Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜

音楽ライター:金澤寿和の音盤雑感記
This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog. Sorry for Japanese only.

This is Music Journalist : Toshi Kanazawa's Blog.
Sorry for Japanese only.

Live Review

■ BASIA JAPAN TOUR 2018 @ Billboard Live Tokyo

basia live

9年ぶりのオリジナル・ニュー・アルバム『BUTTERFLIES』を提げての来日公演@Billboard Live Tokyo 2nd Show。新作を我が監修シリーズ【Light Mellow Searches】を出させてもらったり、来日直前メール・インタビューを行なったりで、ご縁のできた彼女だけれど、大ヒットしていた時期は遠巻きにアルバムを聴いていた程度。なので実際にライヴを観るのは、コレが初めてだったりする。

続きを読む

■ PERFORMANCE 2018 / 山下達郎 @カルッツかわさき

tatsuro_performance2018

都内もハズれ、地元もハズれ、今回のツアーは遂に観られないのか…、と諦めかけていたら、首都圏最終となる川崎公演:カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)2days の2日目に滑り込みセーフ。全49公演中47本目なので、バンドのデキはまさに最高潮である。このホールは、まだ昨年オープンしたばかりだそうで、ウッディな内装が気持ち良く、音も良さそう。横浜の県民ホールよりは小振りながら、今後タツローさんの神奈川公演では使い分けもアリそう、なんて思った。当人が「お気に入り:というステージ・セットは、港湾地区の倉庫街のイメージ。客入れのBGMは、いつものように『DOO WAP NUGGETS』の原型となった当人セレクトのオールディーズだ。

続きを読む

■ 音楽境地(弐)〜SEASONS of LIFE・歌心〜 / 村上ポンタ秀一 @ 中野サンプラザ

ponta_kyouchi 2

日本が誇る伝説的ドラマー:村上ポンタ秀一の、デビュー45周年イベント『音楽境地 Vol.2』@中野サンプラザを観た。前回はジャズ・フュージョン系をテーマに、渡辺香津美や高中正義、CHAR、角松敏生、和田アキラらがゲストに招かれたが(詳しくはココを参照)、今回は “PONTAの音楽人生と、めぐり季節と、4人のいい女” なるサブ・タイトルの下、八神純子、EPO
八代亜紀、吉田美奈子に、オマケ(?)の伊勢正三がゲスト。ホスト・バンドはポンタさん率いるPONTA BOX(岡沢章:b、柴田敏孝:pf)+大坪稔明:kyd というシンプルな布陣である。

続きを読む

■ 高中正義 TAKANAKA SUPER LIVE 2018 -BRASILIAN SKIES 40th- @昭和女子大学人見記念講堂

takanaka brasilian skies 40th

4月に行われた村上ポンタ秀一『音楽境地』やクロスオーヴァー系イベントなど、今までに何度もライヴを観ている高中正義。でも純粋なソロ・ライヴを観るのは、いったいいつ以来だろう? 03年に出た『GUITAR GOBLIN - TAKANAKA THE BEST』なるキティ時代の2枚組コンピで解説を書いたあと、よみうりランドEASTだったかの野外ライヴに行った記憶はあるのだが…。実際自分の思い入れが強いのはキティ時代前期で、初ソロ作『SEYCHELLS』から入り、発売直後に買った『TAKANAKA II』は、未だ真夏になると引っ張り出すマイ・フェイヴァリット。それに比べると、この78年の4作目『BRASILISAN SKIES』は、少しテンションが緩めである。でもそれはリオ・デ・ジャネイロ録音(L.A.と伊豆にあったキティ・スタジオでもレコーディングされている)がもたらした大らかなムードと、日本の夏を彩る郷愁感がミックスされた結果であって、夕暮れ時にタカナカを聴くなら、圧倒的にコチラだ。
(以下、若干ネタバレあり)

続きを読む

■ 新井現詞 with グレムリン 50th Anniversary Live @ 築地Blue Mood

genji arai_impressiongenji arai

07年にデビューしたRenajaのソングライター/サウンド・プロデューサー:新井現詞の、音楽活動デビュー50周年を記念したアニヴァーサリー・ライヴ@築地 Blue Mood。ソロ名義では、数年前に下北沢のCafe音倉で演って以来の、2度目のライヴになる。

