Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Live Review

■ 藤原美穂 sings CHOCOLATE LIPS 35th Anniversary Live @渋谷JZ Brat

chocolate lips live

後輩ライターの池上尚志くんがオーガナイズする【City Pop Connection Vol.3】、藤原美穂 sings CHOCOLATE LIPS 35th Anniversary Live @渋谷JZ Brat にお邪魔。美穂さんとはちょっとご縁あって、カナザワがライターになる前から知り合いで、15年7月の Chocalate Lips 初CD化の際にも解説を寄稿させて戴いている(初CD化時のポスト / 18年アナログ再発時のポスト)。そんな関係から、美穂さん、池上クンそれぞれからお呼ばれし、更に某編集部からライヴ・レポート執筆の依頼まで。なのでココでは、音専誌レビューとは視点を変え、ちょっとマニアックな筆致でご紹介したい。

続きを読む

■ WHITNEY / WHITNEY HOUSTON

whiney

ホイットニー・ヒューストンのドキュメンタリー映画『WHITNEY』を相方と鑑賞。最近は メガヒットを記録しているクイーン『BOHEMIAN RHAPSODY』を筆頭に、エリック・クラプトン『LIFE IN 12BARS(12小節の人生)』とかレディ・ガガ主演『アリー/スター誕生』、日本でも竹内まりやのシアター・ライヴ『souvenir the movie』があったワケで、何やら音楽系映画のヒットが続いている。ガガのはまだ観ていないけど、この現象って何ですかね? ネット中心で 大物もクズも一緒くたの玉石混交時代になって、誰も文句が言えない究極のスーパースターが求められている、ってコトなのかな? クイーンの異常人気ぶりを見ていると、ヒーローのフレディは逝っちゃってても、他のメンバーが健在で有無を言わせぬ形でトリビュートできる図式が、実はキモなんじゃないか、と思えてしまう。クイーンは観られてもフレディはいないという、夢と現実の狭間にいることが、ファン心理を煽る背景にあるワケだ。

続きを読む

■ sparkling☆cherry 『Sparkling☆Night Vol.27』@下北沢440

spa_chery.27

我らが sparkling☆cherry、年内ラスト・ライヴ@下北沢440。これまでにもメンバー・チェンジを乗り越えてきた連中だが、今回は27回目にしてレギュラー・ドラマーの西村が諸事情で急遽欠席。でもタダでは転ばぬのが不思議なトコロで、何とベテラン・セッション・ドラマーの宮崎まさひろさんをトラに迎えてしまった。もちろんその間には、何かとお世話になっている濱田金吾さんのご尽力あっての賜物なのだけど…。でも故・村田和人さんといい、杉真理さん、伊藤銀次さんといい、ホントみなさんスパ・チェリに目を掛けてくださって、ありがたい限りである。

続きを読む

■ KING CRIMSON - Uncertain Times Japan Tour 2018 @渋谷オーチャードホール

king-crimson-2018-flyer

いつもはAORだシティポップスだ、と言っていても、自分のルーツはビートルズと70年代ロック。特にプログレ系の大御所バンドが来日するとなれば、足を運ばずにはいられない。…というワケで、1ヶ月近くを費やして、くまなくジャパン・ツアーを展開しているキング・クリムゾンの東京7日目最終公演へ。実は11月の方でチケットを確保していたが、諸事情により(当ブログのレギュラー的お客様はご存知ですよね?)、この追加公演を買い直した。席は若干悪くなったけど、それでも1階席PAのやや後ろを確保できたのでラッキー クリムゾンは3年前のツアーも同じオーチャードホールで観戦したけれど、圧倒されて、よく分からないうちに終わってしまった感があった(2015.12.7.の Live Review) そこで今回は、前回以上に近年のライヴ盤で予習しつつ…。


続きを読む

■ 尾崎亜美 Christmas Concert 2018

amii ozaki_60

紙ジャケット再発を監修したり、Light Mellowコンピを組んだりと、いろいろとご縁のある尾崎亜美さんライヴ@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール に足を運んだ。メンバーは配偶者でもある小原礼(b)以下、鈴木茂(g)、屋敷豪太(ds)、是永巧一(g)、斉藤勇太(kyd)、Aisa(cho/ac-g)という豪華メンバー。先日の小坂忠イベントにも参加していた亜美さんなので、お久しぶり感はまったくないけれど、やはり自分のソロ・ライヴではキャピキャピの亜美さんモード全開になる


続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.1.5 〜 Future City Pop Edition〜@KIWA TENNOZ

lightmellow1.5_A4omote_ol

LIVE Light Mellow Vol.1.5 〜 Future City Pop Edition〜@KIWA TENNOZ、おいでくださいました皆々様、どうもありがとうございました。イイ感じで席も埋まり、終演後には「ステキなイベントでした」「またやってください!」という嬉しい声を、たくさんたくさん頂戴しました。オープン後の待ち時間には、写真作家:木村尚樹氏が撮影されたニューヨークの写真のスライドショーと、カナザワが選んだシティポップ名曲とのコラボレイトも。お楽しみに戴けましたでしょうか?


