。実は2日前に画面が急に真っ暗になり、再起動もせずで、アップル・サポートに連絡。リカヴァーして復活したものの、わずか2日で再発。再びサポートにコンタクトしたものの今度はリカヴァーできず、1時間以上かけて初期化対応。その後もアプリを復活させて一旦は元通りになったものの、数時間も経たずに3度目の暗黒状態で元の木阿弥。結局ソフトではなく本体の異常というコトで、修理に持っていくことになった。スマホを持つのが日常になったのなんて、そう昔のコトではないのに、この不便さ、手持ち無沙汰加減は何なのだ? こういう些細なところでも、平穏な日常を奪われたウクライナの避難民の悲劇を思いやってしまう。

続きを読む

■ BIG BEAT / SPARKS

sparks_big beat

ほぼ同時に公開された2本の関連映画が相乗効果を上げ、いきなり盛り上がっているスパークス。1本は、半世紀以上に渡る彼ら自身のキャリアを振り返った『スパークス・ブラザーズ』。もう1本は、レオス・カラックス監督の待望の新作で、スパークスが原案・音楽に共同で脚本まで手掛けたミュージカル映画『アネット』。70年代前半の初期作品は、美形の弟ラッセルのオペラっぽいヴォーカルや場面展開の早いサウンド作りがクイーンに影響を与えた、なんて言われていた。当時はデヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージックあたりと並べて、グラム・ロック系と見られていたけれど、このアルバム・ジャケのようにチープ・トリックをふたヒネリしたみたいな変形パワー・ポップ・テイストも感じさせたな。

続きを読む

■ BUNDLE OF JOY / FREDDIE HUBBARD

freddie hubbard_bundle

数日前にアップしたアルフォンス・ムゾーンからのフレディ・ハバード、77年の『BUNDLE OF JOY』。当時、60年代のブルーノート〜アトランティック時代にこだわる石頭のジャズ批評家やファンにコキおろされていたらしいハバードだけれど、70年に移籍したCTIでの諸作品はクロスオーヴァー・ファンには人気が高く、アナログ時代から再発も繰り返されている。その後を引き継いだのが、70年代中盤からの米コロムビア期。『HIGH ENERGY』『LIQUID LOVE』『WINDJAMMER』『BUNDLE OF JOY』『SUPER BLUE』『THE LOVE CONNECTION』『SKAGLY』と、80年までの6年でコンスタントに7枚のオリジナル・アルバムをリリース。安定した都市型ソウル・ジャズ、もしくはジャズ・ファンク・スタイルを貫いた。

続きを読む

■ PRITZEL LOGIC / STEELY DAN

steely dan_pretzel logid

2年ぶりにコロナ規制のないゴールデン・ウィークということで、行楽地や高速道はどこも人やクルマでいっぱい。でも自分には締切仕事がいっぱいで、せめてもと映画へ行くのが精一杯。…なんてシャレている場合でもなく、GW中に片付けるつもりだった家の仕事は手付かずで、気分も少々荒れ気味で、久々にスティーリー・ダン『PRITZEL LOGIC』。74年の3作目で、当時の邦題はなんのこっちゃの『さわやか革命』。でも単に憂さ晴らしで聴いてたワケじゃなく、コレも仕事の延長。書きモノの都合で、ジェフ・ポーカロについて、いろいろ考察しているワケです。何と言っても『PRITZEL LOGIC』はジェフのダンでの初仕事であり、ここから彼の名声が大きく羽ばたいていった、と言えるのだから。

続きを読む

■ ほうろう / 小坂忠

chu_horo alfa

小坂忠、追悼で今日も。取り出したのはコレ。我が家にある『HORO』のアナログ盤は、マッシュルーム・レーベルのオリジナルではなく、80年にアルファ・レコードから出た最初の再発盤。実際に買ったのは、もっと後だけど。アートワークは赤ではなく、薄茶入りベースのモノに差し替えられている。赤いのは何度も復刻されているから、ホントのオリジナルを別にしたら、コレも結構貴重かも。青いジャケの『HORO 2010』はヴォーカルを新録して差し替えたリテイク盤。佇む忠さんも今のお姿になっている。

