Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Live Review

■ THE COMPLETE COCONUT BANK

coconuts bank
行き慣れたライヴ・ハウス:下北沢440で、伊藤銀次率いるココナツ・バンク『イエ〜イエーで Goin7 On!!』を堪能。73年の解散から早44年。アルバムも出せずに散ったはずのバンドが、03年のミニ・アルバム発表を経て、今年は初のコンプリート・アルバムを出した。それだけでも有頂天なのに、超ご機嫌なこの日のライヴ・パフォーマンス。あれだけ人が入っている440も、初めて見たわぁ〜!

続きを読む

■ SOUL EYES / KANDACE SPRINGS

kandace spring
プリンスがデビューにひと役買ったブルーノートの新しい歌姫キャンディス・スプリングスが、2度目のジャパン・ツアーをスタート。昨年9月の日本初ツアーは見逃してしまったし、その前のプロモ・ライヴも観られなかったが、話題の新人だけあって露出は多く、そのネイキッド&ウォームな歌声にはシッカリ惹きつけられていた、そして今日、ブルーノート・トーキョー3daysの初日1st Showに駆けつけた。

続きを読む

■ BLUEPRINT / STEPHEN BISHOP

bish_blueprint
スティーヴン・ビショップ 8年ぶりの来日公演@Billboard Live Tokyo 1st Showを観た。このところ日本へ来るたびに観ているので、かれこれ4〜5回目の観戦だろうか。今回も近年の定型フォーマットであるkyd:ジム・ウィルソンとの2人ステージだが、米国ではジムもヒーリング系ピアノ奏者として成功していて、ビッシュがゲスト参加したソロ作がある。そこでまずジムが2曲ピアノ・インストを披露し、ビッシュを招き入れる形でステージが始まった。

続きを読む

■ジャンク フジヤマ&ファンタジスタ『JUNK STRUT』@目黒 Blues Alley Japan

junk flash
ディスクユニオン新宿ロックレコードストア5Fにて行われたトーク・イベント、無事終了。インストアではありましたが、通路が通りにくくなってしまうほどのご来場を頂き、本当にありがとうございました。テーマは言わば、アナログ盤で綴る最新AOR Light Mellow事情をランキングでご紹介、といった感じでしょうか。最近アナログ・リリースがあった作品たちを、カナザワが独断と偏見で選んで順番に紹介していく、という趣向です。

続きを読む

■ Sparkling☆Night @下北沢440

natsu summer 2sparklig cherry 大

恒例のバイ・マンスリー・イベント Sparkling☆Night @下北沢440。カナザワがトータル・プロデュースを務める sparkling☆cherry がホストになってお届けする2stage 形式のライヴですが、今回は流線形:クニモンド滝口が手掛けるシティポップ・レゲエ・シンガー:ナツ・サマーがゲスト。普段、大ベテランとか大御所との共演が多い sparkling☆cherry が、まだデビュー仕立てのフレッシュな個性と絡みました。

続きを読む

■ NATHAN EAST VIP ファンミーティング Vol.2

nathan east 2
ネイザン・イーストの Billboard Live Tokyo 2daysを明日・明後日に控え、銀座ヤマハで開催された『VIP ファンミーティング Vol.2』に潜入してきた。カナザワはBillboard 公演に行くつもりでスケジュールを調整していたが、ある筋からこのイベントへのお誘いアリで。実は前回公演も、その前のサマーソニック出演も見ているので、この貴重なイベントを見られるなら今回はそれでイイかと。結局、佐藤竹善がゲスト出演する日は、都合がつかなかったのよ。

続きを読む

■ 冨田ラボ LIVE 2017@恵比寿LIQUIDROOM

tomita lab_superfine
冨田ラボ LIVE 2017@ 恵比寿LIQUIDROOM に参戦。最新アルバム『SUPERFINE』に参加したシンガーから、AKIO、安部勇磨(never young beach)、城戸あき子(CICADA)、坂本真綾、眈訃淑拭cero)、藤原さくらが出演。更に『SUPERFINE』前哨戦とも言えそうな重要プロデュース作『LUSH』のbirdがゲスト。バック・メンバーには、冨田恵一(kyd,g)以下、 平 陸(ds)、鈴木正人 (B/Little Creatures)、樋口直彦 (g)、Meg / ツヤトモヒコ (cho)らが顔を揃えた。