続きを読む

■ 角松敏生 『Close out 2018 & Ring In the New Season』@中野サンプラザ

kadomatsu_breath 2018

角松敏生、年末恒例の中野サンプラザ2days、その初日に足を運んだ。題して『Close out 2018 & Ring In the New Season』。個人的には、学生時代からの仲間や旧知の知り合いが多く集まる最終日に行くのがパターンだったが、今回は自分監修のライヴ・イベントとバッティングしているため、初日に観に行ったのである。ちなみにこの年末ツアーは、その年の集大成的な構成となるのが常。となれば、今年はビッグ・バンドと、秋に回った《お前と俺》ツアーの掛け合わせか!? 別件で連絡を取っていたレギュラー・ドラマー:山本真央樹クンからも「年末は僕じゃないですよ〜」と聞いていたので、おおよその内容は想像できていた。(以下ネタバレあり)

続きを読む

■ DAVID FOSTER "An Intimate Evening with David Foster" @ Blue Note Tokyo

david foster@bluenote

前回ポストに続いて、11月後半の備忘録から、2日連チャンで観ることができたデヴィッド・フォスター来日公演に関してのメモ。今年は何度かビッグな日本公演の噂が出ては実現せずに終わっていたフォスターだけに、ブルーノートのようなヴェニューでのショウが実現するなんて、本当に寝耳に水だった。聞けばこれは、ブルーノート30thアニヴァーサリーと日加修好90周年が重なったが故のスペシャル企画とのこと。ひとまずブルーノート公演初日2ndのシートを確保して安心していたところ、公演前夜祭としてカナダ大使公邸で催されるクローズドのトーク&ミニ・ライヴ/カクテル・レセプションへのインビテーションが舞い込んだ。ドレス・コード付きなので、超久し振りにビジネス・スーツを引っ張り出し、事前にサイズ・チェック。20年前に着ていたスーツがスンナリ入ってよかったぁ〜 でもドレスコード無視して普段着でレセプションにやってきたのは、不思議と同業者ばかりだったりして…

続きを読む

■ 小坂忠 SONGS & FRIENDS “HORO” @東京国際フォーラムAホール

chu_horo livej.pg

日々の更新へ戻る前に、まずは11月後半の備忘録。忙しくしていた割には、ライヴにはよく行ってたかも…

11月14日(水)NOBU CAINE @Billboard Live Tokyo 2nd show
11月15日(木)Larry Carlton @Billboard Live Tokyo 1st / 2nd show
11月16日(金)福田直木 CROSSOVER LABORATORY 収録(FMヨコハマ/2週録り)
〜大西貴文のTHE NITE生出演(with 福田直木/ミュージックバードforコミュニティFM)
11月17日(土)カンバス Neo Wave in HEAVEN Vol.1@HEAVEN青山
11月22日(木)Will Lee's Super Group
   featuring feff Young, Oz Noy & Charley Drayton@Cotton Club 1st Show
11月23日(金・祝)DJ Event:環七AOR Vol.10 @NEW ROCK Smell-bar(三軒茶屋)
11月26日(月)小坂忠 SONGS & FRIENDS “HORO” @東京国際フォーラム・ホールA
11月27日(火)竹内まりやシアター・ライヴ Souvenir the Movie
                          @さいたま新都心MOVIX
11月29日(木)David Foster ミニライヴ&トークセッション/レセプション
                          @カナダ大使公邸(クローズド)
11月30日(金)David Foster "An INTIMATE EVENING with DAVID FOSTER"
                          @Blue Note Tokyo 2nd Show

続きを読む

■ BASIA JAPAN TOUR 2018 @ Billboard Live Tokyo

basia live

9年ぶりのオリジナル・ニュー・アルバム『BUTTERFLIES』を提げての来日公演@Billboard Live Tokyo 2nd Show。新作を我が監修シリーズ【Light Mellow Searches】を出させてもらったり、来日直前メール・インタビューを行なったりで、ご縁のできた彼女だけれど、大ヒットしていた時期は遠巻きにアルバムを聴いていた程度。なので実際にライヴを観るのは、コレが初めてだったりする。