続きを読む

■ FIELDS

fields

前日のアフィニティの余韻で、またしてもブリティッシュ・ロック/プログレ系のフィールズ、71年発表の唯一のアルバムを。メンバーは元レア・バードのグラハム・フィールド(kyd)、元キング・クリムゾンのアンドリュー・マカロック(ds)、そして当時売り出し中だったアラン・バリー(g, b. vo)というキーボード・トリオ。3人とも英国ドーセット州出身で、同郷ロバート・フリップの人脈に近い、というのがポイントだろう。

続きを読む

■ AFFINITY

affinity

日曜の名物FM番組:山下達郎サンデー・ソングブックのリクエスト特集にて、何とアフィニティ<Eli's Coming>。リクエストを出した主は、何と達郎バンドのkyd:難波弘之。ウチワで何やってんだよ〜、と苦笑しながら、難波さんのルーツという話にナルホド、と。そこで思わず、CDを引っ張り出してみた。リリースされたアルバムはコレ1枚きりだけど、英国ロックきってのレア盤として知られ、何度も何度も繰り返し再発されている。実際、我が家にも複数。オリジナル・アルバムは7曲入りだったが、それが紙ジャケット化された時だったかボーナス曲8曲追加の15曲入りとなり、更にデラックス・エディションの2枚組になり、気がつけばいつの間にか4枚組ボックス仕様が出ていた。

続きを読む

■ STILL WARM / JOHN SCOFIELD

john scofield_still warm

最近はクロスオーヴァー〜フュージョン系が、ちょっとしたマイブーム。AORやらシティポップについて書く仕事が集中してきているから、その反動かしらネ(元からだけど…苦笑)。当ブログのお客様の反応もなかなかだし。…というわけで今回は、人気ギタリスト:ジョン・スコフィールドの86年作『STILL WARM(鯔背)』というアルバムを。

続きを読む

■ COURAGE / MILTON NASCIMENTO

milton nascimento_courage

陽気に誘われてミルトン・ナシメント。ブラジルものを聴くなら、まずはココから、と言っていいシンガー・ソングライターであり、“A VOZ DO BRASIL(ブラジルの声)”とも呼ばれる国民的アーティストだ。そしてこのアルバムは、数多い彼の名盤の中でもベーシックに数えられる一枚である。レコーディングは1969年だから、まさにエヴァー・グリーン。ミルトンにとってはアメリカでのデビュー作であると同時に、自身2作目、初のメジャー作品でもあった。

続きを読む

■ THE SEEDS OF LOVE / TEARS OF FEARS

tears for fears_seeds

ちょいとワケありで、ティアーズ・フォー・フィアーズ。ニュー・アルバム『THE TIPPING POINT』を出したばかりで、当ブログでもコチラで紹介しているけれど、今回は敢えて89年リリースの3rdアルバム『THE SEEDS OF LOVE』。一般的には<Everybody Wants To Rule The World(ルール・ザ・ワールド)>や<Shout(シャウト)>を英米で大ヒットさせたということで、英米アルバム・チャート首位を獲得した2nd『SONGS FROM THE BIG CHAIR(シャウト))』の方が有名な気がするが、最高傑作と言うにふさわしいのは、やはりコチラだろう。

続きを読む

■ PART OF YOU / ERIC GALE

eric gale_part of you

往年のフュージョン名盤ポストへのリアクションがすこぶる好調なので、先月、グローヴァー・ワシントンJr.やリチャード・ティーを書いた時から気に掛かっていたエリック・ゲイルを。職人に徹しているせいか、同じスタッフのギタリストでも、オレ様的なコーネル・デュプリーより目立たない印象があるが、その分スタジオ・ミュージシャンの間では人気が高い。山下達郎のギターの師匠的存在である故・松木恒秀も、“日本のエリック・ゲイル” なんて呼ばれていたな。