続きを読む

■ 本気でAOR NIGHT ツアー2017

aor shirt
3日遅れのライヴ・レポートは、13日(月)『本気でAOR NIGHT ツアー2017』@目黒Blues Alley Japan 2nd show。このブルースアレイを拠点にして、14年からスタートしたこのプロジェクト。カナザワが足を運んだのは、サックスの竹上さんにお誘いいただいて以来、これが2度目になる。
続きを読む

■ CARRY ON / BOBBY CALDWELL

bobby_carry on
前回ツアーはスケジュールがまったく合わずに断念したけれど、今回は美形女性シンガー・ソングライターさんをエスコートして、東京3デイスの中日 2nd Show@Billboard Live Tokyo へ。来日メンバーは、ボビー以下、我が Light Mellow's Choiceシリーズでソロ作を出しているマーク・マクミレン(kyd)、看板ソロイスト:アンドリュー・ニュー(sax,kyd)、カーライル・バリトゥ(g)、ロベルト・バリー(b)トニー・ムーア(ds)という安定のメンツ。リズム隊は直前に来日していたポール・ブラウン(g)でもバックを務めていたらしく、日本で一行と合流したと思われる。

続きを読む

■ 新春 Pink Lady Night 2017 @ Blues Alley Japan

mie_pink lady night
去年は諸事情で参加できなかったが、今年は復活して観てきました『新春 Pink Lady Night 2017 @ Blues Alley Japan』2nd Show。この恒例イベント、最初は2010年に半年に渡って開催された未唯mieさんマンスリー・ライヴの一環として、同年6月に行われた企画。それが、鳴りモノいっぱいで縁起が良い、とのコトから、翌11年の年明けに再演され、そのまま定着。今年で7年連続の新春公演となる(合計8回目)。つまりカナザワは、これを観るのは6回目になるワケだ。



続きを読む

■ Daisuke & The Fal-Comb.Band LIVE 〜 In the mood - R&B only Special Nite 〜

daisuke_2
今日は Daisuke & The Fal-Comb.BandのR&Bオンリー・スペシャル・ライヴ@渋谷JZ Brat。このところ少し出不精になっているためか、コレが自分の今年初ライヴ参戦だった。去年の締めが sparkling☆cherry で、年初めが Daisuke と、どちらも我が Light Mellow's Choice からCDリリースしたアーティストというのが、ちょっとビックリ。

続きを読む

■ SPARKLING☆NIGHT / SPARKLING☆CHERRY + 山川恵津子 + 三沢またろう

sparklig cherry 大
12月は諸事情でライヴへ行く機会が少なかったので、カナザワがトータル・プロデューサー的に関わっている sparkling ☆ cherry の定例ライヴ:sparkling ☆ night@下北沢440 がライヴ納め。

続きを読む

■ 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト 『SPARK』JAPAN TOUR 2016

hiromi_spark
昨夜は早めに寝床へもぐり、夜中にもたっぷり水分補給して朝までグッスリ おかげで風邪はピークを越えたみたいで、身体がスッキリ軽い。咳はまだ出るけれど、何とか内視鏡検査もライヴも予定通り。仕事だけがちょっと滞り気味ではあるけれど…

続きを読む

■ YES JAPAN TOUR 2016

yes_japan tour 2016
イエスのジャパン・ツアー2016最終日@渋谷・Bunkamura オーチャードホールを観た。さすがに73年の初来日は観てないものの、<Owner Of A Lonely Heart>ヒット後のツアー、8人組のユニオン・ツアー、そしてその後2度ほど来日公演に参戦。しかし、やっぱり究極の8人体制を観てしまったあとのステージはどうも物足りず、そのまま足が遠のいた。今回の来日でも、『YESSONGS』と『TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS(海洋地形学の物語)』からの曲を演るという当初のアナウンスを聞いたとコロで、食指は動かず。でもそのあと『DRAMA』からも何曲かプレイする、そして今後は『DRAMA』の楽曲は演奏しない、なんて追加情報が入って、俄然行く気に。もちろん『こわれもの( FRAGILE)』や『危機( CLOSETO THE EDGE)』がイエスの代表作なのは分かっちゃいるが、天邪鬼なカナザワは、むしろ、『RELAYER』や『究極(GOING FOR THE ONE)』、そして『DRAMA』に愛着を持っちゃうのよ。