続きを読む

■ PERFORMANCE 2018 / 山下達郎 @カルッツかわさき

tatsuro_performance2018

都内もハズれ、地元もハズれ、今回のツアーは遂に観られないのか…、と諦めかけていたら、首都圏最終となる川崎公演:カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)2days の2日目に滑り込みセーフ。全49公演中47本目なので、バンドのデキはまさに最高潮である。このホールは、まだ昨年オープンしたばかりだそうで、ウッディな内装が気持ち良く、音も良さそう。横浜の県民ホールよりは小振りながら、今後タツローさんの神奈川公演では使い分けもアリそう、なんて思った。当人が「お気に入り:というステージ・セットは、港湾地区の倉庫街のイメージ。客入れのBGMは、いつものように『DOO WAP NUGGETS』の原型となった当人セレクトのオールディーズだ。

続きを読む

■ 音楽境地(弐)〜SEASONS of LIFE・歌心〜 / 村上ポンタ秀一 @ 中野サンプラザ

ponta_kyouchi 2

日本が誇る伝説的ドラマー:村上ポンタ秀一の、デビュー45周年イベント『音楽境地 Vol.2』@中野サンプラザを観た。前回はジャズ・フュージョン系をテーマに、渡辺香津美や高中正義、CHAR、角松敏生、和田アキラらがゲストに招かれたが(詳しくはココを参照)、今回は “PONTAの音楽人生と、めぐり季節と、4人のいい女” なるサブ・タイトルの下、八神純子、EPO
八代亜紀、吉田美奈子に、オマケ(?)の伊勢正三がゲスト。ホスト・バンドはポンタさん率いるPONTA BOX(岡沢章:b、柴田敏孝:pf)+大坪稔明:kyd というシンプルな布陣である。

続きを読む

■ 高中正義 TAKANAKA SUPER LIVE 2018 -BRASILIAN SKIES 40th- @昭和女子大学人見記念講堂

takanaka brasilian skies 40th

4月に行われた村上ポンタ秀一『音楽境地』やクロスオーヴァー系イベントなど、今までに何度もライヴを観ている高中正義。でも純粋なソロ・ライヴを観るのは、いったいいつ以来だろう? 03年に出た『GUITAR GOBLIN - TAKANAKA THE BEST』なるキティ時代の2枚組コンピで解説を書いたあと、よみうりランドEASTだったかの野外ライヴに行った記憶はあるのだが…。実際自分の思い入れが強いのはキティ時代前期で、初ソロ作『SEYCHELLS』から入り、発売直後に買った『TAKANAKA II』は、未だ真夏になると引っ張り出すマイ・フェイヴァリット。それに比べると、この78年の4作目『BRASILISAN SKIES』は、少しテンションが緩めである。でもそれはリオ・デ・ジャネイロ録音(L.A.と伊豆にあったキティ・スタジオでもレコーディングされている)がもたらした大らかなムードと、日本の夏を彩る郷愁感がミックスされた結果であって、夕暮れ時にタカナカを聴くなら、圧倒的にコチラだ。
(以下、若干ネタバレあり)

続きを読む

■ 新井現詞 with グレムリン 50th Anniversary Live @ 築地Blue Mood

genji arai_impressiongenji arai

07年にデビューしたRenajaのソングライター/サウンド・プロデューサー:新井現詞の、音楽活動デビュー50周年を記念したアニヴァーサリー・ライヴ@築地 Blue Mood。ソロ名義では、数年前に下北沢のCafe音倉で演って以来の、2度目のライヴになる。

続きを読む

■ THE IMPRESSIONS @ Billboard Live Tokyo

impressions

カーティス・メイフィールドやジェリー・バトラーを輩出し、先ごろ日本公演を成功させたリロイ・ハトソンも籍を置いた時期のあるR&Bヴォーカル・グループの名門インプレッションズが、キャリア60年にして初来日。しかもオリジナル・メンバーのサム・グッデン、59年にバトラーの後任として加入したフレッド・キャッシュの2人が引退を表明していることから、この来日が最初で最後のジャパン・ツアーになる。正直インプレッションズには深い思い入れがないけれど、カーティスが率いたグループとして、はたまた<Gypsy Woman>や<People Get Ready>、<I'm So Proud>といったR&B名曲のオリジネイターとして、その勇姿に触れるチャンスを逃したくないと思い、そそくさと足を運んだ。