続きを読む

■ THE IMPRESSIONS @ Billboard Live Tokyo

impressions

カーティス・メイフィールドやジェリー・バトラーを輩出し、先ごろ日本公演を成功させたリロイ・ハトソンも籍を置いた時期のあるR&Bヴォーカル・グループの名門インプレッションズが、キャリア60年にして初来日。しかもオリジナル・メンバーのサム・グッデン、59年にバトラーの後任として加入したフレッド・キャッシュの2人が引退を表明していることから、この来日が最初で最後のジャパン・ツアーになる。正直インプレッションズには深い思い入れがないけれど、カーティスが率いたグループとして、はたまた<Gypsy Woman>や<People Get Ready>、<I'm So Proud>といったR&B名曲のオリジネイターとして、その勇姿に触れるチャンスを逃したくないと思い、そそくさと足を運んだ。

続きを読む

■ 君を見つけた日 ~ Knock! Knock! Heaven's Door 発売記念ライヴ / 岩沢幸矢 @ KIWA TENNOZ

sachiya_knock

7月にリリースされたブレッド&バター 岩沢幸矢の最新ソロ作『君を見つけた日 ~ Knock! Knock! Heaven's Door』のレコ発記念ライヴ@KIWA TENNOZ。元々KIWAは二子玉川にあったライヴハウスだが、そこはオーナーが代わってGemini Theaterとしてリニューアル。KIWA自体は東京湾臨海地区の天王洲へ移った。それからは初KIWA。すぐ近くにTV東京/interFM897があったり、デヴィッド・ボウイ大回顧展が開催された寺田倉庫があったりで、かなりシャレオツな場所だ。小屋自体も天井がサンルーフになったロフト風作りで、このエリアにマッチしていた。

続きを読む

■ くずう原人まつり Premium Live / 今井優子 & 増崎孝司

yuko_genjin

栃木県佐野市の町興しイベント:くずう原人まつりのライヴに、今井優子がお呼ばれ。カナザワもスタッフとして参加してきた。このライヴは元々、イベント・スタッフと懇意にされているギタリスト増崎孝司さん(DIMENSION)が出演依頼を受け、メンバーを集めている。そして今回は、『IT'S MY TIME TO SHINE』へのレコーディングに参加いただいたご縁でお声掛け戴き、増崎グループのフィーチャリング・シンガーとして参加することになった。

続きを読む

■ Light Mellow Tropical Special Live 〜 比屋定篤子 with 笹子重治

40006433_10204737529513672_5381433703643742208_o

久しぶりの "生ひやじょう" を、カンムリを貸した Light Mellow Tropical@カブキラウンジで。彼女のライヴを観るのは、13年9月の流線形&比屋定篤子@目黒パシモンホール以来、なんと5年ぶり。近年の彼女は年に何度か沖縄から上京し、ギターの笹子重治さんとのデュオ・ライヴを首都圏近郊で行なっているが、気には止めつつもスケジュールや場所の問題から足を運べず、ふと気づけば5年も…、という感じ。それでも比屋定さん、シッカリとカナザワのことを覚えていてくださり、顔を合わせなり、「うゎぁー、お久しぶりです」と握手の再会となった。

続きを読む

■ NED DOHENY & HAMISH STUART @ Billboard Live Tokyo

ned_hamish
なんとも貴重なライヴ、ネッド・ドヒニー&ヘイミッシュ・スチュアート@Billboard Live Tokyo 2nd Show へ。ネッドは “plays HARD CANDY”と謳った前回ソロ公演から約3年ぶり、ヘイミッシュは自分のバンドを率いて Cotton Club へ出演して以来5年ぶりのジャパン・ツアーとなる。もちろんネッドは最新作『THE DARKNESS BEYOND THE FIRE』を拙監修【Light Mellow Seaches】@ P-Vineでリリースしたばかり。ヘイミッシュは一昨年、スティーヴ・フェローン(ds)やマルコム・ダンカン(sax)といったアヴェレージ・ホワイト・バンド(以下AWB)の残党で組んだプロジェクト:360 Bandでアルバムを出していて、カナザワ的にもAWBのコンピを組んだり(タワーレコード限定)、ヘイミッシュ・バンド『REAL LIVE』の解説を書いたりしているので、両人とも(勝手に)近しいと感じている。

続きを読む

■ 未唯 mie / Exotic Carnival @目黒 Blues Alley Japan 1st Show

mie_exotic

ライヴの都度お声掛けを戴いている未唯 mie さんの、アラカルト的企画ライヴ。前回の “裏ピンク” には伺えなかったので、「今回こそは…」と思っていた上に、前々から「ラテン企画を考えているんだけど…」とマネージャー氏から相談を受けていたことも重なって、何とかスケジュールを調整して、Blues Alley Japan 1st Show に駆けつけた。