続きを読む

■ Domestic Mayo Line 2016 Concert in TOKYO / 庄野真代

mayo live
このところ何かとご縁のある庄野真代さん。今日はデビュー40周年記念ライヴ:Domestic Mayo Line 2016 in TOKYO@全労済ホール/スペース・ゼロ。先週、sparklig☆cherryとのライヴを観たばかりだけれど、今回はそれをホール・ヴァージョンにステップ・アップしたかのような美味しい内容だった。

続きを読む

■ TOSHIKI KADOMATSU × DJ OSSHY Dance Party 2016

kadomatsu_osshy
今日は旧知の角松敏生、最近一緒にトーク・ショーをしたり番組にお呼ばれするなど交流が多いDJ OSSHYがコラボレイトするライヴ・イヴェント:Dance Party 2016 @恵比寿 act square に参戦。仕込みの大変さは漏れ聞こえていたけれど、Lady-K がオープニングDJをしている間に楽屋を訪ねてみたところ、角松もOSSHYも意外にニコヤカ。もっともOSSHYさんは落ち着きなく動き回っていたので、緊張する間もなかったのかな?


続きを読む

■ Sparkling☆Night / 庄野真代 + Sparkling☆Cherry

spacerry_mayo
今日は午前中から家を出て、六本木〜虎ノ門〜下北沢。まずはプライヴェートで来日中のプロデューサー:フレッド・モーリンとランチ。そのあと、近く再発される女性シンガー・ソングライターに取材し、その足で向かったのが、SPARKLING☆NIGHT vol.14 / 庄野真代 v.s. sparkling☆cherry@下北沢440。直接的には、前にスパチェリが共演した鈴木雄大さんからのご紹介なんだけど、ちょうど『Light Mellow 庄野真代』が出たばかり、というタイミングの良さもありーの、で。

続きを読む

■ ROAD TO FOREVER / DON FELDER

don felder
何だかいろいろバタバタしていて、ライヴもちょっとご無沙汰な感じ。でもコレだけは!、と思って足を運んだのが、ドン・フェルダー4年ぶりのソロ公演。前回、然して期待もせずに観に行ったら、すごく充実したパフォーマンスにビックリさせられ、「コレはもう1回観たい!」と思っていたのだ。そういえば、グレン・フライが亡くなって最初のソロ・ツアーでもあるな。

続きを読む

■ NOTHING BUT THE FUNK

nothing but the funk

日本を代表するドラマーにして “グルーヴ・マスター” と謳われる沼澤 尚の実質的リーダー・グループ: Nothing But The Funk のジャパン・ツアー最終日@Billboard Live Tokyo 2nd show に足を運んだ。4日前に同じハコで東京初日を迎え、広島〜大阪と廻って評判もウナギ登り。とりわけ、ファンキーな人種が多い(?)大阪での盛り上がりが凄まじかったらしく、SNSを通じてその興奮ぶりが伝わってきた。

続きを読む

■ ADLIB presents 和フュージョン・ナイト

kadomatsu_sealinetsuyoshi kon_agatha
     SEA LINE / 角松敏生           AGATHA / 今 剛

ADLIB presents 和フュージョン・ナイト@新宿カブキラウンジ、成功裡にハネることができました。お集まりくださった皆さま、どうもありがとうございました。いや、廻す側でありながら、あそこまで盛り上がるとは思わなんだ…

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
EVENT
Light Mellow音盤&トーク・ライヴ Vol.9
音盤トーク017
5月14日(日)
武蔵小山カフェアゲイン
open 15:00 start 16:00
charge ¥1,500-
レーザーターンテーブルを使って爆音でAORを聴くイベントです。
TOPICS
オーレ・ブールード再来日決定
special_ole
@丸の内 COTTON CLUB
絶賛予約受付中
AORファンは見逃すべからず
詳細はコチラへ
Light Mellow Searches
  カナザワ監修シリーズ
  from P-ヴァイン


WORKS(解説)
WORKS(書籍)
amazon J-pop書籍1位を記録

Light Mellow 和モノ
カナザワ監修のシティポップ`・シリーズ
コンピ概要は下のロゴから
link_sp1

■オリジナル再発■



Recent Comments
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