続きを読む

■ 君を見つけた日 ~ Knock! Knock! Heaven's Door 発売記念ライヴ / 岩沢幸矢 @ KIWA TENNOZ

sachiya_knock

7月にリリースされたブレッド&バター 岩沢幸矢の最新ソロ作『君を見つけた日 ~ Knock! Knock! Heaven's Door』のレコ発記念ライヴ@KIWA TENNOZ。元々KIWAは二子玉川にあったライヴハウスだが、そこはオーナーが代わってGemini Theaterとしてリニューアル。KIWA自体は東京湾臨海地区の天王洲へ移った。それからは初KIWA。すぐ近くにTV東京/interFM897があったり、デヴィッド・ボウイ大回顧展が開催された寺田倉庫があったりで、かなりシャレオツな場所だ。小屋自体も天井がサンルーフになったロフト風作りで、このエリアにマッチしていた。

続きを読む

■ くずう原人まつり Premium Live / 今井優子 & 増崎孝司

yuko_genjin

栃木県佐野市の町興しイベント:くずう原人まつりのライヴに、今井優子がお呼ばれ。カナザワもスタッフとして参加してきた。このライヴは元々、イベント・スタッフと懇意にされているギタリスト増崎孝司さん(DIMENSION)が出演依頼を受け、メンバーを集めている。そして今回は、『IT'S MY TIME TO SHINE』へのレコーディングに参加いただいたご縁でお声掛け戴き、増崎グループのフィーチャリング・シンガーとして参加することになった。

続きを読む

■ Light Mellow Tropical Special Live 〜 比屋定篤子 with 笹子重治

40006433_10204737529513672_5381433703643742208_o

久しぶりの "生ひやじょう" を、カンムリを貸した Light Mellow Tropical@カブキラウンジで。彼女のライヴを観るのは、13年9月の流線形&比屋定篤子@目黒パシモンホール以来、なんと5年ぶり。近年の彼女は年に何度か沖縄から上京し、ギターの笹子重治さんとのデュオ・ライヴを首都圏近郊で行なっているが、気には止めつつもスケジュールや場所の問題から足を運べず、ふと気づけば5年も…、という感じ。それでも比屋定さん、シッカリとカナザワのことを覚えていてくださり、顔を合わせなり、「うゎぁー、お久しぶりです」と握手の再会となった。

続きを読む

■ NED DOHENY & HAMISH STUART @ Billboard Live Tokyo

ned_hamish
なんとも貴重なライヴ、ネッド・ドヒニー&ヘイミッシュ・スチュアート@Billboard Live Tokyo 2nd Show へ。ネッドは “plays HARD CANDY”と謳った前回ソロ公演から約3年ぶり、ヘイミッシュは自分のバンドを率いて Cotton Club へ出演して以来5年ぶりのジャパン・ツアーとなる。もちろんネッドは最新作『THE DARKNESS BEYOND THE FIRE』を拙監修【Light Mellow Seaches】@ P-Vineでリリースしたばかり。ヘイミッシュは一昨年、スティーヴ・フェローン(ds)やマルコム・ダンカン(sax)といったアヴェレージ・ホワイト・バンド(以下AWB)の残党で組んだプロジェクト:360 Bandでアルバムを出していて、カナザワ的にもAWBのコンピを組んだり(タワーレコード限定)、ヘイミッシュ・バンド『REAL LIVE』の解説を書いたりしているので、両人とも(勝手に)近しいと感じている。

続きを読む

■ 未唯 mie / Exotic Carnival @目黒 Blues Alley Japan 1st Show

mie_exotic

ライヴの都度お声掛けを戴いている未唯 mie さんの、アラカルト的企画ライヴ。前回の “裏ピンク” には伺えなかったので、「今回こそは…」と思っていた上に、前々から「ラテン企画を考えているんだけど…」とマネージャー氏から相談を受けていたことも重なって、何とかスケジュールを調整して、Blues Alley Japan 1st Show に駆けつけた。

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
TOPICS
スティーヴ・ルカサー 初の自伝
『福音書(THE GOSPEL)』
巻末の解説を執筆しました。


Groovyなコンピ 組みました

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

WORKS - 監修・解説
ビル・チャンプリン新作
マイケル・マクドナルド最新作
WORKS - 解説

Recent Comments
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
カナザワ監修シティポップ`再発

◆やまがたすみこ◆

◆ 伊東ゆかり ◆
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 二名敦子 ◆
Fluorescent Lamp (+2)
nina_lamp
タワーレコード限定
ご購入はこちら
Light Mellow 和モノ on CLINK
◆二名敦子 紙ジャケ復刻 1st album『PLAYROOM〜戯れ』 nina_playroom

詳細・ご購入は…


◆サーカス 幻のデビュー曲 7inch『月夜の晩には』 circus_tsukiyo

詳細・ご購入は…


◆Special Jam Company with 酒井俊 album CITY VIBRATION special jam co

詳細・ご購入は…


7inch Indian Summer
special jam co_7

詳細・ご購入は…

Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