続きを読む

■ YOUNG GUN SILVER FOX @ Billboard Live Tokyo

imp

久々にライヴのダブル・ヘッダー。まずは15:30からのルネージャ meets 石井一孝 Special Live vol.2 @ 築地 Blue Mood。ご両人とも個人的に縁深い、というか、そもそも彼らの出会いを演出したのは自分だったのだな。もうカレコレ12〜3年前のコトだけど。直接のライヴ共演は2年ぶり2度目だが、互いのライヴを覗いたりして、双方の理解度はバッチリ。内容も安定のルネージャ・サウンドで、石井のオリジナルをルネージャ風に仕上げていたのが興味深かった。売れっ子ミュージカル俳優である石井とは、来年あたり、一緒に何か仕掛けられるかもしれないので、これから要相談だな。

続きを読む

■ ONE NIGHT DUB VIBRATION / NATSU SUMMER & DUB SENSATION @ 青山 月見ル君想フ

natsusummer live

流線形クニモンド瀧口氏の紹介でアマチュア時代からご縁があったナツ・サマーちゃん。彼女の初めてのバンド・アルバム『NATSU SUMMER & DUB SENSATION』のリリース記念ワンマン・ライヴ:ONE NIGHT DUB VIBRATION @青山 月見ル君想フ 20:00pm〜 に参戦。いろいろなDJイベントに顔を出したり、合間にアルバイトしたりでとっても顔が広くて頑張り屋のナツ・サマーちゃんゆえ、客席には知った顔がたくさん。それこそミュージシャン、音楽関係者はもちろん、彼女の7インチのイラストを描いたN画伯まで、みんな応援団よろしく、彼女を観に来る。スタート前には人を掻き分けないと移動できないほどの盛況ぶりで、エアコンもロクに効かず、ある意味レゲエにはピッタリの環境。もしかして、コレって狙ってるの〜

続きを読む

■ Daisuke presents R&B ONLY NITE Vol.5 ~Summer Breeze~ @ 目黒Blues Alley Japan

daisuke R&B5_flyer

世間は夏休み、もしくは盆休みかな? でも我々の稼業は、レコード会社や出版社の休み前後に締切を切られることが多いため、世間とは逆に、自ずとこの時期は忙しくなる。それでも墓参りや夏の親戚周りはあるワケで、またしてもブログに手が回らず…。しかもココからは怒涛のライヴ週間。果たして、いつ原稿を書くのやら…

続きを読む

■ Bluey presents CITRUS SUN @ BLUENOTE TOKYO

citrus sun 2018

新橋のホテルで某大物作曲家の先生とミーティングしたあと、BlueNote Tokyo へ。観に行ったのは、数日前に当ブログへポストしたばかりの、ブルーイ率いるシトラス・サン来日公演。今回は日本サイドのゲストがいて、前半2日は福原美穂、後半2日は日野皓正。4days の3日目2ndに当たる今回はヒノテルが出演する。前回ポストに書いたように、ブルーイ御一行は新作でヒノテル<Send Me Your Feelings>をカヴァーしており、今夜はオリジネイターとの共演になるワケだ。しかもそれを収録したヒノテル『CITY CONNECTION』の16年リイシュー最新盤は拙ライナーなので、この日に足を運べたのはラッキーだった。

続きを読む

■ ジャンク フジヤマ・シングス・サマー・ソングス @目黒Blues Alley Japan

junk_pontayuko ohtaki
このところ、あまり足を運べていなかったジャンク フジヤマのライヴ、村上ポンタ秀一プレゼンツ『ジャンク フジヤマ・シングス・サマー・ソングス』@目黒Blues Alley Japan にお呼ばれ。今回はタイトル通り、ジャンクの持ち歌から夏を歌った曲を選び、そこに夏色のカヴァー曲を追加した内容で、コーラス陣のソロ・パートもフィーチャーする盛り沢山の内容となった。

続きを読む

■ 角松敏生 Performance 2018 『BREATH from THE SEASON 2018』楽日@中野サンプラザ

kadomatsu_breath 2018
TOSHIKI KADOMATSU Performance 2018 『BREATH from THE SEASON 2018』ツアー・ファイナル@中野サンプラザ 2日目に参戦した。個人的には6月9日@大宮ソニックシティに続いて、今ツアー2度目の参加。10ヶ所で11本という比較的短いツアーにあって、序盤と楽日を観られたのはラッキーだった。前にも書いた通り、今回のツアーは、小林信吾(kyd)、梶原順(g)、山内薫(b)、荒山諒(ds)の4リズムに、トランペット×4、トロンボーン×4、サックス×5から成る13管を引き連れてのビッグ・バンド・スタイル。ブラス・セクションは東西で2チームあり、東京公演は本田雅人(sax)や中川英二郎(tb)らの教え子である昭和音大及び国立音大のOB / OG らがステージに立った(大宮公演レポートはこちらから)