続きを読む

■ FINGER PAINTING / EARL KLUGH

earl klugh

昨日のポストの予告通り、今回はアール・クルー。77年の3rdアルバム。確か最初の3枚のアルバムは2年ぐらいの間に立て続けに出たはずで、それだけセンセーショナルなデビューだったのだ。じゃあ〜何がセンセーショナルだったのか?というと、アコースティック・ギター一本、しかもナイロン弦だけで押し通したこと。フュージョンはジャズとロックの隙間から誕生した音楽だったから、黎明期はエレキが標準だったのだ。曲によってアコースティックを弾くことはあっても、それを前面に打ち出して、まったく持ち替えナシ、というのはアール・クルーが初めてだった。

続きを読む

■ FEEL SO GOOD・FUN AND GAMES / CHUCK MANGIONE

chuck mangione_ feel so goodchuck mangione_ fun games

唐突にチャック・マンジョーネ。何故か分からないけども、2〜3日前からこの人の<Feel So Good>と<Give It All You Got>が、自分の中で繰り返し脳内再生されていて。典型的なイージー・リズニング・フュージョンだけど、曲がイイ、フリューゲルホーンの音色がイイ、演奏がイイ、それにちょっぴり東欧らしい凛とした空気感があるからなのかな?(両親はシチリア出身のイタリア系だけど) やっぱり戦火の惨劇ばかりニュースで見せられて、心の何処かで安寧を求めているのかもしれない。

続きを読む

■ TOKYO SPECIAL / 笠井紀美子

kimiko kasai_tokyo special

何故か偶然が重なって、笠井紀美子のコレを。77年に発売されたジャズ・シンガーの、日本語ポップス・アルバム。今で言ったら、ほぼほぼ完全にジャジー&グルーヴィーなシティ・ポップ作品だ。彼女には72年にムッシュこと、かまやつひろしのプロデュースで作った『アンブレラ』というアルバムがあって、細野晴臣や鈴木茂が偽名で参加したり、大野雄二、つのだ☆ひろ(当時は角田ヒロ)もいたり、なのだけれど、“日本ジャズ界のトップ・レディー ロックに挑戦!” なんて謳われたように、内容は結構ロック寄りで、濃厚なブルースを歌っていたりもする。でもコレはジャジーというか、もろにクロスオーヴァー・スタイル。バックは鈴木宏昌率いるザ・プレイヤーズの前身コルゲン・バンド。だから、マリーナ・ショウ『WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?』をグッとオシャレに彩ったような感覚があるのだ。

続きを読む

■ STROKIN' ・NATURAL INGREDIENTS / RICHARD TEE

richard tee

世の中が騒然としているせいか、70年代頃のリッチなクロスオーヴァー・サウンドに身を浸していると、心が和らぐ。言いたいコトは山ほどあれど、こういう時こそ自分の為すべきことを為していかないと。ここ2日、グローヴァー・ワシントンJr.〜ボブ・ジェイムスと来たので、今日はこの人、故リチャード・ティー。まさに稀代のピアノ・プレイヤー、ワン&オンリー。

続きを読む

■ I'M IN LOVE AGAIN / BRANDON BARNES

brandon barnes

新作・旧作を問わず、注目すべきAOR作品/アーティストや隠れた傑作に光を当ててきた拙監修シリーズ【Light Mellow Seaches】from P-VINEも、今年で早7年目を迎えた。ちょうどこれまでにリリースしてきたアイテムをザッと振り返る機会があって、ちょっと拾い聴きしたり、時に懐かしんだり…。作品によってAOR度はマチマチだけれど、作品クオリティに関しては、どれも一定ラインはシッカリとクリアしている、そう自負できるラインアップだ。そんな中、「あぁ、コレはもっと売ってあげたかったなぁ…」「内容の割にはリスナーの皆さんに届かなかったなぁ…」と、少し悲しい気持ちにさせられるアイテムがある。その筆頭が約4年前、2017年10月にリリースしたブランドン・バーンズの1stソロ・アルバム『I'M IN LOVE AGAIN』だ。

続きを読む

■ IN A SPECIAL WAY / DEBARGE

debarge 3

USの公共ラジオ放送 NPR(National Public Radio)の人気企画【Tiny Desk Concert】。文字通り、NPRのオフィスを乗っ取って行われるライヴ企画で、注目の若手から大ベテランまで幅広いミュージシャンが登場し、アット・ホームなパフォーマンス動画が人気を得ている。もっとも最近はコロナ禍だから、オフィスではなく、自宅スタジオやリヴィング・ルームで動画を撮るパターンが多く、直近ではノラ・ジョーンズが【Tiny Desk (Home) Concert】と称してピアノの弾き語りパフォーマンスを届けてくれた。

続きを読む

■ BAD AMINA / 森園勝敏

morizono_bad anima

昨年の結成50周年を軸にして、各種アーカイブ・プロジェクトが進んでいる四人囃子。その締め括りとして、来月頭に傑作2nd『GOLDEN PICNICS』(76年)の拡大版2枚組が出ることになっている。それに併せて、某音専誌向けに当時の最重要メンバーである森園勝敏・岡井大二両氏にインタビューしたのが、今月中旬。そのリリース内容は、また発売日近くなったら書くコトにするが、森園さんの話、特に音楽観・ジャンル観のエピソードがとても興味深く、脱稿した時点で、記事に盛り込めなかったコトを備忘録的に書き留めておきたい。何というか、大変僭越ながら、自分のジャンル感覚ととても近いモノを感じてしまうのだ。

続きを読む

■ GIVE ME STRENGTH ~ The '74/'75 Recordings / ERIC CLAPTON

clapton_give me strengthclapton was here

年明け早々仕事が結構テンコ盛り。それでも若干の余裕アリで、ギター・マガジン最新号の特集『レイド・バック期のエリック・クラプトン』をサラリと読んでいたら、思わずコレに手が伸びた。2013年末に出た6枚組ボックス『GIVE ME STRENGTH ~ The '74/'75 Recordings』。その名の通り、この時期の録音を集成したもので、『461 OCEAN BOULEVARD』と『THERE'S ONE IN EVERY CROWD(安息の地を求めて)』、そしてライヴ盤『E.C. WAS HERE』それぞれの拡大エディションに加え、フレディ・キングとの74年のセッション、そしてスタジオ盤2作のサラウンドとクアドラ・ミックスを収めたBlu-rayから成る。もちろんフルに聴いてる時間はないので、ライヴ盤『E.C. WAS HERE』の2枚組エキスパンデッド・エディションのみピックアップ。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
● Light Mellow Searches 7周年を記念した珠玉のAOR Cover集●



収録曲など詳細はこちらから。

● コラム レギュラー執筆中 ●
277220621_105011458827470_954701801212389397_n
カテゴリー
【教養・カルチャー】

alfa logo
ALFA MUSIC 公式サイト
ALFAnote 考現学

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records


◆リリース一覧はココから◆

page99 2
FOR IMAGINATION SAKE
/ PAGE 99 予約

Article Serch
Archives
Light Mellow's Choice
 カナザワ監修シリーズ
 from VIVID SOUND

Liner Notes
AOR Light Mellow Premium
● Disc Guide『AOR Light Mellow』20周年 ●

AOR_LM_cov_0823
AORライトメロウ プレミアム 01 Legends & Pre-AOR
大好評発売中
お求めはタイトルをクリック
詳細はコチラから

Recent Comments