続きを読む

◼︎ DANNY KORTCHMAR & IMMEDIATE FAMILY -West Coast Sound Summit Vol.1- @ Zepp Tokyo

westcoast sumiit

『LIVE Light Mellow』の翌日から4日間、まさに ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー 三昧の日々。LIVE Light Mellowと重なった Billboard LiveTokyo 初日公演こそ見逃したが、17日(日)はヴィヴィド・サウンドで行なわれたサイン会後のウェルカム・パーティに顔を出し、18日(月)に Billboard Live Tokyo 2日目の2nd show を堪能。19日(水)は、日本のアーティストと共演する ウェストコースト・サウンド・サミット(命名:カナザワ)のリハーサル@都内某スタジオに潜入。そして20日(木)にその本番@ Zepp Tokyo をドップリ堪能、という怒涛の日々だった。リハーサルの模様は すぐに facebookにアップしたので、ココでは主に20日のイベントの模様をレポートする。

続きを読む

■ LIVE Light Mellow Vol.1 @ 全労済ホール / スペースゼロ

live light mellow パンフ

ご報告が大変遅くなりました。カナザワ企画監修『LIVE Light Mellow Vol.1』、大盛況のうちに幕を閉じました。当日券もほぼ完売の満員御礼。出演者揃い踏みのアンコールでは怒涛のスタンディング・オヴェイション。良い感じでハネました。これなら Vol.2も企画できそう。おいで下さったお客さま、応援して下さった皆さま、どうもありがとうございました。そして、ご出演いただきました伊藤銀次、杉真理、庄野真代、サーカスの皆さん、ハウス・バンドを務めた Sparkling☆Cherry、スタッフのみんな、お疲れさまでした! 本当にステキな、記憶に残るライヴになりました。

続きを読む

■ 角松敏生 Performance 2018 『BREATH from THE SEASON 2018』@大宮ソニックシティ

kadomatsu_breath 2018

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2018 『BREATH from THE SEASON 2018』@大宮ソニックシティ に行ってきた。今回のツアーはビッグ・バンド・スタイルの大所帯なので、40日間で10ヶ所11本という短期集中型。ツアー4日目にして、初の関東圏登場である。もっとも首都圏公演は、あとラストの中野サンプラザ2daysしかないのだが… 

続きを読む
HOME
Light Mellow on the Web

link_fb
細かいNewsはコチラで発信
LIVE Light Mellow
■ Live Light Mellow
    vol 1.5
  future City Pop Edition
lightmellow1.5_A4omote_ol
12月8日 (土)
   @ KIWA TENNNOZ
出演:ブルー・ペパーズ
   カンバス
15:30 open 16:30 start
¥4,500 +1drink 全席自由
チケット購入
TOPICS
スティーヴ・ルカサー 初の自伝
『福音書(THE GOSPEL)』
巻末の解説を執筆しました。


Groovyなコンピ 組みました

Light Mellow Searches
 カナザワ監修シリーズ
 from P-VINE Records

Light Mellow's Choice
  カナザワ監修シリーズ
  from VIVID SOUND

WORKS - 監修・解説
ビル・チャンプリン新作
マイケル・マクドナルド最新作
WORKS - 解説

Recent Comments
Light Mellow 和モノ
限定小冊子付き増刊!
カナザワ監修シティポップ`再発

◆やまがたすみこ◆

◆ 伊東ゆかり ◆
Light Mellow's Picks × TOWER to the PEOPLE
◆ 二名敦子 ◆
Fluorescent Lamp (+2)
nina_lamp
タワーレコード限定
ご購入はこちら
Light Mellow 和モノ on CLINK
◆Special Jam Company with 酒井俊 album CITY VIBRATION special jam co

詳細・ご購入は…


7inch Indian Summer
special jam co_7

詳細・ご購入は…

Produce
◆ 今井優子 ◆
30周年記念ミニアルバム

角松敏生参加。
詳細はコチラから。


◆Sparkling☆Cherry
待望の第2作。

杉真理,濱田金吾参加。
詳細はコチラから。
Article Serch
Archives
  • ライブドアブログ